Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本

「もしかして自分は自意識過剰なのでは?」と感じたことはないでしょうか。常に他人から見られているような気がしてしょうがないならば、自意識過剰の可能性が大です。この記事では自意識過剰かどうかわかる診断項目をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本

人の目ばかり気にしてない?自意識過剰診断とは?

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
「もしかして自分は自意識過剰な性格をしているのでは?」と感じたことはないでしょうか。同調圧力が強い日本社会では、どうしても人の目を気にして生きる人の割合が多くなってしまいがちです。

ともすれば、自意識過剰になってしまうこともありえるでしょう。この記事では自分が自意識過剰かどうかわかる診断項目をご紹介しているので、自意識過剰かどうか診断してみたいという方はぜひ最後までご覧ください。

自意識過剰の意味

自意識過剰か判断できる診断項目についてご紹介する前に、まずは自意識過剰という言葉の意味について確認しておきましょう。

自意識過剰とは、自分が他人からどう思われているのか、どう見られているのかを過剰に気にしている状態を意味する言葉です。

実際には誰も自分に注目していないのにも関わらず、常に「誰かから見られている」「人から注目されている」と思い込んでしまっているならば、自意識過剰と診断できるでしょう。

自意識過剰の使い方

では、自意識過剰という言葉はどのようにして使うのでしょうか。「自意識過剰な人」「自意識感情な性格」と言ったように、名詞の前に使って、物事の様子を表す形容詞的に使うのが一般的です。

たとえば、誰もその人のことに注目していないにもかかわらず、人目を気にしてまるで芸能人のお忍びのように変装をしたり、「待ちゆく人々に自分は見られている」と思っている人のことを、「自意識過剰な人だなぁ」と表現します。

類義語や対義語は?

では、自意識過剰の類義語や対義語としてどのようなものがあるのでしょうか。まず類義語としては「ナルシスト」「うぬぼれ屋」「思い上がっている」「自己顕示欲が強い」といった表現が挙げられますし、対義語としては「無頓着」「無神経」といった言葉があるでしょう。

一般的に、自意識過剰はネガティブな文脈で使われる言葉ですが、全く自分のことを意識しないというのも考え物です。

自意識過剰か分かる特徴診断15

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自意識過剰な人は周囲から「ナルシスト」「自己顕示欲が強そう」とマイナスの印象を抱かれてしまいますし、何よりも常に人の目を意識して生きざるを得ないので、本人としてもストレスを多く感じることでしょう。

では、具体的にどのような特徴をもっていれば自意識過剰と言えるのでしょうか。ここからは自意識過剰かどうかわかる診断項目を15個ご紹介していきますので、興味がある方はぜひ診断してみてください。

自意識過剰か分かる特徴診断1:いつも周りが気になる

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自意識過剰かわかる診断項目としてまず挙げられるのが、いつも周りが気になるということです。

誰かと一緒にいる時でも一人でいる時でも、常に周りの視線が気になってしかたがないのが、自意識過剰な人に共通してみられる特徴だと言えるでしょう。

「周りの人は自分のことを見ているに違いない」と常日頃感じているならば、自他ともに認める自意識過剰だと診断できるでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断2:失敗することに恐怖心がある

失敗することに強い恐怖心をもっているということも、自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつとして挙げられるでしょう。

誰しも失敗するのは嫌なものですが、自意識過剰な人は失敗することで周囲の人に馬鹿にされたりがっかりされるのが死ぬほど嫌なので、失敗に対して異常なほどの恐怖心を抱きます。

その結果、次第に何事に対しても臆病になり、失敗を避けるべく新しい挑戦をしないようになるでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断3:鏡をよく見てしまう

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつに、鏡をよく見てしまうということも挙げられます。

自意識過剰な人はナルシストな性格をしていることが多く、常に自分の容姿が完璧でなければ気が済まない性分をしているので、お店や電車・バスの窓までをも鏡として利用するほどです。

