Search

検索したいワードを入力してください

2017年01月06日

【男女別】おすすめの送別会の贈り物ランキング・贈り物の金額相場

皆さんは会社の同僚や上司の送別会の時に、何を送ればよいか悩むことはありませんか?どんな贈り物をプレゼントしたら喜んでもらえるのでしょうか?今回は、送別会の際の贈り物におすすめなものを男女別にランキング形式でご紹介していきます。

【男女別】おすすめの送別会の贈り物ランキング・贈り物の金額相場

送別会での贈り物

学校の友達の転校、ホームステイ先の家族との別れ、会社の上司や同僚の転職や退職など、人との別れの時に「送別会」が行われます。

そんな「送別会」は送り出す側にとっても、送り出される側にとっても思い出に残りやすい大事なイベントです。

そんな大事なイベントを素敵なものに彩るのが、送り出す側が送り出される側へ渡す「贈り物」です。

しかし、送別会の際に実際にどんなものを送れば、相手が喜んでくれて、その送別会を相手にとっても自分にとっても記憶に残るような素敵なものにしてくれる贈り物になるのか悩みますよね?

今回は、「送別会」の際のおすすめな贈り物をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

送別会は相手へ「感謝」と「惜別」の思いを伝える機会

最初に、贈り物の話をする前に、もう一度「送別会」が行われる意味について考えて行きましょう。

前提として把握しておかなければならないことは、送別会というのはそもそも「相手に自分の感謝の気持や惜別の思いを伝える機会」だということです。

送別会の中で、相手に「感謝の気持ち」や「惜別の思い」をしっかりと伝えるのはもちろんですが、せっかく記憶に残る素敵な送別会にするのであれば、相手のことを思い、贈り物にも気持ちや思いがしっかりと伝わる工夫を施してあげることが大切です。

送別会の贈り物は相手への感謝が伝わるものを添える

先ほども言ったように、送別会で一番重要なのはどれだけ感謝の気持ちや惜別の思いを伝えられるかです。

そのためまずは、送別会にどんなものを送るかを考える前に、どのようにして相手に自分の感謝の気持や惜別の思いを伝えるかを考えましょう。

一番思いが伝わりやすく、記憶に残りやすいのはメッセージカードを書くことです。贈り物は貰うと嬉しいですが、気持ちまでは相手に伝わりにくいです。

しかし、メッセージカードに感謝の気持ちや惜別の思いを文字にして表し、視覚を通して伝えることで、こちら側の気持ちや思いが十分伝わるようになります。

さらに、メッセージカードを渡せば、そのメッセージカードはずっと相手の手元にその時の気持や思いが残ることになるので、時々それを見返す度に送別会のことを思い返す機会の役割も果たしてくれます。

送別会での贈り物の金額の相場は5,000~20,000円

では、実際にプレゼント選びになった時に、贈り物の予算はどのくらいに見積もるのが一般的なのでしょうか?

平均的な相場金額としては、同僚やあまり関係のなかった上司の場合は5,000~10,000円程度。付き合いが深かったり、良くお世話になった同僚や上司の場合は10,000~20,000円程度になります。

もらう側としては、あまり関係がなかった相手から急に高いものを貰っても申し訳ない気持ちになってしまいますし、逆にお世話になった上司に対してあまりにも安いものだと失礼になってしまいます。

プレゼントを選ぶときは自分と相手との関係をよく考えて金額を決めるようにしましょう。

会社の上司や同僚に送る贈り物ランキング ~男性編~

ここからは、実際に送別会の際どんなもの送れば、相手に喜んでもらえるのかを考えて行きましょう。

まずは、会社でお世話になった男性上司や一緒に入社し共に仕事をこなしてきた男性同僚に送る贈り物でおすすめのものをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

3位:ネクタイ

第3位に選ばれたのは「ネクタイ」です。
男性であれば、特にサラリーマンなんかは、職場では毎日スーツで仕事をこなす人が大半です。

そのため、男性にとってネクタイは必需品なのですが、わざわざ自分では買わないという男性がほとんどです。

男性であれば、ネクタイはいくらあっても困らないものなので、送別会の贈り物としては適していると思います。

しかし、ネクタイは種類が豊富で選ぶにしてもどれをチョイスすれば良いのか分かりづらいです。特に女性なんかはネクタイについて詳しい人が少ないため、選ぶときに苦戦するかもしれません。

