Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月16日

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ

今回は「未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ」と題し、「未経験からのアセットマネジメント業界への転職」がどのようなものか、またその際におすすめされる転職エージェントを詳細にご紹介します。

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ

アセットマネジメント業界

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
アセットマネジメント業界と言われて「どんなことをするのか」と疑問になる人もいるでしょうが、この「アセット」というのは「資産」を指しており、「マネジメント」は「経営・運営すること」を指しているため、「資産運営・管理」のことを指すことになります。

つまり、資産管理・運営業界と解釈するとこの「アセットマネジメント」の意味に近付き、この業界への転職を希望する場合は、経理や資産運営のスキルが必要になります。

運用業務ファンドマネージャー・アナリスト・エコノミスト

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
運用業務において、ファンドマネージャー・アナリスト・エコノミストという3つの業務がありますが、それぞれの業務において微妙な違いがあります。転職時には留意しましょう。

エコノミストの業務では「経済推計の分析・予測」を行なう分野になり、アナリストの業務では主に「企業実績やビジョンに際しての分析・未来予測」が行なわれ、ファンドマネージャーの業務では「ビジョン達成のための資産運用」がメインになります。

営業・マーケティング・商品企画業務

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
アセットマネジメントを行なう場合にはこの「営業、マーケティング、商品企画業務」などにとりあえず精通しておくことが必須とされやすく、特に経済分野では戦略企画・販売・売り込みなどがメインにされるため、この点は転職時にもよく調べることが大切です。

営業もマーケティングもその骨子の部分は「自社の売り込み・企画製品の宣伝」がメインとなるため、分析、未来予測、投資戦略などが主流になるでしょう。

ミドル・バック業務

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
ミドル・バック業務というのはいわゆる金融機関の職種ともされており、顧客や市場などを相手に収益を稼ぐ営業部門が「フロントオフィス」と、営業部門が売買した商品の記録や決済などを行う事務部門が「バックオフィス」とを仲介する業務のことを言います。

一般的には「ミドルオフィス」という呼び方で認識されており、そこで行なわれる業務が「ミドルオフィス業務」となりますが、経済戦略の懸け渡し作業がメインとなります。

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法

さて、ここからは「未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法」と題して、それまでアセットマネジメント関連の職種分野と何の関係もなかった場合の転職方法を、多角的かつ簡潔にご紹介していきます。

アセットマネジメントとは主に「企業と企業との仲介役」をはじめ、資産を運営して利益を出すことをメインの業務とするため、経済戦略・資産運営にそもそも長けていることが求められます。転職時のポイントにしましょう。

必須の資格はないが高い専門知識が求められる

基本的にアセットマネジメント業務というのは、株式市場をはじめとしたさまざまなマーケット市場において、顧客(企業)から預かった資金・資産を運用し、その手数料によって収入を得ながら、企業にとっての利益に結び付ける業務となります。

そのため高度な専門知識が必要とされ、経験者でも特定分野の経済関連の知識は必須とされます。逆に言えば未経験でもその知識を持っていればOKなので、転職時にはその点を確認しましょう。

転職するなら30歳前半までで計画的な準備が必要

これはどの場合の転職でも言えることですが、転職する場合というのは計画性が高いことはもちろんのこと、なるべく早期にアクションを起こすほうが得策になります。若いということはそれだけ将来有望の印象を与えられることから、若さを武器にした転職は有利です。

アセットマネジメント業界への転職の場合でも、若さを武器にして転職活動を行なうことをはじめ、なるべく早めから動くことにより、将来ビジョンも立てやすいでしょう。

金融業界で経験を積んでからチャレンジするのが賢明

アセットマネジメント業界で行なわれる仕事というのは、先述のようにかなりレベル・専門性の高い内容になります。その点では、他の金融業界のことをしっかり勉強してから就くほうが得策になりやすく、またステップアップしていける機会も多くなることでしょう。

