Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月08日

退職日が証明できるもの3つ|証明書を発行してもらう方法と必要な手続き

転職やライフスタイルの変化で退職をする場合、退職した後にはさまざまな手続きが待っていることを知っていますか。手続きをするためには、退職日を証明できるものを退職する会社から発行してもらはなければなりません。ここでは退職日を証明するものを紹介します。

退職日が証明できるもの3つ|証明書を発行してもらう方法と必要な手続き

退職日とは

退職日は、最終の出勤日だと勘違いをしてしまう人が多くいます。でもこれは最終出勤日が退職日になる人もいますが、ならない人もいますので、退職日=最終出勤日は間違いです。

最終出勤日が終わったあとに残っていた有給休暇を消化する人もいて、有給休暇中は会社に在籍していることになりますので、雇用契約が終了した日が退職日ということになります。

退職日は、雇用契約が終了する日のことと覚えておきましょう。

退職日が証明できるもの3つ

退職日が雇用契約を終了した日であることがわかりましたが、退職した日を転職先から教えてほしいと言われたり、健康保険などの手続きで退職日が必要になるケースがあります。

その時には退職日を口頭で伝えるのではなく、退職日がいつなのかということを証明する書類を持ってきてほしいといわれることがあります。退職日を証明する書類にはどのようなものがあるのでしょう。

ここでは、退職日を証明できるものを3つ紹介します。

退職日が証明できるもの1:退職証明書

退職証明書は退職日が証明できるもののひとつです。その名前のとおり、会社を退職したことがわかる書類、退職したことを証明する書類です。

退職証明書は、会社に発行の義務はありませんので、証明書がほしい場合には依頼して発行してもらうようにしましょう。

使用期間・業務の種類・その事業における地位・賃金・退職事由の5つが退職証明書の記載事項です。この中からどの事項を記載するか選ぶことができます。

退職日が証明できるもの2:離職票

離職票も退職日が証明できるものです。会社を退職した場合に退職者に渡される書類です。

離職票は、失業給付金を受け取るために必要な書類で、離職票を持ってハローワークで手続きをしなくてはいけません。

退職後10日前後で、会社は退職者に離職票が届くようにしなくてはならない決まりになっています。郵送などの手段で手元に届くようになっているので、覚えておくようにしましょう。

退職日が証明できるもの3:資格喪失証明書

資格喪失証明書は、健康保険被保険者資格喪失証明書のことで、会社勤めをしている人やその家族が対象となる社会保険から国民健康保険に切り替えるために必要な書類です。

この書類が無いと退職した後に、健康保険証がなく実費で支払う必要があり、病気やケガで病院に行くことができなくなってしまいますのでもらったかどうか確認する必要があります。

この資格喪失証明書も退職日が証明できるもののひとつです。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法5つ

退職日を証明する書類は必要になる場面により必要になる時期に違いがあり、スムーズに発行してもらわないと間に合わないという場合もあります。ですからどのように発行してもらうのか、発行までにどれぐらい時間がかかるのか知っておくようにしたいです。

ここでは、退職日が証明できるものを発行してもらう5つの方法を紹介します。参考にしてスムーズに発行してもらうようにしましょう。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法1:退職先の会社に依頼

退職日が証明できるものは、退職先の会社に依頼して発行してもらうのが一般的です。

退職の際には、手続きや残務処理、引継ぎなどで依頼することを忘れてしまうことがあります。退職日が確定したら速やかに、発行依頼するようにしましょう。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法2:退職前に発行できる書類

退職日が証明できるものを発行してもらう場合、書類によっては退職前でも発行できる書類があることを知っておきましょう。

退職する前でも発行することができる退職日が証明できるものとしては、退職証明書があります。退職日が確定していることが条件ですが、退職前に発行できるのでスムーズな転職のためには早めに手続きをすることをおすすめします。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法3:退職後でないと発行できない書類

