Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月09日

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ

転職を考えている人におすすめなのが、転職本です。転職には不安がつきまといます。そんなときに転職のプロたちが書いた転職本が、あなたの強い味方になります。今回は、転職に役立つおすすめ本を12冊まとめてご紹介させていただきます。ぜひ、転職の参考にしてください。

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ

転職本とは

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ
転職本とは、転職に関する参考となる説明が書かれている本です。

これから転職する・したい、転職を迷っている人にぜひ読んで欲しい本です。転職後の実態や転職による自分の今後などが、よくわかるように示されています。

その転職が本当に正しいのか、転職活動の方法やポイントなどがわかりやすく書かれている転職本で、人生の選択を有利に進めていきましょう。

自分に適した本の選び方

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ
転職本は今の自分に適した本の選び方をすることがポイントです。

本の説明や著者の経歴から、現在の自分の境遇にぴったりの内容を見つけていきましょう。

あなたは転職が初めてなのか、それとも何度もくりかえしているのか。あなたが転職したい職場は未経験の職種か、それとも慣れた業界なのか。あなたの転職の動機や今後の人生まで深く考えて、その内容にしっくりくる本を選び出し、転職活動の参考にしていきましょう。

転職時に読むべきおすすめの本12冊

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ
転職時に読むべきおすすめの本12冊をご紹介していきます。

転職活動の参考になる良書を12冊、詳しく見ていきましょう。どれも人気の書で、さまざまな人々の転職に活用された良書です。

おすすめ1:受かる!自己分析シート

転職時に読むべきおすすめ本は「受かる!自己分析シート」です。

転職する前にこちらの本の自己分析シートで、自分の強みや弱み、自己PRのポイントを探っておきましょう。じっくりと自己に向かい合うことで、自分のスキルの全体像が見えてきます。

同時に、あなたの転職の全体像がしっかりと把握できるようになります。いままでの自身の経験を生かした転職ができる切っ掛けになる、おすすめ本です。

質問内容が簡単なため答えられない問題がなかったです。 それでいて答えていくと自己分析ができていきました。やっているときには自己分析ができているという感じではありませんが自己分析のツールを集めている感じてす。ふとした瞬間にそれらがつながり強みや志望動機などが一気につながっていく感じでした。これからもやりこみたい1冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1PQSQ9K7USY... |

おすすめ2:就活必修!1週間でできる自己分析2019(さくら舎)

転職時に読むべきおすすめ本は「就活必修!1週間でできる自己分析2019(さくら舎)」です。

転職の際の面接の決め手は、自己アピールがどこまで有利にできるかが決め手です。転職時に自己分析が簡単にできるように7つのワークシートが付けられた本書は、1週間かけてじっくりと自己を知ることができる1冊です。

本書は自己分析に最適のおすすめ本です。同時に転職希望先の企業の情報もしっかりと把握しておきましょう。

自己分析にすごく役立ちました。
後輩にオススメしたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RGU2XPQC6G4E... |

おすすめ3:おとなの進路教室。

転職時に読むべきおすすめ本は「おとなの進路教室。」です。

著者山田ズーニーは小論文の編集長を経て、表現教室のワークショップを行っているコミュニケーション育成のエキスパートです。独自のユニークな視点から、自分らしい生き方や改革・自己開拓について語っているおすすめ本です。

転職や進路に悩んだとき、山田ズーニーのコラムが心を打ちます。自分とは何か、今後自分はどうなっていきたいか知りたい人のための良書です。

31歳。希望する進路がなかなか開けず、これから自分はどのような就職先へ向かえば良いのか、悩んでいる時に知り合いから薦められて読んだ本。
一つ一つのテーマを読んでいるうちに、心が癒されていきました。
転職活動中の何よりの癒しはこの本でした。
自分自身と向き合いながら、筆者の経験談から教えてもらえながら、読んだ後には爽快感が残る本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1YHRHSRS0HC... |

おすすめ4:転職に向いている人 転職してはいけない人

転職時に読むべきおすすめ本は「転職に向いている人 転職してはいけない人」です。

著者はリクルート入社後、転職情報誌の編集長を経て独立した転職のエキスパートです。転職本として自己分析などのエントリーシートや面接のノウハウなどを載せるのではなく、転職に対するマイナスの面をクローズアップさせたおすすめ本です。

転職を感情に任せて行うのではなく、冷静で客観的な視点で自分を見つめて行うべきだと説いた良書です。

実際に著者によるアドバイスで、転職できました。
希望条件だけでなく、経営者との相性まで想定して頂き、転職後もギャップの少ない状態で働けています。

転職サイトを利用しましょう、転職エージェントを利用しましょうといったPR本ではありません。むしろ著者の職業である転職エージェントを使うデメリットも記載があります。非常にフラットな視点でまとめられていると感じた本でした。

内容については、転職を考える際に注意すべきポイントが業界や職種を限定せずに原則的なポイントが整理されており非常に参考になりました。

著者が35歳以上の転職支援サービスを運営されていることもあり、30代以上の正社員の方が転職を考えているのであれば、是非会社を退職する前に本書を読むと良いかと思います。転職が向かない人に向けた、転職をやめたほうが良い理由も赤裸々に書いてあるため、会社を辞める前にそれに気づけるだけでも人生のリスクを減らせると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3PHCTMVVPSC... |

