Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ

皆さんこんにちは、今回は「東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ」と題して、「東京での秘書の転職市場・その仕事内容」についての詳細なご紹介をはじめ、秘書になるために登録しておきたい転職エージェントなども徹底的にご紹介します。

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ

秘書

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
秘書の仕事というのは基本的に「社長、弁護士、政治家などの主な仕事を補佐する役目として働く庶務担当」となり、その職種で大々的に進められる仕事を円滑に運ぶために必要な雑事を一括して担う人材となります。

このような仕事内容に加えてその仕事のスケジュール管理なども行ない、仕事の流れを一覧にして調整していく作業も秘書としての仕事になります。東京では秘書の求人数も増えてきているので確認しておきましょう。

秘書の主な仕事内容

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
秘書というのはあらゆる職種・業種において必要とされる職務であるため、主に「秘書の仕事内容」を率先して調べる場合でも、特定の求人情報ではなかなか得られない場合が多いです。東京でもこの事情は変わらず、転職サイトなどを上手く活用しましょう。

秘書は一般的に、文書管理・資料の作成・収集・管理、作業管理、社外の人との連絡・対応などを一括して担うため、その仕事分野は非常に多岐に渡る形になるでしょう。

秘書になるには?

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
東京の求人を上手く見ている上でも、秘書になりたいとする求職者は多くなってきています。

秘書になるためには、まず独自のステータス・スキル確保が必要で、大卒、関連職種に関する資格はもちろんのこと、秘書になるために必要な自前のステータスが評価されます。

東京では秘書を含め、求人が殺到するため、新卒採用でもあまり採用に至らないケーズがあり、秘書技能検定などの土台を獲得する必要があるでしょう。

秘書の将来性

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
最近でも多く言われている「秘書の将来性」ですが、秘書は多くの企業にとって必須のポジションとなるため、その将来的ニーズにおいても「明るい土台を築ける」と認識しておいてもかまわないでしょう。

一般的に秘書の仕事とは、企業を中心にしたマネジメント管理に近くなり、その上で雑事を学際的に請け負うことで、秘書として実績を上げていきます。これは東京で就職する場合でも変わらず、自己スキルの蓄積がメインになります。

東京での秘書の求人ニーズ

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
東京での秘書の求人ニーズですが、これは「秘書の将来性」と同じく、企業ニーズがあれば求人ニーズも自然に高まることが一般的で、その点で秘書の役割も必須になってきます。

東京の企業においてもこの点は一貫して変わらず、マネジメントに必須な秘書の役割は従来よりその求人ニーズを安定させています。

求人情報でも見られるように、秘書にはかなりの実務能力・経験が求められることになるため、誰でもなれるわけではありません。

東京の企業の規模別・秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
続いて「東京の企業の規模別・秘書の平均年収」についてのご紹介です。秘書というのは比較的安定した職種となるため、一度秘書になれば、その後はずっと継続してその職を続けていける公務員的な職種となるでしょう。

その点では平均年収も安定しており、これは東京で就職する場合も変わらず、まずは勤続できる条件の整った秘書職を求人で確認することが必須となるでしょうか。

東京の大企業の秘書の平均年収

先述の続きとなりますが、まず秘書の総合的平均年収では「370万円」前後が相場に見られ、これは東京でも地方でもほぼ変わることなく見定められます。

その上で東京の大企業の秘書の平均年収を見る場合、大企業の場合は昇給などの優遇も含め「500万円から800万円」前後の年収が約束されることが多いでしょう。この点でも東京と地方との差はあまりなく、その求人で記載されるとおりになるでしょう。

東京の中小企業の秘書の平均年収

次に東京の中小企業の秘書の平均年収についてですが、これは大企業でもらえる平均年収を基準にして見てもよく、東京で秘書職へ就職する場合でも「400万円から500万円」前後が相場となるでしょうか。

この年収額は秘書職の場合の一般的な年収(給与額)に相当するもので、特別「安い」ということはありません。東京と地方での秘書職の求人数・求人状況に配慮しながら、その辺りの情報を確認しましょう。

秘書として年収を上げるには開業や独立をしたほうがいい?

