Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月20日

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選

重役や上級管理職などのエグゼクティブな立場の人が転職をすることもあります。エグゼクティブな立場の人は、経験や能力が非常に高く、実績も大きいため、転職先の企業に求める条件が高くなったりなどすることがあります。そのため、逆に転職活動に苦労してしまうこともあります。

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選

転職エージェントとは

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
今までは同じ企業に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい職場環境を求めたり、ステップアップを目的に転職する人も多くなっています。

転職活動をする際には、転職サイトを利用する人もいますが、転職エージェントを利用する人もいます。転職エージェントは人材紹介サービスのことで、転職者の悩みをや要望を解決しながら、転職をサポートしてもらうことができます。

エグゼクティブとは

転職希望者の中には、今まで企業の中で経営幹部や重役などの上級管理職についていた、いわゆるエグゼクティブと呼ばれる人もいます。

エグゼクティブな立場であった人は、転職先に求める条件が自然と高くなってしまいます。転職サイトには募集情報は多くありますが、エグゼクティブな立場であった人に対応した情報は少ないです。

なので、エグゼクティブな立場であった人は転職エージェントの方を利用するという人が多いです。

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選

今までエグゼクティブな立場で仕事をしてきた人は、転職先に求める条件が高くなってしまうことがあります。

転職エージェントでは転職者の悩みや要望を解決しながら転職活動をサポートしてもらうことができるため、エグゼクティブな立場で仕事をしてきた人は転職条件を相談しやすい転職エージェントを利用することが多いです。

転職エージェントにはいくつも種類があるため、自分に合った転職エージェントを利用する必要があります。

1:リクルートエージェント

転職エージェントを利用する際には、ひとまずリクルートエージェントに登録しておくという人は多いです。リクルートエージェントは求人案件数が業界で最も多いと言われています。

そのため、エグゼクティブな立場で仕事をしてきた人に合った条件を見つけられる可能性が高いです。また、求める条件に合う企業がなくても、企業情報が多いため、転職活動の情報収集に役立ちます。

2:JAC Recruitment

エグゼクティブな立場で今まで仕事をしてきた人の中には、国内だけでなく、海外での仕事もして、グローバルに活躍してきたという人も多いため、今までエグゼクティブな立場で仕事をしてきた人は転職先の企業にグローバルポジションを求める人も多いです。

転職エージェントの1つであるJAC Recruitmentは、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系、国内企業のグローバルポジションについて特化しています。

3:DODA

テレビなどでのCMが増えてDODAの認知度は上がっています。そのDODAも、DODAエージェントサービスという転職エージェントを運営しています。DODAエージェントサービスの特徴として、非公開求人やdoda限定求人が多いということもあります。

また、エグゼクティブな立場で仕事をしてきた人が転職先に特殊な条件を求めても、対応できるポジションを探してもらえることもあります。

4:マイナビエージェント

リクルート並んで、知名度が高いのはマイナビです。マイナビもマイナビエージェントという転職エージェントを運営しています。

マイナビも知名度とブランド力が高いため、転職活動をする際に、ひとまず登録しておくという人が多いです。

ただし、今までエグゼクティブでハイキャリアで仕事をしてきた人よりも、どちらかというと、若い世代向けに強いという印象が強いです。

5:パソナキャリア

パソナキャリアはリクナビやマイナビと比べると知名度が低めです。しかし、パソナキャリアを運営するパソナグループは人材派遣の大手です。

そのため、パソナキャリアでは求人数よりも、人材派遣のノウハウとネットワークが強みの転職エージェントとなります。なので、その人材派遣のノウハウとネットワークを活かして、エグゼクティブな立場で活躍してきた人の要望にも応えてもらえることもあります。

6:type転職エージェント

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
エグゼクティブな仕事をしてきた人は、企業にとって中心的存在であったため、できれば首都圏で仕事がしたいという人も多いです。

type転職エージェントは東京、埼玉、千葉、神奈川の求人を中心に扱われています。また、ITエンジニアに特化した@typeという転職サイトも運営しているため、希望職種が合うのであれば、併せて利用しても良いでしょう。

7:BIZREACH

テレビCMなどで広告をよく見かけるため、BIZREACHは認知度が上がってきています。BIZREACHはエグゼクティブな仕事をしてきた人や、年収600万円以上を条件とするハイクラスの転職エージェントサイトです。

ハイクラスな人材を求めている企業が求人を載せるため、エグゼクティブな仕事をしてきた人とマッチしやすいです。

8:Spring転職エージェント

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
Spring転職エージェントもパソナキャリアと同様に、大手人材派遣会社が運営する転職エージェントです。人材派遣のノウハウとネットワークによって、エグゼクティブな仕事をしてきた人たちの転職条件を満たしてくれます。

