Search

検索したいワードを入力してください

2017年02月12日

理想的な通勤時間|賃貸の選び方・通勤時間の無駄の活用方法

会社勤めの人にとって、通勤にかかる時間は気にかかるものですよね。仕事を始める前に長時間の通勤は精神的にも体力的にも辛いものですよね。理想的な通勤のスタイルを確立するために、住まいにもこだわりたいところ。通勤時間をよりよくするための方法についてもご紹介します。

理想的な通勤時間|賃貸の選び方・通勤時間の無駄の活用方法

通勤は会社員の宿命?

こんにちは!社会人として働く上で、会社勤めをされている方は多いでしょう。中には、毎日時間をかけて通勤をされている方も多いのではないでしょうか?毎朝ぎゅうぎゅうの満員電車に揉まれる人もいれば、うんざりするような渋滞に巻き込まれてしまう人もいるでしょう。一方で、通勤そのものに負担はないものの、通勤時間に暇を持て余してしまうという人もいるかもしれませんね。通勤にどれくらいの時間をかけるかということは、ライフスタイルや生活のリズムに大きく影響をする大切なものです。できることならば、その通勤の時間を有効に活用したいものですよね。そこで今回は、会社勤めをされている方の通勤時間について考察していきたいと思います。

通勤時のストレス

あなたは、通勤時にストレスを感じてしまうことはありませんか?特に満員電車の中では、骨折をしてしまう事故も多くあるようです。すし詰め状態の電車の中では、体の自由が効かずに不便な思いをすることも多いでしょう。それ以外にも、女性は痴漢やスリ、悪質ないたずら…出社するまえにうんざりしてしまいますよね。いざ仕事が始まったときに通勤のストレスを引きずってしまえば、最高のパフォーマンスができなくなってしまうでしょう。それらを踏まえて、まずは通勤時間について深く掘り下げていきたいと思います。

平均的な通勤時間は、首都圏で約1時間、地方では約40分

首都圏での通勤時間のデータをあれこれとみてみますと、やはり通勤には1時間以上の時間をかける(1時間以上の時間がかかってしまう)という人がもっとも多いようです。これらを平均すると、ちょうど1時間前後ということになりました。やはりお仕事をされる上で、少なくない時間を通勤にかけているということがわかりますね。一方で地方の通勤時間を見てみると、やはり首都圏よりも少ない時間であることがわかります。もちろん、これは全体的に平均をするとこうなるということですから、地方にお住まいの人でももっと長い時間を通勤に費やしている場合もあります。しかしやはり、公共交通機関の集中する首都圏では通勤時間が長くなりがちであるということがわかりますね。

通勤時間の理想と限界

理想の通勤時間

様々なデータを見てみると、通勤時間の理想は、およそ30分~45分となるようです。もちろん、人によって通勤時間の理想は異なりますが、やはり平均と比べると短い時間で通勤したいと考える人が多いようですね。これから仕事を始めるというときに、通勤によって体力や集中力を無駄にしたくないという考えが多数のようです。もちろん通勤時間が短くなることで、仕事をする時間そのものや、仕事に対する集中力を高めることもできます。ですから、そこまで通勤に時間をかけたくないという意見が多いのにも頷けますね。

通勤時間の限界

理想の通勤時間を述べたところで、一方の「限界」についても調べてみました。すると、どうやら通勤にかける時間は90分が限界と感じる人が大多数のようです。通勤電車が満員であったり、天候が悪いなど、条件によるところも大きいですが、90分という時間はやはり長いと感じてしまいますよね。実際にオフィスワークをされている人であれば、仕事の一つを片付けてしまえる時間でもあるでしょう。

通勤にかかる時間ごとの考察

さて、ここまで通勤時間について考えてきました。実際に毎日通勤をされている人は、どれくらいの時間を通勤に費やしていますか?30分ほどという人もいれば、中には3時間以上、県をまたいで通勤されている人もいるでしょう。人によって通勤の時間は異なりますが、それぞれの時間ごとに通勤について思うところもありますよね。他人は長いと思う通勤時間でも、自分自身は気にならないということもあります。また反対に、短い通勤時間でも苦痛に感じてしまう人もいるでしょう。そこでまずは、理想的な片道の通勤時間についてご紹介をしていきましょう。

