Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法

志望理由は面接では必ずと言って良いほど聞かれることのある定番の質問です。そのため、その志望理由が漠然としているものであったり、矛盾点があったりなどすると、面接が不利になってしまうこともあります。なので、志望理由は明確にしておく必要があります。

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法

漠然とした転職の志望理由とはどのようなもの?

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
今までは同じ職場に長く勤めることが良いことされてきました。しかし、今では新しい職場環境を求めたり、自身のステップアップのために転職を決断するという人も増えています。

しかし、明確な目的なく、何となく転職をしたいと思って行動を起こしてしまう人もいます。そのような人は転職をする理由が漠然としているため、面接などで志望動機を聞かれたときに答えることができなくなってしまいます。

漠然とした志望理由1:とにかくお金を稼げればいい

漠然とした志望理由でよくあるのは、前の仕事では納得できる給料がもらえていなかったという人がいます。

しかし、転職の目的が給与を上げるという漠然としたものであれば、給与を上げるための具体的なキャリアアップの方法が答えられないため、面接に通ることが難しくなってしまうことがあります。

また、給与だけが目的であれば、給与が良ければ他社でも構わないと面接官から思われてしまう可能性もあります。

漠然とした志望理由2:求人情報を見たら楽そう

何となく仕事がやりにくい、職場の居心地が悪いなどの漠然とした理由で仕事を辞めてしまう人もいます。そのような人は、仕事を探すときも求人情報を見て、楽しそうや、自分でもできそうなどの漠然とした理由で選んでしまうことがあります。

仕事を辞めた理由も、仕事を選ぶ理由も、漠然としているため、面接では再び同じような漠然とした理由で退職されてしまう可能性があると思われてしまいます。

漠然とした志望理由3:なんとなく今の会社を辞めたい

上記で述べた通り、退職する理由も漠然としてしまっている人もいます。このような人は今の会社を辞める理由を作るために、転職したいと思うようになることもあります。

また、転職をすることが目的ではなく、会社を辞めることが目的のため、転職活動中の面接では会社を辞めた理由も、志望動機も漠然とした答え方しかできなくなってしまいます。

好印象の志望理由とは?

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
面接を受けた際には、必ずと言って良いほど志望理由は聞かれることになります。志望理由を聞くことで、どうしてその会社を選んだのかを知ることができるためです。

もし、漠然とした志望理由しか答えることができなかった場合には、面接官から信用を得ることはできません。逆に、志望理由がはっきりと答えることができれば、面接官から好印象を得ることができます。

やりたいことが明確になっている

面接で志望理由を聞かれたとき、面接官は入社後にはどのようなことがしたいのかということを聞きたいこともあります。

もし、漠然とやりたい仕事ができそう、会社の仕事内容に興味を持ったなどと答えてしまうと、その会社でないといけないという理由がありません。

なので、志望理由を答えるときには、自分のやりたいことが明確に答え、そのやりたいことがその会社でないと実現できないということを伝えないといけません。

やりたいことと希望職種が一致している

前の仕事を辞めた理由や、志望理由が漠然としている人は、面接の際に印象をよくするために取り繕っていることがあります。すると、言葉と行動が一致していなかったり、やりたいことと希望職種が一致しなかったりなど、話しに矛盾点が出てきたりすることがあります。

やりたいことが明確に答えられる人は、自分がこれからするべきことを把握できているため、話しに矛盾点が生じません。

志望理由の分析手法

志望理由はその会社を選んだ理由のため、面接官からは明確に答えられることができて当然と思われていることもあります。

しかし、志望理由がうまく言葉としてまとめられず、漠然とした内容でしか答えられないという人もいます。志望理由の答えが漠然とした内容であれば、面接が不利になってしまうこともあります。

なので、志望理由が漠然としているのであれば、明確な答えを出せるように分析を行っておく必要があります。

手法1:退職したい理由や前職への不満を洗い出す

志望理由を答えるときには、前の仕事を辞めた理由から説明すると、その会社を選んだ理由を説明しやすくなります。なので、まずは前職への不満や、転職を決断した出来事や感情などを洗い出してみましょう。

その洗い出した内容は面接を受けている会社で仕事をすることで改善、解決できるという話しの流れを作ると、自然とその会社でどのような仕事をして、どのような結果を得たいのかを説明でき、それは志望理由となります。

手法2:仕事選びの基準を探る

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
転職をすることを決断した人の中には、前職の経験を活かして、同じ業界や職種で仕事を探す人もいれば、今までに経験がない仕事をするために未経験の業界や職種で仕事を探す人もいます。

どちらにしても、志望理由をまとめる際には、どうしてその業界や職種の仕事を選んだのかを自己分析しておいた方が良いでしょう。なぜ自分はその仕事をしているのかを把握することで、仕事に対する価値観が理解できるようになります。

なぜこの業界なのか

仕事選びをする際に、なぜその業界の仕事を選んだのかを自己分析するためには、その業界に興味を持ったときの過去の出来事を思い出すと良いでしょう。

また、その業界の仕事をして、最終的に成し遂げたいことも考えれば、業界を選んだ理由から、成し遂げたいことが面接を受けている会社であればできるという話しの流れを作ることで志望理由を作ることができます。

なぜこの職種なのか

業界ではなく職種から志望理由を作ることもできます。職種から志望理由を作る際も、業界の場合と同様に、まずはその職種に興味を持ったきっかけを探ります。

また、その職種の仕事を続けて、成し遂げたいことを考えます。その成し遂げたいことが面接を受けている会社であれば実現できるという話しの流れを作ることで、志望理由を作ることができます。

手法3:今までで最も充実感のあった仕事は何か?

