Search

検索したいワードを入力してください

2017年05月18日

薬剤師の転職理由・履歴書の書き方と例文(志望動機/自己PR)

全国各地に薬局や病院があるため、どこでも働けて、年も関係なく働くことのできる資格の薬剤師。その分、仕事内容はどこも変わらないため、薬剤師の転職理由について悩む方も多いです。今回は、薬剤師の転職理由や転職の事情についてご紹介します。

薬剤師の転職理由・履歴書の書き方と例文(志望動機/自己PR)

薬剤師は人手不足で転職もしやすい

かつて4年制だった薬学部の薬剤師の養成課程が、現在では6年制になったことや、ドラックストアなどにも、薬剤師を配置している店舗が多くなったことなどもあり、現在では薬剤師業界は人手不足になっているため、業界全体としては売り手市場の傾向があります。そのため、薬剤師の転職も他の業界に比べると、転職もしやすいです。また、薬剤師は、国家資格でもあるため、資格がないと業務ができないため、手に職をつけているということもあり、転職がしやすい業界です。

薬剤師として転職がしやすいのはドラックストア

薬剤師として転職が最もしやすい業種は、ドラックストアになります。ドラックストアでも最近では薬剤師の配置をしている店舗が非常に多く、常勤の薬剤師も多いため、正社員としてでも、アルバイトとしてでも契約社員としてでも、薬剤師の募集をかけています。

また、一つの店舗や企業から、複数人の薬剤師を募集しているところも多いため、転職はしやすい傾向にあります。さらに、正社員だけでなく契約社員やアルバイトとしての使用も多くあるため、結婚や出産を機に一度退職をして、その後復帰をする際にも原木方の幅も広がるため、お勧めです。

調剤薬局や病院も求人数はあるが難易度が少し高い

調剤薬局や病院も求人数としてはかなりあるため、転職は一見しやすいように見えます。ですが、これらの業種は人気があることや一度業種を経験していなければ40代になると転職などが困難になってしまう傾向があります。

調剤薬局や病院の場合は、若いうちなら未経験の薬剤師でも採用されることはありますが、年齢が高いと病院や調剤薬局未経験の薬剤師であれば、これらの業種で薬剤師として採用されることは、難易度が高くなってしまします。病院なども現在は人手不足の傾向があるため、近年では中途採用の未経験者の薬剤師の転職を受け入れていますが、人気も高いため難易度は今でも高いです。

薬剤師として企業に転職する場合は難易度が最も高い

薬剤師として、企業に転職をして働く場合は、何度としては最も高くなります。企業自体の薬剤師業界の求人数がもともと少ないことや人気も高いこともあるため、非常に難易度が高いです。また、面接の段階で難易度が高いため、業界の中でも薬剤師として転職をする際には最も高い難易度の業種が企業への転職ということになります。

各業種別の薬剤師の給与事情

転職をする際に気になるのが、給料についてだと思います。薬剤師として転職をするとなると、多くの方がドラックストアか調剤薬局か病院、中には企業に勤める方もいる方と思います。ここでは、これらの職種の正社員やアルバイトの給与事情についてご紹介していきます。

ドラックストアの薬剤師の転職時の年収は400万代前半から600万代前半

求人数も非常に多く転職もしやすいドラックストアの薬剤師の転職時の年収は400万代前半から600万代前半になります。初任給としては非常に魅力的ですが、そこからの昇給は少し難しいため、長い目で見た時の給与はそこまで良いとは言えません。業務としては、多くはレジ打ちや棚卸や商品の陳列などで、薬剤師としての業務はあまりないため、薬剤師としてのキャリアアップはあまり望めません。

その代わり、店舗数が非常に多いため、あなたの家の近くで働くこともできるため、家の近くで働きたいという方にはおすすめです。薬剤師のアルバイトの場合の時給は1500円から2000円程度のため、非常に高いです。家事の合間にパートとして働きたい方にもおすすめの職種です。

