Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選

転職するにあたって、求人の年齢に中高年歓迎と書いてあることがあります。しかし一般的な中高年の年齢と、就活における中高年の定義が分からない人もいることでしょう。今回、中高年の定義やおすすめ求人サイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選

中高年とは

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
中高年という言葉は、生活している中でよく聞くことがあるでしょう。

しかし実際には、はっきりとした年齢の定義は分からないという人も多いです。普段は曖昧でも良いのですが、転職する際は年齢によって見るべき求人が変わってきます。一般的と転職市場での中高年の定義を見ていきましょう。

一般的な中高年の定義

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
一般的には、中高年と言うと40代後半から上を指していると考えている人が多いです。はっきりと中高年に年齢の定義があるわけではないため、人によって考えている年齢幅が違います。40代からだと思う人もいれば、50代からだと考えている人もいるのです。

誰が正しくて誰が間違っているとも言えません。

転職市場での中高年

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
一般的な中高年の認識と、転職市場での中高年の認識とでは少々異なります。また厚生労働省では45歳から64歳を中年期としていますが、中高年歓迎の求人で60代の人が就職できるかと言うとなかなか難しいです。

転職市場での中高年は、だいたい30代後半から50代を指していることが多いです。

企業によっても違いますが、中高年と書かれていても実際には49歳までであったり、50代でシニア枠になっていたりします。

中高年齢者とは

厚生労働省の『高年齢者等の雇用の安定の法』では、45歳以上を中高年齢者としています。45歳以上が中高年と言うことは、年齢が高くても受けられる求人がたくさんあるように感じる人もいるでしょう。

しかし転職市場で中高年向けに出されている求人の多くは、この認識とずれています。中高年齢者と呼ばれる年齢より若い、30代後半から40代前半くらいを指していることもありますので注意しましょう。

中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
中高年であっても、年齢を気にせずに活用できる転職サイトがあります。皆が利用している人気の転職サイトを、全部で13選ご紹介します。求人サイトを使ったことがない人や、サイトで探すことに不安がある人は、ぜひ人気のサイトを利用してみてください。

ブラック企業を排除してくれているサイトもありますので、安心して利用することができます。転職サイトが実施しているセミナーに参加するのもおすすめです。

1:リクルートエージェント

有名な転職サイトから選びたいという人は、ぜひリクルートエージェントを活用してみてください。『リクルート』はCMなどで知っている人も多いことでしょう。規模が大きく、全国の多くの求人を扱っています。

どの転職サイトにしようか迷っている人は、とりあえずリクルートエージェントへの登録を済ませておくことをおすすめします。リクルートエージェントは、年齢が高い人の転職成功率が高いので人気があります。

2:ビズリーチ

ビズリーチのおすすめポイントは、年齢が高い人向けのハイクラスな求人を多く扱っているところです。働ければ何でも良いというわけではなく、中高年の求人の中でも年収や役職にこだわりたい人に向いています。

管理職からの転職などの場合は、ビズリーチに登録しておくと良いでしょう。場合によっては、転職前より年収が上がることもあります。30代から50代くらいの幅広い年齢層の人達が希望する転職に成功しています。

3:パソナキャリア

パソナキャリアの良い点は、パソナキャリア自体の質がとても良いことです。転職する人が安心できるサポート体制が整っていますので、初めてで不安のある人にもおすすめです。相談に対する返信が早く、一人ひとりに対して丁寧な印象です。

他の転職サイトに比べると知名度は少し劣りますが、求職者が親身になって対応してもらえるのがメリットです。年齢が高く転職に不安がある人は、相談しやすいパソナキャリアがおすすめです。

4:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、年収800万から2000万円と年齢が高くハイクラスな求人が多いです。有名なリクルートの転職サイトのため、ハイクラスを求める人は登録している人が多いです。ヘッドハンティングサービスとなっており、登録後はスカウトを待つだけでOKです。

簡単な登録で済みますので、とりあえず登録しておいても良いでしょう。働きながら仕事を見つけたい人でも、匿名で登録できるので安心して就職活動できます。

5:リクナビNEXT

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
リクナビNEXTでは、転職向けの求人サイトが多数登録されています。こちらの転職サイトは、とにかくどんどん自分で求人を探したいという人に向いています。あまり相談を必要とせず、求人を探せればOKという人におすすめです。

もう少し選択肢を増やしたいという人は、リクナビNEXT内でスカウト登録をすれば、自分にあった求人が届きます。注目度ランキングやオファー数で、自分が転職しやすい人間かどうかも分かります。

6:doda 即戦力ミドルの転職

dodaは国内最大級の転職サイトですので、有名なところから選びたい人におすすめです。年齢の高い人向けの求人数が多いだけでなく、質が良いこともポイントです。成功率も高いため、転職したい人に人気です。

転職ノウハウが詳しく説明されていますので、右も左も分からないという人にもぴったりです。内定までの流れだけでなく、履歴書の書き方まで教えてもらえます。サイトを見るだけでも、転職の役に立つことでしょう。

