Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月09日

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由

転職活動をしている人は同時に複数の企業の選考を進めていることがあります。そのため、最終面接の結果の連絡がなかなかこないことで、その後の転職活動のスケジュールに影響してしまうことがあります。そのようなときには、問い合わせをしても良いでしょう。

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由

転職の最終面接結果はいつ頃届くか

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
今までは同じ職場で長く勤めることは良いこととされてきました。しかし、今ではステップアップや新しい仕事の環境を求めて転職する人も増えてきました。

転職活動では何度も面接を受けることになります。面接を受けた後は合否の連絡を待つことになります。面接結果の連絡を待っているときには気持ちが落ち着かなくなるという人も多いです。特に、最終面接の結果がなかなかこない場合には不安を感じてしまう人も多いです。

最終面接の合否連絡までの期間

最終面接の合否連絡までの期間に明確な決まりはありません。しかし、3日ほどで連絡がくることは多いです。また、早ければ翌日や当日に合否の連絡がくることもあります。

しかし、いつまでも最終面接の合否の連絡がこないということもあります。もし、1週間以上経っても最終面接の合否の連絡がなければ問い合わせををしても良いでしょう。ただし、合否内容を聞くのではなく、合否連絡はいつ頃もらえるかと聞いた方が良いでしょう。

早めの電話連絡は合格率が高い

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
最終面接の合否は噂であったり、状況にもよりますが、よく合否連絡は早くにきた方が合格の連絡れあることが多いと言われています。

これは、まず合格者から先に連絡をするため、不合格者への対応が後回しになったり、合格通知は電話ですぐに伝えられるが、不採用であった場合はメールや郵送などで伝えらることもあり、本人が連絡を受け取るまでに時間がかかったりすることなどがあるためです。

最終面接結果について応募先と調整しておく3つのこと

最終面接の結果の連絡がなかなかこないと、不安になってしまう人は多いです。また、いつ最終面接の結果の連絡がくるかわからないという状況も不安を強めてしまいます。

最終面接が終わるまでに、その応募先の企業に最終面接の結果について、先にいくつか確認や調整をしておくと、不安材料を減らすことができます。

1:結果が分かるまでどのくらいの期間必要か

転職活動では複数の企業の選考を同時に進めている人も多いです。なので、うまく転職活動のスケジュールを調整する必要があります。

そのためにも、最終面接の結果の連絡はどのくらいの目安でもらうことができるのかを、最終面接が終わるまでに応募先に確認しておくようにしましょう。

また、先に連絡までの期間の目安を聞いておくことで、後に合否の問い合わせが必要となったときに問い合わせがしやすくなります。

2:合否連絡の方法

最終面接の結果の連絡は企業によって異なります。そのため、あらかじめ連絡の方法を確認しておかないと、いつでも電話に出られるように気にしておかなくてはいけなくなったり、頻繁にメールを確認しなくてはいけなくなったりなどします。

あらかじめ連絡の方法を確認しておけば、連絡の有無の確認の手間を省くことができるので、企業側から連絡方法が伝えられなかったときには、確認するようにしておきましょう。

電話

面接の連絡でよく利用されるのは電話です。電話はすぐに内容を伝えることができるため、結果が合格でも不合格でも、転職者はその後の転職活動のスケジュールを早く調整することができます。

また、企業側も早く転職者に結果を伝えることで、その後の採用スケジュールの段取りがスムーズになります。

ただし、最終面接の結果が電話でくることがわかっている場合は、いつでも電話に出られるように気にしておかないといけません。

メール

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
最終面接の結果の連絡は電話で行われることが多いです。しかし、電話の場合は転職者の転職活動や、企業側の採用スケジュールをスムーズにするための取り急ぎの連絡の場合もあります。

そのため、後にメールで改めて面接の結果を通知されることもあります。最終面接の結果が合格の場合は、合格の通知だけでなく、その後の段取りや採用までのスケジュールなども伝えられることが多いです。

郵送

電話の結果連絡の後に、メールではなく郵送で再度通知がされることもあります。このような場合は、正式な採用通知の書類が送られてくることが多いです。また、メールではやりとりが行いにくい書類のやりとりなどが必要な場合にも郵送が利用されます。

必要な書類を揃えて、企業に返送が必要な場合にはたいてい期日があります。不備や遅れがあるといけないので、必ず時間にゆとりを持って対応するようにしましょう。

3:事前に転職活動の状況を伝えておく

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
転職活動では複数の企業の選考を同時に進めている人も多いです。なので、最終面接が終わって結果の連絡待ちの状態でも、他社の選考を受けていることもあります。

また、他社の選考を優先している場合は、状況によって最終面接の結果が合格でも、その合格を辞退することもあります。

もし、他社の選考のことについて企業側に伝えていないと、合格の連絡をすれば入社してくれると思って段取りを進めてしまう可能性があります。

面接結果の連絡が遅くなる4つの理由

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
よく最終面接の結果は早くきた方が合格の可能性が高いと言われています。しかし、必ずしも最終面接の結果は遅ければ不合格というわけではありません。