通勤時間30分未満

通勤がない、もしくは通勤に時間をかけないというのが理想的と考える人には、30分未満の通勤時間はとても魅力的で羨ましいものですよね。仕事に対する熱意や、新しい企画のアイデアはいつ思いつくかわからないもの。長い通勤時間によって、せっかくの発想やモチベーションが削がれてしまうのはもったいないことといえます。思いついたら即実践に移したい、または起床後すぐに気持ちを仕事に切り替えることができる人にとっては、実に素晴らしい通勤時間ということができますね。

通勤時間30分~1時間

プライベートと仕事、その双方では頭の使い方は異なるでしょうし、中には切り替えの時間が必要と考える人もいるでしょう。そんな人におすすめなのは、この30分~1時間の通勤時間です。移動手段にもよりますが、この時間を使って今日の仕事に関する予習をしたり、会議での発言を練り上げたりということもできるでしょう。タスクの種類が多岐にわたる人は、出社してから行うToDoリストをスマートフォンなどで作っておくこともおすすめです。

通勤時間1時間~2時間

1時間以上かかる通勤時間は、あるいは長いと感じてしまうひともいるかもしれませんね。会社と自宅が離れていたりすると、これくらいの時間はかかってしまうことになるでしょう。場合によっては乗り換えなどもあり、業務時間外にもかかわらず疲れてしまうということもあるかもしれません。すぐに仕事をしたいと考える人にとっては、これくらいの時間から苦痛だと感じることもありますね。

通勤時間2時間~3時間以上

片道で2時間の通勤時間がかかるということは、24時間のうちに4時間を通勤に費やしてしまうこととなります。バスや電車で通勤をする人にとっては、大半の人が長いと感じてしまうのではないでしょうか。使っている路線によっては、通勤時に混雑をしてしまうところもありますから、座ることができないこともしばしばという場合には本当に大変ですよね。会社によっては住宅手当や引っ越し手当が支給されるところもありますから、一度お引っ越しについて検討してみるのも良いかもしれませんね。

通勤時間ごとのまとめ

通勤にかかる時間に関しては、やはり人によって意見が分かれるでしょう。一概にどれくらいの時間が理想なのかということを決めるのは難しいですが、できることならば通勤にあまり疲れを感じたくはありませんよね。また、あまりにも通勤時間が長くなってしまう場合には、公共交通機関の遅延などでその日の生活のペースが崩れてしまったりもするでしょう。日々しっかりと自分のペースで時間を管理し、仕事とプライベートの切り替えをすることを考えれば、やはり30分から1時間が理想の通勤時間といえるのではないでしょうか。もちろん、人によって時間の感じ方は様々です。自分のライフスタイルに合った通勤時間について、考えてみてくださいね。

通勤をすることと、賃貸を借りること

さて、ここからは住まいについて考察していきましょう。会社に通勤している人でも、実家に住んでいる人ももちろんいますよね。しかし、転勤や異動が伴う仕事では、時として引っ越しを考えなければいけないこともあるでしょう。また全く知らない土地で仕事を始めるという人もいますよね。そこで、急な転勤や異動で困ってしまわないためにも、住まいを借りるということについて考えていきましょう。

通勤時間から逆算して、住まいを探そう

住まいを探す上で、通勤時間と照らし合わせることは非常に重要です。通勤にとても時間がかかるのにもかかわらず、駅から家までの距離が非常に遠いとなれば、通勤時間は更に伸びてしまい、仕事に対するモチベーションも落ちてしまいますからね。一日に行き来する電車の本数や会社までのドアツードアの時間をしっかりと考慮した上で、理想の物件を探していきましょう。

通勤時間と、住まいを探すことの関連性は?

