Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

サービスマネージャーとは?サービスマネージャーに求められる役割4つ

サービスマネージャーになるためにはさまざまな能力を身につける必要があり、誰でも行えれる役職ではありません。性格によって不向きの人もいるため、適性診断などを試してみましょう。ここでは、サービスマネージャーについて詳しく紹介しています。

サービスマネージャーとは?サービスマネージャーに求められる役割4つ

サービスマネージャーとは?

サービスマネージャーとは、システムに異常が発生すれば復旧するまでの手順や問題点を見つける作業を行います。そのため、システムに問題がなければ仕事がないと考えてしまいがちですが、常にシステムの向上や問題点を考えています。

システムの性能を現在よりも向上させるためには利用者の意見を聞き、改善点を明白にすることが必要になります。企業に大きな影響力をもたらす重要な役職です。

ゼネラルマネージャーとは?

ゼネラルマネージャーは日本ではまだなじみが薄い役職ですが、企業にとって大きな枠割を果たしています。特にアメリカのゼネラルマネージャーは企業方針や経営の状況によって、さまざまな政策を立案し決定権も持っています。

日本の場合ではもう少し地位が低い場合が多く、支店長や工場長などと同じような仕事内容になっています。管理職の上位として考えられている場合が多く、経験豊富な人材が選ばれやすいです。

プロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャーとは、企画の遂行を見守り、管理を行う役職です。そのほかにも予算を決めたり、品質の管理、納期など全ての業務に精通しており、企画全体の責任者でもあります。そのため、プロジェクトマネージーの力量によって企画のできにも大きな違いがあらわれます。

プロジェクトマネージャーはそれぞれの部署とも連携する必要があるため、人脈が広くコミュニケーション能力に長けている人材におすすめです。

プレイングマネージャーとは?

プレイングマネージャーは、中間管理職であり、現在の日本では多くの人がプレイングマネージャーとして働いています。プレイングマネージャーが他の管理職と違うことは、現場で働きつつ管理職もこなすことです。

実際に現場で働いているため、現状を把握しやすくなり、的確な指示を出すことができます。プレイングマネージャーは経費削減を行うために作られた役職でもあります。

サービスマネージャーに求められる役割4つ

サービスマネージャーにはさまざまな求められる役割があります。それぞれの役割を問題なく行うことができて初めて一人前のサービスマネージャーとして認められます。

どれか一つでも役割を行うことができていない場合は、サービスマネージャーとして正しく機能していない可能性があります。

次に、サービスマネージャーに求められる役割4つを紹介します。サービスマネージャーを目指している人は参考にしてください。

サービスマネージャーに求められる役割1:組織の統括・管理

サービスマネージャーは組織の統括や管理を行う必要があります。サービスマネージャーとしての仕事の中でも重要度が高く、周りからも求められる役割でもあります。組織の統括や管理は多くの知識と実績がないと行うことができない場合が多いです。

そのため、必然的にベテランの人は任命されやすく、今までの知識や情報をフルに活用することができます。責任感がある人ではないと務まらない可能性が高いです。

サービスマネージャーに求められる役割2:部下の育成・指導

サービスマネージャーとは?サービスマネージャーに求められる役割4つ
サービスマネージャーは企画の管理だけではなく、部下の育成や指導を行う必要があります。部下をさまざまな仕事に慣れさせ、いずれはサービスマネージャーとしても働けるようにすることを目標に育成することが多いです。

部下の育成や指導をするためには、教えやすい言葉で伝えることが必要であり、頭ごなしで教える人材はサービスマネージャーとしては不向きです。

サービスマネージャーに求められる役割3:組織の成果への責任

サービスマネージャーは組織の成果の責任を負う必要があります。

例えば部下がミスをしてしまった場合は、部下の責任でもありますが、上司でもありサービスマネージャーの責任にもなります。そのため、部下のミスが多くなれば自身の評価も下がってしまう危険性があります。

上記で紹介した部下の育成の役割を厳かにしてしまうと結局は自身に返ってきてしまいます。企画が成功すれば関わった全ての成果になります。

サービスマネージャーに求められる役割4:責任感のある意思決定

サービスマネージャーは、最終決定権を持っている役職であるため、さまざまなことを決める必要があります。そのため、優柔不断な性格では企画が進まないだけではなくトラブル時には適切な対応をすることができず、現状を悪化させてしまいます。

問われている議題に対して責任感のある意思で決定することで部下の意欲もわき、結果的に成功しやすいです。何も考えずに決定してしまうとトラブルの原因になるため注意が必要です。

サービスマネージャーに求められる能力3つ

サービスマネージャーに求められる能力を把握することで問題なくサービスマネージャーの役職が務まるでしょう。サービスマネージャーはさまざまな能力が必要とされる役職であるため、能力がなければ任されることはありません。

次に、サービスマネージャーに求められる能力を3つ紹介します。サービスマネージャーとして働きたいと考えている人は参考してください。

サービスマネージャーに求められる能力1:概念化能力

概念化能力に長けていればサービスマネージャーとして役割を全うすることができる可能性が高く、必要不可欠な能力でもあります。

概念化能力とは知識や情報を組織内に組み込ませ、物事の本質を把握する能力のことであり、管理職に求められやすい能力でもあります。しかし、意図的に身につけれる能力ではないため、多くの時間と経験を持って身につけることができます。

