Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月19日

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点

優秀な能力や豊富な人脈などを持っていることで、多くの企業から求められる人がいます。それだけ優秀な人は多くの企業間で争奪戦となるので確保することが難しいです。そのため、優秀な人材を確保する方法の1つとして、ヘッドハンティングという手法があります。

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
企業は優秀な人材を求めています。そのため、人材の確保には常に力を入れています。しかし、優秀は人材は待っているだけでは確保することができません。

また、優秀な人材は企業同士での奪い合いとなります。貴重な人材を手放さないように、優秀な人が就職すると、雇用した企業側があらゆる対策を講じます。

なので、優秀な人材を確保するためには、企業からアクションを起こす必要があり、その方法の1つがヘッドハンティングとなります。

ヘッドハンティングされる人の特徴13個

優秀な能力などを持っていることで、多くの企業から求められる人がいます。裏を返せば、それだけ優秀な人を確保することが難しいということでもあります。

そのため、すでに就職してしまった優秀な人材を確保するために、ヘッドハンティングをしてスカウトをする必要があります。ヘッドハンティングをされる優秀な人にはいくつか特徴があります。

特徴1:目標を高く持っている

仕事で明確な目標を持っている人は、自分の目標を達成するために必要なスキルやスケジュール感を把握しています。そのため、効率良く成長することができ、早期に仕事で結果を出すことが多いです。このような人は、高い成長意識と、これまでに身につけたスキルがあります。

そのため、その優秀な人が出した仕事の実績を、他社が耳にすればヘッドハンティングしてでも引き抜きたいと思われるようになります。

特徴2:業務の進め方を改善できる

企業では、長く同じ仕事をしていて、人の入れ替わりが少ないと、仕事の内容に偏りが生じてしまうことがあります。現代社会では現状維持を続けることは、後退していることと同様です。

しかし、これまでの仕事の仕方に先入観を持ってしまうと、新しい価値を探し出すことができません。そのため、業務を根本から見つめ直すことができる人や、新しい価値観を持った若くて優秀な人はヘッドハンティングがされやすいです。

特徴3:出世している

ヘッドハンティングのために優秀な人材を探すとき、他社に入ってその人の仕事ぶりを確認することはできません。

なので、ヘッドハンティングの対象となるかどうかは、社外にいても入手できる情報が主になります。社外で入手できる優秀な人の情報には、その人が出した大きな仕事の結果や、役職などがあります。

なので、役職が高ければ社内でそれだけ評価されているという根拠になり、ヘッドハンティングの対象となりやすいです。

特徴4:企画力がある

ヘッドハンティングされやすい人の特徴として、新しい価値観を会社にもたらすことができる能力を持っているということがあります。この新しい価値観が力として発揮できる場面が企画の場です。

今までの社内の人間だけでは発想できなかった内容の企画を立案することができ、もしその企画で大きな結果を出すことができれば会社にとって大きな利益となります。また、今後の成長も見込めるため、企画力はヘッドハンティングの重要な要素となることが多いです。

特徴5:知識が豊富

上記で述べた通り、企画力はヘッドハンティングの対象となるためには非常に重要な要素となります。その企画力を身につけるためには、広い範囲の知識が必要となります。もし、知識量が限定的かつ、少なければ、先入観を持ってしまったり、新しい発想を生み出すことができません。

また、知識量が多いことで、単純にその知識が仕事で役に立つこともあります。さらに、自己研鑽意欲が高く、多くの知識をつけるという努力をしてきたということでもあります。

特徴6:社内人脈がある

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
ヘッドハンティングされた人は、これまで仕事をしてきた職場を離れることになります。しかし、円満転職をすれば、今までの勤めてきた会社の人たちと、これからも社外の人間として仕事の付き合いが続く可能性もあります。

そのため、社内に多くの人脈がある人をヘッドハンティングすることで、その会社と密な関係を作れる可能性があります。そのため、他社との密な関係を求めて、人脈のある人がスカウトされることもあります。

特徴7:会話力がある

優秀な人の仕事の結果を耳にしたことで、ヘッドハンティングの対象となることはあります。しかし、他社の関係者と接しているだけでもヘッドハンティングの対象となることもあります。

このような人は、会話力があり、優れた交渉折衝能力やプレゼン技術などを持っていたりします。また、会話をしているだけでも、その能力の高さが見えることもあります。そのため、取引先からスカウトされるということもよくあります。

