Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ

転職をする人の中には、企業の管理職や経営に関わる幹部のような人もいます。このようなハイクラスな転職のことをエグゼクティブ転職と呼ぶことがあります。エグゼクティブ転職では通常の転職活動とは少し異なった印象があったり、転職活動の方法でも異なる部分があります。

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ

エグゼクティブ転職とは

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
同じ職場で長く働き続けることは良いことですが、キャリアアップやステップアップなどを目的に転職を決断する人も増えています。また、企業の管理職や経営に関わる幹部のような人でも転職を決断することもあります。

このようなハイクラスな人の転職のことをエグゼクティブ転職と呼ぶことがあります。企業は優秀な人材を求めるため、ハイクラスの人材を求めていることも多いです。

エグゼクティブ転職の方法

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職をする人は、高い能力や経験を持っており、場合によっては会社の経営に携わったり、高い役職を経験していたり、仕事での実績を持っていたりなどします。

そのため、企業が求職者に対していろいろな条件を求めるように、エクゼクティブ転職の場合は求職者側も企業に対していろいろな条件を求めることがあります。なので、エグゼクティブ転職は通常の転職活動と少し印象が異なり、転職活動の仕方も少し異なります。

ヘッドハンティング型転職とは?

高い能力や経験、実績などを持っている人は他社からも欲しい人材として見られているものです。そのため、ヘッドハンティングがエグゼクティブ転職のきっかけになることがあります。

ヘッドハンティングはスカウトのようなもので、ヘッドハンターから条件を提示されて、その条件に納得ができれば、誘われた会社に籍を移すという転職方法です。他にも、ハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用するなどの方法もあります。

エグゼクティブ転職のコツ10

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職の場合は求職者側が企業側に高い条件を求める場合もあります。しかし、エグゼクティブ転職で求職者側が企業に求める条件は難易度の高いものである場合もあります。

それは給料の額であったり、職場環境であったり、役職であったりなど、人によって求める条件は違います。ですが、求める条件が厳しいほどエグゼクティブ転職は難しくもなります。なので、納得できる転職をするためにはコツが必要となります。

1:転職エージェントをしっかり選ぶ

エグゼクティブ転職をする人は企業に求める条件が高いめ、通常の転職サイトや求人広告を見ても、その求める条件を満たしてくれる求人情報は少ないです。

なので、エグゼクティブ転職をする際には、ハイクラスな求人情報が集まりやすい転職エージェントを利用すると良いでしょう。ハイクラス転職に特化した転職エージェントであれば、条件に合った企業を探しやすく、アドバイザーと相談しながら転職活動を進めることができます。

2:コンサルタントとの関係

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職ではハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用することで、求める条件を満たした求人情報を見つけられる可能性があります。

また、転職エージェントではキャリアアドバイザーやコンサルタントと面談などで、転職活動をサポートしてもらえます。アドバイザーやコンサルタントとの関係を築くことで、良い企業を紹介してもらえるようになることもあります。

3:スキルや資格を磨いておくこと

エグゼクティブ転職をする人は高い能力や経験、実績などを持っています。そのため、企業に対して高い条件を求めることがあります。企業がその高い条件を受け入れてもらうためには、その高い能力や経験、実績にそれだけの価値があることをアピールしないといけません。

なので、スキルや資格を磨いておき、面接の際にアピールしやすいようにしておく必要があります。

4:ヘッドハンティングを待つ

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職にはヘッドハンティングという方法で転職を成功させる人もいます。ヘッドハンティングであれば、事前にヘッドハンターと条件をすり合わせができるため、ミスマッチが起こりにくいです。

ただし、単純にヘッドハンティングをされることを待っているだけでは、いつまでも声はかかりません。なので、転職エージェントに登録したり、人脈を広げたりなど、ヘッドハンティングされるチャンスを増やす努力をしましょう。

5:紹介してもらう

人脈を広げることもエグゼクティブ転職を成功させるためのコツの1つとなります。人脈を広げておくことで、相手が高い能力や経験、実績などを持っていると、他社にその情報が広まり、引き抜きを検討されたり、転職を勧められたりなどすることがあります。

また、知人からの経由で転職をするという場合もあります。ただし、知人はプロのアドバイザーやコンサルタントではないので、転職は慎重に判断する必要があります。

6:短期間で転職先を決める

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職をする人は高い能力や経験、実績を持っています。そのため、短期間で転職活動が終了することもありますが、高望みしすぎると、条件に合う企業が見つからずに転職活動が長くなってしまうこともあります。

条件の良い人材が転職活動を長くしていると、その人に問題があると企業から勘違いをされてしまうことがあります。また、転職先が見つからずに仕事にブランクができてしまうことも転職に不利となってしまうこともあります。

7:適した転職方法を見極める

エグゼクティブ転職にはハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用したり、ヘッドハンハンターと交渉をしたり、知人を経由して企業を紹介してもらったりなど、いろいろな方法があります。

