Search

検索したいワードを入力してください

2017年03月28日

予算管理の方法(システム・ツール・エクセルグラフ)と必要項目

今現在、予算管理に気をつかっていますか?最近は、予算管理システムやアプリなど予算管理を手伝ってくれるツールが沢山あります。上手に予算管理できるよう、予算管理の必要性から、おすすめの予算管理方法まで、詳しく解説していきます。

予算管理の方法(システム・ツール・エクセルグラフ)と必要項目

おすすめ予算管理方法

収支管理の重要性を把握する

投資を行う上で重要になってくるのは予算管理であり、予算次第でどのくらいの投資を行うかが要になってきます。しかし、ただ予算管理を漠然と行っていると、投資で失敗してしまう可能性が大いにあります。予算管理をする上で重要になってくるのは、収支管理の重要性を第一に考えると言う事でしょう。

特に投資を行う上で、収支管理は非常に重要になってきますし、いくらの配当金が発生して、雑費がどれくらいなのかはかなり重要です。仮にも、収支管理の際に、自分の投資額と配当金だけを管理しているのであれば、大間違いをしています。株式投資を行う場合は、税金が発生しますし、配当金に応じて税金が変わってきます。

この税金を含めるか含めないかによって、今後の投資が成功するか否かが左右されてくるのです。仮にも、含めずに収支管理を行ってしまうと、本来の投資額の限度額以上の投資を行ってしまい、キャッシュフローが狂ってしまう恐れがあるのです。そのため、予算管理をする前にまず収支管理を徹底しておく事が重要になる訳です。

常にトラブルシューティングを行う

収支管理を徹底して、予算を管理するようになってからは、常にトラブルシューティングを行うと良いでしょう。何かと投資にはトラブルが付き物であり、何が発生するのか分かりません。大きな投資で莫大な配当金を得て順調に進んでいても、トラブルが発生しかねないのです。

そこで安心するかどうかは、その人個人の判断になってきますが、安定路線を行きたいならトラブルシューティングが必要です。仮にも、一度配当金を得てしまえば、その額に応じた税金が発生してしまいます。しかし、ここで大暴落をして予算及び自己資本がマイナスになってしまえば、税金をひたすら払う事になる訳です。そういう状況に陥らないためにも、常にトラブルシューティングをすべきなのです。

実績と比較する事が重要

予算管理をするとなった時に、予算管理表を作成する事があるでしょう。予算管理表を作成する際は、単純に将来価値のみを表に記載するだけでは、方法を間違っています。もちろん将来価値を記入する事は重要ですが、その将来価値を出すための根拠や過程が必要と言う訳です。

そこで利用しておきたいのが、実績との比較でしょう。投資実績でも、何かの売り上げ実績でも良いですし、予算を立てると言うのは実績から判断するのが一番です。月ペースで予算を立てる事が理想ですが、週単位で予算を区切って管理するのが最も良いでしょう。実績が、予算よりも少しオーバーしているとすれば、少しコストを抑えた方が良いですし、達していなければ積極的に投資をすると良いです。

システムやツール

アプリを使った予算管理

予算管理をする上で、投資をする場合は常に予算を見ておきたい物です。配当金の額に応じて税金が変わってくる投資は、月末になると予算調整に必死になる事でしょう。そうなれば、出先でも常に予算を管理しておきたいでしょうから、アプリで予算管理をするのがおすすめです。

おすすめは「Visual Budget」と呼ばれるアプリです。課金システムもありますが、課金をせずとも簡単な予算管理は充分に行えます。月の予算管理はもちろんの事、日々の予算消化率や、雑費の支出等も全て管理出来ます。このアプリの良い所は、全ての数値をグラフ化する事ができると言う事です。偏に、数字だけを追っていると実感がわきませんが、グラフを見る事でどれだけ予算を消費しているのかが分かります。