特徴8:取引先との人脈がある

先に述べた通り、スカウトした人が持つ社内の人材を求めてヘッドハンティングされることもあります。また、そのスカウトする人が社内だけでなく、多くの取引先を担当していて、他社にも多くの人脈があれば、その人脈が入社後に活かされる可能性は高いです。

会社として、新しい取引先や仕事が増える可能性を求めて、人脈を多く持つという人を求めてスカウトをするということもあります。

特徴9:顔が広い

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
社内や取引先などビジネスを中心とした人脈が多いことも重要ですが、単純にプライベートでの友人や知人が多いこともヘッドハンティングの対象となることがあります。

非常に友人が多いという人の中には、何十人も集めて遊んだり、食事をしたりなどする人もいます。このような人は顔が広いため、その友人関係からの紹介などで仕事が発生したりもします。

また、それだけの多くの人と知り合ったり、集めたりできることは非常に高い能力を持っているという証拠にもなります。

特徴10:多趣味である

交友関係の広い人の中には多趣味である人もいます。多趣味であることで、いろいろな場面で、多くの人と知り合うことができます。また、多趣味であることで、多くの知識を持つこともできます。

そのため、本人が無意識のうちに人脈を広げながら、知識を蓄えていることがあります。さらに交友関係が広まることで、企業の担当者に自身の存在を見つけてもらえる可能性もあります。

特徴11:自分に自信がある

単純に高い能力を持っている人はヘッドハンティングされる可能性があります。高い能力を持っている人は、自分が高い能力を持っていることを自覚していることもあり、自分に自信を持っている人もいます。

また、自信がなさそうにしている人よりも、自信を持っている人の方が会社に迎え入れた後に、仕事で貢献してくれそうな印象を与えることができます。

特徴12:自己PR力がある

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
上記で述べた通り、自分に自信がない人では、高い能力を持っていたとしても、仕事を任せることに不安を感じてしまいます。そのため、会話力や仕事でのコミュニケーション能力が高いことは重要視されます。

その会話力やコミュニケーション能力を判断できる場面が初対面の挨拶です。初対面の挨拶は印象を決定付ける重要な場面です。その挨拶で自分のことをしっかりアピールでき、好印象を残せる人は優秀な人と判断されます。

特徴13:SNSの活用範囲が広い

先に述べた通り、非常に幅広い人脈や、多趣味であることがヘッドハンティングの要素となることがあります。しかし、知り合いでもない人の交友関係や趣味を知ることは難しいです。

ですが、SNSを確認すると、どのような人と、どのようなことをしているかを確認できることもあります。その生活スタイルからヘッドハンティングを検討する優秀な人材であるかを確認することができます。

ヘッドハンティングされた時の注意点

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
優秀な人材であれば、ヘッドハンティングをされることもあります。自分の能力を求められていることを嬉しいと感じて、すぐにスカウト先に転職を決心してしまう人もいます。しかし、ヘッドハンティングをされたときには、いくつか注意すべき点と確認すべき点があります。

給与の交渉をしておく

ヘッドハンティングをされると自分のことが認められたと舞い上がってしまい、すぐに転職を決断してしまう人もいます。しかし、まずは冷静になって、スカウト先の労働条件を確認しておきましょう。

労働条件を確認せずに転職をしてしまうと、せっかく転職したにも関わらず給料が減ってしまったり、思い描いていたキャリア形成ができなくなってしまうことがあります。

冷静に検討する

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
上記で述べた通り、ヘッドハンティングをされたときには、今とこれからの環境を冷静に比較する必要があります。もし、給料などの本人に対する労働環境も重要ですが、今後の会社の将来性も重要です。

また、これまで会社でお世話になった人や、取引先の人たちとの繋がりが切れてしまう可能性もあります。

いいことばかりを聞かない

スカウトの仕事をしている人は、優秀な人材を確保することが仕事です。そのため、なんとかして優秀な人材を確保しようと、良い面ばかりを押し出してくることもあります。

なので、ヘッドハンティングをされた際には、正しい判断ができるようにデメリットの面は自分から確認する必要もあります。

ヘッドハンティングについて知ろう

ヘッドハンティングされる人の特徴13個|された時の注意点
ヘッドハンティングをされると、自分が認められたと感じて、嬉しく思うこともあります。しかし、転職は非常に重要なことです。そのため、ヘッドハンティングをされても、すぐに判断するのではなく、正しい判断をするために一旦冷静になるようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related