主にアセットマネジメント業界でもキャリアアップによる昇給・出世が見られるため、この点を踏まえる上でも実務キャリアを積んだ上での転職が望まれます。

グループ面接に重きをおいている

アセットマネジメント業界への転職時には、この「グループ面接に重点が置かれる」という傾向があり、これはコミュニケーション能力の高低を評価することはもちろんのこと、企業戦略・PR宣伝能力を図るための物差しを土台にすることが背景にあります。

つまり、他の転職希望者の回答を聞きながら「自分はどのようなPRをさらに工夫できるか」が問われるもので、その点でのオリジナリティ性の発揮が評価される形です。

企業ごとの特徴を把握して志望動機を準備

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
これもどの企業を希望する場合にでも求められることですが、希望先の企業というのはたとえ姉妹会社であったとしても、その方針・理念・企業内容・ビジネスビジョンというのはそれぞれ違ってきます。

そのため、企業ごとの特徴をしっかり把握することは、どんな転職時にも必須の作業になってくるでしょう。アセットマネジメント業界への転職を図る場合でも、即戦力になれるPRを自分なりに工夫することが必要です。

アセットマネジメント業界への転職で失敗しないため注意点6つ

さて、先述では主に「アセットマネジメント業界への転職に際する必須情報」を簡潔にご紹介してきましたが、ここからは「アセットマネジメント業界への転職で失敗しないため注意点6つ」と題し、アセットマネジメント業界へ転職する際に必要な知識をご紹介します。

転職エージェントを利用する場合には、まずは早めのアクションがその後の展開を有利にするため、活動プランを立てた後はスムーズに職種探しに努めましょう。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職エージェントを利用する場合には、できるだけ在職中から活動を始めればそれだけゆとりができ、転職に掛かる負担も抑えることができるでしょう。

アセットマネジメント業界への転職を試みる際は、マネジメントとしての能力・スキルが必要になり、転職前からその点を重点的に調べることが必須になります。

転職エージェントでは、その理想的な活動を支援する上で「理想の職場への斡旋」が行なわれます。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職エージェントを利用する際にはこの「市場価値」という言葉が注目され、「アセットマネジメント業界での実力が企業にどれくらい認められるか」という基準が置かれます。つまり企業ニーズを、あるていど自分の物差しによって確認する作業となります。

この点で重要なことは「アセットマネジメント業務に就く際の自分の能力・スキルを過信しないこと」で、その企業で確実に求められるニーズを的確にこなす実力が必要です。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

転職エージェントを利用しつつ企業の基本情報を調べる場合、その企業について漠然としたイメージを持たないことが大切です。転職においてイメージだけが先行した場合、実際に企業から求められるニーズを見落とす結果につながる場合があります。

転職エージェントを利用する場合には、必ず「企業ニーズ」を詳細に確認しておき、自分のスキル・能力に見合った適職を見付けるようにしましょう。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

転職エージェントを利用する場合には、「在職中から転職活動を始める」というのは必須になるでしょうか。その際に転職の失敗も想定し、その場合に元職場に残留しながら収益を得ることを考えましょう。そうすることで収入が途絶えることはありません。

転職エージェントを利用する場合それなりの資金が必要なので、必ず収入口を確保した上での活動が大切で、それは基本的に転職プランの基礎的土台に含まれます。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職に際しては「理想的な職場へ転職すること」が第一となるため、アセットマネジメント業界へ転職する場合でも、自分にとっての目標・適職を明確化しておくことは重要です。

転職エージェントを利用する際、多くのアセットマネジメントの職種から自分の適職を見付ける上で、その職種に就くための優先条件を決めておき、その転職に見合った条件を先に把握しておくことが大切になるでしょう。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

アセットマネジメント業界ではまず「即戦力」となれる具体的な実力・能力・スキルの提示が必要であるため、入社してすぐに活躍できるだけの実力・予備知識をストックしておくことが大切です。

