Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ

転職活動をする人の中には、求人情報に記載された給料情報に納得した人だけが応募すると思っている人もいます。ですが、転職活動では基本的に年収交渉を行うことは可能です。ただし、年収交渉は交渉の仕方とタイミングに注意しなければ、印象を悪くしてしまう可能性があります。

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ

年収交渉とは

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
同じ職場に長く勤めることは良いことですが、キャリアアップやステップアップなどを目的に転職を決断する人も増えてきています。

転職を決断した人の中には、今までの仕事の経験から高い能力や、多くの知識を持っている人もいます。また、給料を上げるということが目的で転職を決断する人もいます。

このような人たちは、求人情報の給与面が条件に合わないということがあります。そのような場合には年収交渉を行う必要があります。

転職活動で年収を交渉することは可能か

求人情報には、たいてい給与についての記載があります。転職活動をする人の中には、求人情報に記載された給与の情報に納得した人だけが応募すると思っている人もいます。しかし、転職活動では基本的に年収交渉を行うことは可能です。

そのため、求人情報の給与面だけ納得できないという場合には、企業に年収交渉をしても良いでしょう。ただし、年収交渉の仕方やタイミングなどを間違ってしまうと、選考で不利となってしまうので注意が必要です。

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
上記で述べた通り、転職活動で企業に対して年収交渉は基本的に行うことができます。しかし、年収交渉は交渉の仕方やタイミングなどを誤ってしまうと、印象が悪くなってしまい、選考が不利になってしまう可能性があります。

なので、年収交渉を行う際には、年収交渉の流れをスムーズに行うための方法を把握しておく必要があります。正しい年収交渉をすれば、もし交渉に失敗しても、大きく印象を落とすことを避けることができます。

1:面接の終盤でいくつか質問した後に切り出す

年収交渉を切り出すタイミングは面接の終盤が良いでしょう。面接では求職者側から面接官に対して質問をするタイミングがあまりありません。しかし、面接の終盤では「何か質問はありますが?」と逆質問をされることが多いです。このときに年収交渉を切り出しましょう。

ただし、質問できる状況になった途端に、いきなりお金の話しをすると印象が悪いので、先にいくつか質問をして、その質問の中に年収についての質問を混ぜましょう。

2:1次面接では避ける

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
上記で述べた通り、いきなり年収交渉をしてしまうと面接官からの印象が悪くなってしまう可能性があります。なので、年収交渉は面接の最後の逆質問で行うことが望ましいです。

しかし、もしその面接が1次面接であれば、逆質問であっても、まだ年収交渉を切り出すにはタイミングが早いです。1次面接では選考を受けている人がまだ多いため、わずかに印象を落としてしまうだけでも不利となってしまうこともあります。

3:給与体系全般に関する質問を行ってから具体的に交渉してみる

年収交渉はお金の話しのため、切り出し方を間違ってしまうと面接官からの印象が悪くなってしまう可能性があります。特に、いきなり給与交渉から入ってしまうと印象が悪くなってしまう可能性は高いです。

なので、まずは求人情報に記載されている内容から給与面の質問をして、徐々に年収交渉の話しに近づけていきましょう。質問の流れから、気がつくと年収交渉に入っていたということが理想の流れとなります。

4:冷静に交渉する

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
年収交渉は収入に関わる部分なので、思うように交渉が進まないと感情的になったり、不満が表情に表れたりなどしてしまう人もいます。

しかし、そのような態度を面接官に見せてしまうと、自己評価の高すぎる人や、コミュニケーション能力が不足しているなどと思われてしまい、選考に不利となってしまう可能性があります。

なので、年収交渉中は思うように交渉が進まなくても、冷静な態度を通すようにしましょう。

5:伝える内容・要点を事前にノートや手帳に書いておく

年収交渉が思うように進まないと、感情的になったり不満が出たりなどで冷静さを失ってしまい、さらに交渉がうまく進まなくなってしまいます。また、緊張も冷静さを失わせる要素となります。

面接という状況で緊張をしていると、伝えるべきことをうまく伝えることができずに交渉が失敗してしまうことがあります。なので、伝えるべきことは事前にノートや手帳などに要点をまとめておきましょう。

6:現職または前職の会社の給与をしっかり答えられるようにしておく

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
年収交渉をする際には、提示されている給与よりも多くもらえるだけの能力や経験、実績があることを具体的に伝える必要があります。なので、交渉の材料となる情報は、できるだけ多く集めておき、根拠となる物や説明の準備をしておくようにしましょう。

また、現職や前職の給与も交渉材料になる場合もあります。なので、基本給や残業代、手当など詳細に答えられるようにしておきましょう。

7:給与交渉の際に手当の種類と金額を確認しておく

年収交渉をする際には、提示されている給与面の全体を把握しておく必要があります。もし、基本給しか把握しておらず、他の手当やそれらの金額などを把握できていない状態で交渉をしてしまうと、準備不足と判断されてしまいます。

また、準備不足のため、どれだけ交渉材料を用意しても説得力が得られなくなってしまいます。

8:あらかじめ希望金額を決め一貫性をもつ

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
年収交渉では説得力を持つことも重要となります。説得力を持つために、事前に交渉材料を準備しておく必要があります。また、年収交渉は2次面接から3次面接や、3次面接から最終面接など、面接をまたいで行う場合もあります。

このような場合に、前回と今回で希望の年収額が変わると、主張の内容に一貫性のないことから説得力を失ってしまいます。なので、年収交渉では希望額やその額の根拠などを明確にしておきましょう。

