Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月09日

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準

「転職したいけれど、踏ん切りがつかない」という方も多いことでしょう。そんな方のために、この記事では転職で迷った時の判断基準をご紹介しています。また、転職の決断がついた後にすべきことについても解説しているので、転職を検討中の方はぜひご覧ください。

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準

転職すべきか判断に迷ったら

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
「今の職場に不満がある」「もっといい条件の職場に転職したい」と考えているけれど、いざ転職となると決心がつかず、迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、転職すべき判断がつかず迷ってしまうという方のために、転職に迷った際の判断基準についてご紹介しています。

早まって誤った転職の判断をしてしまわないように、まずはじっくり考えることからスタートしてみましょう。

転職したいと思う理由を整理する

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
「転職をしたいな」という考えが頭に浮かんだならば、転職をすべきかどうかを判断するためにも、まずは転職をしたいと思う理由を整理してみましょう。

転職をしたい理由を紙に書き出し、自分にとって納得のいくものかどうかを冷静になって落ち着いて判断することが大切です。

また、転職をすることで得られるメリットとデメリットについても書き出し、本当に転職をすべきかいなかを熟考することも必要でしょう。

転職に迷った際の7つの判断基準

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
「なんとなく今の職場に満足できない」という理由で転職を判断すれば、おそらく新しい転職先でも同じ状態を繰り返してしまうでしょう。

このように転職で間違った判断をしないためにも、きちんとした判断基準に基づいて今後の身の振り方を冷静に考えるべきです。

転職をしたいけれどまだ迷っているという方のために、転職すべきかどうかがわかる判断基準をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

基準1:現職以外にやりたいことがある

転職に迷った時の判断基準としてまず挙げられるのが、現職以外にやりたいことを明確に持っているかどうかということです。

現職以外にやりたいことがはっきりとしているならば、転職をしても成功するでしょうが、ただ単に現在の仕事から逃げたいだけで転職を判断してしまうと、転職先でも同じような状況になってしまう可能性があります。

やりたい仕事や、なりたい自分像がクリアにイメージできるならば、転職しましょう。

基準2:現職に将来性がない

現職に将来性がないということも、転職を決心する判断基準のひとつとなるでしょう。このまま現在の職場にとどまっても昇給やキャリアアップの見込みが全くなく、自分の将来にとって何のプラスにもならないと判断したならば、迷わず転職活動をスタートさせるべきです。

現在の仕事と似た業種を転職先として検討すれば仕事内容があまり変わらないのでストレスもたまりませんし、今までのキャリアを活かしたステップアップができます。

基準3:現職では自分の希望が叶わない

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
転職に迷った際の判断基準として、現職では自分の希望が叶わないということも挙げられるでしょう。

自分がやりたいことや成し遂げたいことが現在の仕事では叶えられないのならば、我慢をしたり自分を偽ることはせず、思い切って転職をしてみてはどうでしょうか。

転職活動をすれば、今よりずっと条件のいい仕事を見つけることは十分に可能です。自分の希望を叶えられる転職先を見つけましょう。

基準4:給与

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
給与が低すぎるということも、転職を決心すべき判断基準のひとつになるでしょう。このまま現職に留まっても昇給の可能性がなく、また生活が不安定になってしまうほどの低い給料しかもらえないのならば、転職を判断すべきです。

給料が低ければ仕事に対するモチベーションも下がってしまいますし、貯蓄もできないので将来設計が不安定になります。自分の価値を低く見積もらず、自分を高く買ってくれる転職先を見つけましょう。

基準5:ワークライフバランス

人は仕事をするためだけに生きているわけではありません。今の仕事でワークライフバランスを実現できないのならば、それも転職をする判断基準のひとつになるでしょう。

長時間労働で残業が多く、プライベートな時間や家庭を犠牲にせざるを得ないならば、自分のためにも家族のためにも、転職をしたいところです。

自分が自分らしく生きられるように、仕事と生活の両立ができる転職先を見つけましょう。

基準6:キャリアアップが期待できる

キャリアアップが見込めるということも、転職を迷った際の判断基準として重要です。今の仕事を続けるよりも、転職をしたほうがキャリアアップが期待できるのならば、自分の成長のために、また将来のために転職を判断したほうがよいでしょう。

転職活動時には、今までの仕事で培ったスキルや経験、人脈が活かせるかどうかをよく考えてから新しい職場や業種を選ばれることをおすすめします。

基準7:人間関係

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
上司のパワハラや職場いじめなどによって精神をすり減らし、心身を病んでしまうことも少なくありません。今の職場の人間関係が劣悪ならば、迷わずに転職を判断すべきでしょう。

自分の対応次第で職場の人間関係が改善せず、パワハラやセクハラが横行しているならば、自分を守るためにも、よりよい環境の仕事先を見つけるべきです。

今の職場に行くのもつらいと感じるならば、早めに転職をして心の負担を軽減しましょう。

転職の判断がついたらすべきこと

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
以上では、転職すべきかどうか迷った時にチェックしたい判断基準をご紹介してきました。これらの判断基準を満たしているならば、転職をするべきと言えるでしょう。

