Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

新入社員の人間関係の3つ不安と5つ悩み|職場での人間関係の秘訣とは

会社や企業に就職することができても、仕事と人間関係でさまざまな不安や悩みに直面することがあります。仕事とプライベートの両方で新入社員としてうまくやっていくにはどうするべきでしょうか。この記事では新入社員の人間関係と不安と悩み、秘訣について紹介していきます。

新入社員の人間関係の3つ不安と5つ悩み|職場での人間関係の秘訣とは

人間関係とは

人間は今を生きていく上に他人と関わること、すなわち人間関係の構築を避けて通ることはできません。

多くの友人を作ったり、いつでも誰とでも仲良くすることが人間関係の全てではなく、自分に合った無理のない人との付き合いが人間関係の定義と言えます。

その上で自分のストレスを可能な限り抑えて交流を深めていくことが、良好な人間関係の築き方と言えます。

入社できても不安を持つ新入社員は多い

社会人の生活にも当然人間関係は必要で、特に就職による学生から社会人への変化は人生の中でも今までにない大きな変化で、不安を感じることも多いです。

特に会社や企業に就職し、新入社員として生活をスタートさせる際、主に仕事と、上司や先輩との人間関係に不安を感じることは珍しくありません。

そのため、無事入社して新生活を始めようにも、不安を持って足踏みしてしまう新入社員も多いです。

新入社員の人間関係の3つの不安

新入社員が入社して不安に感じやすいものとして人間関係があり、その具体例として以下の3つがあります。

これから新入社員としてスタートしていく方の中で、この3つのうちどれかに当てはまるもののある方は参考にしてください。

新入社員の職場の人間関係1:上司と上手くできない

新入社員として新しい人間関係に入っていく中で、上司のように「すでに職場で力を持っている存在」は、誰であろうと畏怖の対象となります。

仕事も含めて新入社員として上手くやっていこうにも、職場で力を持っている上司を前にすると必要以上にかしこまってしまいます。

さらに最初から高圧的な上司にあたるとストレスがたまり、気の弱い新入社員だと萎縮してしまうこともあります。

新入社員の職場の人間関係2:先輩と仲良くできない

上司に次いで職場で力を持つ先輩との人間関係も、新入社員の大きな不安の種のひとつとなっています。

それ以前に、同じ年代が集まって生活していた学生時代と比べ、会社や企業などの職場にはいろんな世代の人間がいて、先輩もそれに含まれています。

親切で優しいタイプであっても、新入社員だからこそ右も左も分からないからこそ、先輩とどう付き合えばいいのか不安に感じてしまうでしょう。

新入社員の職場の人間関係3:顧客から信用されない

新入社員の人間関係の3つ不安と5つ悩み|職場での人間関係の秘訣とは
社会人になれば、見知らぬ他人との人間関係を前にしても普通どおりにできる対応力が求められてきます。

そして新入社員となると、職場の同僚や先輩、上司だけでなく、取引先や顧客と会話をしなければならない場面も増えてきます。

取引先や顧客から信頼されなくなると、自分の仕事へのモチベーション低下だけでなく、職場のチームワークや人間関係の乱れなど状況の悪化へとつながり、それらへの不安が新入社員を圧迫します。

新入社員の仕事の5つの悩み

人間関係と並ぶ形で仕事もまた新入社員が不安として抱えるもので、上司や先輩に教えられたとおりにできないなど、理想と現実のギャップに悩んで落ち込むことも少なくありません。