最終面接の結果の連絡は遅くなってしまうこともあり、連絡が遅くても合格の連絡がくることもあります。最終面接の連絡が遅くなるときには、いくつかの理由が考えられます。

1:応募者が多い

もし、応募者が多い場合は最終面接に残っている人数も多くなってしまうこともあります。そのような場合には、すべての最終面接が終わるまでに時間がかかってしまうため、合格者に結果の連絡をするまでにも時間がかかってしまいます。

また、最終面接では採用者を決定しなければいけないため、企業側もすべての面接が終了した後に、慎重な判断に時間をかけることもあるため、さらに時間がかかることもあります。

2:選考が進んでいない

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
もし、最終選考に残った人が多い場合には、すべての候補者と最終面接の日程の都合をつけないといけません。

そのため、転職者も他の企業の選考の都合や、企業も通常業務とは別で最終面接を行ったりなどしなければいけないため、なかなかスケジュールが合わず、思うように選考が進まないこともあります。

なので、早くに最終面接を済ませた人はすべての最終面接が終わるまで待つことになり、結果の連絡がくるまでに時間がかかります。

3:補欠要因

転職活動では同時に複数の選考を進めていることも多いため、最終面接に合格した転職希望者が必ず入社してくれるとは限りません。

合格者以外の人のすべての人に不合格の通知を送ってしまうと、合格者から辞退する人が出てしまったときに、採用できる人がいなくなってしまいます。

そのため、合格者の辞退がないことを確認できるまでは、補欠要員として結果の連絡を遅らせることもあります。

4:不採用だったため連絡を後回しにされている

先に述べた通り、最終面接で不合格であった場合は、合格者から先に連絡されることもあるため、結果の連絡が後回しにされてしまうことがあります。

そのため、最終面接を受けてから、すべての最終面接が終わり、合格者への連絡が済んだ後に、不採用の連絡がくるため、時間がかかってしまうことになります。

転職の最終面接結果が遅い時の対処法

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
転職活動をしている人は同時に複数の選考を進めていることも多いです。そのため、最終面接の結果がなかなかこないと、他の選考のスケジュールの調整がうまくできないこともあります。

そのため、最終面接の結果の連絡がなかなかこない場合には、その後の転職活動をスムーズに行うためにも、何らかの対処をする必要があります。

もう少し待ってみる

最終面接の結果の連絡は早ければ翌日や当日にくることもあります。しかし、1週間ほど待っても結果の連絡がこないこともあります。

ですが、先に述べたように、応募者が多かったり、選考がうまく進んでいないなどの理由で結果を出すまでに時間がかかってしまっている場合もあります。

単純に選考結果を出すことが遅れているだけであれば、もう少し待つことで最終面接の結果が出て、連絡がくる可能性もあります。

問い合わせをしてみる

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
転職活動では複数の選考を同時に進めている人も多いです。そのため、最終面接の結果がなかなかこないことで、他の選考のスケジュールに影響を与えてしまうこともあります。なので、どうしても待てない段階まできた場合には、問い合わせをしても良いでしょう。

ただし、合否を直接聞くのではなく、合否の結果はいつもらえるかなどのように、間接的に結果を求めるような聞き方をした方が良いでしょう。

電話で問い合わせる際の注意点

上記で述べた通り、最終面接の結果の連絡が遅い場合には問い合わせをしてみても良いでしょう。ただし、合否を直接聞いてしまうと、答えを催促したように思われてしまい、印象が悪くなってしまいます。

そのため、合否の連絡がもらえる目安の日を聞くなどして、遠回りをして聞くようにしましょう。また、問い合わせをするのであれば、迷惑がかからないように会社が忙しくない時間帯に電話をかけるようにしましょう。

問合せ例

最終面接の結果の連絡がいつまでもこない場合は、転職活動のスケジュールに影響が出てしまうこともあります。なので、どうしても連絡がこない場合には問い合わせをしましょう。

ただし、合否を直接聞くことはできないため、「最終面接の結果の連絡は1週間以内にいただけると聞いていましたが、すでに1週間以上経っています。面接の結果はいつ頃にいただける予定でしょうか?」などのように連絡の目安を尋ねるようにしましょう。

メールで問い合わせる際の注意点

最終面接の結果について電話で問い合わせても良いですが、電話を使ってしまうと電話に対応してもらっている時間は、担当者の仕事の手を止めてしまうことになります。

なので、メールで問い合わせて、返信のタイミングは担当者に任せるようにすることで、担当者の時間負担を軽減することができます。

ただし、採用担当者の元には、毎日多くの就活生や転職希望者などからのメールが届いているため、件名が非常に重要となります。

問合せ例

採用担当者の元には毎日多くのメールが届きます。そのため、件名のつけ方を間違えてしまうと、優先度が低いと判断されてしまって、いつまでも読まれないということになってしまう可能性があります。

件名には「(面接日)の面接の合否について(名前)」のように、一目で面接の合否に関する問い合わせであることと、誰からの問い合わせであるかをわかるようにしておきましょう。

最終面接結果が遅い際は確認してみましょう

転職の最終面接結果はいつ頃届くか|連絡が遅くなる4つの理由
転職活動をしている人は同時に複数の選考を進めていることが多いです。そのため、最終面接の結果の連絡が遅いと、その後の転職活動のスケジュールに影響してしまうこともあります。

スムーズな転職活動をするためにも、最終面接の結果の連絡がどうしても遅いという場合には、問い合わせをしてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related