Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ

不動産関係の仕事とはどのようなものを指すかご存知でしょうか。不動産業界に転職を考えている方に、不動産の仕事とはどのようなものなのか、また不動産の仕事に就く際に有利になる資格とはどのような種類があるのかなどをご紹介します。

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ

不動産の仕事とは?

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
「不動産」ときいてどのような仕事を思い浮かべるでしょうか。「不動産の仕事」の中には、さまざまな種類が含まれています。不動産の仕事を大まかに分けると、土地や建物の売買の他、賃貸の仲介、不動産の企画開発、不動産投資などです。

不動産業界は会社の種類も豊富で、「不動産開発・販売事業会社」「不動産賃貸事業会社」「不動産管理事業会社」「不動産投資会社」になります。不動産の仕事について詳しくご紹介していきます。

不動産業界の仕事内容5つ

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界の仕事内容は、対象になる事業によって内容が変わってきます。不動産業界はオフィスの拡張や移転を計画している企業が増えていますし、さらに物流拠点などの新設需要も増えてきていますので、注目されている業界と言えます。

不動産業界の仕事内容を詳しく知る事で、業界研究をしっかりとおこなう事ができますので、ぜひ参考にしてみて下さい。希望する仕事を明確にして、企業も具体的に絞り込む事ができるでしょう。

不動産業界の仕事内容1:不動産の仲介

不動産の仕事内容のひとつは、不動産の仲介になります。不動産流通事業会社の場合、一戸建てやマンション、アパート、土地などを取り扱っており、賃貸や売買を仲介する仕事です。

仲介をするだけが仕事というわけではなく、賃貸にしたい物件や売却を希望している物件を探すという仕事もおこないます。売却できる不動産があれば価格査定や宣伝の他に、購入するという方がいれば紹介するのも仲介の仕事と言えるでしょう。

不動産業界の仕事内容2:住宅の販売

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産の仕事内容の二つ目は、住宅の販売になります。不動産販売事業会社に勤務する場合、分譲住宅や分譲マンション、一戸建てを販売する事が仕事です。

ポスティングをおこなって住宅を購入したいと考えているお客さまを見つけたり、住宅展示場に参加している不動産販売会社の場合は、展示場に来てくれたお客さまに営業のアプローチをおこないます。他の不動産販売会社とプレゼンテーションなどをおこなう場合がああるでしょう。

不動産業界の仕事内容3:土地の販売

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産の仕事内容には土地の販売が含まれています。不動産業界の仕事の中で、住宅を売る事と似ていますが、住宅を建てたくても土地がないという方もいるでしょう。そのため、住宅を売る事に加えて、土地を見つけて土地を探している方に売ったりすることもあります。

分譲住宅を作る場合にもそれなりに広い土地が必要になりますが、そのための用地も探して仕入れたりもしなければいけません。土地の権利者と交渉をする事もあります。

不動産業界の仕事内容4:不動産の企画・開発

不動産業界の仕事には、不動産の企画・開発があります。

企画・開発と聞いてもどのような事かわからない方も多いでしょう。不動産の企画・開発とは、デベロッパーとも呼ばれており、大規模なリゾート施設や複合型商業施設を建設するために、土地を探したり建物を建設するといった仕事です。

企画や開発をおこなうだけではなく、収益があるのかないのかなどの検証も仕事に含まれていますので、管理能力も必要になるでしょう。

不動産業界の仕事内容5:不動産投資

不動産業界の仕事には不動産投資も含まれています。不動産投資会社では不動産の投資をしている投資家の人達に対して、必要に応じた不動産の市場調査をおこなったり、管理運営業務も仕事の一部です。

不動産投資を投資家の方に進める場合には、担当者と投資家との相性が大切だと言われていますので、投資のメリットだけではなく、リスクについても説明し、無理に契約を結ぼうとせず、誠実に対応していかなければいけません。

不動産業界のやりがい5つ

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界の仕事は専門的な要素が多い職種と言えますが、他の職種では感じる事のできない「やりがい」とはどのような事があるのか考えてみましょう。仕事の「やりがい」とは、自分の生活に直結してくる内容であったり、これからの自分に必要な内容になるのではないでしょうか。

自分の「やりがい」はどのような部分なのかを、これからご紹介する不動産業界の5つの「やりがい」をヒントにして見つけてみて下さい。

不動産業界で仕事する際のやりがい1:年収がいい

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界は実力によって収入に影響が出る職業と言えるため、年収1,000万円も夢ではないでしょう。企業によって歩合制を給与所得に取り入れている場合も多く、実力次第で給与所得額を増やすことができます。

給与所得が上がれば上がるほど、仕事にもやりがいや貼り合いが出てくるのではないでしょうか。不動産業界で実績を上げて若くして不動産会社を立ち上げるという事も夢ではありません。

不動産業界で仕事する際のやりがい2:職種が広い

不動産業界は職種が広く、未経験であってもチャレンジしやすい事も「やりがい」のひとつと言えるでしょう。職種が広いという事は、さまざまな場面で活躍する事ができるため、やりがいも見つけやすくなるのではないでしょうか。

未経験でも採用してくれる不動産会社は多く、自分に合った仕事を探すことができます。営業職が苦手な場合には管理職や設計、事務などの職種を選ぶことができるのではないでしょうか。

不動産業界で仕事する際のやりがい3:実務経験を積みながら資格に挑戦できる

不動産業界では実務経験を早くから積んでいく事ができますので、必要に応じて資格取得に挑戦する事ができるでしょう。成果を出せば自身の評価にもつながり、若くして出世する事も夢ではありません。

実務経験を積むことができるという事は、資格の勉強もスムーズにすすめられるのではないでしょうか。知識がゼロの方と実務経験を積んで知識量がある方とでは、問題の理解度も違ってきます。資格取得を目指す事も「やりがい」です。