一見して、通勤時間と住まいにはつながりがないように見えるかもしれません。しかしそこには、大切な結びつきがあるのです。長い時間を電車の中で過ごすという人は、なるべくならば駅と住まいは近いほうがいいものですよね。最寄り駅だからという理由で物件を探してしまうと、あとになって意外に駅までの距離が遠かった、ということにもなりかねません。また勤務地と近いと思ってお部屋を借りたにもかかわらず、バスが一本も走っていなかったり、電車を乗り継ぐととてつもなく遠回りになってしまったりということもありますから、賃貸の住まいは慎重に探していきましょう。

通勤時間から賃貸を探すことの利点

通勤時間から賃貸を探すことは、一日の計画をきっちりと立てることにつながります。たとえば、朝起きてから家の周囲をランニングするという人であれば、周囲に公園やランニングコースがある物件に住みたいと思いますよね。しかし、あまりにも駅から遠かったり、あまりにも混雑する路線の沿線に住んでしまえば、せっかく続けてきたランニングという習慣を断念せざるを得なくなってしまうのです。その場合には、近くに公園やランニングコースがあることだけでなく、路線の状況や、バス停までの距離を頭にいれておかなくてはなりません。

職場がベッドタウンにある場合

まれに、職場がベッドタウンの側にあるという人もいますが、これは金銭的な問題で意見が大きく分かれるところです。ベッドタウンなのだから、職場の側に住めばいいという考えもある一方で、近年はベッドタウンの家賃が一部高騰しつつあるという問題もあります。「住みたい街ナンバー●!」などと取り上げられている地域などでは、住む場所が側にあるにもかかわらず、あえて隣町に居を構えて通勤する、という人も多いようです。

職場の近くに観光地や商業施設がある場合

勤務中には、近くの喧騒や騒音は気になることはないかもしれませんが、やはり住まいの場所は職場から少し離したほうがいいかもしれませんね。もちろん、観光地や商業施設の近くに住むことも苦ではないと感じる人もいることでしょう。しかしながら、ゆっくり休みたいと思っていた休日にも人が押し寄せてくるのでは、心休まる時間がなかなかとれないのも事実。後述するように、職場や繁華街の近くに住むことはデメリットのほうが目立ってしまいがちです。

職場の近くに住むことのメリット

先程も少し触れたのですが、通勤にうんざりして、または住まいのすぐ近くに職場があるという理由で、職場のすぐ近くに住みたいと考える人もいるでしょう。職場のすぐ近くに住むことのメリットとしては、やはり通勤に時間を費やす必要がないということがあげられるでしょう。通勤に体力を使うこともありませんし、仕事に打ち込む時間そのものを増やすこともできますよね。また徒歩や自転車で通勤することもでき、特に座りっぱなしのオフィスワークを専門とする人にとっては健康の増進にもつながる素晴らしいことといえるでしょう。加えて飲み会や残業で帰りが遅くなってしまった場合には、すぐに就寝することができるというのも、大きなメリットとなっているようです。

職場の近くに住むことのデメリット

しかし一方で、デメリットが存在するもの事実。少し飛躍したたとえになってしまうのですが、小さい頃学校の目と鼻の先に住んでいた友達を思い浮かべてみてください。学校が大好きであれば、そのすぐ近くに住むことができるのは大きな魅力の一つです。しかしながら、学校でなにか気に入らないことがあったとして、休みの日にも否応なくチャイムの音が聞こえてきてしまいますよね。せっかくの休日にも学校という存在を思い出すことになり、気分をリフレッシュすることは難しいのではないでしょうか。職場の近くに住むのも同じことです。とても仕事が好きで、公私にわたって仕事を愛している人ならばよいでしょう。しかし、プライベートはしっかり楽しみたいと考える人には、あまりおすすめはできません。職場でミスをしてリフレッシュをしたいと思う休みの日であっても、社屋が家から見えることで、気分が落ち込んでしまうこともあるようですからね。

職場と住まいの位置関係

通勤の時間はたしかに苦痛と感じてしまうこともありますが、あまりに近くに住むことによってもメリットもデメリットもありますね。基本的に転勤のない職場であれば、一度決めた住まいと職場の位置関係はとても気になるものでありますよね。自分の生活に合った住まいを探すことが大切といえるでしょう。

おすすめの賃貸検索サイト

通勤時間、そして職場との距離感について一通り考えたところで、実際に通勤時間を考慮して住む物件の探し方をご紹介していきますね。いきなり物件を探すといっても、どうしていいか迷ってしまうでしょう。不動産屋さんにいって聴いてみるのももちろん良いですが、家を探している時点で実際にその場所までいくことが難しい場合もあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、インターネットサイトで物件を検索するという方法です。最近では、詳しい写真で紹介してくれている賃貸物件サイトもありますよね。実際に足を運ぶまえに、ある程度目安をつけておくことで、よりスムーズなお部屋探しができるでしょう。そこでここからは、通勤条件のもとで賃貸を探すにはうってつけのサイトを、実際にご紹介いたします。

