Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月01日

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選

今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい仕事の環境を求めたり、ステップアップを目指して転職をする人が増えています。転職する際には、今まで身につけてきた経験や知識によって、転職しやすい職種が変わってきます。

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選

転職とは

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい仕事の環境を求めたり、ステップアップを目指して転職をする人が増えています。

しかし、今まで身につけてきた経験や知識によって、転職しやすい職種と、そうでない職種に分かれます。また、転職をすれば必ず理想とする環境になるとい保証はありません。そのため、転職をする際には、転職のメリットとデメリットの両方を把握しておく必要があります。

転職するメリット

転職をする理由はいろいろとありますが、上記で述べた通り、新しい仕事の環境を求めたり、ステップアップを求めて転職をする人は多いです。

もし、これまでの仕事と同じ職種に転職をするのであれば、今まで身につけてきたスキルを活かすことができるため、転職しやすいです。また、スキルアップが目的でこれまでとは違う職種に転職する場合でも、今までの仕事で身につけてきたスキルが役に立つこともあります。

転職するデメリット

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
転職活動では自分の目的に適した仕事内容や職場環境を探さないといけません。しかし、自分に適した仕事や職場だと思っても、実際に働いてみると、思ったような環境ではなかったということもあります。

また、新しい仕事や職場環境にも慣れないといけなかったり、以前の仕事での実績が通用しない環境となってしまうこともあります。そのため、環境に馴染めずにストレスを抱えてしまうこともあります。

「転職しやすい職種」を把握しておくと安心

転職活動は今までと同じ職種に転職するのであれば、スキルと経験があるため、転職しやすいです。しかし、今までと違う職種に転職するのであれば、スキルと経験がないため、転職活動は厳しくなります。

ですが、先に述べた通り、今まで経験のない職種でも、身につけてきたスキルや経験が活かせることもあります。なので、自分にとって転職しやすい職種を見つけることも重要となります。

未経験でも転職しやすい職種16種

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
転職活動では、今まで経験のある職種と、転職希望先の職種は重要な要素となります。もし、今までに未経験の職種に転職することを希望するのであれば、当然ながら経験者よりも転職活動の条件が厳しくなってしまいます。

しかし、先に述べた通り、今までの経験が全く活かせないということはありません。未経験の職種でも、今までの経験を活かせることもあるため、自分にとって転職しやすい職種を把握しておくことも重要となります。

職種1:医療・福祉

これから高齢化が進んだり、高度医療の需要が拡大したりなどするため、医療と福祉関係の人手は今から必要とされています。そのため、医療や福祉関連の仕事には転職しやすいと言われています。資格を持っていれば、さらに転職はしやすくなります。

また、技術や経験は仕事をしたり、研修などで身につければ良いとされている傾向も強いです。ですが、技術や経験があまり重要視されない代わりに、社会貢献への意識が重要視されます。

職種2:企画・経営

企画や経営関係の職種に転職する場合は、特定の技術ではなく、経験や知識が重視されます。そのため、今までの職種に影響されにくく、転職しやすい職種となっています。

ただし、今までの仕事によって経験や知識に偏りがある場合もあります。その偏りが転職を有利にする場合もありますが、不利にしてしまうこともあります。

また、今までも企画や経営関係の仕事をしてきたのであれば、その実績が重要視されることになります。

職種3:営業

営業職は転職しやすい職種の代表の1つです。営業職はどの企業でも必要であり、できるだけ多く営業担当者を増やそうとする企業もあります。また、営業職は入れ替わりの激しい職種でもあります。

そのため、求人が他の職種よりも多く、その窓口も広いです。そのため、経験者であれば有利であることに変わりはありませんが、未経験であるからといって転職活動が不利になってしまうことも少ないです。

職種4:管理・事務

管理職も企画や経営と同様に、技術ではなく経験や知識が重要視されるため、今までの職種に影響されにくく、転職しやすい職種の1つです。ただし、今までの実績が重視されることも同様となります。

一般事務であれば、今まで未経験であったとしても、入社後に簡単な仕事から順番に覚えれば良いという傾向が強いため、今までの職種に影響されることなく、営業と並んで転職しやすい職種となっています。

職種5:コンサルタント・金融・不動産専門職

コンサルタント、金融、不動産専門職は専門的な知識が必要となります。しかし、それと併せて非常に幅広い知識も必要となります。なので、専門的な知識は入社後に身につけるとして、その他にどのような知識や経験を身につけてきたかを重視されます。

そのため、これらの職種に転職する場合には、多くの知識と経験を持っている必要があります。ですが、逆に知識と経験があれば転職しやすい職種でもあります。

職種6:建築・土木

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
土木、建築業界は慢性的な人手不足です。そのため、営業職と同様に求人が多いという特徴があります。しかし、入れ替わりが激しいことも同様です。

経験者であれば歓迎されるので転職しやすい職種となります。未経験者でも、技術は仕事をしながら身につければ良いという傾向があります。しかし、その技術はすぐに身につくものではありません。そのため、若い世代という条件付きで転職しやすい職種となります。

職種7:ITエンジニア

IT業界も企業規模の拡大や新会社の増加などによって、人手不足が深刻化しています。そのため、経験者や優秀な人材は業界内で奪い合いとなっています。

なので、IT業界では経験者や優秀な人材の獲得をしながら、未経験者の育成にも力も入れている企業も多く、意外と転職しやすい職種でもあります。

ただし、IT業界は人手不足のため、1人に対する仕事の負担が大きいという特徴があるため、入れ替わりも激しいです。

職種8:公共サービス

交通や消防、警察などの公共サービスには流行り廃りがありません。なので、景気に影響をされることがあまりなく、スタンダードに求人があります。そのため、必要な資格などが必要となる場合もありますが、意外と転職しやすい職種でもあります。

