Search

検索したいワードを入力してください

退職のタイミングとは?意思決定から手続きまでのプロセス7つを解説

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2019年12月04日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職をする場合、タイミングを図って報告する必要があります。タイミングを逃すと、退職する時期が伸びてしまったり、退職自体が受け入れられないことあります。スムーズに退職を進めるためにも有給を消化しておいたり、繁忙期を避けたりするようにしましょう。

退職のタイミングとは?意思決定から手続きまでのプロセス7つを解説

退職のタイミングとは

会社を退職する場合、タイミングを考える必要があります。会社は組織で動いているので、ある程度の規律やルールに従って退職を進めていくことが求められるからです。しかし、必要以上に神経質になることはありません。

退職を考えている人は、自分が退職した後のことを考えながら引き継ぎなどの作業を進め、会社に残る人に迷惑がかからないような配慮をしましょう。

退職の意思決定から手続き完了までの7つのプロセス

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスがあります。自分自身の退職後の仕事を見つけておくことも大切ですが、職場に負担をかけないためにも繁忙期や人手不足の時期を避けて退職の話をする必要があります。

退職を決めた人は職場へ負担をかけないため、忙しくない時期に退職の話を切り出し、できるだけ会社側の都合に合わせるようにしましょう。そして、並行して自身の転職活動を進めておきます。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス1:退職を考える

退職自体を考え始めることも、退職の意思決定から手続き完了までのプロセスの一つです。自分で退職を決意すること自体は、会社側のタイミングを考える必要はありません。しかし、本当に退職すべきなのか考えてみましょう。

退職を考える人は、自分にどのようなスキルや職歴があるのかを考えて、退職しても活躍できる職場があるのか考えてみましょう。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス2:転職活動を始める

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスには転職活動を始めることも含まれます。転職を決めた場合、今まで積み重ねたスキルや経験を活かせる職場を探し始めることも大切なことです。

転職活動を始める人は、転職を切り出すタイミングを考えながら、転職活動をするための時間を確保することが重要です。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス3:退職を切り出す

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスに退職自体を切り出すことが挙げられます。退職をする意思を固めたら、その気持ちを上司や上に報告しましょう。その場合、タイミングを見ながら、会社が忙しくない時期に話すことが大切です。

退職を切り出す人は、まず信頼できる上司に先に話し、その後一緒に仕事をしていたメンバーや同僚に報告するときも職場の士気を落とさない配慮をしましょう。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス4:退職時期の交渉

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスに退職時期の交渉があります。会社側に退職の意思を伝えたら、具体的な退職時期の決める必要があります。その場合、できるだけ会社の都合に合わせるようにしましょう。

退職する時期に悩んでいる人は、職場や上司の意見や要望になるべく応えるようにして、退職のタイミングを図るようにしましょう。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス5:退職届や退職願を提出する

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスに退職届や退職願の提出があります。退職する場合、退職願や退職届を提出する必要があるので、会社側に正式な手続きの取り方を聞き、届けを出しましょう。

退職届や退職願を提出する人は、上司や総務課などに退職願と退職届のどちらを提出するのか聞き、会社の規定に従って退職を進めましょう。また、退職届を出す場合も、相手のタイミングを見計らって出すようにします。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス6:引き継ぎと挨拶

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスに引き継ぎと挨拶があります。職場に残る人に迷惑をかけないためにも、引き継ぎをスムーズに進めて、本来の作業を滞らせないことが大切です。また、きちんと挨拶をしておくことで残りの時間を有意義に過ごすことができます。

引き継ぎと挨拶をする人は、相手のタイミングを見計らって挨拶をするとともに、引き継ぎをする場合も自分の仕事を任せられる人選をしましょう。

退職の意思決定から手続き完了までのプロセス7:退職までの有給消化

退職の意思決定から手続き完了までのプロセスに退職までの有給の消化があります。会社側に負担がかからないように早めに有給を消化することで、職場に迷惑をかけずに済みます。

