Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント

仕事には誰しも向き・不向きというものがあります。そのため、転職先を探す前に自分の向き・不向きを把握しておきたい人は多いのではないでしょうか。この記事では、自分に向き・不向きな仕事の特徴をご紹介します。転職の参考として知りたいという人はぜひご覧ください。

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント

向き・不向きの仕事を知ることは転職の第一歩

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
現在勤めている会社で定年まで働く人もいれば、何らかの理由で転職を考える人もいます。転職活動は時間がかかるため、多くの人は働きながら次の仕事を探しています。しかし、転職活動の前にやるべきことは、自分に向き・不向きな仕事を知ることです。

自分が好きなことと向いていることが一致するとは限らないですし、不向きな仕事を外して考えれば時間短縮につながります。自分に合う仕事を把握し、スムーズな転職をしましょう。

【職種別】向き・不向きの特徴を知ろう!

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
自分の向き・不向きは職種によって大きく変わってきます。転職先として選ぶ職種が何であれ、まずは自分で向き・不向きの特徴を知るところから始めるのが良いでしょう。

ここでは、10個の職種に分けてそれぞれ向き・不向きな人のことをご説明しています。

職種1:営業職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
営業職は顧客に自社製品の売り込みをして売買契約を行う仕事です。営業の種類として「ルート営業」「新規開拓営業」などがあります。他にも顧客の相手が個人の場合は「個人営業」企業の場合は「法人営業」、活動する場所の違いで「国内営業」「海外営業」などがあります。

向いている人

営業職に向いている人は「人当たりが良く、説明が上手い人」です。営業職は基本的に人と接するのが大前提なので、相手に良い印象を与える人の方が話を進めやすくなります。

また、会社が取り扱っている商品についてあまり知らない顧客も多いため、相手が理解しやすいように説明する能力も必要です。ノルマを苦にしない人も営業職向きです。営業職はノルマが多いのでそれを苦痛ではなく、やりがいと捉える人にもおすすめです。

不向きな人

営業職に不向きな人は「物事を深く考えすぎる人」です。商品のことを丁寧に説明して契約を促しても、相手に断られることは珍しくありません。連絡もせずにいきなり訪問する飛び込み営業などは特に嫌われやすく、説明も聞かずに門前払いされることもあるでしょう。

拒否されるたびに理由や相手の気持ちなどを考えていては、精神的に参ってしまいます。他にもコミュニケーション能力が低い人は営業トークができないので不向きです。

職種2:販売職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
販売職は消費者に商品を販売する仕事です。スーパーやデパートなど、さまざまな場所で店舗を構えて販売を行います。対面販売だけではなく、インターネットの普及によって非対面で行われる通販、保険など形のないサービスも販売職に含まれています。

向いている人

販売職向きの人は「他者と話すことが好きな人」です。対面販売の場合、お客様と必ず話すことになります。話すのが好きな人なら言葉に困ることはないですし、お客様に合わせて接客することも可能です。

また、気配り上手な人も販売職に向いています。お客様が商品を購入しやすいように「何を求めているのか」「不足している点はないか」など、さまざまなことを考え、実行に移すことが大切です。

不向きな人

販売職に不向きな人は「見た目や雰囲気が怖い人」です。買い物に行った場所で店員さんに話しかける際、怖そうな人と穏やかな雰囲気を持つ人がいた場合、後者に話しかける人の方が多いのではないでしょうか。お客様に避けられては仕事になりません。

しかし販売職に不向きといっても、通販の仕事なら外見の影響を受けないのでおすすめです。転職先選びは不向きの要素だけでなく、職種によっては問題ない可能性も考慮に入れましょう。

職種3:医療職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
医療職は医療業務に携わる仕事全般を示しています。医者や看護師だけではなく、医療事務、歯医者なども含まれています。世の中がどのように変化しても、病気やケガを根絶することはできないため、多くの人に必要とされる需要の高い職業です。

向いている人

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
医療職に向いている人は「責任感の強い人」です。人の命を預かる職業なので、中途半端なことはできません。きちんと責任を持って対応できる人の方が、患者側も安心して任せることができます。

また、他のスタッフと連携を取ることができる人も医療職向きといえます。医療の現場は1人が頑張ってどうにかなるものではありません。勝手な動きでチームワークを乱し、取り返しのつかない結果を生むこともあるので協調性は必須です。

不向きな人

医療職に不向きな人は「向上心のない人」です。医療職はその仕事内容から専門的な知識・技術を必要とする場合が多いため、医療従事者になった人はすでにある程度の知識・技術を身に付けています。

しかし、医療は常に進化を続けているので、今持っている知識・技術がこれからも役立つとは限りません。そのため、勉強も怠らないようにする必要があります。そういった向上心を持てないという人は医療職に不向きです。

職種4:福祉・介護サービス職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
福祉・介護サービス職は高齢者の介護をする仕事です。ケアワーカー・ホームヘルパー・介護サービス員など、介護に関する仕事は多岐にわたります。超高齢化社会へと突入した日本において、福祉・介護サービス職の需要は医療職と並んで高い傾向にあります。

