Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月25日

プラス思考やポジティブシンキングな人の特徴・名言

皆さんは、ネガティブシンキングとポジティブシンキング・プラス思考という単語を聞いてどちらの方が良いと思いますか?多くの方がきっとポジティブシンキング・プラス思考の方だと思います。実際にそっちの方がメリットが豊富です。では、どんなメリットがあるのでしょうか?

プラス思考やポジティブシンキングな人の特徴・名言

何事もマイナスではなくプラスに考えるのがポジティブシンキング

最近では、ビジネス界やスポーツ界などのあらゆる業界で重要だとされてよく聞くワードがあります。

それは何かというと、「ポジティブシンキング」や「プラス思考」です。この「ポジティブシンキング」や「プラス思考」というワードを聞いたことがない人はほとんどいないとは思いますが、一応この「ポジティブシンキング」や「プラス思考」がどういった意味で使われているのかを説明すると、「何事も悪い方向に考えるのではなく、良い方向に考える」と言った意味で使われています。
今回は、このよく耳にする「ポジティブシンキング」や「プラス思考」が具体的に一体どんな良い面があるのか、実際にポジティブシンキングな人・プラス思考の特徴・共通点、またポジティブシンキング・プラス思考をするためのコツなどについて考えて行きたいと思います。

ポジティブシンキングのメリット1:日頃からストレスが溜まりにくい

まずは、「ポジティブシンキング」や「プラス思考」になることで、どんなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

「ポジティブシンキング」や「プラス思考」になることで生じるメリットの一つ目は、「日頃のストレスが減少する」という点です。例えば、仕事でミスをしてしまって上司に怒られてしまった、また試合でミスをしてしまって監督にしかられた時は、少なからず落ち込んでしまって気が落ち込んでしまいますよね?

時には、自分の不甲斐なさにイライラしたり、怒りがこみ上げてくることもあると思います。そして、そういった「落ち込み」や「怒り」というマイナス方向に動く気持ちの大きな変化というのは、ストレスの原因になります。

日頃からそのような気持ちの変化によって生じるストレスを感じていると、ストレスが蓄積されていき、より仕事やパフォーマンスに支障をきたしたり、時にはストレスというものは精神面や肉体面にも大きな悪影響を与え、病気やケガの要因の一つにもなってしまいます。
しかし、「ポジティブシンキング」「プラス思考」になることで、もし失敗して周りの人から攻められるような場面や自分の気に食わない気分を害するようなことが起きても、そこから来るストレスを最小限に抑えることができます。

具体的に言うと、「何事も取り組み始めた頃は、知らないことや経験の少ないことに挑戦しているのだから、失敗が多くなるのは当たり前のこと」という風に少し諦めの意識を持つというのも意外と「ポジティブシンキング」や「プラス思考」につながりやすくなります。

ポジティブシンキングのメリット2:積極的になる

メリット二つ目は、「積極的になれる」という点です。

先ほども言ったように「ポジティブシンキング」や「プラス思考」になることで、失敗に対してしょうがないという気持ちが生まれます。そうすることで、失敗をすることに対して不安感や緊張感、恐怖感を抱くことが自然と少なくなってきます。

失敗に対する不安感や緊張感、恐怖感が減ることで新たなことに挑戦しようという前向きな気持ちが大きくなり、積極性が出てくるようになります。
さらに積極的になることで、それに伴って行動力も備わってきます。積極性や行動力のある人には、周りからも「この仕事はあの人に任せたい」と言った風に周りからの信頼や頼りがいにつながってきます。

