Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月15日

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性

住信SBIネット銀行とはどのような会社なのか、給料はどのくらい貰えるのかなど、住信SBIネット銀行に関する社内事情や口コミによる情報などを紹介しています。住信SBIネット銀行で転職・就職を検討している方は参考にして下さい。

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。

2019年4月、日本初のMasterCardコンタクトレスに対応したMasterCardデビット付キャッシュカードである電子決済ミライノデビットの取扱を開始しています。

その他にも住宅ローンにおけるAI審査モデルの導入など、国内銀行の中でいち早く最先端のIT基盤を活用し、より便利で使いやすいサービスを提供している金融機関です。

住信SBIネット銀行の事業内容

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行はネット専業銀行です。主な事業内容は、預金口座の開設・純金積立・外貨預金、住宅ローンやネット融資などの金融商品を取り扱っています。

実店舗はありませんが、実店舗のある銀行とほぼ同じ事業内容です。イオン銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行・イーネット・ローソンATM ・VIEW ALTTE (JR東日本の駅)ATMなどでの利用も可能です。

住信SBIネット銀行の経営状況

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
大手証券会社である、野村ホールディングス、大和証券、三菱UFJ証券ホールディングスが減益となる中、圧倒的な業績を叩き出しているのがSBIホールディングスです。

SBI証券が7月に発表した2018年4から6月期決算では、純営業収益が289億800万円(前年同期比23.9%増)、純利益は99億2600万円(前年同期比30.5%増)と大きく飛躍を果たしました。

また、口座数は2012年以降、年平均10.3%で増進し、最大手の野村證券に次ぐ業界第2位です。

住信SBIネット銀行の経常利益

住信SBIネット銀行の2018年4から6月期決算における経常利益は、前年比33.9%増の39億9900万円、投資利益は同36.2%増の11億7700万円です。

預金残高は4兆6500億円でネット専業銀行の中でダントツの首位を確保していました。

主力商品である住宅ローン取扱額の増大も著しく、残高は3兆3145億円で、こちらもネット専業銀行の中で圧倒的な数字を残しています。

その他の既存分野においても、SBI損保の契約件数がほぼ100万件に到達するなど好調です。

住信SBIネット銀行の利益率・負債比率・借入比率

住信SBIネット銀行の2018年3月時点の最新の業績は、売上高3370億1700万、経常利益718億1000万、総資産4兆5359億6400万、資本4278億1500万となっています。

経営利益率21.31%、当期利益率 13.85%と前年より業績は伸び、安定しています。

また、住信SBIネット銀行の自己資本比率は9.43%と健全な水準を維持しています。自己資本比率とは経営の健全性を表わす経営指標のひとつです。住信SBIネット銀行は国際基準を上回る8%以上をクリアしています。

住信SBIネット銀行の将来性

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行は扱う金融商品も多彩で、多くの人が利用しているネット専業銀行です。

また、住信SBIネット銀行の母体は、大手金融グループであるSBIホールディングスと三井住友銀行です。いずれも、株式や投資信託、外国株式、債券、金・プラチナ、FXなどの豊富な商品・サービスを提供しておりシェア数も圧倒的です。

一概には言えませんが、実績や自己資本比率からもわかる通り、倒産するリスクは低くいと考えられます。

転職で失敗しないため注意点6つ

せっかく転職したのに「こんなはずじゃなかった」「前の職場の方がマシだった」なんて後悔する人も少なくありません。

転職はやみくもになって行動すると失敗することもあります。まずは、自分の経歴やスキルの棚卸しから始めることがポイントです。辞めることは簡単ですが、すぐに転職先が決まるとは限りません。

転職に失敗しないための注意点と、転職活動をするポイントなどをご紹介します。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
転職活動にはある程度の事前準備が必要です。思いつきで会社を辞めて、転職先を探すのは辞めておきましょう。すぐに希望条件のいい会社に転職できるとは限りませんし、失業保険もすぐには受給されません。

なぜ転職したいのか、転職するならどんな会社がいいかなど、転職理由を明確にして在職中に探しましょう。転職する理由にもよりますが、「ここだ」という会社が見つかってから転職しても遅くはありません。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
転職に必要な履歴書・職務経歴書、面接では、これまでの経歴やスキルを整理して、応募先に自分をアピールする必要があります。自分のことをよく見せるために、少し大袈裟に自己評価を高くする人も多いです。