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
仕事でやりがいを感じていれば、長く仕事を続けられたり、良い結果を出すことなどができます。なので、前職の仕事の中でも、どのような仕事をしているときに充実感を感じていたかを思い返すことで、自分にとって適している仕事内容や、仕事に対する価値観などを分析します。

自分に適している仕事や、仕事の価値観が一致している企業があれば、その会社で仕事がしたいと思うようになり、その理由は志望理由となります。

手法4:今までで最も苦痛だった仕事は何か?

充実感とは逆に、前職で苦痛を感じた仕事があれば、その仕事は避けるべき仕事になります。また、仕事に対する価値観が合わないということにもなります。

苦痛を感じたことから、本来はどのようなことであれば充実感を感じることができたのかを自己分析することができます。上記で述べた通り、自分はどのような仕事で充実感を感じるのかを把握できると、志望理由を作ることができます。

実際の志望理由に盛り込みたいポイント

自己分析によって作る志望理由は、あくまでも自分がどのような会社を求めているのかを漠然と把握するためのものです。なので、実際の志望理由では、自己分析から作った志望理由を元に、面接を受けている企業に合わせて、より具体的な内容にする必要があります。

企業に合わせた内容にする際にはいくつかのポイントがあり、盛り込んでおくべき内容などもあります。

自分の経験がどのように活用できるか

企業に採用をしてもらうためには、自分が入社することでどのような活躍が期待できるかということを伝える必要があります。

どのような活躍が期待できるかを伝えるためには、自分の経験や能力が会社にとってどのような利益を与えるかということを伝えます。

もし、精一杯頑張りますなどのような漠然とした答え方をしてしまうと、企業からその人を雇うメリットは薄いと感じられてしまう可能性があります。

入社してどのような仕事がしてみたいか

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
志望理由を聞かれた際には、どうしてその会社を選んだのかという理由も聞かれている場合があります。単純に自分の希望する職種や業界の仕事ができるからなどのような漠然とした答え方をしてしまうと、職種や業界が合っていれば、その会社である必要がなくなってしまいます。

なので、入社後にはその会社でどのような仕事をして、どのような結果を出したいのかという明確なビジョンがあることを伝えるようにしましょう。

前職もしくは現職の退職理由と矛盾しない

退職した理由や、仕事選びの理由が漠然としている人が、面接で好印象を得るために表面上を取り繕った返答をしたとしても、面接官は人を見るプロのためすぐに見破られてしまいます。

面接官から取り繕った返答をしていると思われてしまうと、印象が悪くなってしまい、面接が不利となってしまいます。

なので、前職を退職した理由から、面接を受けている会社を選んだ理由まで、筋の通った矛盾のない説明ができるようにしましょう。

なぜこの企業でなくてはいけないのか

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
先に述べた通り、職種や業界だけで仕事を選んでいる場合は、その企業でなければいけないという理由がありません。なので、その企業を選んだ理由として、入社後にその企業でどのような仕事をして、どのような結果を出したいのかを伝えるようにしましょう。

また、その企業でやりたいことを伝えることで、その企業の事業内容などを把握しているということを伝えることもできます。

この転職がなぜキャリアアップとなるのか

キャリアアップを目的に転職をする人もいます。キャリアアップが目的ということは十分な志望理由になります。しかし、前の会社ではなく、転職先として選んだ企業で仕事をすることでキャリアアップができるという理由は伝える必要があります。

漠然と前の会社ではこれ以上のキャリアアップができそうになかったなどの理由では、転職をしてもキャリアアップの方法や手段が理解できていないと思われてしまう可能性があります。

将来的にこうしたいというキャリアプラン

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
企業は、できるだけ長く働いてもらえて、仕事で良い結果が出せる人材を求めていることが多いです。なので、その企業に入社することができれば、どのような仕事で、将来どのようになりたいかということを明確に答えられるようにしておきましょう。

将来のことまで明確に答えられるということは、本人がその企業で長く働いている姿が想像できているということになります。

志望理由を明確にして転職を成功させよう!

転職したいけど志望理由が漠然としている時の対処法
志望理由は面接では必ずと言って良いほど聞かれることのある定番の質問です。そのため、面接官は明確な答えが返ってきて当然と思っている場合もあります。

そのため、その志望理由が漠然としているものであったり、矛盾点があったりなどすると、面接が不利になってしまうこともあります。なので、転職を成功させるためにも、志望理由は明確にしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related