調剤薬局の薬剤師の転職時の年収は年収は400万代後半から500万円代

調剤薬局の薬剤師の転職の際の年収は年収は400万代後半から500万円代に落ち着くことが多いです。その分、調剤の仕事に関わることができるし、休みも取りやすく、中には昼の時間帯を休養している調剤薬局もあるため、ワークライフバランスは非常に良い職種と言えます。そのため、薬剤師の資格を有している主婦の方なども多く働いている印象が強いのが調剤薬局の薬剤師です。

求人数も非常に多くあり、パートとしても正社員としても求人が多くあるため、転職も非常にしやすい職種と言えます。その代わり、診療報酬改定などにより調剤薬局の経営は少し厳しいということは否めないため、今後は給与の減少の可能性も考えることができます。しかし、ワークライフバランスも良いことなどを考えると、働き方を重視してなおかつ、調剤の仕事に携わりたい方にはお勧めの職種です。

病院の薬剤師の転職時の年収は年収は300万代から400万代前半

病院の薬剤師と聞くと、かなり専門的なことを行うイメージから、収入が高いイメージを持っている方も多いと思います。しかし、病院の薬剤師の仕事は、医師からの処方に従うのが基本で、言われたことをやるようなイメージのため、自分の仕事が評価されないと考えてしまう方も多いです。

また、病院の薬剤師の仕事はかなり忙しく、その割に給与は低いため少し割に合わない仕事というイメージになります。その代わり、病院でしかできない仕事も多いため、薬剤師としてのキャリアを積むこともできるため、やりがいとしては充実している仕事ともいえます。

しかし、病院はどこでもあるというわけでもないため、立地が良いとは限らず、有給等も取りにいくいです。転職の難易度としては、ドラックストアや調剤薬局に比べて高いですが、現在では人手不足などもあり今後も高齢化による人手不足のため、今後は転職の難易度が下がる可能性はあります。

企業の薬剤師の転職時の年収は年収は800万から1千万程度

薬剤師の転職として、最も花形と言われる職種が企業の研究職・開発職になります。この職につけば他の薬剤師に比べても、一段階上と言えます。しかし、研究職・開発職は、新卒の一流大学の博士号取得者が多くいるため、転職するにも非常に狭き門と言えます。研究実績や前職でかなり大きな成果を持っていなければ転職をすることができません。

その代わり、この狭き門を超えると、薬剤師としては最も高い生涯賃金を得る事ができます。薬剤師として企業の転職のハードルが下がるのは、製薬会社の営業職です。この営業職は所謂MRと言われる職種で、病院に行って医師に営業をする仕事です。

MRは基本的に成果主義なので、実績を上げることができれば、1000万円を超えることも夢ではありません。その代わり、MRに必要なのは薬剤師の知識よりも、医師と少しの時間話すために三時間以上待つことができる忍耐力やコミュニケーション能力にたけてなければ、給料が高いからと転職しても長く続けることができないです。

薬剤師の転職も業種によって様々

このように薬剤師の転職も職種によって難易度も年職も大きく変わります。また、職種によってワークライフバランスもかなり変わってくるため、あなたのライフスタイルや状況によって、転職をする職種を考える必要があります。

しかし、逆をとれば、薬剤師の資格を有しているだけで、かなり多くの職種を検討することができ、ライフスタイルによって、様々な職種を考えていくことができるため、薬剤師の転職は、他の業界の転職に比べると非常に恵まれている状況です。そして、求人数も企業の薬剤師以外は、非常に多いため、立地条件や雇用条件などを検討しながら、転職先を考えることができるため、様々な職種や勤務先を考えながら転職を検討することが可能のため、薬剤師業界全体の転職事情は非常に良好と言えます。