採用担当者によく思われたいのは当然の心理ですが、あまりスキルを盛りすぎると逆効果となる場合があります。

自己主張が強い人を募集しているのかそうではないのかなど、応募条件をしっかりと読み取ることも必要です。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
転職の失敗談などでよくあるのが、ミスマッチ転職です。「思っていた会社じゃなかった」「もっとちゃんと調べておいたらよかった」「前の会社の方がよかった」など、情報収集を怠ったことで、ブラック企業に転職してしまうパターンもあります。

イメージ写真による勝手な思い込みなど、自己判断せずにネットなどで会社の情報を調べましょう。企業情報に詳しい転職エージェントの活用もおすすめです。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
転職理由にもよりますが、どうしてもという理由がなければ焦って転職活動をするのは止めておきましょう。

何事にも焦りは禁物ですし、特に転職活動においては後悔へつながる可能性が高いです。直感やインスピレーションで転職成功する場合もありますが、ごく稀でしょう。

いい転職先が見つからない場合は無理に転職しようとせず、現職で給料を貰いながらスキルを磨くなど、上手に転職活動をすすめましょう。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
転職で一番してはいけないのが「なんとなく転職したい」といった動機が不純な転職です。目標や今後のキャリアプラン、どんな会社で働きたいのかなどを明確にしておかなければうまく転職することはできません。

仕事内容に迷いがあるのなら、家から徒歩圏内で働きたい、土日祝は休みがいいなど、何か1つでもいいので、はっきりとさせておきましょう。失敗しない転職には、条件をあきらかにしておくことが大切です。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

今後のキャリアプランや自分が働く上での方向性が見えたら、転職に向けてどんどん自分磨きに取り組みましょう。

自己啓発はマイナスにはなりません。資格は転職に有利になるだけでなく、ライバルに対抗できる武器にもなります。

行きたい転職先が見つかったらすぐに応募・行動できるよう、普段から意識しておきましょう。転職活動には計画性とタイミングも必要です。

住信SBIネット銀行の評判・口コミ11選

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行はネット専業銀行です。ネット銀行の歴史はまだまだ浅いものの、SBIホールディングスと三井住友信託銀行の大手が母体の会社です。果たしてどのような企業なのでしょうか。

インターネット検索で企業の口コミや評判をもとに、住信SBIネット銀行がどのような会社なのか、気になる年収やボーナス、福利厚生や働きやすさなどについて調べてみました。住信SBIネット銀行に転職・就職を検討している方は参考にして下さい。

住信SBIネット銀行の評判・口コミ1:年収・給与(給料)

住信SBIネット銀行の給与体制は月給制で、年2回の賞与と年1回の昇給があります。

年収は30代前半から40代後半で400万から1500万前後で職種によって異なります。一般事務や営業職の場合でも年齢や経験年数、役職によって給料や年収は大きく異なります。

その他、経理財務や経営企画、商品開発、システムエンジニアなどの職種もありますが、これらも年齢や業務内容、任されるポジションなどによって異なります。

残業代が1分単位でつくのは唯一の良い点だと思うが、給料はかなり低い。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/1/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

住信SBIネット銀行ホームページの新卒採用の募集要項には、年に2回6月と12月に賞与が支給と記載されています。

口コミサイトを拝見すると、ボーナスがある社員の方とそうでない方、ボーナスという形では支給されない正社員の方がいましたが、基本的に年2回の支給で、職種などによって金額も異なる場合があります。

同じ正社員でも、職種によって異なるため、転職時には確認が必要です。

ボーナスを2回支給する代わりに、今の年収を14で割った額が月々の給料になると言われた。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

住信SBIネット銀行の新卒採用の募集要項には、休日休暇については、土日祝・年末年始休暇(12月31日~1月3日)・年次有給休暇(初年度10日)・厚生特別休暇(3日)と記載されています。

口コミでも、「9時開始の17時20分就業」「水曜日は早帰り日」など、勤務時間に満足している評価が多いです。

配属先や部署によっては20時まで残業があるなど、勤務時間の差はあるものの、残業代は1分単位で支給されるそうです。

9時開始、17時20分就業。早く帰りたい時等は自分でコントロールできるので助かる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