また、業界や職別などに分けて、専門のアドバイザーでチームを編成するなど、転職活動のサポートにも力を入れられています。

9:CAREER CARVER

先に紹介したリクルートエージェントにはエクゼクティブ専用のCAREER CARVERというサービスがあります。CAREER CARVERではエクゼクティブとしての人材を専門に募集をしています。

そのため、今までエグゼクティブな仕事をしてきた人が求める条件を満たしてくれる企業が多く掲載されています。

10:レバテック キャリア

レバテック キャリアもtype転職エージェントと同様に、IT業界に強い転職エージェントです。アドバイザーも高い専門性を持っているため、的確な転職活動のアドバイスを受けることができます。

そのため、マニュアルに沿った企業の紹介ではなく、エグゼクティブな仕事をしてきた人の高い要求にも応えてくれます。

転職エージェントを利用する時の手順

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
エグゼクティブな仕事をしてきた人は転職先に求める条件が高かったり、特殊で合ったりするため、細かく相談がしやすい転職エージェントを利用する人が多いです。

転職エージェントを利用するためにはいくつかの手順を踏む必要があります。スムーズな転職をするためにも、転職エージェントの利用する際の全体の流れは事前に把握しておいた方が良いでしょう。

1:WEB登録

どの転職エージェントを利用するにしても、まずは登録をする必要があります。登録の際に、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを申告して、その情報を元に企業とのマッチングが行われることになります。

このとき、エグゼクティブな仕事をしてきた人は高い条件を申告するため、ハイキャリアの求人が少ない転職エージェントに登録をしてしまうと、なかなかうまくマッチングできないということもあります。

2:面談日程調整

登録が済むとアドバイザーとの面談が行われます。アドバイザーとの面談は、直接会って行うこともあれば、電話で済ませることもあります。面談を直接行う場合は事前に日程調整が行われます。

面談では、これまでのキャリアや転職先への希望などをアドバイザーに伝えて、アドバイザーがマッチする企業を紹介してくれたり、転職活動のためのアドバイスをもらえたりなどします。

3:面談

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
転職エージェントへの登録が終わると、アドバイザーとの面談が行われます。エグゼクティブな仕事をしてきて、ハイクラスな能力を持っている人であっても、転職に対する知識や経験が多いという人は少ないです。

アドバイザーとの面談では、単純に転職希望者の意見に対してだけアドバイスするのではなく、これまでのキャリアや希望条件を元に、正しい転職活動の方向性をアドバイスしてくれます。

4:求人提案を受ける

転職エージェントへの登録や、アドバイザーとの面談が済むと、転職希望者と企業のマッチングが行われ、企業の提案をしてもらうことができます。

このマッチングは単純にホームページなどに掲載されている企業というわけではなく、場合によっては非公開の企業を提案してもらえることもあります。なので、転職エージェントであるからこその企業の紹介を受けることができます。

5:面接対策の実施

提案された企業の先行を受けることになれば、面接や採用試験などのアドバイスを受けることができます。転職エージェントのアドバイザーは転職活動のプロです。そして、エグゼクティブな仕事をしてきた人は、いくら能力が高くても転職に関しての経験や知識は多くはありません。

なので、履歴書の添削や、企業に合わせた面接の応答の仕方などを教わったりなどすることができます。

6:企業へ応募

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
提案された企業の選考を受けることになれば、転職エージェントから応募をしてもらったり、自分で応募の手続きを取ったりなどすることになります。

転職エージェントから応募を行ってもらう場合には、日程の調整などをしてもらわないといけないため、本人と転職エージェントの間で細かくやりとりをする必要があります。また、場合によっては採用時期まで調整してもらえる場合もあります。

7:面接

応募をすれば、面接や採用試験などの選考を受けることになります。転職エージェントを利用していると、面接が有利になったり、採用試験の内容を教えてもらったりなどをしてもらうことはできません。

ですが、転職エージェントは転職のプロなので、近年の採用試験の傾向や、面接での正しい応答の仕方などを教えてもらうことはできます。

8:合否判定

合否判定は転職エージェントを通した場合、転職エージェントに届くこともあれば、本人に届くこともあります。

もし、合格判定が出れば、転職エージェントによっては退職の手続きや、内定から入社までのサポートまで行ってくれることもあります。そのため、スムーズな流れで転職の段取りを行うことができます。

エグゼクティブにおすすめの転職エージェントを知ろう

エグゼクティブにおすすめの転職エージェント10選
新しい環境を求めたり、ステップアップをするためなどの理由で転職をする人は増えています。中には、重役や上級管理職などのエグゼクティブな立場の人でも転職をすることもあります。

エグゼクティブな立場の人は、経験や能力が非常に高く、実績も大きいため、転職先の企業に求める条件が高くなったりなどすることがあります。そのような人は、転職エージェントをうまく活用して、転職を成功させましょう。

Related