Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い

「事業会社」とは、どのような会社なのでしょうか。また、コンサルティングファームとの違いはあるのでしょうか。このぺージでは、「事業会社」をテーマにして、仕事内容や特徴、コンサルティングファームとの違いなどについて、考察・ご紹介しています。

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い

事業会社とは

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
企業や会社には、さまざまな種類・分類が存在しています。「事業会社」もまた、企業の種類・分類の1つですが、どのような会社なのか気になるところです。

「コトバンク」によると、「事業会社」とは、金融以外の事業を営んでいる会社を指す言葉だと解説されています。

今回は、そんな「事業会社」をテーマにして、仕事内容や特徴、コンサルティングファームとの違いについて、考察・ご紹介していきます。

一般に、金融以外の事業を営む会社。狭義には、商業を除く場合もある。

出典: https://kotobank.jp/word/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%BC%9A%E7%A... |

事業会社の仕事内容

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
上記では、「事業会社」とは、金融以外の事業で営業している企業を指す言葉だとご紹介しました。

しかし、コンサルティング業界においては、別の意味として考えられることもあり、自社主体で営業・経営している企業や、コンサルティングサービスを提供する対象の企業といった意味で使われることもあります。

続いては、事業会社の主な仕事内容について、考察していきます。

自社サービスの運営

事業会社の仕事は、基本的に自社が主体となっている業務だと言われています。そのため、自社のサービスの運営や商品の販売などが、事業会社の主な仕事内容だと言えます。

事業会社では、自社のサービスや商品などを、組織的に提供する形がメジャーです。サービスや商品の開発から製造・販売まで、基本的に全ての業務が自社サービスとして行われることもあり、事業会社には帰属意識が強いという特徴もあります。

自社サービスの機能追加・改修

事業会社の仕事は、自社のサービスや商品の開発・提供だけではありません。自社サービスをより良いものにしたり、問題点を解決したりして、消費者や利用者などの満足度をさらに高めることも、事業会社の仕事だとされています。

とはいえ、機能追加や回収などの仕事も、やはり自社サービスに対して行われる仕事であるため、事業会社の仕事が、基本的に自社の事業に関する業務が中心になることには、変わりはありません。

新しいサービスの開発

事業会社では、新しいサービスの開発なども行います。どんなに人気があるサービスや業績の良い商品があっても、それ1つで経営を支えることは、さまざまなリスクがあるため、いくつかの事業を展開しておく必要があります。

上記のような背景から、事業会社では、自社の次期主力となるような新事業や新サービスの開発や展開も行っていると考えられます。

受託会社との違い

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
受託会社という企業の分類も存在しますが、受託会社と事業会社では、どのように異なるのか気になるところです。

受託会社は、他社から商品やサービスの開発などを受託して行う会社を指す言葉です。商品やサービスが赤字になった場合も、企画そのものは事業会社のものであるため、リスクや損害を受けることはほとんどありません。

しかし成功した場合も、利益はクライアントのものになるため、大きな利益が得づらい一面もあります。

事業会社の特徴

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
事業会社がどのような仕事をしているのか理解したところで、続いては事業会社の特徴や傾向などについて、考察していきます。

さまざまな観点から、事業会社の特徴を考えていくので、事業会社についてより深く知りたという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ビジネスを当てるための思考法

一般的に、事業会社はサービスや商品の開発などが成功した場合も、失敗した場合も、その影響や責任は全て自社に及ぶものとなります。

そのため、事業会社はビジネスを当てるための思考法が重要となっており、ビジネスを成功させようという意欲が強い傾向があるとされていて、業績や数字、ノルマなどに敏感な一面もあると考えられます。

同じグループで長期間働く

事業会社は、1つの部署や同じグループで長く働くことが多く、異動なども少ないと言われています。

また、社員も転職することが少なく、1つの会社や部署で長く働く人が多いことから、事業会社は全体的に同じ社員やメンバー、チームで働くことが多いとされています。

個人で能力差がある

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
事業会社は、社員の能力差が大きいと言われています。長期間で成果を出すことを想定しているケースも多いため、部署やチーム・グループには、さまざまな能力や経歴の社員が配属されていきます。

そのため、チームやグループでは、個人の能力差が大きくなることもあり、新人からベテランやその分野のスペシャリストが一緒に仕事をするケースもあります。

多種多様な従業員

上記でも述べたように、事業会社は自社のサービスや事業を中心に業務を行います。そのため、企画や開発、製造や営業なども自社で行うケースもあり、さまざまな部署をも付けている会社が多いと予想することができます。

上記のような背景から、事業会社には多種多様な従業員がいます。技術者や営業など、幅広い職種の従業員を抱えている事業会社も、少なくないと言えそうです。

コンサルティングファームの特徴

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
事業会社と混同しがちなのが、「コンサルティングファーム」の存在です。