住信SBIネット銀行の社内制度には、新人・新入社員研修や社内研修制度などがあります。

中でも教育制度に力を入れて取り組んでおり、サポート体制が整っています。

Eラーニングの導入や実施、今後の自分のキャリアや給料などの人事評価に繋がる資格取得支援制度が設けられています。

資格を取得したからといって、給料に直結するわけではありませんが、自分自身のスキルや知識の向上につながります。

社内で必要な法令の理解や業務への理解を深めるといったEラーニングが充実している。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

住信SBIネット銀行の女性の活躍・女性の働きやすさでは、産前産後の休暇や育児休業ともに完備しているため、結婚後も職場復帰しやすい環境です。

「産休を取得できた」「休みはとりやすい」など、職種にもよりますが、比較的取得しやすいです。

仕事の内容・業務についても、女性だから男性だからといった区別はなく、意見もとおりやすく風とおしもいいです。

仕事に関して男女の違いは感じない。産休、育休で休んでいる人も多数おり、中には復帰してさらに働く人もいたようである。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

住信SBIネット銀行はまだまだ歴史が新しい業界だけあって、先進的なイメージをもっている方が多いです。

そのため、専門的な分野で実力を発揮したいと考えている方には少し物足りず、期待外れといった批判的な意見もあります。

しかし「新入社員でも任してもらえる」「やりたいことをやらせてくれる」といった前向きな口コミも多く見られました。

スキルがあれば自分の思う通りに案件が進められて良いと思う。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ7:転職・採用面接

住信SBIネット銀行の転職時の採用面接では、「なぜ転職しようと思ったのか」といった根本的な部分を知るための質問をされる傾向が高いです。

住信SBIネット銀行は、即戦力となる人材募集を積極的に行っています。そのため、スキルや知識だけでなく転職する明確な理由を知って、適正な人材かどうかの判断材料としています。

どうして住信SBIネット銀行を選んだのかを明確にする必要があると言えます。

質問内容はオーソドックスでした。

出典: https://careerconnection.jp/review/526753/interview/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ8:やりがい

住信SBIネット銀行は、外資系企業ではありませんが、仕事のやり方は外資系企業に近いです。そのため、個人の裁量が大きい仕事で、やったらやった分評価してもらえます。

成果主義であるため、知識やスキルがあり向上心が高い人ほど、モチベーションを維持しながら仕事ができます。

自分次第でキャリアップも目指すことができるだけでなく、結果を正当に評価してくれます。

事務仕事については、効率化や経費削減という多少の意見や実績は評価される。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ9:会社の強みと将来性

インターネットの急速な技術の進化・普及により、近年ではネットを利用せずに生活が成り立たない状態に近いほど、ネット環境は必要不可欠な存在になっています。

電子決済などのキャッシュレス化が進み、今後ネット銀行の需要は高まっていくと予測されます。

そういった意味でも、住信SBIネット銀行の利用者は今後も増加して行くと考えられます。一概に将来性があるとは言えませんが、これから注目される業界だと言えます。

会社の柱となる事業には、ネット環境の強みがあると思います。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

社長の円山法昭氏は、1989年神戸大学経営学部卒業後、東海銀行(現三菱UFJ銀行)入行し、2000年SBIホールディングスに入社します。

2014年住信SBIネット銀行代表取締役社長に就任され、住宅ローンの脱ネット化を進めたビジネスキャリアを持つ日本の実業家の一人です。

企業規模が大きいため、従業員と社長との距離は遠く、直接指導を受けることはなかなか難しいです。

職場には滅多にいらっしゃりませんので。

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/11/ |

住信SBIネット銀行の評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

住信SBIネット銀行のオフィス環境ついては、「都心のおしゃれなオフィスビル」「ドラマの撮影などで使用された」「新築」など、オフィスが高評価であることがわかる意見が多く見受けられました。

また、働く環境は福利厚生面でも充実しています。宿泊・育児・介護・グルメ・レジャー・リラクゼーション施設などを割安で利用することができます。プライベートでの使用だけでなく、休みの日には家族も一緒に利用できます。

カイシャの評判

出典: https://en-hyouban.com/company/10094360501/ |

住信SBIネット銀行の新卒・中途採用情報・転職情報

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行がどのような会社か、ある程度理解できましたでしょうか。やはり大手企業なだけあって、ホワイトな企業だと言えるでしょう。

それでは、ここからは住信SBIネット銀行の新卒・中途採用に関わる転職情報について詳しく見ていきましょう。住信SBIネット銀行に転職しようと検討中の方、少しでも興味を持った方、転職活動の参考にして下さい。