薬剤師の転職理由の多くは人間関係

薬剤師の転職理由の多くは人間関係と言われています。薬剤師の多くは、調剤薬局やドラックストアや病院の処方箋の部署で働いています。そのため、非常に狭い場所で働いているという特性から、人に足並みをそろえることや人への干渉具合によって、様々な人間関係のトラブルが起きることがあります。

また、女性の非常に多い職場のため、人間関係のトラブルというのは多くある傾向があります。なので、人間関係が理由で転職をしようとする薬剤師の方も多くいます。また、ドラックストアなどであれば、働いているのは薬剤師だけではなく、店長や他のバイトや社員の方など様々で、そのため薬剤師だけで固まることもできず、孤立してしまうこともあります。他にも薬剤師としての責任の重さを感じてしまうことや、薬剤師として採用されているのにレジや陳列や棚卸など薬剤師でなくてもできない業務をすることに不満を感じて、転職をされる方も多いです。

臨床的に挑戦できる職場に行きたいと考えて転職するケースも

薬剤師の転職の理由は、人間関係というネガティブな転職の方も多いです。しかし、薬剤師としてのキャリアを高めたいやもっと臨床的な仕事に挑戦できる環境に身を置いて仕事をしていきたいと考えてポジティブな理由で転職をされる方も多いです。臨床的な仕事をしたいと考えると、調剤薬局やドラックストアなどでは、これらの仕事をすることは難しいです。

この場合は、企業や大学の研究所のようなところでなければできません。そのため、これらの転職を考えている方は、自らのスキルを磨いていき、臨床的な仕事をしていける企業などに転職をされる方も中にはいます。このようなポジティブなケースの転職も良く見られます。

出産や結婚を機に退職して再就職するケース

出産や結婚を機に、一度薬剤師としての仕事を退職をして、生活が落ち着いてから再就職をするケースもかなりあります。やはり、薬剤師自体が女性が多いため、結婚出産でやめる方も多いため、その後の再就職も多いです。

このケースの場合は、完全週休2日制で残業もほとんどない、調剤薬局やドラックストアに再就職やパートなどで働きに出る方が多いです。病院や企業の場合は、完全週休2日制で残業のない就職先は滅多にないため、調剤薬局やドラックストアへ転職をする方が非常に多いです。

また、調剤薬局やドラックストアでも、正社員として働いている場合でもパートで働いている場合でも収入の水準は主婦をしながら仕事をしている方の中では高い部類に入り、パートなどでも、時給2000円代の求人も多いため、多くシフトに入らず、家事や育児と両立をしながら仕事ができるため、結婚後の再就職の際も非常に有利と言えます。

薬剤師の転職理由も様々

薬剤師の転職理由も十人十色で様々な理由で転職をされる方が多いです。今回は、その中でも転職理由として多いものをいくつかピックアップをしながら、その理由について説明をさせてもらいました。ここからは、実際の薬剤師の転職の際に使う履歴書の書き方や志望動機や自己PRについて、紹介をしていきます。

薬剤師の自己PRは過去の職歴とコミュニケーションスキルが大切

薬剤師の履歴書の書き方は一般の履歴書の書き方とほとんど変わりません。唯一変わる項目としては、資格の欄に薬剤師の資格を記載しておくことだけになります。薬剤師の自己PRとして重要なのは、過去にどのような職歴を経ていて、どのような業務を経験しているのかやコミュニケーションスキルがどれくらいあるのかについてです。

薬剤師の多くは、調剤薬局や病院やドラックストアで働くことになります。仕事としては、調剤業務などもありますが、患者さんに対してお薬についての説明をしたり、患者さんからの質問に答えることなど、接客の仕事が多くあります。そのため、仕事をする上で患者さんとのコミュニケーションも大切であり、調剤薬局が多く開業されている現在では、患者さんに来てもらうために、患者さんとの日々のコミュニケーションも重視されます。

また、職歴においても、資格だけ持っている薬剤師の方では、転職では採用されにくいため、今まで薬剤師としてどのようなキャリアを積んできたかについても、記載する必要があります。