向いている人

福祉・介護サービス職に向いている人は「楽しむ気持ちと観察力を持つ人」です。福祉・介護サービス職では高齢者と関わる機会が多く、相手が快適に過ごせるよう尽力します。しかし、自分の気持ちを疎かにしていると、相手に負の雰囲気が伝わってしまいます。

そのため、相手だけでなく自分も楽しむことを前提とした考え方が大切です。また、高齢者の体調の変化をいち早く察するためには、常日頃から観察力を磨くことも必要でしょう。

不向きな人

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
福祉・介護サービス職に不向きな人は「他人のペースに合わせることが苦手な人」です。先述したように、福祉・介護サービス職において手助けをする相手は高齢者が多いため、自然と自分よりも相手のペースに合わせて動くことが多くなります。

しかし相手の動きが遅いことに対し、合わせるよりもイライラしてしまうという人は、不向きと言えるでしょう。したがって、転職先選びの際はご自分の性格と照らし合わせた上でご判断ください。

職種5:企画職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
企画職は新しい商品やサービスを考え、形にする仕事です。仕事内容は主に商品企画・営業企画の2つに分けられます。

商品企画はどのような商品やサービスを作るのか、具体的に考え、詳細をまとめて提案します。営業企画は新しい商品やサービスがより多く売れるように、具体的な方法を練って実行します。

向いている人

企画職に向いている人は「情報収集能力や分析能力を持つ人」です。商品企画の場合、消費者はどのような商品・サービスを欲しがっているのかなど、情報収集を行います。営業企画の場合、他社はどのような販売戦略を持っているのかなどを調査します。

そして集めてきたそれぞれの情報を分析し、課題やヒントを発見して解決策を模索していきます。情報収集や分析に長けているなら、企画職は適切な転職候補の1つといえるでしょう。

不向きな人

企画職に不向きな人は「プレゼンテーションのスキルが低い人」です。プレゼンテーションとは、自分以外の他者に自分の考えを理解できるように伝えることです。

企画職はアイディアをまとめた後、経営陣に対し、プレゼンも行わなければいけません。プレゼンでご自身のアイディアの良さが伝わらなければ、企画は没になってしまいます。そのため、プレゼンスキルの低い人は転職先として企画職は不向きと言わざるを得ません。

職種6:ITエンジニア職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
ITエンジニア職は情報技術を扱う技術者の総称です。コンピューターのシステム設計が主な仕事ですが、ITエンジニア職はいくつか種類があります。

サーバーエンジニアはサーバーの構築や設計など、プラットフォームエンジニアはシステムの設計・構築以外に運用に関するアドバイスも行っています。他にもプログラマーはプログラミング作業を行うなど、内容やシステムは仕事によって変わってきます。

向いている人

ITエンジニア職に向いている人は「IT技術が好きな人」です。何事も興味を持って取り組んだ方がより良い成果を得やすくなります。それが好きなことであればなおさらです。

まだ転職したことがない未知の分野なら、長所と捉えられ、採用されやすいです。理由としては「好きなら知識を積極的に吸収する可能性が高い」「すぐに辞める心配が少ない」などが挙げられます。転職候補を選ぶ際は好きなことを基準にするのもおすすめです。

不向きな人

ITエンジニア職に不向きな人は「地道な作業が嫌いな人」です。IT技術に詳しくない人から見れば、ITエンジニアの人たちは手間をかけず、簡単に仕事をこなしているように見えます。しかし、実際は時間をかけて地道な作業を続けています。

また、疑問点が出ればその都度調べるので、気の短い人にも不向きと言えるでしょう。IT技術に興味があるから転職候補に加えたという人は、ご自分の性格を見直し、再考をおすすめします。

職種7:研究職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
研究職は研究・開発を行っている仕事です。種類は基礎研究と応用研究の2つに分かれます。基礎研究の仕事内容は、まだ発見されていない未知のものを研究・開発・解明していくことです。応用研究の仕事内容は、基礎研究で出された結果をもとに、実用化の可能性を研究・開発していくことです。

向いている人

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
研究職に向いている人は「探求心・好奇心が強い人」です。基礎研究にしろ、応用研究にしろ、1つのことをひたすら調べるという点は共通しています。分からないことをそのままにせず、研究対象のあらゆる部分に好奇心を持って取り組み、疑問の答えを導き出す探求心が必要です。

そのため、1つのことに集中して取り組むことができない人は研究職に不向きと言えます。むしろ、それが得意だという人は研究職を転職候補に加えましょう。

不向きな人

研究職に不向きな人は「ネガティブな人」です。転職先をどの仕事にするとしても、ネガティブな人よりポジティブな人の方が上手くいきやすいです。

しかし、特に研究職ではネガティブな人は不向きといえます。基礎研究は結果が出るまで時間がかかる上、その過程で失敗を何度も繰り返すことになります。ネガティブな人は悪い方に考え、途中で精神的に参ってしまいます。転職先として選ぶ際、不向きかどうかはよく考えた方が良いです。

