Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月20日

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点

ヘッドハンティングは外資系企業では盛んです。近年は日本でもヘッドハンティングが認知されてきました。そこで、ヘッドハンティング会社のランキングTOP10やヘッドハンティングのメリットとデメリットなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングとは、企業の優秀な人材を他の企業が引き抜くことです。海外や外資系企業で盛んな方法でしたが、近年では日本でもヘッドハンティングが盛んになってきました。

ヘッドハンティングは企業の担当者が直接行う場合とヘッドハンティング専門の会社が企業から依頼を受けて行う場合があります。ヘッドハンティングの報酬は、企業から一定の額をもらって行う場合と、優秀な人材を確保できたときにもらう場合があります。

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティング会社は海外では非常にたくさんありますが、日本では登録型人材紹介会社が転職のメインとなっていました。

しかし、近年は仕事スタイルの改革が進み、ヘッドハンティングの会社も増え、ヘッドハンティングされる人材も抵抗がなくなってきました。

そこで、ヘッドハンティング会社のランキングTOP10をご紹介しますので、ぜひヘッドハンティングを詳しく知る参考にしてください。

第10位:株式会社リンドバーグ

ランキング第10位のリンドバーグは、リクルートコンサルティングサービスというサービスでヘッドハンティングを行っています。独自のネットワークでクライアントの要求を満たす人材を探し、エージェントが直接打ち合わせをして交渉をします。

打ち合わせでクライアントの魅力が的確に伝えられるのもリンドバーグの強みです。正しく情報を提供するのでヘッドハンティングがスムーズに進むと好評を得ています。

第9位:ヒューマンリソースイノベーション株式会社

ランキング第9位のヒューマンリソースイノベーションは、小規模な会社である特徴をいかし、クライアントの要望によりそったアットホームな面談を行うのが特徴です。

得意とする分野は、鉄鋼などの素材産業とこれに関連する土木建築や機械、システム、エネルギー、電気制御の分野です。さらに、管理職やエグゼクティブのヘッドハンティングも得意としています。

第8位:プロハント株式会社

ランキング第8位のプロハントは、登録型ではないハント型のヘッドハンティング会社です。プロハントの特徴は、ハイクラスの人材だけではなく、専門職・研究職などの人材に対応していることです。

コンサルタントやリサーチャーは各分野における専門知識を持っているので安心してヘッドハンティングを任せることができます。また、人材紹介には「三方良し」を目指し丁寧に活動しています。

第7位:株式会社フューチャークライテリア

ランキング第7位のフューチャークライテリアは、エグゼクティブサーチ・組織採用コンサルティング・人材ビジネス支援の業務を行う会社です。

エグゼクティブサーチが行うヘッドハンティングの分野は、メディカル業界、建築・不動産業界、社内SE・ヘルプデスク、経営マネジメントなど多岐に渡っています。料金は「相談無料で完全成功報酬制」や「コンサルティグ料金プラス成功報酬」などがあります。

第6位:株式会社グレコ

ランキング第6位のグレコは、企業の要望にあった人材を的確に探し出すヘッドハンティング会社です。代表者の上小牧 政章さんは、自ら経営者やエグゼクティブの人事を担当し、今までに紹介したエグゼクティブは300名以上です。

長期間安定した能力を提供できるエグゼクティブを紹介することに重点をおいてヘッドハンティングを行っています。

第5位:株式会社ライズエグゼクティブ

ランキング第5位のライズエグゼクティブは、地方企業に特化したヘッドハンティングを行う企業です。ヘッドハンティングは東京・大阪などの大都市中心に行われることが多いですが、ライズエグゼクティブは全国の地方都市でのヘッドハンティングを行います。

ライズエグゼクティブのスカウトの80%以上が地方都市に本社がある企業です。北海道や愛媛など地方でのヘッドハンティングにも成功しているのがランキング上位の理由です。

第4位:ジーニアス株式会社

ランキング第4位のジーニアスは、採用成功率93%・人材定着率97%を実現するランキング上位にふさわしいヘッドハンティング会社です。ジーニアスの特徴は登録型人材バンクと外資系ヘッドハンティングを合わせたヘッドハンティングを行うことです。

ジーニアスはクライアントがどんな価値観を持っているかを把握することに重点を置いているほか、クライアントの要望に的確なヘッドハンティングをします。

第3位:スペンサースチュアート

ランキング第3位のスペンサースチュアートは、世界30カ国に57箇所の事務所を持つグローバル企業です。ヘッドハンティングを行うコンサルタントは、長年各業界でリーダーシップを発揮してきた専門家で、450名以上在籍しています。

リーダーとしてのスキルがある人材をヘッドハンティングできることがランキング第3位の理由です。また、組織の変革が実現できる取締役会の構築と強化のやり方などもアドバイスします。

第2位:レイノス株式会社

ランキング第2位のレイノスは、年間1500名以上のヘッドハンティングによる企業への移籍の実績があります。リサーチ部隊とヘッドハンティングのエージェントは200名以上いて、国内最大級のヘッドハンティング会社です。