転職エージェントを利用しながらまず「転職後の生活の安定」を想定しておき、そのための知識・情報取得をしっかり確保し、さらに自分なりに仕事を続けられるだけの環境設定をしておきましょう。

転職に成功する人の特徴8つ

先述では「アセットマネジメント業界の職種への転職で失敗しないための注意点」をご紹介しましたが、ここからは「難しい転職に成功する人の特徴8つ」とし、実際に転職エージェントを利用して理想の企業へ転職する場合の魅力的なサポートをご紹介します。

転職エージェントを利用する場合、その転職において企業が必要とする自己スキル・能力を的確に伝えるための工夫・オリジナル性(PR)が必要となります。

転職に成功する人の特徴1:退職する理由や転職する理由が明確

アセットマネジメント業界へ転職する場合に重要なのは、「会社の退職理由」に説得力を持たせることです。転職理由が明確にされていない場合は「その求職者自身の退職」にあいまいな評価が残るため、勤務怠慢の印象が貼られます

転職エージェントではこの点も踏まえた丈夫なPRを工夫してくれるため、自分なりに転職理由を明示しておき、書類選考時の着実なステップにつながるようにしましょう。

転職に成功する人の特徴2:企業側の人材ニーズを考えている

アセットマネジメント業界へ転職する場合は先述のように「即戦力になる人材」が必要であるため、その企業ニーズに的確に答えられるPRを工夫し、その上で勤続できる条件提示をしておきましょう。

アセットマネジメント業界では「企業側ニーズの動向・将来的なビジョンを見定める視点」の両方を備える必要があるため、そのための自己PR・情報・アイデアを具体的に活用しましょう。

転職に成功する人の特徴3:自分に足りていない部分を素直に認識し反省することができる

基本的に転職エージェントを利用する上で重要な点は、「企業ニーズと自己ニーズを分析し、補強すること」です。企業が求めるニーズに自分の実力が不足している点があればそれを補うことが大切で、指定の資格取得が課されればそのプランを検討しましょう。

アセットマネジメント業界へ転職する場合には「ステータススキル・経験」が注目されやすく、資格取得などによってそのステータスを上げる努力をしましょう。

転職に成功する人の特徴4:転職先に求める条件が明確

アセットマネジメント業界へ転職する場合にはまた「転職先に明確な条件を提示すること」も大切で、企業によってはその「入社を確約するための条件」が採用の決め手になる場合があります。企業としては求職者の勤続を望むため、まずその点に配慮しましょう。

転職エージェントではこの「条件提示」についても魅力的に教え、どのようにすれば具体的なPRを伝える上で好条件を引き出せるか、といった工夫を伝えてくれるでしょう。

転職に成功する人の特徴5:転職先の企業選びで譲れない条件と妥協できる条件を決める

転職では「どこでもいいから早く採用されたい」という気持ちはタブーです。どの場合でも「自分にとって理想的な条件提示」をしておくことが大切で、それによって企業側もその求職者が入社することへの確約を期待することがあります。

アセットマネジメント業界へ転職する場合でも、「自分が責任をもって仕事ができる条件提示」をしておき、このような環境・条件では仕事を請け負い兼ねない、といった点を強調しましょう。

転職に成功する人の特徴6:仕事を通じて実現したいことを考えている

希望するアセットマネジメント業界の職種に就いて、その後どのように自己成長していくか、ということを企業側へ具体的に明示しておくことも、転職時には非常に重要です。これによってその求職者の将来ビジョンの携え方・人間性が大きく評価されるでしょう。

アセットマネジメント業界に転職する場合には「即戦力になれること」も大切ですが、このように将来ビジョンを明確にしておくことも大切で、そのためのPRが必要です。

転職に成功する人の特徴7:謙虚に学び大胆に行動するバランス感覚を持っている

一般企業に転職する場合でも、謙虚な姿勢をもって勉強に励むことは重要です。その上でアセットマネジメント業界で求められるニーズに確実に応えることができ、さらに自己成長に向けて向学意欲を燃やす姿勢を明確にしましょう。

