Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月25日

できない上司の特徴と見分け方・できない上司への対処法

仕事をしていく上で、上司との関係は重要になります。できない上司とできる上司の違いはどういった特徴から見分けられるのでしょうか。できない上司と仕事を共にする事でのストレスは溜まっていく一方・・・。そのようなできない上司との、付き合い方や対処法です。

できない上司の特徴と見分け方・できない上司への対処法

できない上司を特徴から見分ける方法

会社に出来ない上司がいることで困っていると言う人は、勤務中に業務以外の事でイライラするでしょう。
仕事をしている時にストレスが溜まってしまうとそれだけで、気が参ってしまいますが、対人関係が原因のストレスの場合、心身の負担が余計大きくなります。

できる上司とできない上司の違い


できる上司とできない上司の違いは、根本的に仕事の効率が良いか悪いかによって判断出来ます。
同じ仕事があったとして、その業務を明らかに早くこなす上司といつまでたっても仕事を終わらせないと言う上司がいます。
こういった場合は、一目瞭然であり、当然仕事ができない上司の方を「できない上司」と判断する事出来るでしょう。

地元愛が強すぎる上司は要注意

できない上司を判断する上で、地元愛等を重要視してみると良いでしょう。
関東等に進出して、東京で勤務するとします。
東京で勤務すると、様々な地方の人が集まってきているので、その中でも当然地元愛が強い人が存在するでしょう。
地元愛が強ければ、方言が思わず出てしまう事がありますが、この方言が重要です。
仕事をしている時に方言が出てしまう上司は、できない上司として判断する事が可能です。
職場で方言を使う分には良いですが、営業をかける時や、取引先との電話等で方言を使う上司がいれば、できない上司として判断出来ます。
地元愛が強すぎる故に、方言で話してしまうのは仕方の無い事ですが、思慮分別がつかない上司と言う事もあり、できる上司に比べて嫌悪感を抱くようになるでしょう。
最初のうちはそこまで気にしなかったものの、一緒に仕事をしていくうちに、それが気になるようになって、仕事の効率にも関わってくる事があるので要注意です。

仕事の効率を上司で比べる

新卒で入社すれば、同僚以外が先輩となる訳ですが、同じ部署で働く事になった先輩が自分にとっての上司になります。
当然、仕事をする上で上司は最も重要な存在になってきますし、仕事を教えてもらう上で上司がいないと出来ない仕事も存在するでしょう。
そうなった時に、ある程度仕事を教えてもらってから、一人でも難なく仕事をこなせるとなった時に、自分の中で上司間で効率を比べてみると良いでしょう。
様々な判断基準がありますが、どの上司に仕事を聞いた方が分かりやすく教えてもらえるかと言う事や、どの上司の方が仕事に対して熱意を持っているかと言う事です。
その他には、仕事をこなすスピードと質で比べてみると良いでしょう。
仕事においてこれはどちらも重要になってくる事ですが、どちらかというと質の方が重要になってくるため、比較対象となるのは質の方です。
同じ仕事量でも、質を重要視している上司の方ができる上司なので、特に注目しておくと良いです。

できない上司は飲み会でも目立つ

仕事をする上で切っても切れない関係にあるのが、飲み会です。
様々なシーンで飲み会をする事がありますが、その時もできない上司とできる上司では大きく違ってきます。
飲み会でのできない上司の特徴は、周りに気配りが出来ないと言う事でしょう。
その会社の雰囲気によって、飲み会は変わってきますが、周りに気配りが出来る上司ほど周りに慕われている事が多いでしょう。
そういう人に限って、仕事に関しても効率がよく出来る上司として慕われているでしょう。
しかし、気が利かないできない上司に関しては、隅っこでお酒を飲んでいるだけであったり、話をすると言っても人の話を聞くだけで、相づちを打っているだけです。
飲み会に参加すると言っても、ただそこにいるだけの存在になっている上司は、できない上司として判断しても良いでしょう。

