Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月21日

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ

新卒者が就職する際とは違って、今まで仕事をしてきた人には経験や知識、実績があります。そのため、転職希望先の会社が提示する給料に不満があれば、年収交渉をする人もいます。ただし、年収交渉はタイミングや切り出し方などを間違えると、印象を悪くしてしまいます。

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ

転職における年収交渉とは

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
同じ会社に長く勤めることは素晴らしいことです。しかし、今では新しい職場環境を求めて転職をする人も多くなりました。

新卒者が就職する際とは違って、今まで仕事をしてきた人には経験や知識、実績があります。そのため、転職希望先の会社が提示する給料に不満があれば、年収交渉をする人もいます。

しかし、転職をする際に、年収交渉をするのであれば、いくつか注意しなければいけない点があります。

年収交渉は行うべきか

転職活動は相手の会社に自分が培ってきた経験と知識と実績をアピールして、それに対する報酬をもらうための交渉の場でもあります。

内定まで話しが進んでしまうと、ほぼ労働契約がまとまってしまうことになります。なので、もし年収交渉を行うのであれば、内定までのタイミングまでに行うべきでしょう。

年収交渉が及ぼす影響とは

上記で述べた通り、転職をする際に年収交渉を行うのであれば、内定が確定するまでに行うことになります。しかし、内定が確定していない時点で、年収交渉をしてしまうと、就職希望先からの印象が悪くなってしまう可能性があります。

ですが、年収交渉は転職者の権利でもあるため、年収交渉ができるだけの能力や実績などがあるならば行っても良いでしょう。ただし、印象を悪くしないために、タイミングや話し方に注意が必要です。

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ

今まで仕事をしてきた人には、これまで身につけてきた能力や実績などがあります。そのため、提示された給料に不満があれば、年収交渉をする必要があります。

しかし、採用される前に年収交渉をすることで、転職希望先の会社からの印象が悪くなっていしまう可能性があります。

ですが、年収交渉は権利でもあります。そのため、先に述べた通り、年収交渉は印象を悪くしないように注意しながら行わなければいけません。

1:年収交渉を行うタイミング

年収交渉は、ほぼ内定が決まっている状態である最終面接で行いましょう。また、最終面接の最後でよく聞かれる「何か質問はありますか?」という場面で切り出すと良いでしょう。

一次面接などの早い段階で年収交渉をしてしまうと、担当者からの第一印象が悪くなってしまいます。ただし、最終面接で年収交渉をすれば、必ずしも印象が悪くならない、面接結果に影響しないというわけではありません。

2:年収交渉の切り出し方

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
最終面接で年収交渉をすれば、印象が悪くならないというわけではありません。なので、年収交渉をするタイミングには、最終面接の中でも、さらにタイミングがあり、その切り出し方も重要です。

いきなり年収交渉をするのではなく、給与体系の確認などから徐々に年収交渉に近づけていく流れを自然に作れると良いでしょう。

3:希望金額の伝え方

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
年収交渉をする際に、漠然ともう少し給料の額を上げて欲しいとお願いをしてしまうと、交渉もまとまらず、成立させることができません。

会社から提示された給料の額には根拠があります。そのため、年収交渉をする場合には、どうして給料の額を上げる必要があるかの根拠を述べる必要があります。その根拠となるものが能力や実績です。また、その能力や実績によって、具体的な給料額を自分から提案する必要もあります。

伝え方1:これまでの年収と比較する

上記で述べた通り、年収交渉をするのであれば、提示されている給料よりも多くの給料が欲しい場合には、その根拠を述べる必要があります。

根拠としてわかりやすいのは、以前の勤務先と転職希望先を給料と仕事内容で比較することです。もし、同じような仕事をするのであれば、以前の給料よりも下げたくないと思う人が多いです。そのような場合は、以前の職場での仕事内容と実績を交渉材料にすると良いでしょう。

伝え方2:転職先の年収相場を確認する

どのような仕事に就くとしても、その仕事や業界には年収の相場があります。もし、その相場よりも年収が明らかに低い場合には、その理由は確認した方が良いでしょう。

相場を確認しておくことで、納得できる理由なく、給料が低いという状況を避けることができます。納得できる理由であった場合は年収交渉によって、給料を上げることは難しいため、別の企業への転職を考えることも選択肢の1つです。

伝え方3:希望金額の内訳を明確にする

先に述べた通り、年収交渉をする際には根拠を述べる必要があります。根拠があるということは、基本給、残業代、ボーナスなどの、どの給与に対して、どの程度の増額が必要かを説明できるということでもあります。

できるだけ、詳細を会社側に伝えることで、会社側も給料増額に関して判断材料が多くなるので、うまく交渉が進みやすくなります。

4:希望金額に届かない場合の対処法

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
年収交渉をした結果、会社側から納得できる説明を受けることもあります。しかし、給料額に納得ができないということは、自分の能力や実績をその報酬額では提供できないと思っているということになります。

これは労働契約がまとまらないということなので、どうしても給料に納得ができないのであれば、選考を辞退することを検討しても良いでしょう。

転職における年収交渉のNG4つ

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
転職活動をしている人には、今までの仕事の能力や経験、実績があります。そのため、転職希望先から提示された給料に不満があれば、年収交渉を行うこともできます。

年収交渉を行う権利が転職者にはありますが、間違った年収交渉の仕方をしてしまうと、単に会社からの印象を悪くしてしまうだけとなってしまうので、いくつか注意しておくべきことがあります。

1:自分の能力を過大評価している

年収交渉をするためには、能力や実績を基に、給料額を上げてもらうための根拠を用意する必要があります。

しかし、その能力や実績が過大評価となってしまっていては、会社側との交渉材料としては役に立ちません。なので、能力や実績は自分で評価したものではなく、会社にとって有用性のあるということを会社側に納得してもらう必要があります。

2:明確な裏付けがない

年収交渉をする際には、給料額を上げなければいけないという根拠を用意する必要があります。また、会社側がその根拠に納得をする必要があります。そのために、能力や実績が重要な判断材料となります。

その能力が明確に転職先の会社にとって、有益なものになるということも証明する必要があります。また、その証明のためには裏付けとなる根拠も用意する必要があります。これらがない場合は会社が希望条件を受け入れることは厳しいと言えるでしょう。

3:自己主張が強い

年収交渉はその文字の通り、あくまでも交渉です。なので、本人と転職希望先の会社の両者が納得をしないことには成立はしません。

しかし、中には自己主張が強く、自分の意見ばかりを押し通そうとして、相手側の意見に耳を傾けない人もいます。また、そのような人は自分の意見を押し通すために、態度が悪くなることもあります。自分のことばかり言う態度の悪い人の要望は誰も受け入れてくれません。

4:最終判断ができない・遅い

年収交渉は交渉なので、会社側からも要望を受け入れるために、新しい要求をしてくる場合もあります。このような場合には、会社側から判断力や決断力などを試されていることがあります。

そのときに、正しい判断ができなかったり、判断が遅かったりすると、相手からは自分の意見ばかり通そうとしているような印象を持たれてしまうことがあります。

転職の年収交渉はポイントを絞って円滑に行おう

転職における年収交渉を円滑に行う方法4つ|年収交渉のNG4つ
転職をする人には、今までの経験や知識、実績があります。そのため、転職希望先から提示される給料に不満を持つこともあります。そのようなときは年収交渉をしましょう。

うまく年収交渉を進めれば、印象を落とさずに納得できる給料で転職に成功することができます。

Related