そして、新入社員が仕事がうまくいかずに悩むのは5つのパターンとなり、これらは多くの新入社員が抱えている悩みとなっています。

新入社員の仕事の悩み1:仕事でのスピードの遅さ

新入社員は会社や企業に入ってまだ右も左も分からない時期であり、人間関係はもちろん、仕事のこともよくわかっていません。

慣れない仕事に取り組む際、丁寧さだけでなくスピードも心がけているつもりが、思うようにスピードを出せないことも少なくありません。

気がつくと、同じ新入社員と比べてスピードが遅く、仕事の進捗もひとりだけ遅れているという状況に置かれていることもあります。

新入社員の仕事の悩み2:仕事を覚えられない

ビジネスマナーやメール、報連相のタイミングなど、新入社員が覚えなければならないことは多くあります。

仕事において最も重要となるビジネスマナーは、頭で理解したつもりになっても、実践となるとうまくいかない、対応できないなど苦戦することが多いです。

その他にも、任された仕事に失敗して相手や社内に迷惑をかけたりした経験、あるいはその不安や緊張で内容を覚えられないこともあります。

新入社員の仕事の悩み3:営業契約が取れない

営業契約を取る際、上司や先輩に教えられたとおりに取れないという経験、もしくはその不安と緊張も新入社員の仕事の悩みにあります。

新入社員としてまだ全部を覚えきれていないこともありますが、真面目に営業しているのに上司や先輩に教えられたとおりにできないことが大きなストレスとなっています。

そして契約が取れないことで自信を失うあまり、上司や先輩も含めた周りの職場の人間関係の悪化につながります。

新入社員の仕事の悩み4:電話対応が苦手

電話越しとはいえ、見知らぬ人間と直に話すことになる電話対応の仕事も、多くの新入社員が悩みの種として抱えています。

会社にかかってくる知らない人間からの電話対応は当然誰もが緊張するもので、うまく話せないこともあります。

そして聞き漏れなどで電話先のクライアントから叱られることもあり、それで落ち込んだり、その不安を感じることも少なくありません。

新入社員の仕事の悩み5:柔軟に対応できない

新入社員でも経験と努力を重ねれば、教えられた仕事はある程度はこなせるようになりますが、同時に柔軟な対応力が求められていくようになります。

仕事はその会社や企業ごとの違いがありますが、さまざまな種類があり、それを考慮していくのが社員としての役目です。

そして、仕事はできるようになってもこの柔軟な対応ができないことが、コンプレックスなど自分の精神や人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。

新入社員の職場での人間関係の5つの秘訣とは

以上で新入社員の人間関係の不安と悩みについて解説しましたが、その人間関係について新入社員はどう向き合い、立ち回るべきなのでしょうか。

そこで、新入社員の職場での人間関係をうまく構築するための以下の5つの秘訣を紹介しますので、新入社員で人間関係に悩んでいる方は、ぜひともこれらを試してみてください。

人間関係の秘訣1:出社時と退社時には挨拶をする

相手に対する関心を引いて、そこから人間関係を始めていくために最も効果的な秘訣に「挨拶」があります。

そこで出社時と退社時に同僚や先輩、上司に挨拶をして、積極的にアプローチをかけていけば、職場の中での総合理解と信頼を形成していく重要な要素となっていきます。

こうして毎日のように挨拶をしていけば、職場の仲間たちとの人間関係を深めていき、信頼関係を強固なものとしていくことができます。

人間関係の秘訣2:自信がなくてもチャレンジ精神を持つ

人間関係も含めた不安を解消していくには、実際に行動し、チャレンジしていくことが一番効果的な手段といえます。

新入社員は覚えることが多いですが、とにかくこまめにメモをとって記録し、必要な時にそのメモを見返していく習慣をつけ、対応力を高めましょう。

電話応対についても積極的にチャレンジして、経験を積んでいくようにしましょう。失敗を恐れて行動を起こさないでいると、不安はどんどん大きくなる一方です。

人間関係の秘訣3:上司や先輩との会話は大切

人間関係の秘訣として必要なのは会話であり、どんな些細な話題でも機会があったらとにかく話をしていくことが重要です。

そこで先輩と上司と話をする場合は、仕事でのわからないことや覚えるコツといった質問や、入社してからの年数と仕事の忙しい時期といった話題を選んでいくといいでしょう。

そして先輩と上司とコミュニケーションをとって人間関係を築き、会話ができる仲にしておけば、仕事もしやすくなります。

人間関係の秘訣4:早めの出社で好印象

人間関係の秘訣に必要なものとして「前倒し体質」というものがあり、積極的に、かつ早く行動するこの体質を身につけると周囲に好印象を持たれることがあります。

具体的な方法は、朝早く起きて、早めの時間に出社して準備を整え、いつもどおりに仕事を始めるだけです。

こうした姿勢を続けて仕事の効率化を図ることで、タイムラグの解消と仕事の精度の安定化が実現され、結果として信頼感・安心感が生まれていきます。

人間関係の秘訣5:社会人としても信頼性を持つ

良好な人間関係を築いていくには相手に信頼されるようにならなければならず、新入社員が仕事において大きな信頼を得るのはすぐにはできません。

そのためにまずは仕事を休まないことが大事であり、休みが多いと本当の体調不良であっても社会人として不真面目に見られ、職場の仲間からの信頼感は低下していきます。

よって、社会人として信頼性を持つには仕事を休まないのが大事で、体調管理をしっかりしておきましょう。

休む時にはキチンと連絡をする

体調を整えて毎日きちんと出社することは、職場の仲間からの信頼感を育て、人間関係を構築していくために非常に効果的です。

しかし、どうしても体調が悪くて出社が難しい場合は無理をせず休むことも大切で、その時はきちんと上司や先輩に休むことを電話などで伝えるのが大事です。

そして体調が戻ったら明るく元気に出社し、休みで遅れた分も取り戻す意気込みで明るくその日の仕事を頑張っていきましょう。

新入社員のビジネスマナーで人間関係の好感度を上げよう

新入社員は仕事はもちろん、職場での人間関係についてもわからないことが多く、どうしても不安に感じてしまうことは間違いありません。

そこでまずは、ビジネスマナーをしっかりと学んで、同僚や先輩、上司の好感度を上げていくことから始めましょう。

そしてこの記事を参考にして、仕事とプライベートの両方で皆さんの新入社員としての日々を充実したものにしてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related