Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月09日

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ

会社勤めが嫌でフリーランスとして働きたいという方も多いのではないでしょうか。この記事ではそんな方のために、会社勤めに向いていない人の特徴やフリーランスにおすすめの職種をご紹介しています。会社勤めに向いていないならば、自分らしい働き方を見つけましょう!

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ

会社勤めとは

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
生きていくためには、働いてお金を稼がなければなりません。多くの人は、お金を稼ぎ生計を立てるために会社勤めをしています。

会社勤めとは、労働者として会社に雇用してもらっている状態のことを意味する言葉であり、その雇用形態が正社員も派遣社員であれ、何らかの形で雇用されていれば会社勤めであると言えます。

なお、会社勤めとは真逆の存在とも言えるのが、自営業やフリーランス、あるいは会社経営者です。

会社勤めが向いている人・向いていない人

日本では、多くの人が会社勤めをしています。現に、高校や大学を卒業後に実家の家業を継いだり起業をする人は圧倒的少数で、大半は就職活動を経て会社勤めをしています。

向いていないのに会社勤めをすれば心身が疲れ切ってしまうため、自分に合う働き方を見つけたほうがよいと言えるでしょう。

この記事では会社勤めに向いていない人のために、おすすめのフリーランスの職種についてご紹介しているので、ぜひご参考ください。

会社勤めに向いていない人の特徴12選

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
では、具体的にどのような人が会社勤めに向いていないと言えるのでしょうか。会社勤めに向いていないと言っても、そのタイプはさまざまです。

ここからは会社勤めに向いていない人によく見られる特徴を12個ピックアップしてご紹介していきます。会社勤めをしているけれどストレスが多く辛い思いをしている方は、会社勤めに向いていない可能性があります。

以下の特徴に自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

1:社内の人間関係を築くのが苦手

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
会社勤めに向いていない人の特徴としてまず挙げられるのが、コミュニケーション能力が低く、社内で人間関係を上手く築けないということです。

人見知りで内気な性格をしていると、上司や同僚とコミュニケーションが上手く取れず、職場で孤立をして居心地の悪い思いをしてしまうでしょう。

チームでプロジェクトを進める時には周囲との協力が不可欠なので、このようなタイプの人は上手くその場に順応することができません。

2:飲み会などの参加が煩わしい

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
職場の人と必要以上にコンタクトを取るのが苦手で、飲み会や会社の行事に参加するのがわずらわしいということも、会社勤めに向いていない人の特徴です。

「飲みにケーション」という言葉があるように、飲み会は職場の人間関係を円滑するために不可欠なものですが、そのようなものに意義を見出せず、また飲み会でいつも独りぼっちで辛い思いをしてしまうならば、会社勤めが向いていないと言えます。

3:干渉されたくない

会社勤めに向いていない人によくある特徴として、他人からの干渉を嫌うということも挙げられます。

会社勤めをしている以上、上司や同僚から指示や干渉を受けるのは避けられないことですが、それに強い抵抗感を抱いてしまうのならば、そもそも会社勤めに向いていないと言えます。

干渉を受けずに独立した形で仕事をしたいのならば、会社勤めをやめて自分で会社を立ち上げたり、フリーランスの仕事をしたほうがよいでしょう。

4:一人で黙々と取り組める

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
一人で黙々と作業に取り組むのが苦にならないということも、会社勤めに向いていない人ならではの特徴です。

一人で作業をするのが好きであるということは、裏を返せば人と協力して仕事を進めるのが苦手であるということであり、上司や同僚との連携が欠かせない会社勤めには向いていない可能性が高いでしょう。

このようなタイプは、会社勤めよりも、一人きりの空間でひたすら作業に打ち込める職人のような仕事が向いています。

5:無駄な会議や作業が嫌い

会社勤めに向いていない人によくある特徴として、無駄な会議や作業が嫌いということも挙げられるでしょう。

会社勤めをしていれば、多かれ少なかれ無駄な作業をせざるを得ないものですし、自分の仕事が終わっても上司がまだ仕事をしているならば帰宅を待たねばならない時もあります。

会社勤めにはつきものである、このような無駄な作業や時間に耐えられないならば、会社勤めには向いていないと言えるでしょう。

6:ルールや決まりを守るのが苦手

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
会社に雇用されている立場としては、その会社の就業規則やルールに従うのが義務です。ルールを守るのが苦手であり、規則に縛られるのが窮屈に感じて仕方がないという人は、そもそも会社勤めに向いていない可能性が大です。

会社勤めをするということは、その会社のルールに自分を合わせるということでもあります。ルールや決まりを破れば上司に叱責され、最悪の場合は懲戒処分の対象となってしまうことすらあるでしょう。

7:毎日同じ時間に同じ場所に行くことが苦手

会社勤めに向いていない人に共通するのが、毎日同じルーティンを繰り返すのを苦痛に感じるということです。

会社勤めをするということは、毎日決まった時間に決まった職場へ行き、そこで同じような仕事を継続して行うということですので、このようなルーティンに耐えられないならば、会社勤めには向いていないと言えるでしょう。

会社勤めをするならば、常に変化をや刺激を味わうのを期待するのは現実的ではありません。

8:時間を好きに使いたい

自分の時間は好きに使いたいということも、会社勤めに向いていない人によくある特徴です。会社勤めをしていると仕事の都合で休日出勤を余儀なくされることもよくありますし、繁忙期には残業でプライベートの時間がつぶれてしまうこともあるでしょう。