しかし、これらの方法はそれぞれ特徴があり、人によって向き不向きがあります。なので、エグゼクティブ転職をする際には、自分に適した方法での転職活動をする必要があります。

8:企業情報を集める

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職では、知人やヘッドハンター、転職エージェントなどから転職先の企業情報を多く与えてもらうことができます。しかし、それらの情報は他人を通しての情報のため、他人の主観や先入観が混じっている場合もあります。

そのため、企業を紹介してくれる人と、求職者本人が企業に感じる印象が異なる場合もあります。なので、紹介された企業であっても、自分でその企業情報を収集してみるようにしましょう。

9:自己評価を高くしすぎない

エグゼクティブ転職をする人には高い能力や経験、実績があります。そのため、本人は高い市場価値があることを自覚していることも多いです。しかし、自己評価を誤ってしまうと、企業に求める条件が不必要に高くなってしまうことがあります。

また、自己評価が高すぎることが、面接などでも不利な要素となってしまうこともあります。なので、あくまでも求職者という立場であることを忘れないようにして、謙虚な態度を心がけましょう。

10:1人で転職活動を行わない

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職をする人は高い能力や経験、実績を持っています。そのため、企業や業界などについても高い知識を持っています。なので、他人からのアドバイスを必要とせずに転職活動を行うこともできます。

しかし、企業や業界などの知識があっても、転職活動の知識や経験はないという人もいます。転職活動の知識や経験がないことが転職の失敗の原因となる場合もあるので、転職活動は経験者などの意見も参考にしましょう。

エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント6つ

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
エグゼクティブ転職にはいろいろな活動方法があります。その方法の1つとして、転職エージェントを利用するという方法があります。ただし、転職エージェントにはいくつも種類があり、それぞれ持っている特徴が異なります。

エグゼクティブ転職であれば、ハイクラス転職に特化した転職エージェントを利用する必要があります。なので、利用する転職エージェントはしっかりと選ぶ必要があります。

1:ビズリーチ

ビズリーチはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は高いです。ビズリーチはハイクラス転職に特化している転職エージェントのため、エグゼクティブ転職に向いています。

ハイクラス転職では、求職者側も企業側も難易度の高い条件を求めるため、なかなかうまく転職ができないということがあります。しかし、ビズリーチではその難易度の高い条件をうまくマッチングさせて、ハイクラス転職を成功させてくれます。

2:キャリアカーバー

キャリアカバーはリクルートが運営する転職サービスの1つですキャリアカバーもビズリーチと同様にハイクラス転職に特化しています。

ハイクラス転職を希望する人は転職の条件に妥協したくないという人もいます。また、企業側も求職者に対して難易度の高い条件を求めることもあります。なので、リクルートには非常に多くの求人情報が集まるため、うまくお互いの条件をマッチングしてくれます。

3:dodaエグゼクティブ

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
DODAもビズリーチと同様に、テレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっていて、求人数が非常に多く、非公開求人の取り扱いも多いです。

また、エグゼクティブ転職にも対応しているため、ハイクラス転職にも対応してもらうことができます。

4:パソナキャリア

パソナキャリアは求人情報の取り扱い数が業界でもトップクラスで、キャリアアドバイザーも高い専門性を持っているため、人気のある転職エージェントとなります。

パソナキャリアはもとは派遣事業をメインとしていました。そのため、企業と人をうまくマッチングしたり、企業に人を送り出すノウハウがあります。そのノウハウを活かして、ハイクラス転職にも対応してもらうことができます。

5:JACリクルートメント

JACリクルートメントも大手3大エージェントの1つで、ハイクラス転職に特化した転職エージェントです。JACリクルートメントの持つ大きな特徴として、求職者側と企業側の両方を同じアドバイザーが担当します。

そのため、段取りがスムーズになったり、求職者側と企業側のアドバイザー同士で意見が異なったりなどすることがありません。また、国内だけでなく、外資系企業や海外への転職もサポートしてくれます。

6:エグゼクティブ転職

エグゼクティブ転職という転職エージェントも、その名前の通りハイクラス転職に特化しています。エグゼクティブ転職の特徴には、ヘッドハンターからのスカウトメールがよく届くということがあります。

会員登録をした際の情報などを元にスカウトメールが届くため、企業とのミスマッチが起こりにくいです。

エグゼクティブ転職を成功させよう!

エグゼクティブ転職のコツ10|おすすめの転職エージェント6つ
近年、転職を決断する人は増えています。その中でも、エグゼクティブ転職にあたる人は転職先に求める条件が高くなることもあるため、条件に合う企業がなかなか見つからないというのはよくあることです。

しかし、転職エージェントやヘッドハンターなど、エグゼクティブ転職にはいろいろな方法があります。適した方法で転職を行い、エグゼクティブ転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related