Search

検索したいワードを入力してください

転職・中途採用における即戦力とは|企業が求める即戦力をつける方法

初回公開日:2017年10月07日

更新日:2018年05月22日

記載されている内容は2017年10月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

即戦力として企業が求める人材とはどんな人物なのか?新卒と転職・中途採用の場合ではどう違うのか?大企業と中小企業ではどのような格差があるのか?また、これから即戦力として働きたいと思っている人にはどのような考え方や方法があるのか?など様々な角度から解説します。

転職・中途採用における即戦力とは|企業が求める即戦力をつける方法

即戦力とは?

即戦力とは、その文字の表す通りに「直ぐに戦える能力」の事を言います。よく企業戦士という言葉を耳にしますが、職場を戦場に例えるなら、戦場で直ぐに戦ってくれる優秀な社員を「即戦力」と言います。

企業が求める即戦力の意味

企業における「即戦力」とは「入社した後すぐに、訓練なしで専門的な仕事を任せられる人」の事を言います。一般的には高学歴でスキルが高く博識な人が即戦力として向いているように思われますが実は違います。企業が即戦力として求めるのは、その仕事に向いている人、コミュニケーション能力が高い人、更にはその会社に自分から馴染もうと努力する人です。

更に、自分の頭で考えて行動する事も即戦力として要求されます。最初はもちろん上司に教えて貰い仕事を覚えますが、その後は自分の頭で物事を考えて判断し先へ進める事が必要です。そうでなければ企画や提案は出来ませんし仕事の応用もできません。即戦力の社員には行動力・判断力も求められますし、いずれチームリーダーとして部下を纏める事も期待されるからです。

コミュニケーション能力が高い人は?

コミュニケーション能力が高いと、顧客に対しても十分な対応が出来るのは言うまでもありませんが、社内に於いても「報告・連絡・相談」の「ほうれんそう」が円滑に行われるので、仕事がスムースに進むばかりでなく、社内の雰囲気もよくなります。

会社にはそれぞれの社風や独自のシステムがありますが、コミュニケーション能力が高い人は直ぐに馴染むことが出来るので即戦力として対応できるのです。

自分の頭で考える人とは?

最初は前任者の真似をして仕事をこなしていても、ずっと同じ事をしていては新鮮味もないばかりか、周囲のスピードについていけません。現代は技術改革が大変に早いため、続々と新製品が生まれては消えるを繰り返している状態です。常に新しいモノを開発する為に、即戦力となる人は斬新なアイデアや、個性的な魅力ある企画を次々と生み出す事も要求されるのです。

スタンドプレーはいけませんが、自分の頭で考え行動できる人は仕事の理想も思い描く事が出来ます。仕事をやらされるのではなく、自分の未来を切り開く為に選んだツールとして現在の仕事を選択しています。即戦力となる人は会社の一員としてだけではなく、自分の人生設計も出来る人です。

大企業と中小企業の人材育成の違い

日本には多くの会社がありますが、大企業と呼ばれるのは全企業の1割と言われています。日本の産業の殆どを担っているのは、実は中小企業と呼ばれる体力の少ない会社ばかりです。即戦力の確保は会社の要と言っても良いほど重要ですが実際はどうなっているのか、大企業と中小企業との違いを比べてみました。

社員教育にお金をつぎ込める大企業

企業が激しい競争を勝ち抜き、業界で生き残っていくためには、常に優秀な社員が必要です。資金にゆとりがある大企業では、新入社員教育をしっかりと行い、精神的な修養からビジネスマナーやパソコン教育など会社で必要とされる知識や技能を教える事ができます。

新入社員に会社独自のマインドを叩き込むために、過酷な登山や自衛隊の訓練に参加させるなど、過激とも受け取れる社員教育を行う企業もあります。肉体的に厳しい中での連帯感から「個人の意識」から「集団の意識」への変換とコミュニケーション能力を高める意図があるのでしょう。

全く新しい知識や体験は、新入社員の心身に大きく影響を及ぼし企業が期待する人材へと育っていく可能性があります。残念ながらすべての新入社員が期待通りにそうなるとは限りませんが、お金があれば早く人を育てる事が出来るため、即戦力となる人材を確保出来ます。

中小企業は社員教育をする時間もお金もない

中小企業は資金繰りが大変なところも珍しくなく、社員教育をする時間もお金もないところが大半です。何故かと言えば社員教育をしている間は会社の利益が出ないのに、新入社員にお給料を払っている状態だからです。社員教育は社員に対しての先行投資といっても良いですから、万が一、教育中に退社された場合は会社は損をするだけで元も子もありません。

中小企業は人手不足も深刻ですから新卒も募集しますが、思うように集まらないのが現実です。優秀な学生は大企業狙いが多いので、如何に優秀な学生を集めるのかに相当苦心しています。やはり優秀な学生でないと即戦力としては難しい部分もあります。

体力のない中小企業の中には学卒の新入社員は採用せずに、基本的な事は学んでいる転職・中途採用ばかりをしている会社もあります。中途採用なら基本的なビジネスマナーは学んでいる筈ですし、必要に応じて語学やPCスキルなどの専門的な分野で募集できるからです。