おすすめ5:「自分の働き方」に気づく心理学

転職時に読むべきおすすめ本は「「自分の働き方」に気づく心理学」です。

加藤諦三が説く、働くことに疲れた人のためのおすすめ本です。働くことに嫌けが差して転職する人はたくさんいます。それをくりかえしていたら、いつまでも転職をくりかえすにことになります。

この本では仕事の内容が原因で働くことが嫌になるのではなく、あなたの心に問題があると説いています。一見の価値があるおすすめ本です。

加藤諦三さんの本は何冊か愛読させていただいております。
一つ一つの言葉が心に染み込み、考えさせられ、そして納得させられることばかりでした。
私も色々あって、人生に希望も持てない、何をしたらいいのか分からないとそんな気持ちになっていましたが、救われた気分です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3T5KYAMOIDG... |

おすすめ6:面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略

転職時に読むべきおすすめ本は「面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略」です。

メンタリストDaiGoが説く、転職時の面接に関するメンタリズム活用法です。面接官の心をつかみ、自分をいかに上手にアピールできるかが本書で説明されています。これで苦手な面接も怖くはありません。

同時に自分にぴったりの転職を探すキャリア戦略についても考察されています。この機会にぜひ、メンタリズムについて学んでみてください。

最近まで転職活動をしていました。
移動中で読もうと思い、Kindle版を購入しました。

結果としては面接対策の部分は非常に役に立ちました。
面接の前に新幹線の中で呼んだのですが、なるほどと思いさっそく実践で使いました。
その結果、転職面接がうまくいき、内定をいただくことができました。

正直職歴がボロボロということもあり、色々諦めていたのですが、
結果として新卒で入った会社よりも、規模の大きな企業に転職できました。
この本の面接で使えるテクニックは非常におすすめです。おそらく効果があったと思います。
これを読む前の面接は連敗でしたので・・・。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2A6RRY720WS... |

おすすめ7:マイナビ転職2019オフィシャルBOOK はじめての転職ガイド

転職時に読むべきおすすめ本は「マイナビ転職2019オフィシャルBOOK はじめての転職ガイド」です。

著者はキャリアドメイン代表取締役、谷所健一郎氏です。転職アドバイザーとして1万人以上の人との面接と自身の転職経験から、転職のための基本書である本書を書き上げました。

転職時の自己分析シートや履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策などが載っています。この1冊で、転職に関する基本的な知識と戦略がわかります。

おすすめ8:クリ活 広告クリエイターの就活本

転職時に読むべきおすすめ本は「クリ活 広告クリエイターの就活本」です。

広告関係のクリエイティブな転職を目指す人のためのおすすめ本です。有名クリエーターたちの就職事情やその後の活躍ぶりを本書で知ることで、アート関係の仕事の世界の内情が探索できるおすすめ本です。

実在するクリエーターたちの就職の実態を知ることであなたの転職に具体的なビジョンが与えられる、良書です。

様々な広告業界研究本を買い漁りましたが、これが一番本として見やすくてかつ、就活本なのに楽しいです。
広告業界に興味ある学生、就活まっただ中の人、この本に寄稿しているクリエイターに興味のある人はぜひ読んで見てください。
目玉はやはり現在超活躍中のクリエイターの方々が就活についての考えをそれぞれ語ってくれていることでしょうか。これは恐らく、広告業界ならばどの就活本よりもためになる情報だと感じました。他の内容としては、広告業界の様々な会社が載っていますが、ほんの数行のデータしか書かれていませんが、どんな会社があるのかを知る、という使い方ができます。
いわゆる就活攻略本、業界研究本、のような類の本ですが、本のデザインも内容もとてもおもしろいのでオススメです。
(手短に就活の極意が知りたい方には向かないと思います。)

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2R06I0D5H6K... |

おすすめ9:誰にも聞けない転職の正解がわかる本

転職時に読むべきおすすめ本は「誰にも聞けない転職の正解がわかる本」です。

キャリアコンサルタント谷所健一郎氏は、人事転職関連のセミナーや講演会をしている転職のエキスパートです。転職のプロが説く転職成功のノウハウが詰まった本書は、転職希望のあなたにおすすめの良書です。

おすすめ10:絶対にやってはいけない!!NG転職活動

転職時に読むべきおすすめ本は「絶対にやってはいけない!!NG転職活動」です。

転職のプロによる、採用担当者の視点に立った面接必勝法が書かれているおすすめ本です。履歴書や職務経歴書の書き方に精通している著者による、転職サポート指南書です。

才能があり、その会社にぴったりの人材でも、転職活動に失敗するケースがあります。あなたがその二の舞にならないように、本書で転職のための必勝法を学びましょう。

これまで熱意を示そうと、職務経歴書も詳細に書いていましたが、枚数ではなく伝えることが伝わっているかが大切だとわかりました。
面接も志望動機などは、3分程度の長さで話しをしていましたが、内定をもらえませんでした。
熱意や意欲の表し方が違っていることに気付かされました。
履歴書、職務経歴書、面接対策だけでなく、転職活動の心構えも書かれています。
当たり前のようにやってきたことが、実はNGだったと気付かせてくる書籍です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2BAFSRMCJHP... |