CHINTAI

株式会社CHINTAIが運営しているサイト。部屋の間取りを大きな写真で閲覧することができ、内見時に「イメージが違った」ということが少ないでしょう。もとは共同持株外車であったエイブルから分社した経緯があり、現在でもエイブルが管理している物件が多く掲載されています。

SUUMO

地域密着型のサイトで、近くにあるカフェやレストラン、レジャー施設などの条件を縛って検索することができます。
加えて住宅情報誌「SUUMOマガジン」をコンビニなどで入手することもでき、自分に合ったライフスタイルを確立することができそうですね。

HOME'S

とにかく掲載されている物件数が多いサイトで、厳しい条件で検索をしてもヒットする可能性が高いです。
通勤時間や家から駅までの距離をすり合わせて探すにはうってつけのサイトといえます。

住まいに関するまとめ

駅との距離や、会社までの乗り継ぎ…そんなことを考えると、なるべくならば移動の負担がかからない住まいを選びたいものですよね。しかし、あまりにも駅から近ければ家賃は上がってしまいますし、あまりにも遠ければ体に負担がかかってしまう。すべてが完璧にそろうということはありませんから、自分なりの落としどころをうまく見つけて、自分だけの理想を叶えていければいいと思いますよ。

通勤時間を自分時間に

さて、ここまで紹介をしてきましたが、どうしても通勤に長い時間がかかってしまうという人もいるでしょう。勤め先の都合や、経済的な事情、あるいはお子さんが地域のスポーツクラブに入っているなど、なかなか容易に引っ越しをすることができない場合もありますよね。そんなときには、通勤時間を有効活用してしまいましょう。

通勤時間も、人生における貴重な時間

通勤時間について、我々は普段深く考えることがないのではないでしょうか。しかしよく考えてみてください。我々に与えられた時間は、一日に24時間しかありません。これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれでしょう。ただ、そのうちの約6時間前後は睡眠に当てられています。仮に勤務する時間を10時間だとすると、単純に残りの時間は8時間しか残されていないわけです。その8時間のうち、2時間をかけて通勤をしていると考えれば、なんだかとてももったいないように感じてしまいますよね。

通勤時間を有効活用することは、成功への近道

時間は平等に割り振られているものです。短い時間をうまく使って成功を手にする人のすべてが、体に無理をきかせて-たとえば無理に睡眠時間を削るなどして-時間を捻出しているわけではありません。彼らは、目の前に落ちている時間を有効に拾い上げ、自らのスキルや経験、見識を広げているのです。会社勤めの人にとって、通勤の時間はまさに目の前に落ちているけれど、なかなか気がつかない時間。是非とも有効に活用していきましょう。

通勤手段別、時間活用法

様々な通勤の方法の間でだらだら過ごしていたら1年ではすごい時間無駄になってしまうですよね。通勤手段別でできることを見ていきましょう

徒歩

徒歩の通勤は、健康の増進にもつながる素晴らしい習慣ですね。日の光を浴びながらのウォーキングは、脳の動きを活性化させてくれますから、仕事に打ち込むモチベーションを上げることもできるでしょう。徒歩での通勤が主だという人には、音楽や英会話のリスニングをしながら通勤するスタイルがおすすめです。脳の活性化に伴って、しっかりと情報が入ってくることでしょう。もちろん、耳が塞がれてしまう分、接触事故には気をつけましょうね。

バス

学生時代には、通学するバスの中で暗記に勤しんだ、という経験がある人もいるでしょう。座席に座れるときには、出社したあとになにをするか、リストにまとめておくのも良いでしょう。また、スペースに余裕があれば、新聞を読んで仕事に関わるニュースがないかどうかチェックをすることもおすすめです。出社してすぐにはなかなか時間をとれないという人もいますから、できるうちに情報収集をする習慣をつけていきましょう。