また、特にナルシストでなくとも、自分が他人からどう見えているのかが気になってしかたがなくて鏡を見るという自意識過剰な人もいます。

自意識過剰か分かる特徴診断4:自分に自信がない

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自分に自信がないということも、自意識過剰な人かどうかがわかる診断項目のひとつです。

自分に自信がないからこそ、「人に嫌われたくない」「周囲に変な人だと思われているのではないか」と人の目を過剰に気にしてしまい、自意識過剰に陥ってしまうのだと言えるでしょう。

他人の評価が気になってしかたがなく、人の顔色を窺って行動してしまうならば、自意識過剰だと診断できます。

自意識過剰か分かる特徴診断5:大勢の場所だと落ち着かない

自意識過剰かわかる診断項目のひとつに、大勢の場所だと落ち着かないということも含まれるでしょう。

人が多い場所だと、「みんなが自分を見ている」と思い込んでしまうため、緊張してリラックスすることができず、どぎまぎしてしまうというのも自意識過剰な人ならではの特徴です。

このような理由で人が多い場所を避けてしまうのならば、自意識過剰な可能性があると診断できるでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断6:自分はほかの人とは違うと思っている

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自分は他の人間とは違うという特別意識を抱いているのも、自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつとして挙げられるでしょう。

ナルシストタイプの自意識過剰な人は往々にして選民意識を持っており、自分が特別優れている人間だと思い込んでいます。

客観的な根拠がないのに「自分は人よりも優秀だ」「自分は特別扱いをされてしかるべきだ」と感じているならば、自意識過剰だと診断できます。

自意識過剰か分かる特徴診断7:自意識過剰だと言い張っている

自意識過剰だと言い張っているということも、自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつでしょう。

周囲から自意識過剰であると指摘されたことがあるならば、自分では気づかないだけで、かなりうぬぼれ屋な言動を取ってしまっていると言えます。

傲慢でナルシスト的な言動が多く、それを人からも指摘されるようならば、かなりの確率で自意識過剰な人だと診断できるでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断8:自撮り画像をSNSにUPしている

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自意識過剰かどうかわかる診断項目の一つに、自撮りをSNSにアップするということも挙げられます。

芸能人でもない一般人が、キメ顔をした自撮りを頻繁にSNSにアップすること自体、ナルシスト以外の何物でもないと言えるでしょう。

誰かと一緒に撮った写真ではなく、自撮りばかりをSNSにアップして自分の美しさを人々に知らしめたいと考えているならば、自己顕示欲が強く自意識過剰な人だと診断できます。

自意識過剰か分かる特徴診断9:被害妄想が激しい

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
被害妄想が激しいということも、自意識過剰な人かどうかわかる診断項目のひとつに含まれるでしょう。

自意識過剰な人は、他人がひそひそ話をしていただけで、それをすぐに自分と結びつけ、「自分の陰口を言っているに違いない」とありもしない妄想に駆られてしまいがちです。

他人がいつも自分に注目していて、他人の言動は全て自分と関係があると思い込んでいるからこそ、被害妄想が激しくなってしまうのでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断10:緊張に弱い

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自意識過剰かわかる診断項目のひとつに、緊張に弱いということも挙げられます。自意識過剰な人は、人の視線を異常なほど気にしてしまうため、緊張するようなシーンでは体がカチコチになってしまい、思うような言動を取ることができません。

というのも、「自分の一挙手一投足に人々が注目しているに違いない」と強く思いこんでいるからです。それによって、余計に緊張してしまうという悪循環に陥るのでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断11:初対面の人と上手く話せない

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
初対面の人と上手く話せないということも、自意識過剰な人かどうかわかる診断項目のひとつです。

自分に自信がなくて自意識過剰になってしまっている人は、初対面の人に気に入られたいという思いが強すぎて逆に何をどのように話せばよいのか、どう振る舞うべきかわからなくなってしまい、しばしば挙動不審になってしまうでしょう。

いわゆる、「コミュ障」的な状態になってしまいがちです。

自意識過剰か分かる特徴診断12:人に注目されるのが極端に苦手

人に注目されるのが苦痛で仕方ないということも、自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつでしょう。