薬剤師の志望動機は今後のキャリアビジョンを見据えて書くことがポイント

薬剤師として働く際に、採用側としては長くその病院や薬局などで働いてくれる方に来てほしいですよね。その際に、採用者としてみたいのは、あなたが今後どのようなキャリアを積んでいきたいのか、そして働く病院や薬局でどのような成長をしたいのかについて、考えていると採用側も採用後のビジョンを想像しやすく採用へ一歩進めることができます。薬剤師としてのキャリアアップを見据えた志望動機を書くことで志望の意志の強さを明確に示すこともできます。

志望動機ではなぜその薬局や病院なのかも大切

また志望動機で大切なのは、なぜその病院や薬局なのかそして、なぜそこでなければならないのかを明確に示すことが必要です。これは、人によって様々です。例えば、勤務条件とあなたのライフスタイルが合致していることや、今後のキャリアアップには成長できる環境で働きたいなど、様々です。

しかし、多くある薬局や病院の中でなぜそこなのかを考えるためには、その薬局に足を運ぶことやその薬局について調べてどこがいいのかを考える必要があります。いわば、企業研究のようなことを行い、あなたがなぜそこで働きたいのかについて明確に示す必要があります。

病院から調剤薬局の転職は非常に多い

病院から薬局へ転職される方は、非常に多いです。その理由としては、病院には当直などもあるため、時間の制約が非常にかかります。また、業務も病院の調剤薬局では、入院している患者さん相手のため、カルテなどを読まなければならず、業務も非常に多く体力的に厳しいと思い転職をされる方も多いです。

病院から薬局への転職理由は家庭環境の変化などから

病院から調剤薬局などへの転職の理由の多くは、家庭環境の変化や体力的な問題から転職をされる方が非常に多いです。薬剤師は、女性が多い職場であるため、結婚や出産を機に家事や育児をするため当直や夜遅くまでの残業などを行いにくくなります。

また、育児や家事と並行して病院の薬剤師の勤務は体力的にも非常に厳しいため、提示で帰ることができ、完全週休二日制の調剤薬局やパートとしても働けて時給としても非常に魅力的なドラックストアなどへ転職をされる方が多くいます。そのため、病院から薬局などへ転職をされる方は非常に多いです。

病院から薬局への転職の難易度はそこまで高くない

病院から薬局への転職の難易度は、そこまで高くありません。その理由としては、病院の薬剤師の業務は、患者さんのカルテなどを見ながら状態や服用履歴を考えながら、調剤に積極的にかかわります。また、薬を処方するときも、患者さんに対して、薬の注意点や薬に関係することについて積極的に説明をしていきます。

また、入院の患者さんに処方などを行うため、精神的に弱っている患者さんと信頼関係を築いていくためのコミュニケーションスキルも身に着けていることが考えられます。
そのため、病院での経験は調剤薬局やドラックストアでも大きく生かすことができるため、転職の難易度としてはそこまで高くはありません。

しかし、薬局から病院への転職については、先ほども説明したように未経験者であれば難しいという点に注意しなければなりません。その理由は、病院の薬剤師の業務内容を見れば一目瞭然ですよね。

薬剤師の転職は他の業界に比べると簡単

薬剤師の転職は、求人数も非常に豊富で様々な職種を選ぶことができるという面で、他の業界に比べるとそこまで難しくはありません。ライフスタイルなどを考慮して職種選択を行うことができるため、他の業界に比べて非常につぶしの利く業界でもあります。

そのため、薬剤師として転職する際には、あなたが今後どのようなキャリアを考えているのかそして、どのようなライフスタイルで生活をしていくのかを考えながら転職をすることをお勧めします。折角、求人数も職種もかなり恵まれている業界で、選択の余地はかなり広いです。その環境を使わない手はありませんよね。ぜひ、薬剤師業界の豊富な求人数や職種の環境を利用して、あなたにとって良い転職をできることを願っています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related