予算管理システムの罠

社内及び個人で予算管理システムを導入する上で失敗する事も念頭においておくべきです。システムを導入していない限りは、エクセル等で予算管理をする事になるでしょう。

最近では、CSVファイルを読み込む事によって、それをデータ化する事ができるシステムも存在しますが、信憑性に欠ける物も多いです。結論から言うと、エクセルでの予算管理を行っている場合、予算管理システムに移行する際に時間がかかってしまいます。

使い方に慣れるというのもそうですが、何よりも会計システム、業務システム等との連携が計れていないと使い物にならないのです。せっかく導入したのに使用しないまま放置するという状況にもなりかねないので、要注意です。

ツールを使用してPDCAサイクルを実行

予算管理をする上で、重要になるのはPDCAを積極的に実行する事でしょう。そこでPDCAを実行するために、様々なツールを使用してみると良いです。最も最適なのは、Googleアナリティクスであり、サイト内等にタグを埋め込めば簡単に利用可能です。

とは言え、ネットショップの運営や、サテライトサイト等に使用するケースが多く、投資等にはあまり役に立ちません。用途によって使い分けをする事が重要であり、どの予算を管理するかによって使うと良いでしょう。

エクセルを使った予算管理法

エクセルを使った予算管理の方法をお伝えしていきます。エクセルは無料で使えますし、使い慣れている人も多いのでおすすめの方法です。

シート分けをして見やすくする

予算の問題から、システムやツールを使用出来ないと言う人は、エクセルで管理すると良いでしょう。無料で使用する事ができる他、常にファイルを開ける状態にあるので便利です。また、投資等では配当金や税金、証拠金等のそれぞれ変わった金額が飛び交っています。それを一色単に管理してると混乱してしまうのが目に見えているので、項目別にシートを分けると良いです。シート分けをすれば、それぞれの額を把握する事ができますし、見やすくて間違いも無くなるのでおすすめです。

関数を使用した予算管理法

エクセルで予算管理を手動で行うとなると、膨大な時間がかかってしまいます。そこで、利用すると良いのが関数です。基本的な関数もそうですが、IF関数等を使って将来価値等を計算してみるのも良いでしょう。特定のデータを抽出したいと思った時はSUMIF関数を使用してみるのも良いです。必要に応じて様々な関数を使用する事で、エクセルでの予算管理をより画期的に出来ます。

しかし、デメリットとして、一つの関数が間違っていると全ての関数が狂ってしまうので要注意です。重要な予算管理ですので、関数を使用する際は徹底して使用するようにしましょう。

色づけをする事も重要

エクセルで予算管理をする時は、色づけを行うと良いです。前日との数値比較で、配当金によって売り上げが増えたなら、青色。予算と着地予想で、マイナスが発生しているなら赤色等、一目で分かりやすくする事が重要です。投資では、配当金の変動も大きいですし、税金に関しても配当金によって変わる事は周知の事実です。

予算管理では、税金を考慮した上で管理する事が重要で、特に重要な項目には目立つ色をつけておくと良いでしょう。ツールで管理しない分、ほぼ人力で管理する事になるので、自分自身で見やすくする事は必須になると言う訳です。

着地予想と実際の予算消費額の乖離率を把握

エクセルで予算管理をする際は、着地予想を出す事が重要になります。恐らく、予算を管理するとなると、売り上げ、消費金額、コンバージョンは最も重要視しておきたいポイントでしょう。そこに、税金、経費、雑費等が加算されていき、最終的な予算を出して行きます。ここで、着地予想を出しておけば、月末にどれくらいの予算で着地するのかと言うのを把握出来ます。

仮にも実際の予算消費額との乖離が出ているとすれば、予算を多めに使用したり予算を絞ったりして運用する事が可能です。乖離率はプラマイ2%に抑えるのが理想であり、多少オーバーしたとしても、自分の中で許容範囲をもうけておく事が重要です。しかし、これがクライアントとの契約であれば、予算オーバーは御法度ですから、オーバーしないように管理しなければなりません。

きちんと予算管理をしていきましょう

いかがでしたか?
一言で予算管理と言っても、いろいろな方法があります。自分に合った予算管理方法を見つけて、無駄をなくしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related