Search

検索したいワードを入力してください

2017年07月20日

第二新卒の転職|志望動機例と転職理由(人間関係/残業など)

現在転職市場でも売り手市場として注目がされている第二新卒。初めて入った会社が思ったものと違って転職を考える方も多いです。第二新卒の転職理由とはどういうものがあるのでしょうか?そして、どのような転職理由だと人事も納得するのでしょうか?

第二新卒の転職|志望動機例と転職理由(人間関係/残業など)

第二新卒の転職理由の多くは仕事内容が採用前とは違う

第二新卒の転職理由で一番多いのが、入社前や配属後に聞かされていた仕事内容と実際の仕事の内容が違うということです。例えば、ルート営業と聞いていても実際は、飛び込み営業などの新規開拓営業を行うことになったり、研究職として採用されたのに、実際は生産管理などの技術部門に配属されたりなどです。

このように、採用時の配属先が違ったり聞かされていた仕事内容と違う仕事を回されることにより、実際想像していた仕事とかけ離れていたりして、転職を決意する方も非常に多いです。

会社の雰囲気自体が合わない

また、会社の雰囲気自体が合わないということから転職をされる方も多いです。説明会では、かなり和気藹々としているような印象の会社だったのに実際入社をしてみると、かなりぎすぎすとしている会社であったり、飲み会とかあまりしなさそうな会社だと思って入社したのに、入ってみると思いっきり体育会系の会社だったりなどあります。

このように、自分の性格とかなり合わない会社に入社をされて会社の雰囲気と自分自身の正確が合わずにそのミスマッチに苛まれて退職をしていく方が多いです。入社をする前から会社の雰囲気などは分からないため、転職理由としてはこの理由はあまり人事に対して響くことはありません。また、会社の雰囲気があまり合わないからと言って辞めることは時期尚早と思われがちのため、第二新卒の転職理由ではあまり良い印象が持たれないのも事実です。

残業時間がかなり多い

近年ではブラック企業や過労死などの問題が騒がれる中、実際若手の新入社員が残業などを多く強いられて使いつぶしにするような企業も一定数存在するため、第二新卒の転職理由としても、人事側からも受け入れられやすい転職理由ではあります。しかし、残業時間が多いというのは、人によって差があることも事実です。

例えば、3・6協定で定められている45時間超えの残業をしただけでも多く感じる方もいれば、100時間を超えたら多いと買えるように感じる方もいます。そのため、人の感じ方によって残業時間の多さと言うのも、感じ方が変わります。しかし、60時間を超える残業時間が恒常化している場合は、考慮に入れてもらえることもあるでしょう。

また、残業代の有無についても転職理由として考慮をしてもらう方法もあるため、篆書理由としても成り立ちます。残業時間が多いことについては、生死についても大きくかかわる部分のため、働いている中でも注意をしていかなければなりません。

仕事が物足りない

入社をしてみたもののやっている仕事があまり面白くないや、もっと大きな仕事をしたいと考えて転職をされる方も多くいます。例えば、国内営業中心のメーカーに入社をしたが、入社後もっと世界に向けてものを販売したいや取引をしたいと考えるようになり転職をされる方や、もっと大きなプロジェクトに参加をしたいやもっと成長できる環境でバリバリ働きたいなどの理由から転職をされる方もいます。

この転職理由については、第二新卒の転職理由としても少なくはありませんが、そこまで多くもない、転職理由です。しかし、第二新卒の転職理由としては、人事に対する評価は一番悪くない評価であるため、第二新卒の転職の際に、転職理由として説明されてる方も非常に多いです。

そのため、これを転職理由として使用する場合は、あなたの本心でそう思う理由についてや、今後どんな仕事をしていきたいのかを考えていくことが大切になってきます。また、あなた自身がどうなりたいのかを考えて、転職理由を考えていくことも必要になってきます。

第二新卒の転職理由で気を付けておくべきポイント

第二新卒と言えども、一般の新卒とは違い社会人経験を経ているため、ポテンシャル採用ではなく会社に入って早い段階で戦力になる方を対象として採用活動を行っている企業も多いです。そのため、「今の会社は雰囲気が合わないからやめたい」や「聞いていた仕事内容と今の仕事内容が違うからやめたい」などの転職理由は厳しい話ですが、通用しません。

そのため、転職する際の企業選びで、「あの会社は有名だから入社したい」や「今の会社よりも給料がよさそうだから転職をしたい」などの理由から第二新卒の転職先として選んだとしても、面接で落とされる場合が多いです。仮に面接を上手く通過しても、今後あなた自身が苦しい立場になります。

ここでは、第二新卒の転職理由として気を付けておくべきポイントやどのような姿勢で企業を選ぶことが大切なのかについてご紹介していきます。

第二新卒の転職理由はポジティブな理由を選ぶ

第二新卒の転職理由としては、主にネガティブなものが多く上げられます。そして、多くの第二新卒として転職を行った先輩方も、ネガティブな理由から第二新卒を決意して、転職活動に入りました。転職のきっかけは、ネガティブなものでも構いません。しかし、実際なぜ転職するのかを聞かれた際には、ポジティブな理由が望ましいです。

