Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

退職までの気まずい雰囲気を乗り切るための方法6つ|円満退職しよう

結婚や家族の事情など急な事情で突然勤め先を退職しなければならないというケースも少なくありません。理由によっては周囲から冷たい視線を浴び、職場に気まずい雰囲気が漂うこともあります。今回は退職時に気まずいと感じた場合の対処法についてご紹介します。

退職までの気まずい雰囲気を乗り切るための方法6つ|円満退職しよう

退職するまで気まずいと感じたことがある割合

勤めていた会社を退職する際の理由には、「結婚や出産」、「家族の事情」、「転職」、「職場での不祥事」など、さまざまな理由や原因が考えられます。会社を退職する際に気まずいと感じたことがある割合は、約半数と言われており職場や業種によっても傾向は異なります。

寿退社のようにおめでたい理由で退職する場合でも、退職するまでの言動などによっては職場に気まずい空気を作る原因になりかねません。

退職するまで気まずいと感じる理由は?

退職するまで気まずいと感じる理由の多くは、「上司との関係性の悪化」、「職場での業務の引き継ぎ」などが考えられます。

会社を退職する場合は理由によっても異なりますが、特に新しい会社に転職する場合などは上司がなかなか首を立てに振らず退職までに関係性が悪化するケースも少なくありません。

また退職する場合は自分の仕事を引き継がなければならず、相手によって仕事が増えることを嫌がるケースも多い傾向にあります。

退職することへのうしろめたさ

これまで一緒に仕事をしてきた仲間と良好な関係が築けている場合は問題ありませんが、もともと職場の空気が悪い場合は会社を退職する際にうしろめたい気持ちを抱えてしまう方も少なくありません。

会社を退職することを「悪」と解釈するのではなく、自分の人生における選択肢の1つとして前向きに向き合うことが大切です。同僚に対して申し訳ないと感じる場合は退職するまでしっかり仕事をすればうしろめたいことなどはありません。

上司や同僚との関係悪化

会社を退職する際に多いのが、職場の上司や同僚と関係が悪化するケースです。たとえば、会社にとって大きなプロジェクトが進行している最中での退職は少なからず周囲に迷惑をかけてしまいます。

上司の中にはあなたの退職を身勝手な行為とみなし、退職希望を認めなかったり、あなたに対し冷たい態度を取るケースも少なくありません。理由は何であれ職場のメンバーにどう思われようと動じない気持ちが大切です。

退職までの気まずい雰囲気を乗り切るための方法6つ

やむを得ない事情で会社を退職する際、会社や職場によってはあなたが退職することを快く思っていない人がいる場合があります。職場で気まずい空気や冷たい視線を感じる場合は、退職日になったらこの職場に来ることもないと割り切り、前向きに仕事を進めることが大切です。

退職前に周囲のメンバーと口論になると余計に気まずい雰囲気を作る原因となるので、十分注意して退職日までの日々を過ごすことが大切です。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法1:十分にコミュニケーションをとる

退職するまでに気まずい雰囲気を作ってしまう原因の1つが「コミュニケーション不足」です。退職する方の中にはもう会社とは関係がないと感じ、職場のメンバーや上司と一切コミュニケーションを取らず、勝手な行動をとる方もいます。

退職する日が決まっても退職日まではあなたも一人の従業員です。仕事は最後までしっかりと行い、周囲のメンバーと十分にコミュニケーションを取りながら業務の引き継ぎなどを行う必要があります。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法2:会社や仕事に対しての不満を言わない

退職するまでに気まずい雰囲気を作る原因の2つ目は、あなたの退職に関する噂や陰口などの影響です。たとえば、今の会社よりも有力な大手企業に転職するために退職する場合、職場メンバーの中にはあなたのことをひがんでいる方もいないとは限りません。

あなたが退職するまではどこで職場のメンバーが話を聞いているかわからないので、会社や仕事への不満や余計な話をしないようにすることが気まずい空気を作らないポイントです。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法3:今まで以上に熱意をもって仕事をする

退職する方のいる部署などでは、あなたが仕事に対するやる気がなくなったと感じると「どうぜ退職するから仕事をしない」とよからぬ勘違いをされるケースも少なくありません。

職場で気まずい雰囲気を作らないためにも、自分が担当していた仕事は最後まで熱意もって仕事を行うのも1つの方法です。

また業務を引き継ぐ場合、なるべく退職日まで仕事を行うなど、メンバーに気をつかうようにすると気まずい空気を避けることができます。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法4:休暇取得は必ず周囲に相談する

