Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

退職1ヶ月前にすべきことは?退職準備に関する豆知識7|円満退職について

退職準備は退職1ヶ月前から、退職1ヶ月前にすべきことはなんでしょうか。退職準備に関する豆知識7つ、退職1ヶ月前には準備を始め、円満退職のために忙しい時期を避け、引き継ぎを計画的に行い、退職理由は個人的なものにすると良いなどの情報をお届けします。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職準備に関する豆知識7|円満退職について

退職準備は退職 1ヶ月前から?

退職を決めたら円満に実現させるためのスケジュールを立てよう。

自分の将来を見つめ直すことで転職や退職を決断する方もいるでしょう。すぐにでも仕事を辞めたいと思うのは当然ですが、一時の衝動によって会社を辞めてしまうのは早計です。

それまでの経験や実績を捨ててしまうことにもなりかねませんから、冷静になってじっくり考える時間も必要でしょう。退職を希望している1ヶ月前には上司に相談するなどしてみましょう。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職準備に関する豆知識7つ

退職1ヶ月前にすべきことは?退職準備に関する豆知識7|円満退職について
退職を決断したら何をするべきか知っておきましょう。

どのような理由にしても退職を決断したら行動に移さなければなりません。収入が無くなってしまうリスクをできるだけ防がなければなりませんし、そのためにも早くから行動しておくにこしたことはありません。

退職の1ヶ月前までにはするべきことをしておく必要があります。ここでは退職1ヶ月前の準備期間に関する知っておきたい豆知識を7つご紹介していきます。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識1:退職意思はいつまでに伝えるべきか?

退職の意思をいつ上司に伝えるかは非常に重要です。退職を上司に申し出るタイミングは、円満に退職するためにも押さえておきたいポイントです。

会社によって規約が定められていることもありますが、早ければ3ヶ月前に、どんなに遅くても1ヶ月前までには伝えましょう。1ヶ月前よりギリギリに退職を伝えるのは会社に悪い印象しか与えません。「もう二度と関わることもないから」などという考えは百害あって一利なしです。

法律では?

法律では、退職の2週間前までに退職届を提出することで退職は可能です。伝えるタイミングは早めが望ましいですが、法律では「期間の定めない雇用契約の場合、退職の2週間前までに退職届を提出することで退職可能」です。

「期間の定めない雇用契約」とは正社員だけでなく、アルバイト、派遣社員なども該当します。退職は法律で定められた労働者の権利なので2週間を待たずして退職可能ですが、損害賠償請求される恐れがあります。

会社の状況次第でも違う

会社に無理のない時期に退職するのが望ましいです。退職自体はやむを得ないにしても、「今抜けられると困るどころではない」といった時期がどのような業種にもあります。

例えば、注文が集中する繁忙期や大きいプロジェクトの進行中だったりすると退職する時期には適していません。

退職1ヶ月前を切っていて再就職先が決まっている、などでなければある程度は会社の都合も汲んであげるのが良いでしょう。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識2:退職意思を伝える方法

納得して退職を受け入れてもらえるような伝え方をしましょう。家族の体調や、自身の結婚などによる退職は受け入れてもらいやすい傾向にありますが、それ以外の理由であれば事によっては納得してもらえるか心配なものもあります。

悪い印象を与えての退職にならないためにも、会社や職場への悪口は言ってはいけません。残る人たちへの影響が出てしまうリスクがあるからです。強い意思を持ってやりたい事があると伝えるのが大切です。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識3:引き止められないためにできることは?

引き止めるために就業条件を良くしてくる場合の対処法があります。

会社の戦力として活躍してくれている社員を手放すのは惜しいと、「人材が育つまで残って欲しい」という理由で退職を引き伸ばす場合が考えられます。その場合は「退職までの期間、精一杯引き継ぎできるように頑張ります」と伝えて対処しましょう。

「給料アップするから」という誘惑にも、「給与が理由ではなく、どうしてもやりたい事があるから」と対処しましょう。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識4:有給の消化

入社から6ヶ月以上が経過していれば有給休暇の権利があります。

有給休暇はできるだけ早い段階で消化しておきましょう、退職の1ヶ月前を切ってからではもう遅いです。いざ退職するとなったときに、引き継ぎやら取引先への挨拶やらで忙しくなってしまうと有給休暇を取りづらくなるかです。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識5:仕事の引継ぎ

仕事の引き継ぎは丁寧に時間をかけてしましょう。退職する日が決まったら当日まではできる限り引き継ぎに時間を使いましょう。遅くても退職の1ヶ月前までにはじっくりと引き継ぎのために時間を割きましょう。

退職の1ヶ月前からと言っても引き継ぎは時間がかかることもあります。あなたの仕事を引き継ぐ人が一人でもやっていけるようにマニュアルを用意してあげると良いでしょう。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識6:取引先へのあいさつ

できる限り直接会って挨拶するようにしてください。

退職は人生の中で大きな転機となるイベントです。それだけの事をするのですから、話を聞いたほうは驚くでしょうし言っておきたいこともあるでしょう。

顔を見て話をすることも最後になるかもしれないので、お世話になった人には直接会って挨拶することをおすすめします。

営業先の担当者であれば1ヶ月前とは決めずに、時期を早めて挨拶しておくと良いでしょう。

退職1ヶ月前にすべきことは?退職の豆知識7:退職届を提出する時期

退職届を提出する時期は必ず上司に相談することが大切です。退職を決めるのは誰でもない自分自身です。しかし、退職する時期は上司と相談して決めるのが良いでしょう。遅くても退職を予定している1ヶ月前には相談しましょう。

なんの前触れもなくいきなり退職届を提出することは、常識から逸脱している行動と言っても過言ではありません。まずは上司に相談して納得してもらってから時期を決めましょう。

退職1ヶ月前には準備を始めよう!円満退職のためのポイント3つ

誰もが納得できる円満退職のポイントを知っておきましょう。円満退職のためにはどのようなポイントがあるのでしょうか、ここでは円満退職をするために11ヶ月前から準備をする上で知っておきたいポイント3つをご紹介していきます。

1ヶ月前には準備を始めよう!円満退職のポイント1:忙しい時期を避ける

業務が慌ただしく忙しい時期は避けましょう。わざわざ忙しい時期に退職することはイメージ的にも好ましくありません。退職を予定している1ヶ月前の上司に相談する時点で、繁忙期と退職時期がかぶらないように調節しましょう。

1ヶ月前には準備を始めよう!円満退職のポイント2:引継ぎを計画的に行う

退職する際の引き継ぎは徹底的に行ってください。引き継ぎは退職するとなったときに最も重要な仕事であると言えます。

これを疎かにしてしまうと、残った社員に大変な迷惑をかけることになります。引き継いだ後の仕事に支障が出ないように、遅くても1ヶ月前には徹底的に取り組みましょう。

1ヶ月前には準備を始めよう!円満退職のポイント3:退職理由は個人的なものにする

退職理由は特別理由が無くても個人的なものにするのが無難です。退職理由は個人で違うものですが、曖昧な理由では印象が良くありません。退職1ヶ月前までには、「どうしても挑戦したい、今のタイミングでなければいけない」といった強い意思を持って理由づけをしましょう。

退職1ヶ月前にするべきことを知っておこう

どんなに遅くても退職1ヶ月前までには準備しておこう。退職する際に大切なのは、「いかにスムーズに仕事を引き継ぎできるか」にあります。それさえしっかりできていれば他は気に病むことはありません。

そのためにできることを退職を意識し始めた頃から考えておく準備が必要です。まずは自分の仕事を引き継ぐ後継人は誰なのか、適切な時期はいつなのかをイメージしておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related