Search

検索したいワードを入力してください

2019年12月05日

会社を退職できないときの対処法4つ|退職を円滑にするタイミングとは

なかなか退職できないで困っている人はいませんか。退職がうまくいかないと次のステップへと気持ちよく進めません。この記事では、退職トラブルへの対処法や退職をスムーズに進めるための方法をご紹介しています。退職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

会社を退職できないときの対処法4つ|退職を円滑にするタイミングとは

退職できないトラブルが増加傾向

頑張って就職した会社がどうしてもあわないとき、目指す方向性が変わったときなど退職を考えることはあるでしょう。

現代では転職などで会社を退職することは珍しくありません。しかし現在、うまく退職できないで、トラブルに発展するケースが増えてきています。

今回はどのような退職トラブルがあるのか、いくつかご紹介します。

退職できない!よくあるトラブル事例6つ

みなさんは退職トラブルを経験したことがありますか。スムーズに退職できない退職トラブルは、これから会社を辞めて新たな一歩を踏み出そうとするときに非常に困らされます。

退職できないトラブルを具体的にご紹介しますので、もし退職を考えている人がいれば、このようなトラブルに巻き込まれないように参考にしてください。

退職できないトラブル事例1:退職願いを受け取らない

退職するためには、退職届を受け取ってもらわなければ退職できません。しかし、退職させないために退職届を受け取らないという行動に出られることがあります。

上司が退職届を受理してくれなければ退職の手続きをできず、そのまま勤務を続けなければならなくなり、いつまでたっても退職できないということになってしまいます。

退職できないトラブル事例2:次の人が見つかるまでと引き留められる

なかなか退職できないという理由の一つに引き留めがあります。次の人が見つからないと職場が回らないという会社側の都合で、次の人が見つかるまでと引き留められることは多々あります。

責任感のある人ほど引き留められやすく、そのままずるずる勤務してしまい、なかなか退職できないという困ったことになってしまいます。

退職できないトラブル事例3:有休を消化させてもらえない

有休を消化することは、それまで会社で勤務してきたものとして当然の権利です。しかし実際に退職の際に有休を消化しようとすると、人員不足などを理由に有休を消化させてもらえないというケースがあります。

また退職への嫌がらせとして有休を消化させないという悪質なケースもあります。有休が残っているからという理由でなかなか退職できないという事態になってしまいます。

退職できないトラブル事例4:会社に損害が出るといわれる

退職をする権利はだれにでもあります。しかし会社にとっては、新たな人材の発掘や育成をしなければならなくなり、マイナスになることが多いです。

そこで、退職することは会社に損害を与えることだと言われるケースがあります。脅しのような内容ですが、いい人ほど、その損害を気にしてしまい、会社を退職できない事例は多くあります。

退職できないトラブル事例5:待遇を改善するといわれる

退職を考える理由は人それぞれです。中には会社への不満を抱えている人もいるでしょう。会社は待遇を改善するので退職を考え直してくれと迫るケースもあります。

待遇が改善することで会社に残留したいと感じる人にとってはいいですが、そうではない理由によって退職したいと考える人にとってはなかなか退職しづらくなり、迷惑でしかありません。

また実際に会社に残ったものの、待遇は改善されず、退職できないというケースもあります。

退職できないトラブル事例6:必要な人材だと説得される

自分が会社にとって必要な人間なのか疑問を感じて退職を考えることもあるでしょう。そんなときに会社は引き留めのために次のような言葉をかけてくるでしょう。「あなたは会社にとって必要な人材だ」と言われ引き留められるケースです。

しかし自分が必要とされていると感じなかったから退職を申し出たのであって、そのような言葉をかけられても白々しく感じられてしまうでしょう。このような説得で退職できないのは非常に困ったケースといえます。

会社を退職できないときの対処法4つ

さまざまな退職トラブルによってうまく退職できないときにはいくつか対処法があります。うまく対処法を使って、スムーズに退職できるようにしましょう。

ここでは退職トラブルに対する対処法を4つご紹介します。

会社を退職できないときの対処法1:引き留めにくい理由を考える

なかなか退職できないで困ったときには、会社側が引き留めにくい退職理由を考えるのも有効な対処法の一つです。具体的には家庭の事情や健康上の事情など会社ではどうにもすることができないことを理由にするとよいでしょう。

家庭や健康の事情は他人には口を出しにくい分野でもあります。そのような理由を述べることで会社に諦めてもらうのは非常に有効です。

会社を退職できないときの対処法2:上司がダメならさらに上に相談する

上司に相談してもなかなか退職できないとき、もしかしたら退職できないようにしているのは会社の方針ではなく上司の独断かもしれません。上司よりも上の立場の人に相談してみるとあっさりと退職を了承されることもあります。