できない上司との付き合い方

我慢して接してみる

できない上司と接して行く上で重要になってくるのは、我慢すると言う事です。
ある程度の我慢をする事によって、自分の中でもその人とどのように接すれば良いかと言う事が分かってくるでしょう。
できない上司とはいっても、先輩に当たる人物ですから、尊敬しなければなりません。
そこで、イライラしてしまってはただ単に仕事の効率が落ちてしまうだけなので、我慢する事も必要です。
とは言え、我慢をしすぎてしまうと、溜め込みすぎたものがいつかのタイミングで反発したくなるので、注意も必要です。
自分の中でここまでは我慢出来るというようにリミットをよく考えてから、我慢してみると良いでしょう。

どうしても無理なら別の上司に相談

我慢をしてもできない上司とどうしても仕事ができないと言う場合には、別の上司に相談してみると良いでしょう。
上司の事を相談すると言うのも気が引けますが、仕事をして行く上で相談する事は重要になってきます。
もちろん、自分の中で仕事が出来ると判断した上司に相談すると言うのが一番であり、然るべき回答が見つかるまでの間はしばらく相談してみると良いです。
その中で、自分にしっくりくるような答えが見つかれば、できない上司に対して、その接し方をすれば良いですし、見つからなければ自分で考え直してみると良いでしょう。
もちろん人によって考え方が変わってくるので、できる上司に相談した事が全てではありませんが、参考程度にはなります。
参考にする程度の意見が欲しいのであれば、相談してみるのもありというわけです。

自分が上司になる事も考える

仕事をする上で、上下関係は非常に重要になってきますが、仕事の効率が上がれば昇進する可能性もあります。
年功序列の会社ではない限り、スキルアップによる昇進が可能です。
そうなった時に、自分自身がスキルアップしてできない上司を超えて、自分が上司になると言うのも良いでしょう。
確かに年齢的には年下ですが、仕事の効率と立場に年齢は関係ありません。
会社側も仕事ができる人程昇進させたいと思っている事が殆どであり、そこに年齢を気にしていたら話になりません。

できない上司への対処法

落ち着いて話を聞いてみる

できない上司と接する上で、落ち着いて話を聞くと言うのは非常に重要な事になってきます。
仕事を教えてもらう事にしても、仕事ができないとはいっても先輩という立場なので、話を聞かないのは失礼です。
常に先輩と言う意識を持って接する事が、重要になってきます。
また、普段は嫌悪感を抱いていたとしても、話を落ち着いて聞いてみると意外とわかりやすいと言うケースも大いにあります。
自分の中で、「嫌いなできない上司」というレッテルが貼られている事によって、話を聞く姿勢すら出来ていない可能性もあると言う事です。
そうならないためにも、どの上司に対してもある程度は尊敬の念を持っておく事が重要と言う訳です。

時にはアドバイスしてみるのもあり

できない上司と接する上で、時にはアドバイスをしてみる事も重要です。
上司に対してアドバイスをするのは勇気がいるかもしれませんが、明らかに間違った仕事をしているならアドバイスする事も重要です。
間違った仕事の方法や指導方法で、後輩に指導していれば、その後輩が上司になった時に同じ指導法で後輩に教える事でしょう。
しかし、そうなってしまえば負の連鎖になってしまうので、どこかでアドバイスする事が重要です。

本人に直接話してみる

できない上司の対処法の中で、最終手段として残っているのが、本人に思っている事を話すと言う事です。
これは、仕事をする中で、支障をきたす可能性もあるので、慎重に行わなければなりません。
腹を割って話す事によって、自分の思っている事を話す事ができますし、上司の思っている事を聞くこともできます。
仕事の場で聞けないなら、飲みに連れて行ってもらうと言うのも良いでしょう。
お酒が進んだ方が、気軽に話せるでしょうから、良い機会になります。
結論、上司に本音を伝える事で、少しでも上司の事を好きになると言うのが重要だと言う事です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related