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
フリーランスの秘書というのもよく見られますが、秘書を定職として勤続させるためにはかなりの能力・ステータスの確保が必要となります。関連資格の保持をはじめ、それまでの秘書としての活動実績が求められるでしょう。

秘書で独立開業をする場合、まず大事なのが信用・実績で、これは東京で就職する場合でも同じく「自己スキル・過去実績を評価してくれる企業」を探すことが先決です。

勤務秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
基本的に勤務秘書の平均年収は、中小企業などで働く上では「300万円から400万円」前後となり、大企業で働く場合は先述のように「500万円から800万円」前後が相場となるでしょうか。

東京で就職する場合でも同じく、余程の実績・能力が評価されない場合は大きな変動はなく、上記の年収が相場と見てもかまいません。求人情報を独自に確認していく場合には、まず企業への貢献がどれだけできるかを基準に置きましょう。

独立開業秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
次に独立開業秘書の平均年収の場合ですが、たとえばフリーランスで働けるだけの実績・能力が評価された上での収入と同じく、勤務秘書の場合に比べてさらに高くなる傾向があります。

東京では複数の企業同士の競合もあるため、少しでも能力が高い秘書を雇用する条件を下に、その年収では「800万円から1000万円」を超える場合も含め、秘書としての個別スキル・雇用形態を大きく変えてくるでしょう。

秘書が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント6つ

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
ここからは「秘書が登録しておきたい転職サイト・転職エージェント6つ」と題して、東京で秘書に転職する場合に少しでも優遇を受けるための活動、年収を上げるための実益的な転職を支援する転職エージェントをご紹介していきます。

転職エージェントでは求人情報の活用をはじめ、実際に職的へ転職するまでの方法を丁寧に教えてくれる上で、秘書に転職する場合でも十分活用できるでしょう。

求人検索・転職エージェント1:ビズリーチ

秘書職としての個別能力に配慮した適職の情報を提示し、秘書へ転職する場合に必要なステータスを順次教えてくれるといった個別の支援が利点になるでしょう。

求人情報が非常に多く、役立つ求人を随時に提供してくれるため、求職者にとっても非常にありがたいフォローが約束されます。

壮年層からの秘書への転職も傾向として高まってきており、転職を始める場合は早めにビズリーチを利用してみることがお勧めされます。

求人検索・転職エージェント2:doda(インテリジェンス)

秘書に関する求人情報は豊富で、個別スキルに最適な支援を約束してくれます。dodaでは独自公開の求人情報が充実しており、求職者個別の能力・実績を上手く活用した上での斡旋が魅力になります。

東京で秘書へ転職する場合でも、地域ごとの秘書ニーズを提供して示唆してくれ、活動内容を有益なものに変えていくための斡旋が行なわれ、その上で個別能力に見合った適職を選ぶことができるでしょうか。

求人検索・転職エージェント3:リクルートエージェント

東京で秘書へ転職する場合でも、個別スキルの活用法をはじめ、秘書職で求められるニーズを最大に発揮する点に焦点が当てられるでしょう。

東京で秘書職を目指す場合には、どうしても多くの人材が集まってくるため競争率が激しくなり、そこで独自の能力・スキル・実績のPRが必要です。その点も求人情報とともに、しっかりアピールしてくれるでしょう。

求人検索・転職エージェント4:イナビエージェント

イナビエージェントでも、まず個別能力を十分発揮させた転職活動を展開してくれ、少しでもステップアップできる転職への道を大きく広げてくれるでしょう。また求人情報が豊富な点でも高い評価があります。

東京で秘書職に就く場合でも、独自のステータスを確認しつつ、重要な求人情報を最適の形で活用し、マイペースで転職活動を行なっていける点も優れた魅力です。秘書職は多彩なため、自分に合った選択肢を見付けましょう。

求人検索・転職エージェント5:パソナキャリア

パソナキャリアでは「着実な内定率の向上」に注目し、少しでも可能性のある職種であれば、それを徹底的にピックアップしてくれる実践的な斡旋方法が取られます。秘書職に就く場合でも、そのための企業研究が十分にでき、勤続するためのステップも踏めるでしょう。

東京で秘書へ転職する場合に課される競争率の激しさをカバーしつつ、独自スキルを徹底的にPRに変えてくれる斡旋方法は魅力になるでしょう。

求人検索・転職エージェント6:JACリクルートメント

JACリクルートメントでは「求職者の独自スキルによって求人情報を率先して利用できる点」に効果があり、個別能力を十分に生かした円滑な転職活動が約束されます。未経験からでも安定して活動できるでしょう。

東京での就職では必須となる「競争率を勝ち抜くためのPR方法」にしても十分伝授してくれるため、マイペースで転職活動を進めつつ、寧亭をもらうための着実なステップを踏みましょう。