9:給与交渉の前に自分の市場価値の把握

年収交渉をする前には、その企業の給与面の全体を把握しておくことは重要です。また、その企業だけでなく、業界の給料の相場なども把握しておきましょう。また、自身の市場価値を正確に把握できていないと、どのくらいの給与が妥当であるかも判断できません。

もし、相場から大きく外れた額を交渉してしまうと世間知らずと思われたり、自己評価が高すぎるなどと思われてしまい、選考が不利になってしまいます。

10:自分が何にこだわりたいのかはっきりさせておく

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
年収交渉をする際に、あまりお金の話しをしすぎると、印象が悪くなってしまうことがあります。しかし、印象が悪くなってしまうことを避けすぎてしまうあまり、話しが遠回りしすぎて、年収を交渉したいということが相手に伝わらないことがあります。

なので、年収交渉をしたいのであれば、タイミングを見て、しっかりと交渉を行いましょう。また、他にも転職の条件にこだわりがある場合も同様にしっかりと交渉を行いましょう。

転職エージェントで納得できる給与交渉を!

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
転職活動では転職サイトやハローワークなどを利用する人もいますが、転職エージェントを利用する人も増えてきています。転職エージェントではキャリアアドバイザーと面談を行い、求職者が企業に求める条件と、企業が人材に求める条件をマッチングを行って紹介をしてもらえます。

また、転職活動のいろいろなサポートも行ってもらうことができます。そのサポートの中には年収交渉も含まれていることがあります。

エージェント利用のメリット

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
転職エージェントを利用して転職活動をする人は増えています。それだけ転職エージェントには転職活動を行う人にとってメリットがあるということです。

転職エージェントのメリットには、転職活動をサポートしてもらえたり、条件の合う企業をマッチングしてくれたりなどがあります。他にも、自身では行いにくい年収交渉を行ってもらったり、転職活動に必要な情報を手に入れられたりなどもします。

面接官の印象を気にせず希望が出せる

転職エージェントではいろいろな転職活動のサポートをしてもらえます。そのサポートの中には年収交渉も含まれています。なので、キャリアアドバイザーと面談した際には、年収の希望額を伝えるようにしておきましょう。

転職エージェントは転職活動のプロなので、求職者の印象を落とさずにうまく年収交渉を代わりに行ってくれます。

客観的な給与水準を教えてくれる

年収交渉をしようとしても、業界や職種には給与の相場がある程度は決まっています。また、能力に見合った給与が欲しくても、どの程度の能力があれば、どのくらいの給与をもらうことが妥当であるかなど、求職者本人では判断できないこともあります。

転職エージェントには転職に関する多くの情報が集まってきます。そのため、給与の相場や水準も把握できています。なので、給与についての相談もしておくと良いでしょう。

印象が良くないNG年収交渉5つ

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
先に述べた通り、年収交渉は交渉の仕方やタイミングを間違ってしまうと、印象が悪くなってしまい、選考が不利になってしまう可能性があります。

なので、年収交渉は基本的に行うことはできますが、印象を下げてしまうようなことは避けなければなりません。印象を下げてしまう交渉の仕方にはいくつかの例があります。

1:能力を過大評価している

自己評価が高い人が給与を上げる交渉をしても、企業からすればその交渉の額が妥当ではない金額となっていることが多いです。そのため、自己評価が高すぎることは印象を悪くしてしまう可能性があります。

また、自身の評価が正確に行えないこともマイナスの評価へと繋がってしまう可能性があります。

2:業界の給与水準からかけ離れている

業界や職種などで給与の相場や水準はある程度は決まっています。そのため、いくら能力が高かったり、大きな実績がある人であっても、その水準からかけ離れた額の年収交渉をしても、受け入れてはもらえません。

もし、本当に高い能力や大きな実績がある場合は、転職エージェントなどを活用して、ハイクラス転職を目指すようにしましょう。

3:待遇面ばかり質問する

転職先の企業を選ぶ条件として、給与を含めることは重要なことです。しかし、あまり給与面を気にしすぎて、面接などでお金の話しばかりしてしまうと印象が悪くなってしまいます。

また給与面以外で、労働環境や待遇面ばかり気にしていると、仕事へのやりがいや内容でなく、待遇で転職先を決めていると思われてしまいます。

4:一貫性がない

面接は1度だけでなく、2次面接、3次面接など、数回に渡って行われることが多いです。その際には、似たような質問を繰り返して行われることもあります。

もし、面接のたびに、年収交渉の希望額やその希望額を求める根拠などが変わってしまうと、話しの内容に一貫性がないことから説得力や信頼性を失ってしまい、印象も悪くなってしまうことがあります。

5:内定後の交渉を避ける

内定が出たということは、最終面接まで済んでいるということになります。最終面接までには、入社の意志確認や、労働条件の確認も済んでいることが多いです。

そのため、内定後に年収交渉をするのはタイミングとして遅く、会社としてはすでに納得済みであることを、今さらひっくり返してきたという悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

転職活動で年収交渉をスムーズに行おう!

転職活動で年収交渉をスムーズに行う方法10個|NGな交渉5つ
転職活動では基本的に年収交渉を行うことができます。しかし、交渉の仕方やタイミングを誤ってしまうと、印象が悪くなって選考が不利になってしまう可能性があります。そのため、年収交渉は正しい流れとタイミングを意識して、スムーズに行うようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related