7:ハローワークインターネットサービス

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
ハローワークインターネットサービスは、若い人から年齢の高い人まで幅広い年齢層の求人が載せられています。中小企業の掲載も多いのが特徴で、ハローワークに通っているのであればインターネットサービスも活用すると便利です。

公的機関の転職サイトですので、安心して応募できるのもポイントです。インターネットサービスだけでは詳しく閲覧できない求人もありますので、ハローワークとセットで登録しておくのがおすすめです。

8:はたらいく

はたらいくの大きな特徴は、らいくサービスと言う「いいね」アピールができるところです。らいくサービスを使えば、企業にアピールできる他、企業からあなたにアピールすることも可能です。

地元の求人が多数掲載されていますので、近隣から探したい人にもおすすめです。またせきらら求人というものがあり、あえて悪いところも伝えています。良いところだけでなく、しっかりと裏も表も知ってから働きたいという人に向いています。

9:@Type

@typeは、CMで見かけたことがある人もいるでしょう。転職者に向けた求人が多く掲載されています。無料で簡単に登録できますので、とりあえず登録しておくのもおすすめです。

そこまでハイクラス転職は狙っていない、という人にも向いています。長年の経験が生かされた求人サイトですので、さまざまなサービスが充実しています。求人検索の仕方も分かりやすいため、ぜひ登録してみてください。

10:マイナビ転職

マイナビ転職は国内最大級の転職サイトので、できるだけ多くの求人を閲覧したいという人におすすめです。自分の地域だけでなく、県外などからも探したい人にも向いています。転職者用のフェアやイベントもあるのがポイントです。

イベントに出席することで、より企業への理解を深めることができます。ネットサービスだけでは分からない、企業の雰囲気も肌で感じられます。

11:日経キャリアNET

日経キャリアNETはサポートが手厚いため、安心して転職活動を行うことができます。求人の質も良く、大手企業を狙いたい人にも向いています。

他の転職サイトと併用して使う人には、スカウトサービスがおすすめです。職歴や条件を入力すれば、匿名でもスカウトを受けることができます。転職活動を秘密にしておきたい人でも活用しやすいです。

12:イーキャリアJobsearch

こちらのサイトは条件を絞って検索しやすいため、どんなところに就職したいか希望がある人におすすめです。求人数も多いため、色々なサイトから良い求人を選びたいという人にもぴったりです。

13:アデコ

アデコは国内転職サイトの中でも人気が高いため、登録サイトを絞りたい人におすすめです。世界中に拠点がありますので、広いネットワークを生かした求人が多いのが特徴です。正規職員だけでなく、派遣で働きたい人に向けた求人もあります。

転職サイト以外の選択肢も組み合わせる

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
転職サイトでもたくさんの中高年の求人はありますが、年齢や職歴によっては応募が難しいこともあります。求人サイトだけでなく、他の方法でも情報を集めるのがおすすめです。

企業によっては求人サイトに出していないこともありますので、ぜひ別の選択肢も組み合わせて検討してみてください。

活用しやすい方法をご説明します。すぐに働ける場所を見つけたい場合は、全部の方法を組み合わせても良いでしょう。

求人誌の活用

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
求人誌は、全国の駅やお店の前などさまざまな場所に置いてあります。求人誌は、手に入りやすく無料なのもポイントです。地域によって求人誌の種類は変わりますので、自分の地域で求人を探したい人におすすめの方法です。

求人誌によって、夜の仕事だけを扱っていたりアルバイトが多かったりと、求人の特色が違います。自分に合った求人誌を持って帰ってみてください。その日見つからなくても、すぐに新しい求人誌が発行されます。

公的機関からの情報収集

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
自分1人で探すのが難しい人は、全国にあるハローワークを活用するのがおすすめです。ハローワークに行けば専門の職員が対応してくれますので、相談しながら探したい人にも向いています。ハローワークのサイトもありますが、実際に行かなければ見られない求人もあります。

ハローワークに登録しておけば、ぴったりの求人が出たときに連絡してくれることもありますので、まずは登録してみると良いでしょう。

人脈を活かした求人探し

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
中高年にもなると、営業や職場など、今までの仕事で知り合った人も多いことでしょう。仕事関係に限らず、友人や身近な人に聞くのもありです。年齢が高くなれば、その人自身が人事に関わっていたり、口を出せる立場であったりすることもあります。

広く人脈を生かすことで、まだ求人を出す前の仕事や、急な欠員で困っているところに入り込める可能性があります。信頼できる人から探すことで、自分に合った仕事に就きやすくなります。

年齢に関係なく働ける職場を見つけましょう

中高年とは|中高年が年齢を気にせず使用できる転職サイト13選
今回の記事を読むことで、求人市場において自分の年齢が中高年なのかどうかわかったことでしょう。中高年の転職を歓迎している職場は少なくはありませんが、一般的な中高年の認識でいくと少ないのも事実です。

自分が年齢を気にすることなく、しっかりキャリアプランをもてる職場を見つけることが大切です。ご紹介した転職サイトや求人探しの方法を活用し、すてきな企業の内定を勝ち取りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related