転職・中途採用における即戦力

転職・中途採用する場合は即戦力として求められるのが当たり前と言って良いでしょう。採用する側にしてみれば、現在の社員の補填として直ぐに成果をだして欲しいからです。この場合はコミュニケーション能力はもちろんのこと、就職希望の会社が必要としている専門性の高いスキルを身に付けておくことが重要になります。

今まで自分が培ってきた技術やノウハウは次の職場では却って邪魔として否定される事があったとしても、それを不服とせずに受け止められる度量の広さも必要でしょう。即戦力として採用されたからには会社のシステムに従い、希望に沿える成果を出す事が必須だからです。

大企業に勤務していた人が中小企業に即戦力として採用された場合、過剰な期待を掛けられて大きな負担となる事もあります。様々な経験をバネにして乗り越えられるだけのメンタルの強さも必要になります。

即戦力をつける方法とは?

即戦力をつけるには、コミュニケーション能力を高める事と、専門的な知識や技能を身に付けることが近道です。自分が学んできた分野を更に深く学び直すことで即戦力をつけることも出来ますし、新しい分野にチャレンジして資格を取り、即戦力として採用試験に臨むことも出来ます。

資格とは関係なく、思い切って全く違う業種に飛び込み自分の可能性を見出す方法もあります。自分の隠れた才能や個性を見つける機会にもなります。全く当てが外れて失敗する可能性もあり大きな賭けとも言えますが、今の仕事に行き詰って先が見えないような状態なら試す価値はあります。

専門分野に強くなる

自分が今まで学んできたことを更に学び直す事で資格をとり、専門的な分野で即戦力を身に付ける事が出来ます。例えばパソコンスキルが高い人なら「基本情報技術者」という国家資格を取得するといった場合です。この資格は高いIT技術を評価するというもので、IT開発業界ではステータスとなっており、即戦力として期待されますから就職に有利です。

また看護師の資格を持っていても、医療分野の進歩は特に早い為に一度離職してブランクがあると直ぐに戻る事が出来ない場合が多いです。復職支援研修を受けて万全の態勢で即戦力として臨むなど、今の状況に合わせた学習を行いましょう。

コミュニケーション能力を高めよう

コミュニケーション能力を高めるには、まず現在の自分のコミュニケーション能力がどの程度なのかを確認する必要があります。普段、家庭や職場でどのような会話をしているのか、職場の人間関係は良好なのか、といった事を客観的に考えてみましょう。

今の職場の人間関係が良くないから転職を希望している人は、少し立ち止まって自分の言動や態度を見直しましょう。もしかしたら自分でも気づかずに周囲の人を不快にさせているのでしょう。今の職場の人間関係の悪さが、自分のコミュニケーション能力と関係があるとしたら、転職してもまた人間関係で悩むことになりかねません。

自分のコミュニケーション能力に自信が持てないなら、会話術の本を読む、傾聴などの講座を受けるなどコミュニケーション能力を高める努力をお勧めします。コミュニケーション能力を高めることが自信にもなり、即戦力として採用されることに繋がります。

新しい仕事にチャレンジ

例えば一般的なOLが一念発起して保育士の資格を取り転職するという場合です。保育士は常に求人が多い職種なので即戦力として期待されます。主婦が介護士の資格を取り即戦力として再就職するケースも多いです。

また牧場や大規模農業、漁業などの一次産業への就職には特別な資格や免許は必要ありません。慢性的な人手不足の業種が多いので即戦力として採用される可能性は高いです。地方の農村部では家屋の賃借料免除や、一定期間定住すると格安で家が提供されるなど、住みやすい工夫がされているところも多く、ローンも組まずに家が持てるのが魅力となっています。

地方の過疎地の中には若年者の定住促進と共に、圧倒的に多い老人の介護の目的と合わせ、介護職に就く人への手厚いサポートを用意して即戦力を確保する計画を進めている自治体もあります。経済的に苦しいシングルマザーでも新築一軒家に住めて仕事が有り、保育園も用意されているので安心して働けます。

社会貢献できる人へ

働くとは「傍=はた(周りの人)」を「楽」にするのが語源と言われています。つまり自分の周りの人の役に立つことが「働く」という意味です。自分だけが儲けたい、楽をしたいという働き方では大きな成功は出来ません。

「ビジネス」と言う言葉からはスーツを着て働く仕事を連想しがちですが、そうではありません。泥にまみれて働く農作業もエプロンをかけて老人のお世話をする介護職も立派なビジネスです。

現在の仕事、又はこれから自分が目指す仕事でどのくらいの社会貢献が出来るのか、幅広い視野に立って考える事の出来る人こそが、即戦力として働ける資質を持っていると言えるでしょう。

自分が進む道を拓こう

新卒でも転職・中途採用でも即戦力として立派に働く事が出来れば、周囲からの評価も良くやりがいもあるので仕事も長く続けられます。それが自分の得意な分野や、好きな仕事ならなおさら楽しいでしょう。

自分の人生は一度きりです。自分の進む道は自分でしか拓く事は出来ません。死ぬ間際に「○○をやっておけば良かった。」と後悔しない為にも仕事の選択は重要です。

即戦力として働けるように、常に努力を惜しまない生き方が人生を良い方に変えていくと言っても良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related