電車

都心では満員で、窮屈な思いをすることもある電車通勤。比率としては、電車を使って通勤をされている人がいちばん多いといわれています。乗る路線によっても限られますが、読書をしたり音楽を聞いたりして時間を活用して欲しいと思います。ただ、満員電車で通勤をされている人にとっては、少しむずかしいかもしれませんね。しかしそんな人でも諦めてしまうことはありませんよ。というのも、電車通勤は意外にも健康の増進に一役買ってくれるそうなのです。たとえば、吊革を掴まないで立っていることによって、インナーマッスルや体幹を鍛えるトレーニングになります。ゆっくりすることができない場合には、健康の増進につとめてみるのもいいでしょう。

会社までの道のりは、人によっては憂鬱に感じてしまうこともある車通勤。一人きりの空間で会社への到着を待つのは、退屈でもありますよね。しかし、徒歩や電車での通勤と違い、車には自分だけの設備を整えることができます。たとえば、カーオーディオを充実させて、集中して音楽を聴いてみる。または、リラックス効果のあるアロマを運転席近くに設置することもおすすめですよ。渋滞に巻き込まれてしまったときのために、運転に支障をきたさない程度の仕事に関する資料を常備することもおすすめです。

新幹線

少数派ではありますが、新幹線で通勤をされている人もいますよね。電車にくらべれば静かで、また座ることができて快適ですが、時間を有効活用できていないと感じる人もいるかもしれません。新幹線で通勤をするという人は、予め仕事に関する予習を行ってみるとよいでしょう。もちろん帰路についている最中は、復習と時間としてあてることもできますから、家にいる時間に仕事を持ち込まないようになれれば理想的といえますね。新幹線に乗っている時間にもよりますが、メールチェックや引き継ぎ伝達など、タスクの一つを終わらせてしまうこともできますよ。

飛行機

なかなか想像がつきにくいですが、世の中には飛行機で通勤をされる人もいるでしょう。インターナショナルな業種で、責任感のあるお仕事を任されているビジネスマンなど、層はかなり絞られてくると思います。もちろん毎日の通勤に飛行機を使わなくとも、出張などで飛行機を使うという人はいますよね。通勤手段としては非常に特殊な例といえますが、通勤時間を使ってできることはかなり多いです。音楽を聴くことも、本を読むこともできますから、時間の使い方は無限大。もしも疲れが溜まっている人ならば、添乗員さんから毛布をもらって睡眠をとってもいいでしょう。

通勤時間におすすめの本

先程もおすすめしたように、電車通勤、バス通勤の人におすすめなのは読書です。特に朝早く通勤をする人は、新聞を読みたいという気持ちもあるでしょう。しかしながら、やはり満員電車の中では、自分の肩幅よりも大きな新聞を開くことは周囲の迷惑にもなりますし、できることならば予め家で読んでおくようにしましょう。そのうえで、通勤の際には本を読むようにするとよいでしょう。本にも様々な種類がありますが、ここでは通勤向けの本をいくつかご紹介していきたいと思います。

話し方のマナーとコツ(学習研究社)

どのような仕事であれ、「話す」ことは重要ですよね。人に意見を伝えることは、仕事を円滑にすすめていく上でも大切なことといえるでしょう。本書は、基本的なところから「話す」ことに深く切り込み、そのコツを伝授してくれます。失礼がないように話をするということは、実はなかなかできていないことが多いのです。新社会人になる人にはもちろんですが、社内でベテランと呼ばれ頼られている人にもぜひ一読して欲しい一冊です。

「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業(ダイヤモンド社)

営業マンがすべきことは、「売る」ではない…既存の観念をいちから再構築し、営業とは何かを突き詰めていく本書は、通勤にピッタリな指南書といえるでしょう。5社にわたって、実際に営業をされている方が直面した例をとり、営業について具体的なアドバイスを贈ってくれる一冊です。これまでの自分のスタイルに革命が起こし、ポイントゲッターとしての質を向上させる。営業マン必読です。

成功哲学(きこ書房)

ナポレオン・ヒルの著作で、1967年に刊行されました。自己啓発書は様々な種類のものが出版されていますが、長きに渡ってのロングセラーとなっている本書の中には、様々な頼もしい文章が収められています。仕事をする上で役にたつということはもちろん、人生をしっかりと見据えるきっかけを作ってくれる一冊です。出社前に目を通すだけで、モチベーションは右肩上がりになること請け負いです。

シャイロックの子供たち(文藝春秋)

