Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ

宅地建物取引主任者とは何をするか知っていますか。宅地建物取引主任者の仕事内容や平均給与や転職する場合の求人はどうなっているのでしょうか。ここでは宅地建物取引主任者の仕事内容や平均給与、転職に役立つ求人サイト、また今後の将来性についてご紹介します。

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ

宅地建物取引主任者

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅建取引主任者とは正しくは「宅地建物取引主任者」のことで、不動産取引に必要な国家資格です。宅地建物取引主任者は、不動産売買や賃貸などの取引を行う場合に権利関係の調査や内容を説明したり、契約締結業務を行います。

では、宅地建物取引主任者の具体的な仕事内容とはどのようなものになるのでしょうか。ここでは宅地建物取引主任者の仕事内容や将来性、宅地建物取引主任者になるためにはどうするかについてご説明します。

宅建取引主任者の主な仕事内容

宅地建物取引主任者の主な仕事内容は不動産関連の契約成立までの一連の仕事です。具体的には、不動産売買や賃貸のとき、その土地や建物について権利関係や現状を調査し「重要事項説明書」にまとめ取引する相手に説明し契約を結ぶ一連の仕事を担います。

不動産は高額で権利関係もあり法律が絡む取引ですので、取引にあたってはトラブルがないよう専門知識を持つ人が仲介します。その専門知識を持つ仲介者が宅地建物取引主任者です。

宅建取引主任者になるには?

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者になるためには、年に一度実施される「宅地建物取引士資格試験」に合格する必要があります。試験合格後、受験した都道府県知事の登録をし宅地建物取引士証の交付を受け、宅地建築取引士として業務できます。

宅地建物取引主任者は特に受験資格はなく誰でも受験することが可能ですが、実務経験がない人は合格後に都道府県知事の登録をするために実務講習を受ける必要があります。

宅建取引主任者の将来性

宅地建物取引主任者は、人口減少や高齢化が進む日本において不動産需要減少に伴い徐々に減少するでしょう。宅地建物取引主任者の資格をとれば将来が安泰ではありません。

ただし不動産はどんな時代でも必要で、住宅や事務所を必要な人おり、そのとき選ばれる優秀な宅建取引主任者であれば、将来性も必ずしも暗いわけではありません。宅地建物取引主任者の資格を持っていても常に自身のスキルを磨くように努力しましょう。

宅建取引主任者の求人ニーズ

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者の求人ニーズはどの程度なのでしょうか。宅地建物取引主任者は不動産屋ですので不動産が売れなければ出番がありません。宅地建物取引主任者の求人ニーズは景気に左右されるということです。

ただし、宅地建物取引主任者は給料に関してはピンキリで、必ず需要がある仕事ではあります。では宅地建物取引主任者の平均年収はどの程度になるのでしょうか。ここでは宅地建物取引主任者の平均年収についてご紹介します。

企業の規模別・宅建取引主任者の平均年収

宅建取引主任者の年収とひとくくりにしても、努めている企業の規模によって変わってきます。ここでは企業の規模別に宅建取引主任者の平均年収がいくらかについてみていきます。

大企業の宅建取引主任者の平均年収

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
大企業の宅地建物取引主任者の平均年収は約630万円ほどになります。月収でいえば、大体39万円となります。大企業の場合には同じ宅地建物取引主任者であっても、不動産を売る相手が富裕層であることも多く、企業売上も高いことから年収も高い傾向にあります。

ただし、これは飽くまで宅地建物取引主任者の年収の平均であって、その人がどの役職かや年齢がいくつかによっても年収は変わってきます。

中小企業の宅建取引主任者の平均年収

中小企業の宅地建物取引主任者の平均年収は約520万円程度になります。これは月給平均が32万円程度となります。前述の大企業に比べて年収で100万円ほど少ないです。

中小企業ということは、不動産を売る相手も一般的な層であり、売り上げも大企業ほど高くありませんので、宅地建物取引主任者の年収も低くなる傾向にあります。

宅建取引主任者が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント6つ

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
ここまで宅地建物取引主任者とはどういった仕事をするのか、また宅建取引主任者になるためにはどうすれば良いのかをみてきましたが、宅建取引主任者が転職したい場合に求人を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

宅地建物取引主任者の資格を保有し求人を探したいという方は、転職サイトを利用してみると良いです。ここでは、宅地建物取引主任者におすすめの転職・求人サイトをご紹介します。

求人検索・転職エージェント1:ビズリーチ

宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにビズリーチがあります。ビズリーチは年収が高い求人が非常に多く、管理職などハイキャリアで転職を望む方にはおすすめの転職・求人サイトです。

ビズリーチは他サイトのように担当転職コンサルタントをランダムに決めず自分が望むコンサルタントを担当に選択することができます。職務経歴書も簡単な質問に答えるだけで完成し、すぐ応募できるため忙しい方にもおすすめです。

求人検索・転職エージェント2:doda(インテリジェンス)

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにdoda(インテリジェンス)があります。

dodaは、転職したいけれど何から行えば良いかわからないというような転職初心者にもやさしい転職サイトで、年収診断、キャリアタイプ診断など役立つコンテンツが充実しています。

そのため、dodaは宅地建物取引主任者で転職経験があまりない方や経験が浅い方にもおすすめの転職・求人サイトだといえます。

求人検索・転職エージェント3:リクルートエージェント

宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにリクルートエージェントがあります。

業界最大手のリクルートが手がける転職・求人サイトで圧倒的な企業求人データベースを保有し、好条件な非公開求人も多数保有し転職が難しい世代の方も最適な求人に出会える可能性が高いです。