有給をタイミングよく消化したい人は、会社に退職の意思を伝える前から有給を消化し始めて、引き継ぎにかかる時間を考慮して有給を消化するようにします。

退職のタイミングを逃さないコツ3つ

退職のタイミングを逃さないコツが3つあります。自分自身で退職を決めて報告した場合、退職までに、どう動いていけばいいのかを考えているので、退職のタイミングを逃さなければ、転職や家庭に関わることをスムーズに進められます。

退職のタイミングを考えている人は、自分自身の転職活動に支障が出ないように、会社で引き継ぎや残りの仕事をしていくようにしましょう。

退職のタイミングを逃さないコツ1:伝える前のスケジュールを決める

退職のタイミングを逃さないコツに伝える前のスケジュールを決めることが挙げられます。退職を伝える前ならば、ある程度自分自身のスケジュールに余裕が持てるので、退職を告げるときも相手のタイミングを考えることができます。

タイミングよく退職したい人は、退職を伝える前に余裕のあるスケジュールを立てていきましょう。効率よく転職活動を進めることで退職を報告するタイミングを計ることが大事です。

退職のタイミングを逃さないコツ2:転職が決まっている場合

転職が決まっている場合も、退職のタイミングを逃さないようにしましょう。転職先が決まっているときはスケジュール自体に余裕が持てるので、自分がベストだと考える時期を狙って退職の報告をするようにしましょう。

転職先が決まっている人は、新しい会社へ移る時間などを考えながら、タイミングよく退職の報告をするようにしましょう。

退職のタイミングを逃さないコツ3:転職が決まっていない場合

転職が決まっていない場合も、退職のタイミングを逃さないことが大切です。転職先が決まっていない場合、転職活動をする時間を作らないといけないので、その後のスケジュールを組むためにも早めに退職の意思を伝えることが大事です。

転職先が決まっていない人は、転職活動と引き継ぎ作業をバランスよくしていくためにも、早めに報告してその後のスケジュールを立てましょう。

退職のタイミングで気を付けたい点3つ

退職のタイミングで気を付けたい点が3つあります。職場が忙しい時期に退職の報告をすると会社に負担をかけてしまうので、配慮する必要があります。

退職を考えている人は、退職の意思を伝える場合、自分の都合ばかりを考えず職場に迷惑がかからない配慮をしましょう。

退職のタイミングで気を付けたい点1:繁忙期をはずす

繁忙期を外すことも退職のタイミングで気を付けたい点です。忙しい時期に退職の意思を告げても、受理されないことがあるので、職場自体に余裕があるときに退職の意思を伝えるようにしましょう。

退職を考えている人は、繁忙期に退職の意思を告げることを避け、職場に余裕がある時期に退職を申し出ましょう。

退職のタイミングで気を付けたい点2:ボーナス時期

退職のタイミングで気を付けたい点にボーナス時期の退職があります。ボーナス時期に退職すると会社側によっては支給されなかったり、返還をしなければならないことあるので、トラブルを避けるためにもボーナス時期の退職を避けるようにします。

退職を考えている人は、退職する場合ボーナス時期を避けて、就業規則などを確認しながら退職のタイミングを考えるようにしましょう。

退職のタイミングで気を付けたい点3:有給の残日数

退職のタイミングで気を付けたい点に有給の残日数が挙げられます。有給が多く残っていると消化しなくてはならなくなり、上手に引き継ぎができないことがあります。そのため、退職の意思を告げる前にある程度は、有給を消化しておく必要があります。

退職を決めた人は、退職の意思を告げる前に有給を消化しておき、大量に有給が残ってしまわないようにしましょう。

退職のタイミングを見誤らないようにしましょう

退職をする場合はタイミングを見誤らないことが大切です。タイミングを逃すと退職自体を受け入れてもらえなかったり、たとえ退職を認めてもらってもスムーズに転職活動をしていくことができません。

退職を決めた人は、繁忙期や人手不足の時期を避けて、自身の転職活動に支障が出ない程度に会社の意向に合わせながら退職のタイミングを図ることが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related