不動産業界で仕事する際のやりがい4:接客力がつく

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界では、顧客との一対一のやり取りが多くなり、任される責任も大きいモノになるため、きちんとした対応が求められますので、接客のノウハウを身につける事ができます。

顧客にとっては不動産賃貸や購入などは大きな決断になりますので、喜んで契約をしてもらえると、大きな達成感にもつながるでしょう。

相手に喜んでもらえるような接客力を身につける事ができれば、自身の評価にもつながり、大きな「やりがい」となります。

不動産業界で仕事する際のやりがい5:業界内での転職がしやすい

不動産業界ではさまざまな職種があり、覚えたスキルは無駄にならないため、業界内で転職がしやすいという事が考えられます。不動産業界は実務経験を自分の能力とすることができる職業です。

不動産業界で覚えた知識は業界内での他の職種にも活かす事ができるでしょう。やりがいとして、業界内での転職も考えてスキルアップをしてみてはいかがでしょうか。さまざまなスキルを身につける事ができれば会社を立ち上げる事もできます。

不動産業界への転職のポイント3つ

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界への転職のポイントをご紹介します。不動産業界ならではの転職のポイントは、大きくわけると「未経験でもチャレンジしやすい」「体育会系の職場が多い」「資格があると有利」の3つです。

ご紹介するポイント以外にも、不動産業界では平日休みが基本であったりします。ポイントは不動産業界の全体的な特徴と言えますし、頭に知識として入れておいても損はないでしょう。

不動産業界への転職のポイント1:業界未経験でもチャレンジしやすい

住宅や分譲マンションの販売や、賃貸管理などを主な仕事としている不動産業界では、未経験からでも挑戦しやすい職業と言われています。転職を考えている方の中にも、自身で住宅を購入した経験や賃貸経験などをしたことがあれば、流れを理解しやすいのではないでしょうか。

不動産業界の仕事のひとつである営業職では、比較的転職者を受け入れてくれます。ノルマなどもありますが、適した人であれば十分にやっていけるでしょう。

不動産業界への転職のポイント2:体育会系の職場が多い

不動産業界の仕事は雰囲気として体育会系の職場が多い事もポイントの一つになります。営業職などでは年間目標を立て、予算を達成させるために全力を尽くさなければいけない場合もあるでしょう。

実績を積み上げて不動産業界でのし上がっていきたいと考えられるような体育会系の方には向いている職業と言えます。礼儀正しく根性があるといったイメージの体育会系は、ちょっとしたことではへこたれないと考えられているのでしょう。

不動産業界への転職のポイント3:資格があると有利

不動産業界未経験でも転職する事が可能ですが、不動産業界に活用できる資格を持っていると有利です。不動産業界で活用できる資格はさまざまありますが、不動産業界の仕事をしていなくても勉強すれば取得できる資格もありますのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

例え資格を持っていなくても、資格取得のために勉強をしている事を就職面接などでアピールする事ができますので、資格取得を目指して勉強してみましょう。

不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界に転職したいと考えている方がどのような資格を持っていれば有利になるのかをご紹介します。紹介する資格を参考にして不動産業界関係の資格取得を目指しましょう。資格を取得し知識が豊富な方であれば、未経験でも経験者との差を埋める事ができるようになります。

不動産業界に転職する際に有利になる資格1:不動産鑑定士

不動産業界に転職をする際に有利になる資格として「不動産鑑定士」という資格があります。「不動産鑑定士」は不動産業界の仕事において、土地などの適正な価格を判断したり、不動産が有効利用されているかなどを判定する資格です。

不動産業界に転職する際に有利になる資格2:宅地建物取引士

不動産業界に転職をする際に有利になる資格として「宅地建物取引士」という資格があります。「宅地建物取引士」は以前は「宅地建物取引主任者資格」と呼ばれていました。「宅建」とも呼ばれており、聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

不動産会社には「宅地建物取引業者票」の設置が義務付けられているため、持っているだけで就職試験に有利になります。

不動産業界に転職する際に有利になる資格3:マンション管理士

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界に転職する際に融資になる資格として「マンション管理士」という資格があります。

「マンション管理士」とは、名前のとおりマンションの適正な管理をおこない、マンション管理上のトラブルに対してアドバイスをおこなったり相談を受けたりすることができる国家資格です。

不動産業界に転職する際に有利になる資格4:管理業務主任者

不動産業界に転職する際に有利になる資格として「管理業務主任者」という資格があります。

「マンション管理士」と同じように国家資格です。建築物に関する知識や維持するための法的な知識などを覚えなければいけない資格となっており、ビルやマンション管理をするような不動産会社に就職する場合は持っていると有利になるでしょう。

不動産業界に転職する際に有利になる資格5:賃貸不動産経営管理士

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界に転職する際に有利な資格には「賃貸不動産経営管理士」という資格があります。

「賃貸不動産経営管理士」とは、賃貸のアパートやマンション、住宅を管理するための知識や技能を身に着けた専門の資格です。不動産管理業務を行っている不動産会社で働きたい場合にはあると有利でしょう。

不動産業界に転職する際に有利になる資格6:建築士(1級・2級)

不動産業界に転職する際に有利になる資格として「建築士(1級および2級)」があります。建築士の資格は実務経験や専門的な知識を身につける事ができる学歴が必要になる資格です。

不動産業界の仕事内容を理解しよう

不動産の仕事とは?不動産業界に転職する際に有利になる資格6つ
不動産業界の仕事内容や転職に有利な資格についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

不動産業界の仕事内容はさまざまですので、仕事内容を十分に理解し、自分に合った職種を選ぶことがおススメです。どのような業界、職業でもいえる事ですが「やりがい」を見つけてスキルアップを目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related