さらに、男性によってネクタイのデザインや色合いなどの好みがわかれるため、相手の好みに合わせるのが難しいです。

2位:パスケースor小銭入れ

第2位は「パスケース」、または「小銭入れ」です。
どちらも社会人男性にとっては日常生活で使うものであり、二つともあると非常に便利なので、男性からするともらえたら地味に嬉しいものになっています。

パスケースは定期入れやその他のカードも入れるのに便利ですし、また名刺入れとしても活用できるのでいくらあっても困りませんし、使い道が色々あるので贈り物としてプレゼントしても、まず失敗はしないので「パスケース」はおすすめです。
次に「小銭入れ」ですが、小銭入れはあったら嬉しいけども、わざわざ自分では買わないものなので、プレゼントにはもってこいの贈り物です。

歳を重ねるごとに、便利なためクレジットカードの作る枚数が増えたり、取引先の相手から名刺を頂く機会が増えたり、お得だからと言ってクーポン券やポイントカードを作ってしまう場面が多くなってきます。さらに、持ち歩くお金も増えるため、小銭も多くなります。

これらを毎日持ち歩くとなると、当然財布はパンパンになって見た目も悪くなってしまいますし、整理が大変で、いざ使いたいと思ったときにカードがスマートに出すことができないなんてことになってしまいます。

あらかじめ家に置いてきて、カードの量もお金の量も減らしておけば良い話なのですが、それを分かっていても、いざという時に便利だからと言って結局全部持ち歩いてしまいますよね?

そこで、多くの人が「あったら便利だな」と思うものが小銭入れです。

ある程度の小銭と良く使うカードを数枚小銭入れに入れておくことができれば、整理されてスマートに支払いができますし、重くて不格好な財布の方はかばんの中に入れっぱなしで、取り出さずに済むからです。

大半の人がそれをわかっていても買わないため、あえてそれを送別会という機会にプレゼントすることで、喜んでくれる可能性が高いのでおすすめです。

1位:ボールペンor万年筆

送別会でプレゼントする男性への贈り物。

第1位は、「ボールペン」、または「万年筆」です。

ボールペンや万年筆は社会人なら持ってて当たり前のものであって、常に身につけます。

そのため、毎日肌身離さず持っている物が記念の物だと嬉しいですし、使う度に貰った人のことを思い出します。

他の人とかぶったとしても、家に置いておいても便利で使いやすいのでとてもおすすめです。

会社の上司や同僚に送る贈り物ランキング ~女性編~

ここからは、女性の上司や同僚の送別会でどのようなものをプレゼントするのが良いのか。

おすすめの贈り物を男性編同様で、ランキング形式でご紹介していきます。

3位:アロマグッズ

第3位は「アロマグッズ」です。

疲れを癒し、使うとリラックスするアイテムなので、今から会社を離れる人に対して「今までお疲れ様」という意味を込めて贈ることができるのでおすすめです。

さらに、特に女性の中には自分の家などのプライベートな空間におしゃれなアイテムが欲しいなと思う人も多くいます。

そのため、ただのアロマグッズではなく、少しデザインに凝ったものであるとより良いです。

2位:ハンカチorタオル

第2位は「ハンカチ」、または「タオル」です。

女性は男性よりも「清潔さ」や「美」に対して敏感で、そういったことに関することに特にこだわります。

ハンカチやタオルは「清潔さ」と「美」のその両方にとって重要なものであるのです。

手を洗った後に手を拭く際に使用して清潔さを保ったり、手荒れを防ぐのに頻繁に使いますし、汚れを拭き取ったりするときなんかにも使用します。

女性は男性よりもこのハンカチやタオルを使う機会が多く、多ければ多いほどありがたいものなので、相手は贈り物としてプレゼントされたら喜ぶこと間違いないです。

1位:ボールペン

女性編でも第1位は「ボールペン」です。

やはり社会人として日々身につけておきますし、使う場面が多いので、送別会の贈り物としては、文句なしにおすすめです。

送別会では気持ちが一番の贈り物

いかがでしたでしょうか? 今回は、送別会の際の贈り物におすすめなものを男女別にランキング形式で紹介してきました。

送別会で大事なのは、プレゼントの値段ではありません。

相手に贈るプレゼントに感謝の気持ちや惜別の思いをどれだけ込めて渡すことができるかです。

そういった気持ちを持って何をプレゼントするかを考えれば、きっとその送別会は相手にとって記念に残るものになるでしょう。

Related