このようなことが許せず、プライベートも含めて、時間は自分の思うように使いたいと言う人は、会社勤めには向いていません。独立したほうがよいでしょう。

9:プライベートと両立させたい

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
日本で会社勤めをしようと思うと、ホワイト企業であっても、どうしても仕事中心の生活にならざるを得ないでしょう。

ワークライフバランスを重視し、仕事でプライベートを犠牲にせずに両立させたいと考えている人も、会社勤めに向いていない可能性があります。

会社勤めをしていると、どうしても仕事で拘束時間が長くなり、仕事と生活の調和を実現させるのは難しくなってしまうからです。

10:サービス残業が許せない

サービス残業が許せないということも、会社勤めに向いていない人の特徴として挙げられるでしょう。

もちろんサービス残業は決してよいものではありませんが、会社勤めをするならば諦めて受け入れねばならない部分でもあります。

会社勤めをする以上避けられないサービス残業をどうしても受け入れることができないならば、会社勤めには向いていないと言えるでしょう。フリーランスのような働き方のほうが合っています。

11:体育会系が生理的に無理

会社勤めが向いていない人の中には、体育会系のノリが生理的に無理で、職場の人と上手く付き合えないという人も少なくありません。

濃密な人間関係の中で、みんなでワイワイと仲良く協力し合って仕事をするのが苦手ならば、体育会系の会社で働くことは難しいでしょう。無理をしてそのような職場で働き続けても、ストレスが溜まってしまうだけです。

それならばいっそ、他の働き方を探したほうが自分のためになるはずです。

12:野望や夢がある

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
会社勤めに向いていない人の特徴として、大きな夢や壮大な野望を抱いているということも挙げられます。

野心家で大きな夢を持っている人は、ただの会社員としての立場に満足することができません。会社員として経験を積み、仕事のノウハウを学んだならば、すぐにでも独立して自分の会社を立ち上げたいと考えています。

そのため、会社勤めを最初は我慢できたとしても、ずっとその状態を続けるのは無理でしょう。

フリーランスにおすすめの職種5つ

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
以上では、会社勤めに向いていない人ならではの特徴を具体的にご紹介してきました。これらの特徴に当てはまっているという方も多いのではないでしょうか。

会社勤めをしているけれど、働きにくさを感じているならば、いっそのこと会社を辞めてフリーランスになるというのも一つの方法です。

ここからはフリーランスにおすすめの職種をご紹介していきますので、会社勤めを卒業したいという方はぜひ参考にしてみてください。

1:Webデザイナー

フリーランスにおすすめの職種としてまず挙げられるのが、Webデザイナーです。HTMLやCSS技術など、Webデザイナーになるのに欠かせない知識やスキルさえ持っていれば、組織に属さずとも十分に生計を立てることは可能です。

Webデザイナーは需要が多く、稼ぎやすいというのもメリットのひとつです。また、クライアントとのコミュニケーションさえ取れれば、人付き合いは最低限で済むのも嬉しいポイントでしょう。

2:コピーライター

コピーライターも、会社勤めに向いていない人におすすめしたいフリーランスの職種です。

コピーライターはクライアントである広告主の要望や予算を十分に理解した上で仕事に取り掛かる必要があるので、対人スキルは必須ですが、毎回違った仕事ができるため、「いつも同じ仕事をするのは耐えられない」という人にピッタリです。

3:Webライター

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
フリーランスのおすすめの職種として、Webライターも挙げられるでしょう。Webライターの場合、クライアントとのやり取りをメールや電話ですませ、完全に在宅で仕事をすることも可能です。

職場の人間付き合いに悩んだ経験のある人や、他人に干渉されずに一人で黙々と作業をしたいという人に向いている職種だと言えるでしょう。

4:プログラマ

プログラマも、会社勤めに向いていない人と相性のいい職種のひとつです。コンピューターに関する知識が豊富であることがプログラマの必須条件ですが、人と接することは少なく、主にコンピューターと向きあって仕事をするため、対人スキルに不安を抱えている方でも自分の能力を十分に発揮できます。

プログラマは市場でのニーズも高いですし、努力をしてスキルアップをしていけば、高い収入を得ることも可能です。

5:アフィリエイター

おすすめのフリーランスの職種として、アフィリエイターも挙げられるでしょう。アフィリエイターとは、自分のブログなどにアフィリエイト広告を掲載し、閲覧者数や購入者数などに応じて成果報酬を得る人のことです。

閲覧者の心を掴むような魅力的な商品紹介記事を量産できる人ならば、かなりの収入を得ることも可能です。一人で黙々と作業でき、作業時間も自由に設定できるのも嬉しいポイントでしょう。

会社勤めに向いていないからと言って悪いわけじゃない!

会社勤めに向いていない人の特徴12選|フリーランスにおすすめの職種5つ
今回は会社勤めに向いていない人について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。会社勤めに向いていないからといって、決して社会不適合者でもダメなわけでもありません。

会社勤めに向いていないならば、自分の特質や特技を生かした職種を見つけ、自分に合った働き方を見つけましょう。

そうすれば、仕事にやりがいを感じながらもプライベートを両立させ、自分らしい幸せな生活を送ることができるはずです。

Related