では、いざ転職の決心がついたとして、これから具体的に何をすればよいのでしょうか。転職がはじめてだと、右往左往してしまうことも少なくありません。

ここからは転職を決心した後にすべきことを詳しく解説していくので、ぜひチェックしてみてください。

自分の強みを見つける

転職で成功する人は、必ずと言っていいほど自分の強みを把握し、それを転職時に効果的にアピールすることができています。

まずは自分の強みは何なのか、自分を採用してもらえば企業側にどのようなメリットを与えることができるのかを、冷静かつ客観的に把握することからスタートしましょう。

自分の得意なこと、ライバルより抜きんでていることを知り、それをアピールポイントとして生かすことが必要です。

希望条件を明確に

転職先の希望条件を明確にするということも、転職を決心したらまずすべきことのひとつです。

どのような職種や収入レベルを希望するのか、勤務形態は正社員か非正規かなど、希望条件をリストアップしていき、それらの中でも妥協できるものと絶対に譲れないものを明確にしましょう。

絶対に妥協できない条件については、転職活動の際もぶれずに固持し続けることが、理想の転職先を見つけるための秘訣です。

どんな会社で働きたいのか

転職を決心したのならば、自分はこれからどんな会社で働きたいのかをよく考えてみるとよいでしょう。

今の職場に不満があって転職をするのならば、その不満を感じる必要のない会社とはどのようなものなのかを分析してみてはどうでしょうか。

条件だけで会社を選んでも、会社の雰囲気にマッチしなければ、転職に成功したとは言えません。自分が働きたい会社のイメージを明確に持っておくことも大切です。

会社や求人の情報収集

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
転職するのがはじめてだと、何から手をつければよいのかよくわからず、不安になってしまうこともあるでしょう。

転職を成功させるためには、何よりも会社や求人の募集情報をこまめにチェックし、それらを精査することが肝心です。

ここからは、転職を決心したらすぐにでも取り組みたい、会社や求人の情報収集の目的やポイントについて解説をしていきます。ぜひ参考になさってみてください。

情報収集の目的

そもそも、なぜ会社や求人の情報収集をすることはそんなに大切なのでしょうか。情報収集の目的は主に、転職後にミスマッチを起こさないこと、自分の望む転職先を効率的に見つけることの2点にあります。

転職サービスに掲載された求人情報を鵜呑みにしてその企業に転職をすると、「思っていたのと全然違った」ということになりかねません。

このようなギャップを埋めるためにも、できる限り情報収集をする必要があるでしょう。

「求人情報」情報収集のポイント

では、求人情報に関してどのような点に気をつけながら情報収集を行えばよいのでしょうか。まずは自分の希望先の職種から求人情報をチェックし、仕事内容や勤務・雇用体系、給与をよく確認しておきましょう。

福利厚生の内容や、昇給や出世が見込めるかどうかもよくチェックしておくべきです。また、あまりにも長期に渡って求人を出している企業は、離職者が多い可能性が高いため、外したほうが無難です。

「企業情報」情報収集のポイント転職

転職活動においては、求人情報のみならず企業情報についてもよく調べておく必要があります。

企業情報を収集する際には、その企業の売上高がどれくらいで将来性があるかどうか、また労働環境が良好かどうかを、ネットの口コミや転職サービスのエージェントなどから聞くなどして、調べておくとよいでしょう。

企業情報をあらかじめ収集していれば、転職後に「思っていた職場ではなかった」となるケースを防げます。

転職活動のタイミング

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
転職をすることを決心したとして、では具体的にいつから転職活動を始めればよいのでしょうか。ここからは、転職活動のおすすめのタイミングを2パターンに分けてご紹介していきます。

これから転職をしようとお考えの方は、自分に合った方法を選び、ぜひ参考になさってみてください。

現職にとどまりながら

転職活動をスタートさせるタイミングとして最も多いのが、現職にとどまりながらということです。

転職前に現職を辞めてしまうと、転職先がなかなか決まらない場合、収入が得られず生活が不安定になってしまいます。

そうならないためにも、現職を辞めるのは転職先から採用通知が来てからにすべきでしょう。空いた時間を上手く活用して転職活動をされることをおすすめします。

退職してから

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
少数派ではありますが、退職してから転職活動をスタートさせる人もいます。退職後は収入がなくなりますが、手当てをもらえる場合もあるので、手当てがもらえる期間に集中的に転職活動をすることもできるでしょう。

また、仕事をやめた状態ならば資格取得の勉強と転職活動を並行させて行えるというメリットもあります。

まずは気になる企業から話を聞いてみましょう

転職すべきか迷ったら|転職に迷った際の7つの判断基準
今回は転職すべきか迷っている方のために、転職の判断基準などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職したほうがキャリアアップや昇給につながると判断したのならば、まずは気になる企業をリストアップし、複数の企業から話を聞いてみてください。

複数の候補先を作ることで、自分にとってよりよい転職先を見つけられるはずです。

Related