Search

検索したいワードを入力してください

2017年05月30日

中小企業の志望動機の書き方とコツ・例文|履歴書や面接カードなど

日本の企業のほとんどを占める中小業。就職活動などで誰しもが受けることになるでしょう。しかし、中小企業の場合は「あまり仕事がパッとしない」などで志望動機を書くことに苦労している方も多いでしょう。ここでは、中小企業の志望動機の書き方についてご紹介します。

中小企業の志望動機の書き方とコツ・例文|履歴書や面接カードなど

中小企業の新卒採用で求める人材は大手企業とは違う

まず、念頭に置いていただきたいのが、中小企業の求める人物像は、大手企業の求める人物像と大きく異なります。大手企業は資本も売り上げも大きいため、人材を育成する時間にも非常に余裕があります。しかし、中小企業の場合は、人材を育成する時間も余裕も少ないため、「コストをかけずに、大きな利益を生み出せる人材」かを採用の際の求める人物像としておいている企業も多いです。

その反面、大手企業の場合は、「今後伸びしろが期待できそうで、コストを回収して利益を大きく生み出せる人材」を求める傾向が多いです。そのため、大手企業は「ポテンシャル重視」であり、中小企業の場合は「即戦力重視」になります。そこの違いを志望動機を書く前に意識をしておくことが大切です。

中小企業の志望動機では「即戦力」をアピールする

中小企業の志望動機では、あなたが少しの研修を経ればすぐに働くことができるというような、「即戦力」としてのアピールをすることが大切になってきます。そのため、あなた自身のキャリアなどを洗い出して置くことが大切になってきます。

「即戦力」としてのキャリアを見つけることから始める

まずは、あなたが22年間生きて生きた中で、どのような能力を身に着けてどのようなアルバイトや活動などに従事してきたのかについて、経歴を洗い出していくことが大切になってきます。それらを洗い出した後に、その企業にあったアピールポイントを探していき、志望動機を作成していきます。

例えば、長期のインターンシップで営業を行った経歴などがあればかなりベストな志望動機が完成します。インターンシップで得た営業の折衝などの能力やビジネスマナーなどは、人材育成の負担を少なくして即戦力として職務に従事できる大きなポイントです。また、居酒屋等でのアルバイトも、対人能力や接客能力や諸作法のマナーと言う観点ではプラスに働きます。

あなたが、これはつながらないだろうというキャリアが意外につながる場合もあるため、客観的にあなた自身のキャリアを分析してき、その企業に求められる経歴や能力をアピールしましょう。

「即戦力」としてのアピールがない場合は共感を志望動機に盛り込む

あなたが志望する中小企業で即戦力としてアピールがない場合は、その企業の人事担当者が納得をするような、アピールを考えることが大切になってきます。その場合は、部活やサークル活動やアルバイトなどの経験から、直接戦力にはならあないが、熱意とやる気をアピールして、採用担当者の共感を誘うような、志望動機を作ることが大切になってきます。

また、あなたが受ける中小企業を辞めずに粘り強く働くことのをアピールすることも重要になってきます。中小企業の場合は、人材の流動性も少なく、あまり採用に対してもお金をかけない企業も多いため、長く働いてくれる人材と言うのは重宝される場合も多いです。このように、熱意ややる気などをアピールした志望動機を作成して採用担当者の共感を呼び納得をしてもらえるような志望動機を作成することもポイントです。

中小企業の特色などを調べる

あなたを完璧にアピールをする志望動機ができたとしても、あなたがなぜその中小企業に来たいのかを明確にしなければ、採用担当者に共感を得ることができる志望動機は完成しません。中小企業の場合は、独自の技術などを持っている会社も多いため、それらにどう興味を持ったのかを考えることも可能です。また、業務内容などについても深く掘り下げておく必要があります。

中小企業の場合は、志望者もそこまで多くはありませんが、採用者も非常に少ないです。また、練習などで受けに来ている志望者も少なくないため、冷やかしではないかと考えてしまう採用担当者も多いため、志望動機にその企業の特色や業務内容について深く熟知していることが、志望動機として強いものになります。企業の特色や業務内容を調べて熟知することが、最大の熱意のアピールにもなるため、その中小企業の業務内容などの特色を熟知できるようにしておきましょう。

直接アポを取って訪問してみるのもお勧め

中小企業の場合は、志望動機を作ろうとしてもサイトなどに情報が少なくどのような特色があるかも分からない場合も少なくはありません。そのため、直接その志望企業にたいしてアポイントを取って、一度企業訪問をしてみるのもお勧めです。

直接の企業訪問は、その企業がどのような企業かを知ることもできまた、相手の企業に対して熱意をアピールすることにもつながりそして、志望動機の作成にも役立つため、非常にメリットが大きいです。また、サービス業などの場合は、一度そのお店に行ってみるのも良いでしょう。お客さんとしていくことで、どのような人がいるのかそしてどのような人が働いているのかも見ることもできます。

中小企業の場合は、ハローワークなどにも求人を出している場合も非常の多いため、ハローワークなどに対して、その企業の評判などを聞いてみることも志望動機を書く際の手助けにもなります。

中小企業の志望動機例文

ここからは、中小企業への志望動機の例文についていくつかご紹介していきます。

中小の食品メーカーへの志望動機例

私は、大学時代飲食店のホールスタッフとしてアルバイトをしており、日々誰もが口にする食品に大きな興味を持っておりました。この経験で、キッチンで作られる料理をいかに魅力的に提供するかを日々考えて、アルバイトに従事しておりました。そして、その気持ちを持ち続けたいと考え、次は多くの客様に商品を届けたいと考えるようになり食品メーカーの営業を志望しました。

御社の製品は、食材にこだわりおいしいものを消費者に提供したいそして地元の食材を使いたいという部分に共感し、私も御社の商品を今後多くの消費者に届けたいと考えたため、御社を志望しました。
このように、その会社がどのような商品を題しているのかそして、なぜその業界を選んだのかの熱意をアピールすることはとても大切になってきます。それらをアピールしながら、その会社がどのような製品を出していてどのような部分に共感をしたのかを伝えることは大切です。

食品メーカーは特に顕著ですが、メーカーの社員の方は自社製品に大きな誇りを持っている方が多いです。そのため、自社製品の魅力を語られることは、非常にうれしく感じる方が多いでしょう。また、それに加えて少しこういう商品を出したいですのような、改善点などを話すことで、自社で今後何かをやってくれそうな人材であることをアピールすることもできます。

中小店への志望動機

私は、大学時代に大型店舗でアルバイトをしていました。大型店舗であるがゆえに地域に密着と言うよりも全国で均一化された製品を並べることが多く、もっと地域に密着した製品を販売したいという思いが非常にありました。

御社は、この地域に密着した展開をしており、その地域の方が求めている商品を陳列しており、本当に地域のための店舗として地域の方にも愛されています。また、社員の方の意見などにも柔軟に取りあげていただけると聞いております。そのため、本当に地域の方のニーズに合った店舗を作れると考え、御社を志望しました。

中小企業の志望動機は「誠実さ」をアピールしましょう!

中小企業の採用担当者は、志望者に対して「大手が無理だから来たのだろう」や「中小は受かりやすいと思ってきたのだろう」のような、疑念を少なからず心の中に持っています。その疑念を晴らすためには、あなたが誠実にその企業を見ていて、その企業のどのような部分にひかれているのかをアピールしていくかが大切になってきます。

それらのアピールをすることで、採用担当者の共感を呼ぶことができ、本当にその企業に行きたいのだと納得してもらえる場合もあります。そのため、能力などのアピールも大切ですが、熱意なども大きくアピールすることが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related