そのため、リクルートエージェントは、既に高収入な宅地建物取引主任者の方の転職にもおすすめな転職・求人サイトだといえます。

求人検索・転職エージェント4:マイナビエージェント

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにマイナビエージェントがあります。マイナビエージェントは、転職書類添削や面接対策や入社日の調整、条件交渉などの転職サポートが充実している転職・求人サイトで宅地建物取引主任者の転職におすすめです。

また、転職者の市場価値を高めるためのキャリアカウンセリングも行っており、求人採用担当者が会いたくなるような応募書類に仕上げるようアドバイスしてくれます。

求人検索・転職エージェント5:パソナキャリア

宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにパソナキャリアがあります。パソナキャリアは、キャリア相談が丁寧で転職がはじめてだという方におすすめの転職・求人サイトです。

パソナキャリアは転職サポートが充実し、宅地建物取引主任者で転職経験があまりない経験がそれほどないという方におすすめの転職エージェントです。また、求人の質も良く電話やメールのレスポンスも高く安心できる転職サイトだといえます。

求人検索・転職エージェント6:JACリクルートメント

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者が登録しておきたい転職・求人サイトにJACリクルートメントがあります。JACリクルートメントは、他の転職サイトと違いハイキャリアに特化しており、ハイキャリア層向けの転職ノウハウに長けた転職。求人サイトだといえます。

JACリクルートメントは求職者条件に合う新たな求人を企業側に提案する求人創出型転職サイトで、既に高収入である経験豊富な宅地建物取引主任者の方にもおすすめです。

5つの年齢別宅建取引主任者の平均年収

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者の資格を持つ人の平均年収は前述にもありますように大企業と中小企業で違ってきます。また、宅地建物取引主任者の年収は、年代別によっても変わってきます。

ここでは、5つの年齢別の宅地建物取引主任者の平均年収をご紹介します。これから宅地建物取引主任者になるという方は、ぜひ参考に見てみてください。

年齢別宅建取引主任者の平均年収:20代

宅地建物取引主任者で20代の平均年収は、350万円ほどになります。平均月額給与は23万円ほどです。同じ20代といっても、新卒で入ったばかりでは年収も300万円ほどで平均月額給与は19万円ほどですが、20代も後半になれば年収400万円ほどに上がっていきます。

宅地建物取引主任者の資格を持っているからといっていきなり高収入にはならないということを覚えておきましょう。

年齢別宅建取引主任者の平均年収:30代

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者で30代の平均年収は、約450万円ほどになります。平均月額給与は約28万円です。こちらも、20代と同じく30代前半と後半では年収も50万円以上開きがありますが、20代の時より100万円以上年収が上がっています。

ただし、この宅地建物取引主任者の30代の平均年収は、経験を積み役職としても主任クラスになっていることを想定しての年収です。

年齢別宅建取引主任者の平均年収:40代

宅地建物取引主任者で40代の平均年収は、約560万円ほどになります。平均月額給与は約40万円ほどです。40代といえば、係長や課長クラスになっていると想定した年収となっています。

ただし、宅地建物取引主任者の年収は大企業であるか中小企業であるかによって、40代からの給与には差が出てくるでしょう。宅地建物取引主任者は属する企業規模によって年収が左右されます。

年齢別宅建取引主任者の平均年収:50代

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
宅地建物取引主任者で50代の平均年収は640万円ほどになります。宅地建物取引主任者の平均月額給与は約40万円です。これは、役職でいえば課長から部長になっていることを想定しての年収になります。

ただし、宅地建物取引主任者で50代といえども、昇進せずにいた場合には年収はこの世代から下がる傾向にあります。企業によって異なりますが、一概に50代だから高収入になるとはいいきれない現状があります。

年齢別宅建取引主任者の平均年収:60代

宅地建物取引主任者で60代の平均年収は430万円ほどになります。平均月額給与は約27万円です。50代の年収に比べてかなり減額されていますが、60代といえば一旦退職してからの再雇用ですので年収は大幅に下がる傾向にあります。

もちろん、人によっては年収が下がらない人もいるでしょうが、一般的には50代をピークに60代で年収は大幅に減ります。

男女別の宅建取引主任者の平均年収

宅地建物取引主任者の年収を年齢別に紹介しましたが、実は宅地建物取引主任者は男女別でも年収に差があります。ここでは男女別の宅地建物取引主任者の平均年収についてご紹介します。

男性宅建取引主任者の平均年収

男性の宅地建物取引主任者の平均年収は、約520万円ほどになります。前述のように世代別に年収は大きな差があります。しかし、男性の宅地建物取引主任者の場合には、女性の宅地建物取引主任者に比べて全体的に年収が100万円ほど高い傾向にあります。

もちろん、企業規模や役職によって女性の方が年収が高いところもありますが、全体で比較すれば宅地建物取引主任者としての年収は男性の方が有利であるということがいえます。

女性宅建取引主任者の平均年収

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性|登録しておきたい転職エージェント6つ
女性の宅地建物取引主任者の平均年収は、約420万円ほどになります。女性の場合も年代別で年収は大幅に違ってきますが、全体的に男性よりも年収は約100万円ほど少ない傾向にあります。月額給与も男性に比べ少なくボーナスに関しても平均額は少ないです。

企業規模によって年収は異なりますので一概にはいえませんが、宅地建物取引主任者の資格を持っていても全体的に男性よりも収入は低いということがいえます。

宅建取引主任者の求人ニーズと将来性について理解を深めよう!

いかがでしたか。宅地建物取引主任者は国家資格で、不動産売買や賃貸契約で契約内容を説明したり権利関係を確認することが仕事だとわかりました。宅地建物取引主任者は不動産件数が減る傾向にある現在、将来性は厳しい面もあります。

しかし、不動産はどの時代でも必要なものであり常にニーズはあります。宅地建物取引主任者の求人ニーズや将来性への理解を深めましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related