Search

検索したいワードを入力してください

出産祝いのお返しとマナー|相場/のし/商品券/上司/親

初回公開日:2018年01月18日

更新日:2019年04月01日

記載されている内容は2018年01月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子供が生まれて出産祝いをもらった時、お返しに何を送ったらいいのかどんなマナーがあるのか、悩んでしまうでしょう。そんな時のために、出産祝いのお返しのマナーやおすすめの品物を紹介していますので、出産祝いのお返しを選ぶ際の参考にしてみてください。

出産祝いのお返しとマナー|相場/のし/商品券/上司/親

出産祝いのお返しとマナー

子供が生まれて出産祝いをもらったら、お返しをすることがマナーで出産内祝いといいます。そんな出産祝いのお返しにはどのようなものを送ったらいいのでしょうか。また、出産祝いのお返しを送る時のマナーについてはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめの品物を紹介するとともに、マナーについても今一度確認していきましょう。

相場金額のマナー

まずは出産祝いのお返しのマナーについて順番に見ていきましょう。相場金額については基本的にはもらった金額の半額程度の品物をお返しすることがマナーとなっています。

また、目上の人からの出産祝いのお返しや高額なものをもらった場合などは、3分の1ほどの金額のものをお返しするのがマナーです。あまりに安いものやもらった金額よりも高額なものを送るのは、逆にマナー違反となり、相手に失礼となってしまいますので注意しましょう。

送る時期のマナーは?

出産祝いをもらったらそのお返しを送る時期にマナーはあるのでしょうか。出産祝いのお返しを送る時期のマナーは、もらった時期にもよりますが、基本的には産後1ヵ月以内に送るのがマナーだと言われています。

出産前や出産直後などにもらった場合は、産後1ヵ月以内に送るようにしましょう。1ヵ月以内に送らないとマナー違反になるということはありませんが、あまりに遅くなると失礼になりますので、遅くとも2か月以内には送りましょう。

また、出産後しばらくしてから出産祝いをもらったという場合には、もらった日にちから1か月以内に送るのがマナーだとされています。

結婚祝いのお返しののしのマナーは?

結婚祝いのお返しを送るときに必要なのしですが、のしにはさまざななマナーがあります。そこでどのようなマナーがあるのか、のしに関するマナーについてみていきましょう。

まず外のしか内のしかということですが、お返しなので控えめな内のしがいいでしょう。ただ、外のしでもマナー違反ということはありませんので安心してください。

また、のしを選ぶときに重要な水引についてですが、出産祝いのお返しの場合には蝶結びの水引を選ぶことがマナーとなっています。蝶結びの水引には何度繰り返してもうれしいお祝い事に使われます。結婚祝いなどでよく聞く結び切りのものは一度きりという意味があるので注意しましょう。

そして、のしの表書きについてのマナーですが、表書きは上に「内祝」または「出産内祝」と書き、下には赤ちゃんの名前を書きます。漢字の読みがわかりにくい場合などには、振り仮名をつけるといいでしょう。

喜ばれる出産祝いのお返し

出産祝いのお返しのマナーについてわかったところで、実際に品物を選んでいきましょう。出産祝いのお返しの品物を選ぶうえで、どんなものを選んだらいいのか悩むことも多いでしょう。そこで、出産祝いのお返しに選ぶと喜んでもらえるものを紹介します。送った相手に喜んでもらえるものを選びましょう。

商品券

まず出産祝いのお返しにおすすめなのが、商品券です。商品券は1000円から購入することができ、送った相手の好きなものを買ってもらうことができるので、何を送ったらいいのか相手の好みがわからないときなど特におすすめです。また、商品券にはさまざまな種類のものがありますが、利用できる店舗の多いものを選ぶと喜ばれるでしょう。

タオル

また出産祝いのお返しには普段から使えるようなタオルを選ぶのもいいでしょう。タオルは何枚あっても困ることはありませんし、自分ではなかなか買わないようなおしゃれなものを選ぶと喜ばれます。タオルにはハンドタオルやバスタオル、スポーツタオルなどさまざまな形のものがありますので、ギフトセットなどを選ぶといいでしょう。