ナルシストタイプの自意識過剰の人ならば注目されることを嬉しく感じるものです。

ですが、自分に自信がもてないタイプの自意識過剰の人ならば、他人の視線にさらされることに強いストレスを感じてしまうので、人に注目されるのが極端に苦手で、「透明人間になってしまいたい」とすら思います。

自意識過剰か分かる特徴診断13:人前で話せない

自意識過剰かどうかわかる診断項目のひとつとして、人前で思うように話せないということも挙げられるでしょう。

自意識過剰な人は、人前に立つと「みんなから変に思われているのではないか」と緊張してあがってしまうため、視線をきょろきょろとさせたり体を小刻みに動かしたりして落ち着かず、落ち着いて話すことができません。

そのため、人前でのスピーチや大勢を前にした自己紹介が大の苦手です。

自意識過剰か分かる特徴診断14:人から笑われている気がする

人から笑われている気がしてしまうということも、自意識過剰かどうかわかる診断項目として挙げられるでしょう。

自意識過剰な人は、道ですれ違った人が笑っていると、「自分が変だから馬鹿にして笑っているに違いない」と強く思いこみ、勝手にストレスを感じてしまいがちです。

特に自分の見た目にコンプレックスがある人は、このような自意識過剰な思考パターンに陥りやすいでしょう。

自意識過剰か分かる特徴診断15:車内などで見られている気がする

自意識過剰かわかる診断項目のひとつに、電車内で視線を勝手に感じるということも含まれるでしょう。

向かい合った席に座っている人をちらちらと見ては、目が合うと「やっぱり自分のことを見ていたんだ」と思い込んでしまうのも、自意識過剰な人ならではの特徴です。

自意識過剰か気になる時におすすめする本3選

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
自分が自意識過剰かどうか気になった時には、そのことについて書いた本を読んで診断してみてはどうでしょうか。

ここからは自信過剰かどうか気になる時にぜひ読みたいおすすめの本をご紹介していきます。

自意識過剰か気になる時におすすめの本1:私、つい「他人の目」を気にしてしまいます。

おすすめの本としてまず挙げられるのが、「私、つい「他人の目」を気にしてしまいます。」です。

新進気鋭の精神科医が、自意識過剰な人のつらさに寄り添い、そのつらさを解消するための方法をわかりやすく解説してくれている一冊です。

言われてみればそうかなと言った内容が多かったです。しかし、じぶんを振り返るいい機会になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3W1I3QFYHI3... |

自意識過剰か気になる時におすすめの本2:「他人の目」が気になる人へ

「「他人の目」が気になる人へ」も、おすすめの本として挙げられるでしょう。精神科医の著者が、どうして自意識過剰に陥ってしまうのかをSNSなどの現代的な要素を例に挙げながら、わかりやすく説明してくれています。

読みやすい本です。参考になりました。あまり、難しい表現もなく、筆者が話をしている様な感じでよめます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2L3TR7JI8HF... |

自意識過剰か気になる時におすすめの本3:自意識過剰!

「自意識過剰!」も、ぜひ手に取ってもらいたい本として挙げられます。人気作家の林真理子さんの自伝的なエッセイで、自意識過剰ゆえに苦しみ辛い思いをしてきた赤裸々な体験をユーモアあふれる文体でつづっています。

自意識過剰な人あるあるが満載なので、共感できる部分が多いのではないでしょうか。

この本を読んだのは確か15年程前だったと思う。

書店でタイトルに興味を惹かれたので、
何気なく買って読んでみたのだが、自分の内面にも
思い当たる節が多く、そうだ、そうだ、と頷いてばかりだった。

大仰に言えば心理学者かと思う程、洞察力・観察眼が鋭いと思いました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2FJARZ2ASZ2... |

自意識過剰な自分から脱皮しよう!

自意識過剰か分かる特徴診断15|自意識過剰か気になる時におすすめの本
今回は自意識過剰について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。自意識過剰だと他人の視線や評価に振り回され、自分らしい生き方ができなくなってしまいますので、少しずつ自意識過剰な状態から抜け出せるように努力してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related