退職日が証明できるものの中には、手続きなどの関係で退職後でないと発行できないものがあります。離職票と資格喪失証明書は退職前には受け取れません。

離職票は社員の離職日の翌日から10日以内に申請することが決められていますし、資格喪失証明書は退職日翌日から5日以内に届け出することが決められているので、退職前にはもらえません。

ただし、退職前に離職票と資格喪失証明書の発行を依頼することができます。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法4:発行までにかかる日数

退職日が証明できるものを発行してもらう場合には、発効までにどれぐらいの日数がかかるのかを確認しておくと、その後の手続きがスムーズに進めることができます。

退職日が証明できるものの中でも退職証明書は会社により発行にかかる日数には違いがあります。退職日が証明できるものの中でも離職票と資格喪失証明書は、すぐに会社が手続きをしても発行までに時間がかかり、退職日から2週間前後で手元に届くようになっています。

退職日が証明できるものを発行してもらう方法5:申請にかかる費用

退職日が証明できるものを発行してもらうときには費用はかかりません。申請するためには、会社により手続きの方法が決められている場合が多く、費用はかからず申請手続きを行えば発行してもらうことができます。

発行期限を過ぎても手元に届かない場合には会社に確認するようにした方がいいです。発行してもらえない場合や発行を拒否された場合には、ハローワークなどの関係機関に相談すると良いです。

退職日が証明できるものが必要な手続き4つ

退職日が証明できるものがわかり、発行するための方法や手順がわかりましたが、どのような場面で発行してもらった書類が必要になるのでしょう。

ここからは、退職日が証明できるものを求められるケースや必要になる手続きを4つ紹介します。

退職日が証明できるものが必要な手続き1:失業保険の受給

失業保険の受給をするためには、退職日が証明できるものを用意しておく必要があります。失業保険の受給を行うためには、ハローワークで手続きを行う必要があり、離職票を持っていかなければならないことになっています。

失業保険の受給には期間が決められているので、離職票を発行してもらえるかを確認しておくほうがいいです。もし2週間経っても届かない場合には一度会社に確認するか、ハローワークに相談しましょう。

退職日が証明できるものが必要な手続き2:国民健康保険への切り替え手続き

退職日にはそれまで使っていた健康保険証を会社に返却しなければなりません。それまでは会社員の人やその家族が加入する社会保険から国民健康保険に切り替えをする必要があります。

国民健康保険に切り替える場合に、退職日が証明できるものである資格喪失証明書を提出しなければなりません。

国民健康保険に切り替える手続きは、14日以内に住んでいる市区町村の年金業務を担当するところで行う必要があります。

退職日が証明できるものが必要な手続き3:新しい転職先での手続き

転職活動をするなかで、新しい転職先から退職日が証明できるものとして退職証明書の提出を求められることがあります。

内定を出す前や内定が決まった時に退職証明書の提出を求められるケースが多いです。ではなぜ退職証明書を求められるのでしょう。

履歴書に記載された経歴や職歴に間違いはないか退職理由がどのようなことであったのかを確認するために使われることが多く、正確な情報を把握してトラブルを回避する目的があります。

退職日が証明できるものが必要な手続き4:退職後の手続きがスムーズになる

退職日が証明できるものを持っていれば、退職後の手続きがスムーズに行えます。

離職票や資格喪失証明書の発行までには時間がかかってしまいます。届くまでの間に失業保険の受給の手続きや国民健康保険に切り替える手続きを行いたい場合、離職票のかわりに退職証明書を提出してもよい場合があります。

先ほども言いましたが、退職証明書は退職日が確定していれば退職前でも発行してもらうことができますので、申請しておきたいです。

退職後の手続きには退職日が証明できるものが必要不可欠

退職することや転職活動でいっぱいいっぱいになり、退職後にも失業保険の受給手続きや国民健康保険への切り替えなどの手続きがあることを見落としがちです。

手続きをするためには、退職した会社から退職日を証明することができる書類をもらっておかなくてはなりません。

退職後に行われる手続きには、離職票や資格喪失証明書など退職日が証明できるものが必要不可欠であるということを覚えておきたいです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related