しかし、これらの転職先の中には、ツテがあると圧倒的に有利なってしまうものもあります。そのような人と同時に採用試験や面接を受けてしまうと、不利な状況になります。

職種9:保育・教育・通訳

保育や教育もIT業界と同様に人手不足が深刻化している業界です。そのため、経験者であれば転職がかなり有利になります。しかし、未経験者でも人手不足なため歓迎されることも多いです。

ただし、保育や教育の人手不足の原因はIT業界のように急成長が原因ではなく、働き手が職場から離れてしまっていることにあります。なので、近年ではこれらの職場環境や待遇の改善が進められています。

職種10:美容

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
美容は食と並んで固い商売と言われます。それは利益率が非常に高いためです。そのため、軌道に乗っていれば、人を増やした方が利益が上げやすくなります。なので、求人が出ている美容関連は転職しやすいことがあります。

また、技術も研修などで身につけることも多いため、未経験者でも不利になることも少ないです。ただし、身につけた技術は他の仕事で活かしにくいため、美容からの転職は難しくなってしまうことがあります。

職種11:ブライダル・ホテル

ホテルやブライダルの仕事は基本的に接客業です。正社員として接客業をしたことがなくても、アルバイトやパートなどで接客業を経験したことがあるという人は多いです。

そのため、多くの人が正社員としては未経験でも、簡単な仕事の経験があるため、転職しやすい職種となります。

当然ながらアルバイトやパートでは求められる能力が違います。かなり高い能力が要求されるため、入社後は早く技術を身につける必要があります。

職種12:医薬・食品・化学

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
先に述べた通り、医療関係や食関係はスタンダードに求人があります。なので、他の職種に比べると、転職しやすい状況であることが多いです。

化学系への転職は専門的な知識を持っていることを重視されます。そのため、ライバルが少なく、意外と転職しやすい職種でもあります。ただし、化学系は離職率が低いため、なかなか求人が出ないという特徴もあります。

職種13:運輸・交通・物流・倉庫

運輸、交通、物流、倉庫などのように、とにかく人手が必要な場所では常に求人が出されているということも多いです。そのため、これらも比較的に転職しやすい職種ではあります。

ただし、これらは仕事の内容の範囲が大きいため、希望する仕事の種類を明確にしておく必要があります。もし、希望する仕事内容を明確にしておかないと、転職後にやりたい仕事と違うと感じてしまうことがよくある職種でもあります。

職種14:商社

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
商社は化学系のように、専門知識が必要となるため、ライバルが少なくて転職しやすい職種と思ってしまう人もいます。

しかし、総合商社であれば非常に人気が高く、ライバルは非常に多いです。また、募集の数も多くないため、無事に転職できる確率は1%ほどと言われることもあります。そのため、未経験からの転職ではさらに条件が厳しくなってしまうことになります。

職種15:流通・小売

流通や小売も常に人手が必要な職種となります。これらはアルバイトやパートとしてであれば働いたことがあるという経験があれば、正社員としての経験がなくても、転職に不利になるようなことは少ないです。

ただし、正社員とアルバイトとパートでは仕事内容が異なるため、アルバイトやパートのイメージで仕事を始めると、想像していたよりも仕事量が多いということがあります。

職種16:マスコミ・広告・デザイン

マスコミ、広告、デザインは意外と求人が多いです。そのため、転職しやすいのではないかを思ってしまっている人もいます。しかし、これらの業界は非常に人気が高いため、ライバルが多いです。

また、高い専門的な技術を求められることもあるため、誰でも気軽に転職先の希望に挙げることはできません。なので、これらの業界への未経験からの転職は挑戦であることを理解しておきましょう。

会社が求める人材3選

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
転職をする際には、転職者が自分の求める環境や、自分にとって転職しやすい職種などを探します。しかし、転職者が企業を選ぶように、企業側も働いてもらうための人材を選んでいます。

そのため、いくら転職者側が自分の条件に合った企業を見つけたとしても、企業側が求める人材でなければ採用はされません。企業が求める条件は、企業によって異なりますが、共通している部分もあります。

1:社風に合う人材

会社にはそれぞれ社風があります。この社風に合わない人が急に入ると、今まで良かった社内の雰囲気が悪くなってしまう可能性があります。また、社風が合わずに、すぐにまた転職を検討されてしまう可能性もあります。

なので、転職者の様子から、自社の社風に合うかどうかも面接などではチェックされています。

2:人間性

人間性は深い関係性を持たないと判断をすることはできません。しかし、明らかに常識を知らなかったり、コミュニケーションが取れなかったりなどの問題点があれば、仕事を始めたときに周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。なので、表面上の性格は面接などで確認されています。

3:積極的な人

企業にとって人件費は決して安くありません。なので、採用をすれば給料に見合った仕事をしてもらいたいと当然思います。また、欲をいえば、給料以上の働きをする人を求めます。

能力が高ければ、給料以上の仕事をする可能性は高いですが、事前に能力を把握することは難しいです。ですが、仕事に対する積極性であれば面接などで確認することができます。仕事に対して積極的である人は給料以上の仕事をしてくれる確率は高めになります。

転職しやすい職種を知ってチャレンジしよう!

未経験でも転職しやすい職種16種|会社が求める人材3選
今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい環境や、ステップアップを目的に転職する人が増えています。

転職する際には、今まで身につけてきた経験や知識によって、転職しやすい職種が変わってきます。なので、転職活動をする前に、自分にとって転職しやすい職業を把握しておくようにしましょう。

Related