Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

雇用保険被保険者証がない人の対処法|確認必須のその他の書類4種

皆さんは、「雇用保険被保険者証」という書類についてはご存じないでしょうか。雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入したことの証明書で、転職をする際に必ず必要となる書類です。この記事では雇用保険被保険者証がない人の対処法とその他の必要書類について解説します。

雇用保険被保険者証がない人の対処法|確認必須のその他の書類4種

雇用保険被保険者証とは?

転職をする際にはさまざまな書類や手続きが必要となりますが、その中で最も重要なものが雇用保険被保険者証となります。

雇用保険被保険者証は、雇用保険に加入した際にハローワークから発行される証明書で、転職先の会社から必ず求められます。

また、雇用保険の加入手続きは、本人に代わって基本的に会社が行うので、雇用保険被保険者証がどんなものかを知らない方は多いです。

雇用保険被保険者証を必要とする場面

雇用保険被保険者証は転職に欠かせない書類ですが、その転職におけるどんな場面に必要なものとなるのでしょうか。

そして、雇用保険被保険者証が転職以外で効果を発揮する場面があるとしたら、果たしてそれはどんなものなのでしょうか。

その雇用保険被保険者証を必要とする場面として、下記の3つを紹介していきますので、雇用保険被保険者証を持っている方、持っていない方も参考として目を通してください。

新しい会社に入社した時

前の会社を退職し、転職として新しい会社に入社する際、雇用保険被保険者証はその新しい会社に雇用保険被保険者証を提出することになります。

なぜならば、最初の会社がそうしたように新しい会社も、その管轄のハローワークで雇用保険の手続きをしなければいけないからです。

なお、雇用保険被保険者証はコピーでも構わないので、新しい会社にいつでも提出できるよう準備を心がけましょう。

国民保険に切り替える時

雇用保険から国民保険に切り替える時でも、雇用保険被保険者証はその切り替えの手続きに必要な書類となります。

国民保険の加入の手続きは退職した日から2週間以内に行うのが原則で、その退職した前の会社で働いていた事実がわかるものが必要となります。

その必要な書類として雇用保険被保険者証も含まれていますので、転職はもちろん今後の人生設計のためにも、必ずこの書類を発行し、用意するよう心がけてください。

失業保険をもらう時

病気や免職で失業してしまった時、転職活動をする上でお金に困らないように失業保険で給付金を受け取るのは一般的な流れです。

そんな時に、雇用保険被保険者証があれば、ハローワークで失業手当を受給することができ、転職活動が行いやすくなります。

つまり雇用保険被保険者証は、失業中でも非常に役に立ち、欠かすことができない書類となっていますので、是が非でも雇用保険被保険者証を手に入れるようにしましょう。

知っておきたい!雇用保険被保険者証の豆知識2つ

雇用保険被保険者証を利用するにあたるはもちろん、持っている際に知っておくと便利な豆知識がふたつあります。

これらの豆知識を頭に入れておけば、雇用保険被保険者証を持っている方も持っていない方もより深く理解し、使いやすくすることができるでしょう。

これから下記にそのふたつの豆知識とそれらの補足要項を紹介していきますので、雇用保険被保険者証でわからないことがある方は、ぜひともこれらに目を通してください。

雇用保険被保険者証の豆知識1:雇用保険被保険者証は退職時に手渡しが基本

雇用保険被保険者証とは、一言で言うと「雇用保険に加入したことの証明書」であり、所持しているだけで自分が雇用保険に加入していることの証明となります。

雇用保険の加入手続きは所持者となる従業員ではなく、最初に就職した会社が行うもので、雇用保険被保険者証はその際に発行されます。

そして会社側によって紛失しないよう保管され、退職する際、初めて会社側から手渡しされることで従業員が所有することとなります。

もらってない場合は会社に連絡する

転職することになった新しい会社でも雇用保険は有効となるため、その会社の入社手続きでも雇用保険被保険者証の提出が求められます。

もしも雇用保険被保険者証をもらい損ねた、または何らかの都合や事情で発行されていない場合は、退職した前の会社に連絡しましょう。

そして改めて雇用保険被保険者証を受け取って、雇用保険が使えるようにしてから、転職を行うのがベストな流れです。