職種8:コンサルタント

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
コンサルタントは専門的な知識・経験に基づき、顧客にアドバイスや指導を行う仕事です。コンサルタントはアドバイスを行う分野により、いくつもの種類に分かれます。経営コンサルタントや医業経営コンサルタント、キャリアコンサルタントなどが挙げられます。

向いている人

コンサルタントに向いている人は「ストレスに強い人」です。先述したように、コンサルタントの仕事はアドバイスや指導を行うことですが、正確には顧客の抱えている問題を解決するまでが仕事です。

しかし、スムーズに問題解決とはいかないため、仕事中は常にプレッシャーや人間関係の摩擦などと向き合っていく必要があります。そのため、ストレスに弱い人には不向きです。転職候補に加える際はよく考えてからにしましょう。

不向きな人

コンサルタントに不向きな人は「分析が苦手な人」です。コンサルタントは顧客に「これなら安心して任せられる」と思えるような解決策を提案しなければなりません。そのために必要なのがデータをもとにした分析です。

あらゆる視点からデータを分析し、客観的に見てより良い結果を得られると確信できる結論を出す必要があります。そのため、分析を行うのが苦手という人はコンサルタントに不向きなので、転職候補から外しましょう。

職種9:事務職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
事務職はさまざまなサポート業務をこなす仕事です。事務職の仕事内容は書類作成やデータ入力、来客・電話対応など、多岐にわたります。また、事務職は種類が数多くあり、一般事務や総務事務、医療事務などが挙げられます。

向いている人

事務職に向いている人は「几帳面な人」です。職種によって仕事内容に多少の差はあれど、事務職はデータ入力など情報を取り扱うことが多いです。そのため、適当な仕事の仕方をしていては、後でトラブルになりやすいです。

しかし、几帳面な人はどんな仕事にもきちんと取り組むので安心して任せることができます。また、他の同僚と連携できるよう信頼関係を築くことも大切です。転職先として人気の高い仕事で、競争率が高いです。

不向きな人

事務職に不向きな人は「目立つことが好きな人」です。事務職は基本的に縁の下の力持ちのような存在です。サポート業務が中心なので、人前でプレゼンをしたり、会議に出たりするような機会は少ないです。そのため、目立つことができない事務職には不向きな人といえます。

他には体力があり余っている人も事務職に不向きです。事務職はデスクワークが中心なので、真っ先に転職候補から外すべき仕事といえるでしょう。

職種10:教育職

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
教育職はその名のとおり、教育に携わる仕事です。主に小・中学校や高校、大学などで教員として勤めている人を指しています。教員の仕事内容は学習指導や部活の引率など数多くあります。

向いている人

教育職に向いている人は「話すことが得意な人」です。教育職は多くの生徒と関わる仕事です。学習指導はもちろん大事なことですが、生徒たちとコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことも重要になってきます。

さらに同僚・保護者など、生徒のことや業務内容について話す機会も多いです。そのため、話すことが苦手な人には不向きな仕事といえます。転職先として教育職の向き・不向きを考える際の基準にしましょう。

不向きな人

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
教育職に不向きな人は「気の弱い人」です。生徒同士のもめ事の仲裁や保護者から寄せられる理不尽なクレーム対応など、教育職はストレスの溜まりやすい仕事ともいえます。

できるだけ辛抱強く対応することが求められますが、相手の言い分ばかり通すわけにもいきません。しかし、気の弱い人は相手に押し切られてしまうことも多々あります。そのため、自分でも気が弱いと感じている人は、転職候補から教育職を外すことをおすすめします。

向き・不向きも相談できるおすすめの転職エージェント3選

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
転職をすることに慣れていない人は、不安や疑問点などを抱えています。そういった転職者の支援を請け負っている転職エージェントという人材紹介サービスをご存じでしょうか。

ここでは、向き・不向きの相談もできるおすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

マイナビAGENT

向き・不向きの相談ができる転職エージェントの1つが「マイナビAGENT」です。マイナビAGENTは転職者の相談に対し、担当者が親身になってサポートします。第二新卒向けの求人も多いので、転職者と相性が良いです。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」も向き・不向きの相談が可能です。他にも面接力向上セミナーを開催し、転職候補の仕事の面接に必要なコツを教えてもらうことができます。取り扱っている求人件数も多いので、転職先を見つけやすいのも特徴です。

doda

転職エージェントに相談するなら「doda」もおすすめです。dodaは多くの担当者が転職者のサポートに熱心に取り組んでいます。他にも面接対策や職務経歴書の添削など、転職活動に必要なアドバイスが行われています。

向き・不向きを分析して後悔のない転職を!

【職種別】自分に向き・不向きな仕事の特徴10選|おすすめ転職エージェント
今回は自分に向き・不向きな仕事の特徴を職種別にご紹介しました。自分には向いていないと感じる仕事もあったのではないでしょうか。向き・不向きな仕事を自分なりに分析し、後悔のない転職をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related