「半沢直樹シリーズ」で有名となった池井戸潤の短編小説集。銀行員の仕事をときに輝かしく、ときに切なく語る本書は、すべてのビジネスマン必携の一冊といっても過言ではありません。組織に属して仕事をされている人には“あるある”と共感できるお話も多く、これから仕事場に向かうというタイミングにはうってつけでしょう。また短編集のため、飽きることなく読み進むことができますよ。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(文藝春秋)

世界的小説家、村上春樹渾身の一冊。自己啓発書や仕事に関わる本ではなく、通勤時間をリラックスした自分時間に変えてくれる小説です。通勤時間は少しでも長く仕事から離れていたい、と思う人にはおすすめ。村上文学に触れたことがない人でも読みやすく、そこまで厚い本ではありませんから、通勤時にこつこつと読み進めることができます。

通勤時間におすすめの音楽

会社に出勤する前には、気が重くなってしまう…そんな人もいるのではないでしょうか?ここではそんな憂鬱な気持ちをすっきりさせるためにも、出勤前に聞きたい音楽をまとめてご紹介いたします。音楽は、プレーヤーとイヤホン、もしくはヘッドホンさえあれば、徒歩で通勤をしているときでも楽しむことができますよね。もちろん、たくさんの人が乗る公共交通機関を利用される際には、周りの迷惑とならないように、音量には十分注意をしてくださいね。

Kind of Blue(Pid)

もはやモダン・ジャズ史に燦然と輝く、歴史的名盤といえる一枚。マイルス・デイヴィスの魂そのものといっても過言ではない熱く切ない演奏は、心に闘志と希望を宿してくれるに違いありません。もちろん、どっぷりとジャズの世界に浸ることは、まるでお洒落なカフェにいるような心地よさを感じさせてもくれますから、心を引き締め、かつ落ち着かせたい仕事前にはおすすめの一枚です。

Complete Clapton(Reprise / Wea)

エリック・クラプトンのベストアルバムですが、いまだに語り継がれるクリームやドミノス時代の演奏を聴くこともできる必携の一枚です。CMで耳にしたこともあるキャッチーなナンバーが多く納められていますから、ファンでなくとも楽しめること請け負いです。アップテンポで激しい曲ばかりが収められているわけではなく、ゆったりと心を落ち着かせることもできますよ。

トッカータとフーガ(ユニバーサル・ミュージック・クラシック)

バッハのオルガンがここまでかと収められた名盤です。クラシック音楽は心を落ち着かせてくれる効果もありますし、通勤にはもってこいですね。「トッカータとフーガ」は、“腕ならし”という意味があるそうです。これから大きな商談があったり、ここいちばんのタイミングでの“腕ならし”としてじっくり聴いてみるのもいいでしょう。

葡萄(ビクターエンタテインメント)

言わずと知れた国民的ロックバンド・サザンオールスターズが贈るまさに超ヘビー級アルバム。サザンオールスターズは年齢を問わず広い世代から支持されている稀有なバンドで、名曲は数え切れないほど。ファンに寄り添うように進化し続けてきた同バンドが放つ最新曲が、このアルバムにこれでもかと詰め込まれています。普段はポップソングを聴く習慣がなくとも、彼らのサウンドは心を癒やし、通勤のストレスを軽減させてくれることでしょう。

YELLOW DANCER(ビクターエンタテインメント)

今話題の才能人・星野源が送るゴキゲンな4thアルバム。アップテンポで心揺さぶる曲も多く収録されていて、仕事にたいするモチベーションを上げるにはもってこいの一枚といえるでしょう。話題の曲を聴くことは、楽しかったプライベートの思い出が蘇ってきたりと、リラックスすることもできますからね。

通勤時間をもっと有効活用しよう

最後になりますが、通勤時間は人生において大切な時間のひとつです。無駄に時間を過ごしたり、ただただ時間が過ぎていってしまうことは避けたいものですよね。今回はいくつかの例として、時間の使い方や住まいの見つけ方、おすすめのコンテンツをご紹介させて頂きました。もちろん、ライフスタイルはそれぞれですから、あなた自身が納得することができる方法を見つけていただくことがいちばんです。その際に是非とも参考にしていただき、あなたの人生がさらに充実したものとなることを願っております。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related