ランキング上位に入ったのは取り扱う業界の多さのためです。建設不動産業界、小売業、情報・通信業界、金融業界、医薬品業界、電気自動車業界などがあり、さまざまな業種のスカウトに対応します。

第1位:株式会社プロフェッショナルバンク

ランキング第1位のプロフェッショナルバンクは、技術職と専門職を中心にしたヘッドハンティング会社で、実績の52%が技術職です。ヘッドハンティング依頼の成功率は90%でランキング第1位としてふさわしい実績です。

ヘッドハンターは各業界の専門家で、リサーチ専門部隊と協力してヘッドハンティングを行います。サービス内容はフルサーチハンティングと指名ハンティングおよびパートナーコンサルティングです。

ヘッドハンティングのメリットとデメリット

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングにはメリットとデメリットがあります。声がかかるのは自分のスキルが評価された証なので非常に嬉しいですが反面、慣れた仕事を辞めての再スタートになります。

メリットが多いヘッドハンティングによる転職ですが、デメリットもあり、両方を比較してデッメリットがプレッシャーになる場合はヘッドハンティングを断った方がいい場合もあります。

そこで、メリットとデメリットをご紹介しますので、参考にしてください。

メリット

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングのメリットをご紹介します。ヘッドハンティングされた時点で、自分の実力に自信が持てるので転職に関してのメリットになりますが、他にもメリットがいくつかあります。

そこで、今ヘッドハンターに声をかけられている人や、ヘッドハンティングされたい人に向けて、ヘッドハンティングのメリットをご紹介しますので、ぜひご覧いただいて参考にしてください。

収入が上がる可能性がある

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングは前職よりも収入が上がる可能性が高いです。ヘッドハンターはヘッドハンティングを成功させるために、よりよい条件を提示してきます。もっとも有力なのが収入のアップです。

自分のスキルが高く評価された上に収入も上がるとなれば、転職をあまり考えてない場合でも、転職を決意する可能性は高いです。クライアントも多少給与が高くなっても、エキスパートな人材がほしいので両者とも納得ができます。

リストラされにくい

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングはリストラされにくいです。ヘッドハンティングで転職した人は、もともと頼まれて転職しているので、会社もリストラさせづらい感覚があります。また、ヘッドハンティングされるくらいのスキルがある人は、他の人がリストラされる場合でも、優秀な人材だとして、会社に残れることが多いです。

ヘッドハンティングの場合、自分の実力を遺憾なく発揮できれば、リストラの危険性は少なくなります。

転職の選択肢が増える

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングはいくつかある転職の方法の一つです。転職するにはエージェントに依頼する、転職サイトやハローワークで探すなどの方法があります。

しかし、自分の希望を満たした企業を見つけるのは大変なことで、時間と労力がかかります。そこで、ヘッドハンティングで転職の可能性が広がれば、より転職がしやすい環境になります。自分から探すのではなく、ヘッドハンターに探してもらう受け身の転職も視野に入れましょう。

デメリット

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングのデメリットをご紹介します。ヘッドハンティングはメリットばかりではなく、デメリットもいつくかあります。ヘッドハンティングをされた人は、簡単に受けてしまわずに、転職した後のことも考えて行動をしましょう。

よりスムーズにヘッドハンティングでの転職をすすめるために、ヘッドハンティングのデメリットをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

一からのスタートになる

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングで転職をした場合、業種が変わることは少ないので、仕事自体は慣れたものになります。しかし、会社のシステムは一から覚えなくてはならず、ストレスが溜まります。

仕事以外にも、人間関係も一からスタートすることになり緊張を強いられることになります。また、ヘッドハンティングされるスキルの高い人は、年齢も高くなっていることが多く、若い人のように周りに打ち解けにくい場合もあるので大変です。

周りからの期待が大きい

ヘッドハンティングで転職した場合、周りからの期待が大きくなりプレッシャーになります。転職先の従業員は、ヘッドハンティングされるぐらいのスキルがある人が、どんな仕事をするのだろうかと期待を持った目で見るので失敗が許されません。

もし、失敗したら自分だけではなくヘッドハンティングした会社の評判も落ちます。高い給料を貰っていたらより失敗はできません。周りの期待を裏切らないように気を使うのがデメリットです。

採用されるまでに時間がかかる

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
ヘッドハンティングでの転職は採用されるまでに時間がかかるのがデメリットです。ヘッドハンティングでは、まずヘッドハンターとの話し合いをし、OKならヘッドハンターがクライアントに条件を提示して交渉をします。

もし、クライアントが納得しなければ転職できませんし、転職できる場合も条件交渉に時間がかかります。すぐに転職したい場合は、直接企業に応募できる転職サイトなどを利用したほうが早い場合があります。

ヘッドハンティング会社のランキングを活用しよう

ヘッドハンティング会社のランキングTOP10|いい点と悪い点
現在ヘッドハンティングされている人や、ヘッドハンティングされたときの対応を考えている人は、「ヘッドハンティング会社のランキングTOP10」を活用してどんなヘッドハンティング会社なのかを確かめてください。

結果として、自分が望むような会社なら、いい条件で転職できます。

Related