住信SBIネット銀行の新卒・中途採用職種

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行では現在、新卒採用では2019年4月1日から2020年3月31日の期間に4年制またはそれに相当する大学・大学院を卒業・修了予定の方を対象に正社員での募集が行われています。

中途採用に関しては、正社員もしくは契約社員で募集されています。

新卒と違って募集対象などの記載はありませんが、転職サイトを通して募集している可能性もあるので、個人応募する前にdodaなどの大手転職サイトなどでも確認しましょう。

住信SBIネット銀行の新卒採用職種

住信SBIネット銀行の新卒採用の募集職種は総合職です。

求める人物像は金融業界や世界経済の動きに関心のある方・チャレンジ精神が旺盛な方・柔軟な発想ができる方です。

また、住信SBIネット銀行では説明会を開催しています。円山社長から直接話を聞くことができるので、興味がある方はぜひ参加しましょう。リクナビ2020のWEBサイトから会社説明会に申し込むことができます。

住信SBIネット銀行の中途採用職種

住信SBIネット銀行の中途採用職種は、経営管理やシステム・WEB制作・コンテンツ運営管理などのマーケティングから、金融犯罪対策・内部監査などのコンプライアンスまで、多岐に渡り募集しています。

投融資関連業務や銀行事務・住宅ローンの営業なども募集しています。また契約社員では、コールセンター業務(受電・SV)や銀行事務(預金・住宅ローン)などが募集職種となっています。

住信SBIネット銀行に転職した場合の労働環境

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行は基本的に、土・日・祝・年末年始お休みで、福利厚生として、有給休暇やリフレッシュ休暇が完備されています。とくに 構成休暇についての取得は厳しいため、必ず休暇を取ることができます。

残業も、部署によりますが比較的少なく、仮にあったとしても時間外勤務手当・休日勤務手当・深夜勤務手当も支給されます。社員同士の風とおしもよく、オフィス内の設備や環境も充実しています。

住信SBIネット銀行の給与と福利厚生(待遇)

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行の新卒での給料は、2018年実績では大卒・大学院卒で月給22万円です。

試用期間が6ヶ月間ありますが、試用期間中と試用期間後に待遇などの変更点はありません。

また昇給は年1回・ 賞与は年2回の支給に加えて、確定拠出年金・総合福祉団体定期保険・福利厚生サービス加入などのさまざまな福利厚生が整っています。

給料面や福利厚生・労働環境など、働く上での基本的な条件は揃っています。

住信SBIネット銀行の給与

住信SBIネット銀行の給与体制は、一般的企業にある年功序列や学閥・派閥に縛られるような組織ではありません。住信SBIネット銀行は、実力・成果主義です。実力次第で昇格・昇給が可能です。

外資系企業のやり方に近く、個人の裁量に任されているため、自分次第で給料もボーナスの額も変わってきます。

やったらやった分、正当に評価してもらうことができる企業です。

住信SBIネット銀行の生涯賃金

東洋経済オンラインの調査では、1位はM&Aキャピタルパートナーズで12億8890万円でした。生涯賃金は収入によって異なり、一般的な大卒サラリーマンで平均2億から3億と言われています。

住信SBIネット銀行のトップキャリアの年収は1500万円ですので、これより上回ると考えられます。

ちなみに、5大総合商社の三菱商事・伊藤忠商事・三井物産・丸紅・住友商事はトップ20にランクインしています。

住信SBIネット銀行の福利厚生(待遇)

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行の福利厚生には、確定拠出年金制度・総合福祉団体定期保険・福利厚生サービス(リロクラブ)・産前産後休暇、育児休業などがあります。

その他にも、新人研修や社内研修制度、資格取得支援や家賃補助(支給対象のみ)といった各種制度が完備されています。

また、福利厚生ではありませんが、社会貢献活動として、駅伝大会への参加やフットサルなども行っています。

住信SBIネット銀行について理解を深めて転職を検討しよう!

転職で失敗しないための注意点6つ|住信SBIネット銀行の評判と将来性
住信SBIネット銀行がどのような企業か理解していただけましたでしょうか。

住信SBIネット銀行は成果主義です。キャリアアップのために転職したい方や、正当な評価を求める方におすすめの転職先です。これまでの経歴や実績に自信がある方は、転職先候補として視野に入れておきましょう。

自分で「いけるかも」と少しでも可能性を感じたら前向きに検討しましょう。年収1500万円のトップクラスで働けるチャンスは十分にあります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related