ポジティブシンキング・プラス思考な人の特徴

ここまで、「ポジティブシンキング」や「プラス思考」になることでのメリットについてご紹介してきました。

ここからは、そんな「ポジティブシンキング」や「プラス思考」を日々行っている人達の特徴や共通点について考えて行きたいと思います。

すぐに周りの人達に頼る

一つ目の特徴は、「とにかくすぐに周りの人達に頼る」という点です。

一見人の力に頼るということは、マイナスなイメージで弱気な感じがします。

そのため、どちらかと言うとネガティブ思考なんではないかと思う方も多いかもしれません。

しかし、実は「周りの人に頼る」というのは何事もポジティブに考えている人の特徴なんです。

物事をポジティブシンキングに考えている人は、何かに取り組む際にまずそれが成功する、成功するはずだと考えます。

そして、それを成功させるには何をすれば手っ取り早く実現することができるのかという方向に視点を向けるのが早いので、そういう人は自然と「自分だけで考えて挑戦するのではなく、他の人の意見や自分よりも経験がある人に頼ろう」という考え方をします。

そのため、多くのポジティブシンキングする人には、よく周りの人達に頼るという共通して特徴があります。

思い込みで行動しない

特徴二つ目は、「思い込みで行動しない」という点です。

「ポジティブシンキング」・「プラス思考」と聞くと、何でもかんでも良い方向に考えて、何も考えずにとにかく行動するといったイメージがあります。

先ほども、失敗を仕方のないことだと捉えるのが「ポジティブシンキング」・「プラス思考」の人が行っていることだと述べましたが、だからと言って失敗を未然に防ぐ努力をせずに行動するのとは違います。

誰しも挑戦したことが失敗に終わってしまったら、モチベーションがダウンし、それが続いてしまうと段々ネガティブ思考になっています。

そうならないように、常に失敗に終わらないためにはどうすれば良いのかを周りの人達に頼りながら思考し続けているのが「ポジティブシンキング」・「プラス思考」の人の特徴です。

終わってしまった失敗はあまり考えすぎず、起こりうる失敗について考えつくすのが、「ポジティブシンキング」・「プラス思考」の人です。

素直な人

三つ目は、「素直な人」という点です。

小さな幸せや人からの感謝の気持ちに対して、考え過ぎずに素直に受け入れることができる人は、「嬉しい」とか「楽しい」という感情が表れやすいため、気持ちも晴れて、ポジティブな気持ちになりやすいです。

ポジティブシンキング・プラス思考になるコツ

では、「ポジティブシンキング」・「プラス思考」になるにはどうすれば良いのでしょうか?

ポジティブな言葉や自分の目標を口ずさむ

ぜひポジティブな言葉や自分の目標を日頃から口ずさんでみてください。

実際に、頻繁にポジティブな言葉を発していると、その言葉が表す印象やその目標が示す方向に不思議と思考もチェンジします。

口ずさむだけでもかなり違うので、ぜひ試してみてください。

ポジティブな言葉を集めたサイトのリンクを下に張っておきましたので、もしよければ参考にしてみて下さい

ポジティブシンキングにおすすめの本を読む

ポジティブな言葉や自分の目標を口ずさむのは、周りからの目が気になるという方は、ポジティブシンキングにおすすめの本を読んでみるというのも手段の一つです。

では、そんなポジティブシンキングにおすすめの本をご紹介したいと思います。

~ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則~
武田双雲(著)

この本は、ポジティブシンキングのなるための誰もができるようなちょっとしたコツを著者である武田双雲さんが自分の体験と交えて紹介しているものになります。

さらにこの本は自己啓発本にもなっていて、どのようにして自分にとっての成功を収めていけば良いのかについても書かれていて一石二鳥というポイントがおすすめです。

ポジティブシンキング・プラス思考になるだけで様々なことがプラスの方向に進みやすくなる

いかがでしたでしょうか? 今回は、「ポジティブシンキング」や「プラス思考」について様々な観点から考察してきました。

「ポジティブシンキング」や「プラス思考」というのは、たかが気持ちの持ちようかもしれませんが、意外とその方が気持ちの持ちようによって物事が180度違う方向に動き出します。

物事をポジティブに考えるだけで、きっと色々なことが良い方向に進むでしょう。

今回皆さんにご紹介してきたことが少しでも参考になれば幸いです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related