会社の退職日が決まると人によっては残った有給休暇などを退職日までに消化する方が多い傾向にあります。有給休暇の取得は従業員に与えられた権利なので、基本的にはどこで取得しても問題ありませんが、必ず周囲のメンバーと相談しながら取得することをおすすめします。

仕事が忙しい時期はメンバーが抜けてしまうのはとても大きなことです。最後まで職場のメンバーであることを自覚し、身勝手な行動はしないよう心がけましょう。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法5:新しい就職先などを漏洩しない

退職する職場で気まずい雰囲気を作らないためには、退職する理由によっては内容の詳細までは伝えないようにすることをおすすめします。退職する場合は上司などの退職理由を伝えるため、上層部はあなたの退職理由を知っています。

しかし、職場のメンバーの中にはあなたの退職を快く思っておらず、退職理由をくわしく聞いてくるケースもあります。特に取引先などへ転職する場合は詳細を伝えないようにするのが賢明です。

気まずい雰囲気を乗り切るための方法6:ささやかなプレゼントを贈る

退職する職場で気まずい雰囲気を作らないためには、最終日にささやかなお礼の品を職場メンバーに配ることをおすすめします。これまで一緒に仕事をしてきた職場のメンバーにはささやかなプレゼントなどを用意し、しっかり感謝の気持ちを伝えることが大切です。

メンバーに贈るプレゼントはお菓子やハンカチなど、小さなアイテムで問題ありません。大切な気まずい空気が流れたとしても最後に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

退職日までに準備しておきたいこと4つ

退職を上司に伝えから退職する日までは、業務の引き継ぎや有給休暇などを消化しているとあっという間に過ぎてしまう傾向にあります。

あなたが退職する日までに、お世話になった職場メンバーへの挨拶、自分のデスクやワークスペースの整理整頓、退職届などを含む各種申請書の提出などを行う必要があります。退職する日が決まったら時間にゆとりを持って計画的に退職の手続きを進めましょう。

退職日までに準備しておきたいこと1:最終日の挨拶の準備

あなたが会社に勤務する最後の「退職日」は、終業前に職場のメンバーに対して挨拶の時間を設けてくれるケースが多い傾向にあります。

最終日に挨拶を行う際は3分程度に内容をまとめ、職場メンバーに伝えたい言葉を事前に準備しておきましょう。退職の挨拶では、これまで従事してきた仕事内容などを簡潔に伝え、職場メンバーへの感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。

退職日までに準備しておきたいこと2:私物の整理

退職日までに行わなければならないことの2つ目は「私物の整理」です。あなたの退職後の翌日から後任が決まっている場合は、早めにデスクを整理し、不要な資料やファイルなどは早めに処分しておきましょう。

また職場の共有で使用していたストレージなどもチェックし、仕事に関係のない私物が残っていないか確認しましょう。私物などがそのまま場合、後任や職場メンバーに迷惑がかかるので気をつけましょう。

退職日までに準備しておきたいこと3:保険などの手続き

会社を退職する場合は会社や役所への手続きなどが必要になります。たとえば、退職後に新しい就職先が決まっていない場合は失業保険の手続きを行う必要があるため、必ず離職票を保有しておきましょう。

また家族の扶養となる場合には退職証明書を役所に提出する必要があるため、あらかじめ人事から証明書を発行してもらうようにしましょう。退職前にどんな手続きや証明書が必要かをリストアップしておくことおすすめします。

退職日までに準備しておきたいこと4:パソコンなどから個人のデータを消去する

会社の退職日が決まったら、会社で使用していたパソコンや携帯などから個人データを削除しておきましょう。後任に引き継ぐ必要があるデータや名刺などは事前に整理し、業務を引き継ぐ際に渡すようにするといいでしょう。

また会社から携帯を支給されている場合も同じく個人データは必ず削除し、仕事に関係のある方には後任の新しい携帯番号などをメールで伝えるといいでしょう。

ちょっとした工夫で退職までの気まずい雰囲気を乗り切ろう

これまで勤めていた会社を何らかの理由で退職する場合、退職理由によっては職場に気まずい空気が流れるケースがあります。退職することを上司から反対された場合などは、職場のメンバーとの関係性も悪化し、関係が気まずくなる傾向にあります。

職場に気まずい雰囲気が流れたとしてもこれまでと同じようにしっかりと業務を行い、最後にお世話になった職場のメンバーへ感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related