雇用保険被保険者証の豆知識2:雇用保険被保険者証を紛失した場合

退職から再就職までの間、雇用保険被保険者証を受け取ってないはもちろん、紛失してしまったというケースが起こることも珍しくありません。

そして雇用保険被保険者証はとても小さく、うっかりしているとすぐに紛失してしまうことになるので、管理に気をつけることが重要です。

もしも紛失してしまった場合は、下記に紹介する2つの方法ですぐに再発行してもらいましょう。

ハローワークで再発行

雇用保険被保険者証を紛失してしまった場合は、ハローワークに行って再発行の手続きをしてもらうのが基本的な流れとなります。

再発行の手続きは、退職する前の会社の所在地を管轄するハローワークに行き、「雇用保険被保険者証再交付申請書」にサインして行います。

また、手続きには運転免許証など本人確認の書類と印鑑などが必要となるので、こちらも雇用保険被保険者証の申請と一緒に忘れないようにチェックしましょう。

電子申請や郵送申請でも再発行の手続きができる

忙しかったり、病気などの不都合でハローワークに行けない場合、電子申請や郵送申請で雇用保険被保険者証の再発行の手続きができます。

これらの手段で再発行の手続きをすれば、あとは発行される日を待つだけなので、発行される日を頭に入れておけば問題はありません。

しかし、すぐ発行ができないどころか手続きにも日数がかかってしまうことが多いので、新しい会社への転職までの見積もりを立てて申請を行うようにしましょう。

退職後に確認しておく書類4種

雇用保険被保険者証の他にも退職に必要な書類はあり、その必要な書類の具体例として下記の4つがあります。

これらの4つの書類は、退職する際にまず必ず用意するべきものと言っても過言ではなく、何より退職以外の意味で知っておいても損はありません。

よって、これから退職や転職をする方、もしくはそれを考えている方は、雇用保険被保険者証と合わせる形でこの4つの書類に目を通してください。

退職後に確認しておく書類1:離職票

離職票とは、ハローワークで失業手当の給付手続きをするために必要な書類で、これがないと失業手当を受け取ることはできません。

そして手続きに時間がかかり、退職日ではなく退職後に郵送してもらう流れとなるため、すぐにはもらうことはできません。

また、転職先が決まっている場合は用意する必要がなくなりますが、雇用保険被保険者証と並んで転職する際に必ず用意するべきものと認識しておきましょう。

退職後に確認しておく書類2:源泉徴収票

源泉徴収票とは、1年間の労働でいくら給料を支払い、税金を徴収したかについてを記載した書類です。

基本的に所得税の年末調整に使うための書類で、転職先企業に提出するものであり、年内に転職しなかった場合は所得税の確定申告時に使用することになります。

退職した会社でどれだけ働き、どれだけ給料をもらったかについてを転職先に証明するための大事な書類ですので、こちらもしっかりチェックしておきましょう。

退職後に確認しておく書類3:健康保険被保険者資格喪失証明書

被保険者が退職するとその翌日にその資格を失い、保険証などそれまで使えていたものも使えなくなってしまいます。

そんな時、雇用保険被保険者証と並んで保険を再び得るために新しく使う書類こそが「健康保険被保険者資格喪失証明書」です。

退職先の事業主を経由して労働組合に返却する際に申請書を提出して発行する形となり、手続き状況によっては発行に長くて1週間程度の時間を要することになります。

退職後に確認しておく書類4:退職証明書

退職証明書とはその名の通り、会社を退職したことを証明する書類で、その退職先の会社に依頼することで発行されます。

主に履歴書や職務経歴書の内容の正確さ、退職理由の確認を目的として転職先の企業が必要とすることがあります。

また、この書類の提出を求められたからといって自分の経歴のことで神経質になる必要はないので、雇用保険被保険者証と並んで手続き上必要な書類と気楽に捉えておきましょう。

雇用保険被保険者証は早めに申請しておこう

いかがでしたでしょうか。今回は雇用保険被保険者証を持っていない人がとるべき対処法と、雇用保険被保険者証と並んで退職と転職に必要な書類について解説しました。

新しい企業や会社に転職するはもちろん、転職も含めた今後の人生においても雇用保険被保険者証は欠かすことはできません。

よって、雇用保険被保険者証が必要だと感じたら、自分の今後のためにも迷わず早めに申請するようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related