種類別の秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
先述では「東京で秘書職に就くためのキャリアアドバイザー・転職エージェントの活用法」についてご紹介しましたが、ここからは「種類別の秘書の平均年収」と題し、秘書職に就く場合の多彩な職種における平均年収をご紹介します。

秘書職に就く場合、企業によってさまざまな職種に分かれていることが通常であり、それぞれの職種によってどのように年収が違うかを下調べする必要があります。求人情報をよく確認しておきましょう。

役員秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
役員秘書の平均年収ですが、役員秘書というのは一般的な秘書の平均年収とほぼ同じになります。役員秘書の年収では基本的に「300万円から800万円」前後となりキャリアアップによって昇給する機会もあるでしょう。

一般的には大手企業・中小企業・フリーランスでの秘書(独自開発秘書)でその年収が変わる場合に同じく、その秘書個別のステータスによって年収も変わることになります。

議員秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
議員秘書の場合はかなり高額の年収となるでしょう。基本的には「600万円から1000万円」前後の年収が約束され、またキャリアアップによってさらに昇給できる例もあります。

この場合も、個別スキル・活動実績をもとに信頼性が優遇される機会が多く、その点で十分処遇に配慮される点があればさらに昇給できるチャンスが増えます。求人でもこの辺りをしっかり調べておき、理想的な秘書職に就けるよう配慮しましょう。

私設秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
私設秘書の平均年収は、個別スキル・信頼性・それまでの活動実績によって大きく変わりますが、一般に言われる年収では「600万円から700万円」前後が相場となります。

秘書職の求人情報を見てもわかるように、議員秘書と綿密な人間交流を図る上では秘書職のポジションはその優遇制度も変わるため、コネなどを利用する上である程度の信頼を得た秘書であれば、さらに昇給するケースがあるでしょう。

公設秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
公設秘書というのは基本的に私設秘書の場合とほぼ変わらず、基本的には議員秘書の範疇に分類されます。そのため、平均年収も私設秘書と同じくかなり高くなるでしょう。

公設秘書の場合の平均年収も「600万円から800万円、また1,000万円」前後となる上で、キャリアアップによって昇給できるチャンスが増えるでしょう。他の秘書職と比べて破格に優遇されます。

政策秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
東京でもかなり優遇される政策秘書ですが、「国会議員政策担当秘書」をその正式名称とする役職であるため、その平均年収も安定して高くなります。政策秘書の平均年収も「600万円から700万円」前後となり、さらに昇給の機会も増えます。

いわゆる上位に位置する秘書になる場合は、それまでの実績・社会的ステータス・信頼性が必要とされる上、東京で就職する場合にはさらに競争率を勝ち抜けるPRが必要です。

医療秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
医療秘書というのはその名のとおりに「医療関連職種に就く秘書」となるため、病院や福祉関連施設で従事する社員とほぼ同額の給与・年収が約束されます。一般的には「700万円から900万円」程度になるでしょう。

東京でもこの医療関連に従事する秘書というのは正社員・派遣社員などと分かれる傾向があり、実際に就く雇用形態についてしっかり求人情報を調べておくことが大切になるでしょう。

学者秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
学者秘書というのは一般に大学教授や研究機関の研究者を補佐する秘書となり、その平均年収は民間企業に見られる年収にほぼ近くなる上、基本的には「300万円から500万円」前後の年収となるでしょう。

学者秘書の場合でも、キャリアアップによって昇給のチャンスがかなりあるため、活躍次第でこの平均年収を引き上げることができます。東京でキャリアアップを図ることは重要で、それによって自己PRを補強することができます。

弁護士秘書の平均年収

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
次に弁護士秘書の平均年収の場合ですが、弁護士秘書というのは「郵便物やFAXの整理や管理、担当する弁護士のスケジュール管理、出張・旅券手配」などを行ない、事務から接客まで担当します。仕事内容について求人情報で十分調べましょう。

東京で就職する場合では「500万円から1,000万円」前後と高額の年収が約束されることが多く、秘書個別のステータス・能力・キャリアアップによっては、さらなる昇給が見込まれます。

東京での秘書の求人ニーズと将来性について理解を深めよう!

東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ
いかがでしたか。今回は「東京での秘書の転職市場|登録しておきたい転職エージェント6つ」と題して、「東京での秘書の転職市場・その仕事内容」についての詳細をはじめ、秘書になるために登録しておきたい転職エージェントをご紹介しました。

東京で秘書への転職活動をする際には、まず激しい競争率を勝ち抜けるだけのPRが必要となり、そのための求人情報の上手い活用、また転職エージェントの着実な利用が必須でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related