もし、毎月の残業時間が100時間を超えているやサービス残業を毎月45時間以上強いられているなどのかなりシリアスな場合は、転職理由として説明をすることも可能ですが、それ以外では、基本的にネガティブなものは、あまり採用者としては良い印象を持ちません。

そのため、例えば自分を成長させたいや海外に出ていきたいなどのような、ポジティブな転職理由から、転職活動ができるように、あなた自身がなぜ転職をしたいのかを考えた際に、今いる企業の不満を考えるとともに、あなたがどうなりたいのかそしてどんな仕事をしたいのか、それらを行うためには今の会社ではなぜいけないのかを考えながら転職理由を考えていきましょう。

第二新卒は即戦力採用ではなく、そこそこの力があって今後更なる飛躍が望める人物を求めて採用する企業も多いため、それに即した人物になれるかを考えながら戦略を練っていくことが大切です。

第二新卒の転職理由が完成したらあなたが今後どう活躍したいのかを考える

第二新卒としての転職の転職理由について一連の結論が出たら、次に考えるのはあなたが今後どのような姿で働きたいのか、そしてどのように活躍をしていきたいのかについて考えます。例えば、あなたが裁量権の大きな仕事をしていきたいと考えたとします。

これが、今後のなりたい姿だとします。そうなるためには、成果主義の会社に入社をすることと比較的大きな会社に入らなければなりません。その目標を実現するためには、あなたの現状とのギャップを埋める作業が必要になってきます。例えば、今の会社で何を身に着けることができるのか、そして何か有利になるスキルを身に着けるべきなのかなどです。

上記のような姿になりたい場合は、選択肢として外資系の企業と言うのは選択肢として出てきます。外資系の企業を選択肢として考える場合は、英語のスキルはもちろんのこと現業での成果も必要になってきます。また、論理力なども求められてきます。それらについて逆算をしながら、あなたが今後どのようにしてギャップを埋めていくのかを考えていく必要が出てきます。

第二新卒の転職のカギは今後活躍できるかどうか

何度も繰り返しになりますが、第二新卒の転職のカギは、今後活躍できるかどうかにかかっています。また、あなたが今後どのように活躍できるかのイメージを持てているのかについても、大きなポイントになってきます。そのため、転職理由だけではなく、あなたが希望の転職先でどのような活躍ができるのかそして、どのような成果を第二新卒として期待をされているのかを理解していいるのかが大切になってきます。
また、希望の転職先の欲している能力が自分自信の能力とのギャップがないのか等を考えなければなりません。

第二新卒の志望動機例文

第二新卒の志望動機は新卒の就職の時とは少し違います。新卒の場合は、あなたの今後の伸びしろを見せるために、あなたの性格や学生時代の経験などを踏まえて志望動機を書く方が多いです。しかし、第二新卒の場合は、会社での経験と今後の展望を中心に書くことになります。

第二新卒の志望動機の中に転職理由は書く必要はあまりない

第二新卒の転職の際の志望理由に転職理由について踏まえるべきか悩む方も多いです。転職理由について軽く触れても構いませんが、触れる必要はあまりありません。転職理由については、面接等で聞かれた場合にこたえられるようにしておくくらいで問題ありません。聞かれなければそれでスルーでも構いません。
ここからは、第二新卒の志望動機例文を見ていきます。

第二新卒志望動機例文(給料アップが目的の場合)

食品メーカーから食品系の商社を志望した場合の例文です。今回は、メーカー機能を併せ持つ商社を想定しています。この場合、仕事の大きさに着目をした志望動機として、今までの法人営業の経験から得た経験と今後更なる大きな仕事をしたいという方針での例文です。
私は、大学を卒業後食品メーカーの営業として、主に法人を対象に営業業務を行ってきました。お客様の会社の問題や要望等を聞き、前職の会社の商品で解決ができるような提案を行ってきました。この業務を通じて、問題の本質を見極める能力そして解決する力を見についけました。

将来のことを就職後再度考えた際、もっと大きなフィールドでビジネスを行いたいと考え、食品商社への転職を考えました。その中で御社を志望した動機は、御社は商社でありながらメーカーとしての機能を持っており、お客様からの要望を迅速に解決することができ、川上から川下まで大きなフィールドでビジネスを行うことができるからです。

第二新卒の面接の時のポイント

次に第二新卒の面接の際のポイントについてご紹介していきます。第二新卒の面接で見られるポイントは大きく二つあります。まず一つ目はビジネスマナーができているか二つ目は長く働いてくれるかです。初めにこの二つについて少し説明します。

第二新卒の面接の際に必須のビジネスマナー

第二新卒は、ビジネスマナーなどの社会人の基礎を持っていることを前提にした採用です。企業としては、ビジネスマナー講習などのコストをかけずに、若い人材を採用できるということにメリットを感じて、採用する会社も多いです。