「いざと成れば大胆に行動する」という精神バランスの持ち方は仕事に影響することが多いため、その姿勢を維持しながら今後のビジネスプランを独自に立てていきましょう。

転職に成功する人の特徴8:自分自身の希望や夢を描いてチャンスをつかむ

ビジネス上で立てる夢とうのは、「実現できる夢」である必要があります。現実離れした夢をいくら提起してもビジネスにおいては無価値となるため、その点にはよく注意しておきましょう。

アセットマネジメント業界へ転職する場合でも、「自分の夢や理想を実現する工夫・アイデア」に具現化しておき、その内容を起案書に反映させられるようなプランニングをしておきましょう。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント5つ

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
ここからは「成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント5つ」と題し、一般的な転職に必要な注意点・方法・コツなどをはじめ、実用性の高いポイントをご紹介していきます。

転職エージェントを利用する場合には、それぞれの転職エージェントにおいて特徴が違うため、まずは利用を体験しながら、希望する職種で求められているニーズを踏まえ、着実に転職活動を進められるサイトを選びましょう。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、「基本的な転職に有力な企業情報」を提示してくれ、企業研究を十分行なうことができる環境を与え、理想の企業に転職する場合の実用的なプランを提示してくれます。

アセットマネジメント業界へ転職する場合には、マネジメント関連の職種情報をはじめ、非公開求人情報なども照らし合わせておき、必要に応じた努力・スキルの取得法を具体的に提示してくれます。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント2:マイナビエージェント

最近人気のマイナビエージェントでは、「求職者にとっての勤続できる職場」を効率良く提示してくれ、転職活動に有力な情報提示をする上、さらにアフターフォローも徹底して配慮してくれる理想的なサイトです。

アセットマネジメント業界へ転職する場合でも、企業情報の調査をする上で「求職者にとっての得意分野」を振り分け、その上で適職への転職斡旋を約束してくれるでしょう。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント3:doda(インテリジェンス)

求職者にとって満足度の高い支援力があり、転職後の生活の安定感・アフターフォローにもしっかり充実性がある実績により、かなり信頼度の高い転職エージェントとして認められています。

アセットマネジメント業界へ転職する場合でも、特に専門的な分野の情報収集に定評があり、着実に仕事が続けられるよう転職斡旋を継続してくれるでしょう。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリアの利点は、求職者個別の能力・スキルをもってPRを応用してくれる点であり、その個別能力を基準にした適職の斡旋にとても強い転職エージェントとして知られている点でしょう。

転職アドバイザーも良質で、転職後の生活安定を具体的にサポートしてくれる点は、特にアセットマネジメント業界などの専門職に就く場合でも安心です。個別PRをさらに魅力的に仕上げる成果が得られるでしょう。

成功に欠かせない転職サイト・転職エージェント5:JACリクルートメント

求職者個別の能力・状況に配慮した支援力に定評があり、転職エージェントを利用する上では個別PRを独創的に仕上げてくれる上で、求職者の条件に最適な転職先への斡旋が約束されます。

アセットマネジメント業界でかなりニーズとして求められる「 IT関連の企業情報」がかなり充実しているため、マネジメント関連の職種へ転職する場合はまず利用する価値があるサイトとなるでしょう。

熱意が強い人は行動し理想の内定を獲得できる!

未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ
いかがでしたか。今回は「未経験からアセットマネジメント業界に転職する方法|転職エージェント5つ」と題し、「未経験からのアセットマネジメント業界への転職」がどのようなものか、またその際におすすめされる転職エージェントを詳細にご紹介しました。

アセットマネジメント業界へ転職する場合は、企業ニーズをまず把握しておき、転職エージェントを活用しながら「理想的な職場環境を想定すること」が大切になります

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related