上司は自分の出世に響くために部下の退職を阻止することがあります。また純粋に部下の能力をかって引き留めをすることもあります。引き留めは会社の方針ではない可能性もありますので、一度上司より上の立場の人に相談してみるのもよいでしょう。

会社を退職できないときの対処法3:退職届を提出する

退職届は退職するうえで欠かせない存在です。退職届を出さなければ退職できません。なかなか上司が退職を認めてくれない場合は、退職届をとりあえず出してしまうというのも手です。

退職届を出せば会社に退職の意志を伝えることになり、会社側は認めざるをえなくなります。とりあえず出してしまうのも有効な手段といえます。

また上司がなかなか退職届を受け取らない場合は、より上の立場の人に退職届を提出するとよいでしょう。

会社を退職できないときの対処法4:労働基準監督署に相談する

退職することは権利として認められています。しかし実際には会社がさまざまな手段で退職できない状況に追い込んでくることがあります。どうしようもなくなった場合には労働基準監督署に相談するのがよいでしょう。

労働基準監督署はさまざまな労働トラブルを解決してくれるところです。自分だけの力では解決できないと感じた場合は労働基準監督署に間に入ってもらって解決を図るのも一つの手といえるでしょう。

退職をよりスムーズに進める4つのタイミング

退職できないトラブルの解決方法をご紹介しましたが、できれば退職をトラブル無く、スムーズに進められれば一番よいです。実は退職をスムーズに進めるのに適したタイミングがいくつか存在します。

ここでは退職をすすめるのに適したタイミングを4つご紹介します。自分の退職のプランと照らし合わせて最適のタイミングを見つける参考にしてください。

退職をよりスムーズに進めるタイミング1:繁忙期を避ける

ほとんどの職場で忙しい時期と、そうでもない時期が存在します。忙しい時期はどうしても人手が足りず、退職を申し出られても了承しづらい環境にあります。そこで退職を申し出るときは繁忙期を避けるようにしましょう。

繁忙期を避けることで、会社にも余裕が生まれて退職しやすい雰囲気となります。また繁忙期を避ける気づかいを見せることで、会社側がその気づかいに感謝し寛大な態度をとってくれることにも繋がります。

退職をよりスムーズに進めるタイミング2:上司への相談は1ヶ月以上前にしておく

退職の権利はだれにでもありますが、いきなりすぐに退職したいと申し出られても会社としても困るのも事実です。そのような急な退職の申し出は結果として自分を退職できない状況に追い込んでしまいます。

退職を考えている場合は最低でも1ヶ月以上前に上司に相談するようにしましょう。そうすることで会社側にもその後の人事などの対応をする時間が生まれますし、上司もきちんと相談してくれたことに好感をいだきます。より退職しやすい環境が生まれるでしょう。

退職をよりスムーズに進めるタイミング3:退職することを躊躇らわない

退職を申し出ても、その態度が少しでも躊躇しているようであれば、上司としては引き留めれば残留してくれるのではないかという期待を持ちます。そしてさまざまな引き留め工作がなされ結果的に退職できなくなってしまうことは多々あります。

退職を申し出るときは躊躇したりせず、絶対に退職するんだという強い意志を伝えるようにしましょう。そうすることで会社側にも残留の可能性はないことを理解してもらい、諦めてもらうことができます。

退職をよりスムーズに進めるタイミング4:退職するかを相談しない

会社を退職できないときの対処法4つ|退職を円滑にするタイミングとは
退職するか悩んでいるときに「退職するかどうか」を相談してしまうことで、結果的に自分が退職できない環境を作り出す原因になることがあります。相談された時点で会社側は退職を警戒してさまざまな引き留め工作を行ってくるからです。

退職は自分の意志が固まってから会社側に伝えるようにしましょう。上司や会社側の人間は、当然会社の利益を考えますから、あなたが退職すべきか公正に判断をすることは難しいです。

退職の相談は会社に関係のない信頼できる人にして、退職の意志を固めてから会社側に伝えるのがスムーズにいく方法です。

事前の準備でスムーズに退職しましょう

どうでしたか。退職するときは、退職できないなどさまざまなトラブルも起こりやすく、慎重に行うことが大切です。しかし退職はタイミングを考えてしっかりと事前準備をすることでスムーズにすることもできます。

なるべく揉めないように、気持ちよく退職して次のステップへと進みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related