そのため、ビジネスマナーは欠かせません。新卒の面接であれば、ノックの回数やお辞儀の仕方などの所作を少し間違えたところで採用に大きく響くことはあまりありませんが、第二新卒の採用の場合は、これらが大きく響くため、注意が必要になります。

第二新卒はこれから辞めずに働いてくれるかがポイントになる

第二新卒は、採用する側の企業としては、新卒で入社して早くして辞めた退職者の補充の意味を込めて採用している会社も多いです。そのため、採用する側の企業としては、今後辞めずに働いてくれる方を採用したいと考えている企業も非常に多いです。

採用する企業として気になるのは、志望者の転職理由についてはかなり気になります。そして、今後どのようなビジョンをもってその企業に貢献してくれるのかもかなり気になるポイントになります。

転職理由は今後のキャリアを踏まえたものが良い

転職理由については、今いる会社のネガティブな面を見てのものは良くありません。あなたが今後どのようなキャリアをイメージして転職を考えたかを転職理由として述べることがポイントです。例えば、海外営業に挑戦をしたいや、仕事をしていて志望する企業の分野に興味をもったからや、さらに大きなフィールドで活躍をしたいなどの転職理由が、良い例として挙げることができます。

転職理由は面接で必ず聞かれると考えておくことが大事

第二新卒の面接では、転職理由については必ず聞かれるものと考えておくことがベストです。その理由は、採用する側の企業としては、なぜファーストキャリアで躓いたのかそして、それを今後どう生かすのか、これから永くその企業で働いてくれるのかについて、非常に気にしているからです。

そのため、第二新卒の面接では必ず、転職理由については聞かれます。第二新卒の面接の雌雄を決するのは、転職理由と志望動機と前職の経歴になります。前職の経歴については入った会社によってまちまちなので、対策の使用はありませんが、初めの二つは対策を講ずることは可能です。

だから、転職理由と志望動機については、企業研究と自己分析などを充分に行って置くことが大切になってきます。

第二新卒の面接で求められるのは具体的な回答とコミュニケーション能力

第二新卒の面接で求められる能力としては、具体的な回答とコミュニケーション能力です。第二新卒の面接で採用担当者が知りたいのは、あなたがどのような人生を歩んできたのかそしてなぜそのような道を歩んできたのか、そしてあなたがどのような人間なのかです。これらを採用担当者に知らせるためには、どのような経験をしてどのように考えて動いてきたのかです。

これらを知ってもらうためには、抽象的な回答や見栄えだけ良い模範解答では、あなたの人間性は、採用担当者には伝わりません。そのため、面接の前にあなた自身をあなたの言葉で伝えられるようにしておかなければなりません。

第二新卒におすすめの転職エージェント

ここからは、第二新卒で転職する際には、ぜひ登録をしておいてほしい転職エージェントをいくつかピックアップしてご紹介します。

エリートネットワーク

エリートネットワークと聞くと、多くの方は東大や京大などの難関大学卒業を卒業し大手企業などに勤めていなければ登録できない、エージェントと考える方も多いですが、そうではありません。

エリートネットワークは、転職者一人一人に密着をして親身に対応してくれるエージェントのためお勧めです。初めての転職では職務経歴書や履歴書の書き方も分からない方も多いです。それらのカウンセリングを受けることもでき、また直接対面して面談等も受けることも可能であるため、キャリアカウンセラーと二人三脚で転職活動を進めていくことができます。

また、転職者の体験談なども読むこともできるため、あなたが目指すキャリアへ転職した方がどのような、転職活動をしたかも見ることができるため、転職活動の具体的なイメージを掴むことができます。

doda

業界最大手のdodaも転職活動をするならば、登録しておくべき転職エージェントの一つです。業界最大手と言うこともあり、求人数も非常に多いため、あなた自身の転職の可能性を広げることにもなります。また、転職求人の多くは非公開求人も多いため、大手の転職サイトに登録しておくことで、非公開の求人に出会える確率も高まります。

また、第二新卒の求人は企業としても、辞めた若手社員を補充したいが、大っぴらに募集をかけると、離職率が高いと思われてしまうということから、非公開の求人を出す場合も多いです。そのような求人を探すためにも、dodaはぜひ登録をお勧めしたいエージェントです。

第二新卒に一番求められるのは今後のビジョン

第二新卒に求められるのは、今後あなたがどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、そしてどのように転職先の会社で活躍して貢献をするのかです。それらを前職の経歴とあなた自身の経験や考え方をもとにして、企業へアピールしなければなりません。そのためには、まずあなた自身がどのような人間であるのかをあなた自身が良く知り言葉にできるようにすることが大切です。

また、あなたがどのような考えとビジョンで転職に至ったかも、模範的な回答ではなくあなたの言葉で具体的に説明する必要があります。これらを説明できれば、採用担当者もあなたのことを知ることができ、第二新卒の面接の際も、非常に有利に選考を進めることができるようになります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related