Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ

総資産額が1憶円以上の人をリッチ層(富裕層)と呼ぶのに対し、資産総額が3000万円以下の人は一般層に位置づけられます。この記事では一般層とリッチ層のお金や仕事に対する価値観や行動パターンの違いについて解説しているので、ぜひご覧ください。

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ

一般層とは

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
新聞やテレビのニュースなどで、よく一般層や富裕層といった言葉を見聞きしますが、両者の意味を問われてきちんと答えられる人は必ずしも多くないことでしょう。

簡単に言うならば、一般層は特にお金持ちではない庶民的な生活をする人々のことを指す言葉です。

この記事では一般層とリッチ層のお金や仕事に対する意識の違いに加えて、一般層であることのメリットについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

一般層とリッチ層の違い

まずは、一般層とリッチ層との違いについて確認しておきましょう。一般層とリッチ層の最大の違いは、その資産額にあります。

一般層は経済的にいわば中流階級以下の生活をしているのに対し、リッチ層は経済的に豊かで上流階級とも言えるような生活をしています。

以下で詳しく解説するように、両者は学歴、仕事に対する取り組み方、お金に対する考え方、消費行動などありとあらゆる点において価値観を異にしていると言えるでしょう。

一般層の定義

では、具体的にどのような人々のことを一般層と呼ぶのでしょうか。通常、総資産額が3000万円以下であれば一般層にカテゴライズされることになります。

また、年間の世帯収入が2000万円以上であり、なおかつ総資産額が5000万円以上であれば、リッチ層の中に含まれることになります。

ちなみに、日本人のほとんどは一般層であり、まさにマジョリティです。対する富裕層の割合はほんの数パーセントで一握りの存在です。

一般層とリッチ層の意識の相違点11個

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
リッチ層の両親をもち、生まれながらにしてリッチ層の人もいれば、もともとは一般層であったものの、努力をしてお金を稼ぎリッチ層入りした人も少なくありません。

一般層からリッチ層になりたいのならば、一般層特有の考え方や行動パターンを改め、お金を稼げるリッチ層の意識を真似してみるのが効果的です。

ここからは、一般層とリッチ層のお金や仕事などに対する考え方や意識の違いについて詳しく見ていきましょう。

相違点1:投資

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
一般層とリッチ層の相違点としてまず挙げられるのが、投資に対する考え方です。一般層はお金を貯めることに意識が集中し、リスクを恐れてそれを増やすための投資になかなか手を出そうとはしませんが、リッチ層はリスクを承知の上で果敢に投資を行います。

つまり、一般層にとってお金とは貯めこむべきものであり、リッチ層にとってはお金は投資に回し、より資産を増やすためのツールのひとつであるとも言えるでしょう。

相違点2:自己啓発

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
自己啓発に対する意識も、一般層とリッチ層との相違点のひとつとして挙げられるでしょう。

一般層は現状に満足をする傾向が強く、自己啓発をしてまで今の自分を変えようとはしませんが、リッチ層は常に自己成長を追い求める傾向にあり、自己啓発を通じて今の自分をよりよい方向へと変えることを大切に考えています。

一般層に比べてリッチ層は、自己啓発本を含むより多くの本を読んでいますし、それらから知識を貪欲に吸収します。

相違点3:ファッション

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
一般層とリッチ層の相違点のひとつに、ファッションに対する意識も挙げれるでしょう。リッチ層はファッションを自己表現のための大切な手段であると考え、ファッションにお金を使うことを自己投資の一環として惜しまない傾向にありますが、それに対して一般層はファッション費をおさえようとする傾向にあります。

また、一般層はファストファッションを好むのに対し、リッチ層は品質がよく長く着続けられるブランド品を購入します。

相違点4:教育

教育に対する考え方も、一般層とリッチ層の相違点のひとつに含まれるでしょう。一般層は金銭的に無理のない範囲内でのみ子供に教育を受けさせたいと考えていますが、リッチ層は教育は何よりも大切な投資だと考えているので、教育費の予算を多少オーバーしたとしても、子供にはよりよい教育を受けさせようとします。

また、リッチ層は子供を小さい頃から塾や習い事に子供を通わせようとする傾向にもあると言えるでしょう。

相違点5:資産運用

一般層とリッチ層の意識の相違点のひとつに、資産運用のあり方も挙げられます。一般層はお金に関して「冒険」することを好まず、今ある資産をいかに守り通すかという点に意識を集中させていますが、それに対してリッチ層は積極的に資産運用を行い、多少のリスクも厭いません。

一般層は常に安定志向であるのに対して、リッチ層は時にハイリスク・ハイリターンにも果敢に挑戦し、それによって資産をより増やしていく傾向にあります。

相違点6:お金を稼ぐことへの意識

お金に対する価値観も、一般層とリッチ層の意識の相違点のひとつとして挙げられるでしょう。

一般層の中には、人並み以上にどん欲にお金を稼ぐことに恥ずかしさやためらいのようなものを感じる人も少なくありませんが、リッチ層はお金を得ることに対するうしろめたさや罪悪感のような感情を抱いていません。

だからこそ、どん欲かつ積極的にお金を稼ごうとすることができるのであり、リッチ層であり続けることができるのでしょう。

相違点7:消費意識

一般層とリッチ層の相違点のひとつに、消費意識も含まれるでしょう。一般層は安くてたくさん買えるプチプラを好む傾向にありますが、リッチ層は高くても質のよいものや長く使えるものを厳選して買う傾向にあります。