サービスマネージャーに求められる能力2:対人関係能力

サービスマネージャーはさまざまな人と話をする必要があるため、対人関係能力に優れている必要があります。どのような人でもコミュニケーションが取れることで良好な人間関係を築くことができ、自身の意思の賛同してもらえる人材を増やすことができます。

対人関係能力に乏しい場合は、仕事がスムーズに進まないだけではなく、信頼を得ることができないため、指示に従ってくれないこともあります。

サービスマネージャーに求められる能力3:業務遂行能力

サービスマネージャーは業務遂行能力に優れて入れば業務をスムーズに進めることができ、トラブルが発生しにくくなります。そのため、一緒に働く人も快適に働くことができ、ストレスを感じません。

業務遂行能力にはさまざまな能力が含まれていますが、中でも重要度が高い能力が決断力です。サービスマネージャーとしても求められる能力として重要度が高く、決断力が乏しいだけでも人は付いてきてくれません。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント10選

サービスマネージャーに転職しようと考えている場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントにはさまざまな特徴があるため、自身にあった転職エージェントを利用することをおすすめします。

次に、サービスマネージャーに転職する際におすすめの転職エージェント10選を紹介します。転職エージェントを利用してサービスマネージャーに転職しようと考えている人は参考にしてください。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント1:マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴がさまざなな職種の求人を扱っており、求人掲載数もトップクラスで多いです。掲載されている求人情報の数が多いことでサービスマネージャーの求人も多く、さまざまな企業の求人情報を閲覧することができます。

求人情報の数が多いことで気になる企業の数も増えるため、理想の転職先を見つけれる可能性が高いです。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは短時間で登録作業をすませれる特徴があります。そのため、忙しい時でも簡単に登録することができ、手間になりません。

また、専門のキャリアアドバイザーが在中しているため、気軽の相談することができ、サービスマネージャーに転職する疑問を聞くこともできます。

転職活動を始めてする人は不安に感じてしまうことも多いですが、キャリアアドバイザーの適した指導のおかげで安心して転職活動を行うことができます。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント3:doda

dodaでは、非公開情報を多く保有している特徴があるため、他の転職エージェントでは見ることができなかったサービスマネージャーの求人情報を見ることも可能です。

非公開情報は基本的に優良企業の割合が高いため、快適な環境で働けれる場合が多いです。非公開情報が多いため、他の転職エージェントと併用することで効率よく転職することができ、早期に理想的な転職先を決めることもできます。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは管理職に特化した転職エージェントです。そのため、多くの管理職の求人情報が掲載されており、サービスマネージャーの求人情報を多いです。

また、管理職に特化した転職エージェントであるため、他の職種が混じって掲載されておらず、快適に理想の企業を探すことができます。

年収が高い求人が多く掲載されているため、年収をアップしたい人にもおすすめの転職エージェントです。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント5:リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職支援サイトNO1の実績があるため、多くの利用者が登録している転職エージェントです。求人数が多いだけではなく質の良いサポートを行ってくれることが高く評価されています。

正しい履歴書の書き方や面接の受け方など内定をもらえれる可能性を高めるサポートが多いことも特徴でもあります。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント6:ビズリーチ

ビズリーチは管理職に特化した転職エージェントであり、次世代リーダーになりたい人におすすめです。ハイクラスの求人が多いため、サービスマネージャーになりたい人が満足いく求人が多いです。国内最大級のハイクラスエージェントでもあります。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント7:Spring転職エージェント

Spring転職エージェントはさまざまな職種に精通したコンサルタントと相談しながら転職先を決めることができる転職エージェントです。そのため、どのような企業のサービスマネージャーの求人に応募すればよいのか判断できない人におすすめです。

プロのコンサルタントが相談に受けてくれるため、より専門的な知識を教えてもらうことができ、自身に適した求人を紹介してくれます。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント8:type転職エージェント

type転職エージェントは登録することで全ての求人情報を見ることができるため、まず登録することから始めましょう。管理職に特化した転職手ージェンとであるため、効率よくサービスマネージャーの求人を見つけることができます。

非公開情報が8割を占めているため、登録しないとtype転職エージェントの良さを経験することができません。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント9:ワークポート

ワークポートは専門のキャリアアドバイザーと無料で相談することができる転職エージェントです。そのため、転職する際に不安や疑問がある人におすすめの転職エージェントでもあります。管理職だけでなく、さまざまな職種の求人を取り扱っている特徴があります。

サービスマネージャーに転職したい人向けの転職エージェント10:ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の人におすすめの転職エージェントです。若手に対する求人情報を多く掲載されているため、若者に人気があります。そのため、若くしてサービスマネージャーになりたい人におすすめの転職エージェントです。

サービスマネージャーに転職してみよう

サービスマネージャーに転職して、日々やりがいのある仕事を行いましょう。責任がある役職ですが、達成感を感じることができる役職でもあるため、充実したワークライフを送ることができます。また、管理職は年収もよく、安定した職業でもあるため、人気が高いです。

今回ご紹介した内容を参考にして、サービスマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related