おすすめ11:採用側のホンネを見抜く超転職術

転職時に読むべきおすすめ本は「採用側のホンネを見抜く超転職術」です。

大手人材エージェントとして輝かしい実績を残してきた著者が、採用戦略コンサルタントとしての腕をふるって書いた転職者のためのおすすめ本です。

従来の転職戦略に独自のルートや視点を盛り込んだハウツウ本でもある本書は、企業とあなたの要望をマッチさせてくれる価値ある1冊です。

転職を考えている20代の若者には刺さる本だと思います。転職活動に対する考え方、進め方のイロハが詰まっています。
本気で転職を考えている若者にはおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2058RW8UY4G... |

おすすめ12:転職面接の話し方・伝え方

転職時に読むべきおすすめ本は「転職面接の話し方・伝え方」です。

数々の輝かしい経歴と体験を積んできた著者が、転職時の面接についてやさしく説いた1冊です。転職のための書類の書き方はもとより、面接官に本音で接するためのノウハウが書かれています。

転職とは最終的に、人と人との新たな出会いを繋ぐイベントです。良い出会いをするために、本音で話せる面接方法について本書が教えてくれています。

成功しよう!転職活動で押さえるポイント5つ

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ
成功するための、転職活動で押さえるポイント5つをご紹介していきます。

転職活動はきちっとした計画を立てて、確実な成功を目指して進めていきましょう。そのためのおすすめの戦略を詳しく見ていきましょう。

転職活動とは、今までのスキルを十分に生かすことができる職場を探し出すための試みです。自分自身を客観的に評価して、現在の職場よりも良い条件の場所に移ることが目的です。冷静な判断力を大切にして臨みましょう。

1:「やりたいこと」と「できること」のバランスを意識する

就職活動で押さえるポイントに「やりたいこと」と「できること」のバランスを意識するという項目があります。

自分が活躍できる職場こそが最適な転職先です。そのための自己分析は欠かせません。自己分析のためのツールやサイトを利用して、自分ができることは何か、やりたいこととのバランスは取れているかを客観的な視点から冷静に見つめ直す必要があります。

その上で、自分の希望や条件に見合う転職先を見つけていきましょう。

2:面接で得られる情報や印象を大切にしよう

就職活動で押さえるポイントに面接で得られる情報や印象を大切にしようという項目があります。

転職活動中は実際に希望の会社に行って面接をすることで、自分が抱いていたイメージが覆ることがあります。良い印象の場合もありますし、考えていたのとは違う悪いイメージを抱くこともあるでしょう。

転職活動中はどんなときも冷静な視点を忘れないようにしてください。自分が受けた印象を大切にして、転職先を決めていってください。

3:迷ったときには転職の軸に立ち返ろう

就職活動で押さえるポイントに、迷ったときには転職の軸に立ち返ろうという項目があります。

転職活動中はいろいろと迷うことが多いでしょう。そんなときは、どうして転職したいのか、現在の職場と比べて転職後はどうなるのかなど、基本的な項目に立ち返ることが大切です。

自分の理想とは矛盾する点や、希望の会社よりも良い条件の職場が見つかることもあるでしょう。指針をしっかりともち、転職活動を行ってください。

4:条件にはできるだけ妥協しない

就職活動で押さえるポイントに条件にはできるだけ妥協しないという項目があります。

転職時に、焦るあまり条件を妥協してしまう場合があります。これはよくない傾向です。転職とは本来、より豊かな生活を手に入れるための行為です。仕事や職場環境の条件を譲歩すれば、それだけあなたの理想の生活が遠のくことになります。

転職しなければよかったという事にならないために、転職先の条件はなるべく妥協しないことをおすすめします。

5:.転職エージェントを有効活用する

就職活動で押さえるポイントに転職エージェントを有効活用するという項目があります。

転職の際におすすめしたいのが、転職エージェントの有効活用です。転職エージェントは転職活動のプロがそろった素晴らしい組織です。あなたが希望する職種や条件を瞬時に見つけ出して、マッチするかどうかを採点してくれます。

転職エージェントに登録するだけで、あなたの客観的なスキルも把握できます。転職エージェントを有効活用しましょう。

おすすめの転職本を参考にして転職活動を成功させよう!

転職時に読むべきおすすめの本12冊|転職活動のポイント5つ
おすすめの転職本を参考にして、転職活動を成功させましょう。

転職には不安がつきものです。転職をくりかえしている人も、次こそはとどきどきしながら面接に臨みます。

そんなときこそ、転職のプロたちが書いた転職本を参考にしてください。採用する側の人間や、心理学のエキスパートたちが書いた転職本には、冷静な目であなたの転職をバックアップしてくれるノウハウがたくさん詰まっています。

転職の際は転職本がおすすめです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related