またリッチ層はお金の使い方が意外と堅実なので、ストレスを解消するためにエモーショナルに買い物をすることはほとんどありません。それに対し、一般層は衝動買いをしたり、安物買いの銭失いをすることが多いです。

相違点8:食事に対する意識

食事に対する意識も、一般層とリッチ層の相違点のひとつでしょう。一般層の中には食事を重要視しておらず、手軽に食べられるコンビニ弁当やジャンクフードなどを頻繁に買う人も少なくありませんが、リッチ層はそのような傾向はあまり見られず、オーガニックなどの健康によいものを厳選して食べる傾向にあります。

また、仕事でクタクタに疲れて外食を利用せざるを得ない一般層が多いのに対し、リッチ層は自炊が多いでしょう。

相違点9:健康に対する意識

一般層とリッチ層とでは、健康に対する意識にも差が見て取れます。リッチ層は健康に対する意識が高く、栄養バランスのよい食事はもちろんのこと定期的な運動を心がけるので肥満体が少ないものですが、一般層はジャンクフードやコンビニ飯などを摂る機会がリッチ層より多く、また運動をする時間的な余裕がないため肥満体が多くなってしまいがちです。

ちなみに、皇居ランナーのような健康意識の高い人は、年収が高い傾向にあります。

相違点10:仕事に対する意識

仕事に対する意識も、一般層とリッチ層との相違点のひとつでしょう。一般層はさほど出世欲が強くないのに対して、リッチ層は出世に対する意識が非常に高く、常にキャリアアップを念頭に置きながら仕事に取り組んでいます。

また、一般層は今の仕事に不満があってもなかなか転職に踏み切れないのに対して、リッチ層はキャリアアップのために躊躇わずに転職を行いますし、それによって着実に年収をアップさせていくと言えるでしょう。

相違点11:変化に対する心理

一般層とリッチ層とでは、変化に対する心理も違うものです。一般層は変化を好まず、現状維持を好む傾向があるのに対して、リッチ層は変化を恐れず、果敢に新しいものを採り入れ、未知のものに挑戦する冒険心をもっています。

だからこそ、一般層は投資も転職にも及び腰であるのに対して、リッチ層はハイリスクを承知でハイリターンの可能性のある投資を行ったり、キャリアアップのための転職に積極的になることができるのでしょう。

一般層のメリット5つ

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
以上でご紹介したように、一般層とリッチ層は、お金や仕事、ファッションなどありとあらゆる面で価値観が異なっています。

お金や仕事に対する意識が高くて一般層とは異なるからこそ、リッチ層はなるべくしてリッチ層になったとも言えるでしょう。ですが、何も「リッチ層=善」なわけではありません。一般層にも良い面はたくさんあります。

ここからは、一般層であることのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1:気負わずに済む

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
一般層のメリットとしてまず挙げられるのが、気負わずに気楽に生活できるということです。

リッチ層であれば資産をいかに守り増やすのかということに常に意識が摂られてしまいますし、また職場では責任あるポジションを任されることが多いためストレスも増えてしまいますが、一般層ならば身の丈に合ったストレスのない暮らしをすることができます。

リッチではないけれど、平凡で穏やかな生活ができるでしょう。

メリット2:時間にゆとりがある

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
時間にゆとりがあるということも、一般層であることのメリットとして挙げられるでしょう。

一般層はリッチ層のようにお金に対してどん欲ではないので、お金を稼ぐために投資をしたり自己啓発のための勉強を行わない分、その時間を自由にゆったりと使うことができます。

お金や時間に追われず、自分のペースでリラックスした生活ができるというのは、一般層ならではの利点でしょう。

メリット3:失うものがない

一般層のメリットのひとつとして、失うものがないということも挙げられます。一般層はリッチ層のように多額の資産を持っているわけでも資産の一部を投資に回していることもないので、株価に変動が生じたとしても、世界経済が悪化したとしても特に失うものがありません。

失うものがないということは、失うことに対する恐怖や不安に駆られる必要がないということでもあります。

メリット4:自由でいられる

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
自由でいられるということも、一般層でいることのメリットとして含まれるでしょう。一般層はリッチ層のようにお金に対する強い意識、悪く言えば執着を持っていないため、お金や地位・肩書などのものから自由であり、なおかつ自分らしくいられることができます。

メリット5:家族や恋人との時間がある

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
一般層でいることのメリットのひとつとして、家族や恋人との時間が大切にできるということも挙げられるでしょう。

リッチ層はお金をもっと稼ごうという考えが強いため、暇さえあれば仕事や投資に時間を使いますが、一般層はそこまでお金を稼ぎたいという意識がないため、家族や恋人との時間を大切にし、人との感情的なつながりや愛情・幸福感を得ることができます。

一般層の意味を正しく理解しよう

一般層とリッチ層の意識の相違点11個|一般層のメリット5つ
今回は一般層とリッチ層について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。おさらいをすると、一般層とは総資産額が3000万円以下の人々を意味する言葉であり、日本人の大半が一般層に含まれることになります。

一般層からリッチ層になりたいならば、今回取り上げた一般層とリッチ層の意識の違いを参考にして、自分の思考や行動パターンを変化させてみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related