Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月25日

マーケティングリサーチ手法・おすすめの会社・学べる本

消費者の動向や嗜好を知ることは、企業の販売戦略を行う上でとても重要なことです。その中でよく耳にするのが、マーケティングリサーチという言葉です。聞いたことはあってもどういうことなの分からない方も多いと思います。今回はマーケティングリサーチについて解説していきます

マーケティングリサーチ手法・おすすめの会社・学べる本

マーケティングリサーチとは消費者の嗜好をなどを調べること

マーケティングリサーチは、日本語に翻訳をすると市場調査という意味になります。
一言でいえば、消費者が今どんなサービスや商品を求めているかを調査を行い、企業が新たに出すサービスや商品を考えたり、現行の商品のマイナーチェンジなどを行います。

マーケティングリサーチのメリットは需要と供給の一致に近づけることができること

マーケティングリサーチを行う一番のメリットは、企業が出そうとしている商品やサービスが、消費者のニーズに適しているかを発売前に検討することができるため、商品を出しても売れなかったなどの不良在庫を抱えるリスクを減らすことが可能です。
また、マーケティングリサーチにより消費者のニーズを知ることで、あらかじめ商機を見つけることができるため、ニーズを元に商品やサービスを組むことで、無駄なコストを削減することができるため、多くの企業で用いられています。

マーケティングリサーチに用いられる様々な手法

マーケティングリサーチと一言で言っても、アンケート調査や座談会やお客様センターなど、かなりの種類のものがあります。
ここでは、マーケティングリサーチの手法をいくつか挙げて、それらについて、解説をしていきます。

アンケート調査

マーケティングリサーチの中でも一番メジャーで皆様も一度は受けたことがあるであろう、アンケート調査。
これは、定量調査と分類される手法です。定量調査の特徴は、比較的多くのサンプル数を確保することで、消費者の動向を調査を行うという点です。
無作為に様々な人に調査を行うため、年齢別や男女別での嗜好やニーズを知ることができ、個人の嗜好の偏りなどの影響も受けにくいです。
ですが、アンケート調査は、基本的にインセンティブも少なく、消費者に対するメリットもないため、適当に答えられることもあるため、調査の誤差も生じることは確かです。
アンケート調査の手段は、インターネットや訪問調査や街頭調査など様々です。
使われるケースも非常に広く、新商品を製作するためや店舗では自店のお客様の印象を把握するため等、様々な用途で使用されます。

覆面調査

所謂ミステリーショッパーのことです。
これは、サービス品質の維持や向上のために行われる調査です。基本的には、第三者でしか図れない、店舗の印象や店員の態度などを評価するために使用されます。
そのため、消費者のニーズの調査というよりも、現在の自店のサービスの品質など自店の現状を知るために行うことが多いです。
基本的には、何時から何時の期間にミステリーショッパーが来ると店舗に知らせ、一般人を扮したミステリーショッパーが来て、サービスなどを受けて帰ります。
ミステリーショッパーは、受けたサービスのお金が無料になったり給料を頂くなど、インセンティブもあるため、精度として高いものになります。
使われるケースは、大手チェーン店や医療施設や小売店やアミューズメント施設などで、店舗などに使われることが基本的にあります。

座談会

座談会は、主にメーカーなどの新商品などを発売する前に、一般消費者に会社などに出向いてもらい、商品についての印象や味などを評価してもらう調査です。
そのため、企業の新商品の候補をいくつか出し、それらを試してもらい消費者の意見を聞きつつ新商品を決めていく際などに用いられます。
使われるケースは、メーカーなどの新商品を出す際などに使われることが多いです。

モニター調査

モニター調査も主にメーカーなどがよく使用する調査の一つです。
この方法は、座談会に少し似ていて、一定期間中商品を使ってもらい、その使用感や便利さなどをアンケート形式で回答してもらったり、実際企業に消費者が赴いて、企画担当者と面談方式で意見などを行う方法で、商品についての消費者のイメージや使用感などを調査する方法です。
この方法も、主にインセンティブをつける方法が使用されるため、精度については低く張りません。
よく使われるケースは、ダイエット食品や日用品などの調査で行われることが多いです。
また、治験についても、大きな分類で見ればモニター調査に近いものになります。

お客様相談口

お客様相談口と聞くと、これがマーケティングリサーチに関係があるの?
と考える方が多いと思います。
しかし、これも列記としたマーケティングリサーチの手法の一つなのです。
基本的に、お客様相談口にかかってくる電話は、商品に対する疑問や不明点そして、不便な点や故障などの、ネガティブな連絡が多いです。
そのため、それらの連絡を集計し、今後の製品開発や現行の製品の改良などに生かされるため、消費者の商品に対する不満点や疑問点などを精度の高いものとして受けるとができるため、多くの企業が設置しています。

ビッグデータや検索データ

主にインターネット上の検索データやツイッターなどSNSで投稿された話題や投稿した場所などで消費者の動向を調べていく手法です。
マーケティングリサーチの手法の中では、比較的新しい手法で今後まだまだ、発展しそうな手法の一つです。
まだ、大きく活用されている例は少ないですが、消費者の素の動向や嗜好について知ることができるため、非常に有用なマーケティングリサーチの手法と言えます。
使われるケースは、商品開発やチェーン店の新規出店の計画などに用いられています。

マーケティングリサーチにおすすめの会社

マーケティングリサーチは、様々な手法があり、座談会やモニター調査ならば、会社ごとに募集することで、自前で行うことができますが、アンケートやビッグデータのような膨大な数を扱う調査は、会社で自前で行うことは少し難しいです。
そのため、マーケティングリサーチを行う会社もたくさんあります。
ここでは、マーケティングリサーチにおすすめの会社をご紹介いたします。

マクロミル

インターネットで行う、アンケート調査の中では先駆者的な存在の会社です。
これをお読みの方でも、アンケートの回答者として、利用した方も多いかと思います。
マクロミルのお勧めな点は、先駆者的存在であるため、マーケティングリサーチのノウハウもあり大手会社などもマクロミルを使用してアンケートなどを取っているため、安心して利用ができる点です。
また、アンケートを回答するごとにインセンティブもあり、きちんと回答をする方には多くのアンケートを回すやインセンティブの良いアンケートを回す等、回答者に対するインセンティブを出しているため、精度についても低くないため、お勧めできる企業です。
そして、アンケート調査の分析なども行ってくれるため、マーケティングリーサーチ全般を行ってくれるため、利用するメリットは非常に大きいです。

インテージ

モニター調査から位置情報提供サービス(空間調査)まで、幅広いマーケティングリサーチのサービスを提供してくれるため、おすすめの企業です。
また、業界売上高ナンバー1ということで、安心して利用することのできる会社です。

クロスマーケティング

インターネット調査やアンケート調査や学術調査などに強い企業です。
他にも、モニターの脳波を測定しながらアンケートをする調査など一風変わった調査などの手段も持っており、社内満足度調査等も行っています。
そのため、消費者だけでなく企業の内部の調査についても使用することもできるため、お勧めしたい企業です。

マーケティングリサーチは集客の要

市場動向や消費者動向を調査するマーケティングリサーチは、企業における顧客獲得やシェア拡大をするための手法を探るためには、とても重要な手法です。

そして、シェア拡大や顧客獲得などを下支えしているものでもあります。
今後も、マーケティングリサーチの手法は更に発達しより精度の高い手法が出てくると予想されます。
マーケティングに携わる人は、常に動向をキャッチする必要があるといえます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related