洗剤

洗濯に必需品である洗剤も出産祝いのお返しにはおすすめの品物です。洗剤のギフトセットは誰に送っても喜んでもらえる品物の一つでもあります。洗剤は毎日の洗濯で使うもので、消耗品なので相手も気兼ねなく使うことができます。

お菓子

出産祝いのお返しに迷ったら有名店のお菓子などを選ぶのもいいでしょう。普段自分では買わないようなちょっと高級なお菓子などを選ぶと喜ばれるでしょう。プチ贅沢な商品や有名な商品などを選ぶといいでしょう。また、マカロンなど見た目もかわいくおしゃれなものなどは、女性の方へのお返しにおすすめです。

相手別で選ぶおすすめの出産祝いのお返し

続いて出産祝いのお返しを送る人別におすすめの品物を紹介していきます。複数の人からもらった時にもらった人全員に同じものを送るのではなく、相手やもらった金額により送るものを選ぶといいでしょう。

まず親からもらった出産祝いのお返しには、赤ちゃんの名前入りのギフトなどを選ぶといいでしょう。親へのお返しは、消耗品やお菓子などではなく記念に残るようなものがいいでしょう。

赤ちゃんの名前や写真の入っているものならば、思い出にも残り離れて暮らす両親にも嬉しいお返しとなります。特に写真立てや時計などは、普段から見える場所に飾っておくことができるのでおすすめです。また赤ちゃんの生まれたときの体重のお米なども、体重を感じることができるだけでなく、美味しく食べることができるので喜ばれるでしょう。

親せき

親戚への出産祝いのお返しには、その親戚の家族構成によっておすすめの品物が変わってきます。まず年配の親戚の人には、洗剤や保存のきく食品などがいいでしょう。

タオルや食器などはこれまでにたくさんもらっていることが多く、余っていることもあるでしょう。また子供のいる親戚には、子供も食べられるようなお菓子や食品などがおすすめです。家族みんなが食べられるよう量のあるものを選ぶのがポイントです。

友達

友達から出産祝いをもらった時のお返しには、有名店のお菓子やカタログギフトなどがおすすめです。同年代の友達ならば、自分がもらってうれしいような有名店のお菓子は相手にも喜ばれるでしょう。

また、カタログギフトは数多い商品の中から相手の好きなものを選んでもらうことができ、好みがわからない時や何を送るか決まらないときに特におすすめです。

上司

会社の上司への出産祝いのお返しには、上質なタオルやワインやシャンパンなどのお酒がおすすめです。目上の方に送ることになるので、高級志向な品物を選ぶといいでしょう。

また、焼酎や日本酒など好みのお酒の種類がわかっている場合には、ワインやシャンパンでなく相手の好みに合わせたお酒を選ぶのもおすすめです。

同僚

また会社の同僚への出産祝いのお返しには、個人からもらったか団体からもらったかによりますが、個人からもらった場合にはお菓子や食べ物など形に残らないものがいいでしょう。団体からもらった場合にも、小分けできるようなお菓子を選ぶとみんなで分けることができるのでおすすめです。

また、賞味期限の早いものや記念品などは、逆に困ってしまうこともあるので注意しましょう。

マナーに注意して喜ばれる出産祝いのお返しを選びましょう

出産祝いのお返しを送る際には、送る時期や送る金額など注意したいマナーがあります。マナーをあらかじめ確認しておき、送る際に失礼のないように気を付けましょう。

また、出産祝いのお返しを送る相手により、喜んでもらえる品物をそれぞれ違いますので、みんな同じものではなく相手別に選ぶといいでしょう。どうしても悩んでしまい決まらないなんて時には、カタログギフトや商品券など、だれにでも喜んでもらえるような品物を選ぶといいでしょう。

出産祝いのお返しは金額ではなく、気持ちが重要になりますので、感謝の気持ちが伝わるよう相手の好みをよく考えて選ぶことが喜んでもらえるポイントとなります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related