コンサルティングファームは、企業が抱えている課題や問題点を指摘し、解決する方法などを考えていくことを仕事としている企業を指す言葉ですが、事業会社とはどのような特徴の違いがあるのか、気になるところです。

そこで続いては、コンサルティングファームの特徴について、紹介していきます。

成果を出す期間の短さ

コンサルティングファームの特徴の1つに、成果が出るまでの期間の短さが挙げられます。事業会社の場合は、新規事業やサービスを長期的に育てること重要視することもありますが、コンサルティングファームは事業の成果を速く出すことに重点を置いています。

そのため、成果を速く出すための事業内容や人員でチームを構成し、業務をするケースが多いとされています。

コミュニケーションが綿密

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
コンサルティングファームには、コミュニケーションを綿密に取ることが多いという特徴もあります。

上記でも述べたように、コンサルティングファームには、事業の成果をスピーディーに出すことを重視している傾向があります。そのため、個々で事業についてじっくり考えるよりも、互いにコミュニケーションをこまめにとって状況や問題などを共有し合うといった、より効率的な方法での業務を好むケースが多いと言われています。

スケジューリングの柔軟さ

コンサルティングファームは、効率を重視した働き方を重視するケースが多いため、スケジュールや日程に対しての考え方や対応なども、柔軟です。

納期や締め切りに対する考え方も柔軟で、急な変更であってもより効率的だったり、利益へと繋がったりする可能性があれば対応することも度々あり、臨機応変なスケジューリングが得意です。

発想の自由度の高さ

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
コンサルティングファームは、社員やチームのメンバー全員が何かしらのプロフェッショナルである可能性が高く、それ故に個々の意見やアイディアを重要視する傾向があるとされています。

そのため、発想の自由度が高く、規約や常識に囚われないアイディアが歓迎されるケースも少なくありません。そのため、考えたことや思ったことがあればすぐに発表や共有する方針である点も、コンサルティングファームの特徴と言えそうです。

お金をかけて情報収集

コンサルティングファームの特徴として、情報収集にお金をかけることもあるとされています。

お金をかけたとしても、得られる情報が事業に必要なことや、かけたお金以上に価値があるものであれば、お金をかけることもいとわないケースも少なくありません。

コンサルティングファームは、効率的で無駄のない行動を好む傾向があるため、情報を得ることで問題が解決するならば、情報収集にお金をかけることもあります。

事業会社とコンサルティングファームの違い

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
最後に、事業会社とコンサルティングファームの特色や傾向の違いについて、紹介していきます。

事業会社とコンサルティングファームは、似ていると考えられがちですが、実際には違っている部分が多く、傾向や方針も大きく異なります。

この機会に、それぞれの特徴と違いを良く覚えておくことをおすすめします。

違い1:仕事の期間

事業会社とコンサルティングファームの大きな違いの1つとして1つの仕事やプロジェクトを担当する期間が挙げられます。

事業会社の場合は、比較的長期になることが多く、時にはじっくりと事業やサービスを育てていくこともあります。

一方、コンサルティングファームの場合は、仕事にスピーディーさを求められがちなこともあり、1つの仕事を進めたり担当したりする期間は、短期間となるケースが多いとされています。

違い2:チームメンバー

事業会社とコンサルティングファームでは、チームメンバーにも大きな違いがあります。

事業会社では、さまざまな立場の社員が同じプロジェクトなどに関わることも多く、個人によって能力に差があるケースも少なくありません。

しかしコンサルティングファームでは、短期間で開発などを完了させることを視野に入れていることもあり、ベテランやスペシャリストなどを揃えたチームメンバーで仕事をすることが多いとされています。

違い3:スキルの差

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
スキルによる違いも、事業会社とコンサルティングファームを比較する上で、重要だと言えそうです。

事業会社は、長期的に事業やサービスを成長させることも考えるため、新人の育成なども兼ねるケースがあります。また、幅広い業務に対応できる社員が多い企業も存在しています。

一方コンサルティングファームでは、各分野のスペシャリストや即戦力など、スキルの高い人員を中心にチームなどを構成することが多い傾向にあります。

違い4:人事異動

異動に関しても、事業会社とコンサルティングファームでは、特徴に大きな差があると言われています。

事業会社は、異動などは比較的少ないと言われており、1つの部署やチームで長い期間、1つの業務やプロジェクトに携わることも多いとされています。

コンサルティングファームは、比較的異動が多いと言われており、さまざまな部署やチームで働くことになるケースも少なくありません。

会社の違いを理解してから就職しよう

事業会社とは|コンサルティングファームとの5つの違い
いかがでしたでしょうか。今回は「事業会社」をテーマに、事業会社の特徴や仕事内容、コンサルティングファームの特徴、事業会社とコンサルティングファームの違いなどについて、考察・ご紹介しました。

事業会社とコンサルティングファームは、似ていると考えている人も多いと言われていますが、実際にはさまざまな点に違いがあります。それぞれの違いを理解してから転職することが、転職を成功させる鍵となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related