Search

検索したいワードを入力してください

退職を引き止められた時の断り方5つ|長引かせないポイント3つ

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職時の引き止めとは何かご存知でしょうか。この記事では、退職時の引き止めとは何か、退職を引き止められた時の断り方、退職の引き止めを長引かせないポイントをご紹介しています。さらに、退職を引き止められた際の良くない断り方もお伝えしますので、参考にしてみてください。

退職を引き止められた時の断り方5つ|長引かせないポイント3つ

退職時の引き止めとは?

退職時の引き止めとは、退職希望者を会社側や上司が引き止めて、退職を辞めさせることです。社員の退職したい気持ちを変えて、会社に留まってくれるようにと引き止めます。

引き止めるのは、優秀な人材を失いたくない、退職者が出ることで会社のイメージダウンを避けたい、周囲に負担がかからないようにするためです。

退職を引き止めるために給料や賞与を上げる、待遇を良くするなど伝えて、退職者を強く引き止めることもあります。

退職を引き止める理由

退職時に引き止める理由には、会社に大きな利益を出す社員や難しい仕事をこなすだけの能力を必要とする資格を持つので、会社に必要な人材だと引き止めます。

また、退職者が出ると、後任を探す手間がかかりますし、スケジュールの再調整に時間を費やすことが面倒だからと上司が退職を引き止めます。

会社側は部下の退職サインに気付けないことを責められますし、人事評価が低くなることもあるから社員の退職を強く引き止めます。

退職を引き止められた時の断り方5つ

会社側に退職したいと退職願を提出したにもかかわらず、「留まってくれ」と引き止められてしまうことがあります。では、引き止められた際はどのような断り方をすればいいか断り方を5つ取り上げてご紹介します。

退職を引き止められた時の断り方1:その場で退職の決意が揺るがないことを伝える

退職を引き止められた時の断り方は、その場で退職の決意が揺るがないことを伝えましょう。退職を留まるように強い口調で言われて退職するとマズイかなと心が揺れてしまい、退職する考えを辞めてしまうことがあります。

しかし、その場で自分は絶対に退職するんだとの強い決意を伝えれば、強く引き止める上司でも、その本気の気迫に負けて、引き止めても無理と感じますから、それ以上無理に引き止めることはありません。

退職を引き止められた時の断り方2:ポジティブな転職理由を伝える

ポジティブな転職理由を伝えることが退職を引き止められた時の断り方です。ネガティブな転職理由を伝えてしまうと、会社側が本当は退職したくはないのに転職するのは気の毒と強く引き止めてきます。

しかし、自分が転職するのはもっとスキルを高めて、将来に役立つ人材になりたいとか、自分が持つ才能を開花させ、いずれは独立してみたいなどポジティブな転職理由を伝えることで会社側も応援したくなり、退職を引き止めません。

退職を引き止められた時の断り方3:感謝の気持ちを伝える

退職を引き止められた時の断り方は、感謝の気持ちを伝えましょう。会社側は退職を引き止めるのは社員が転職して、苦労しないようにとの配慮から引き止めます。

そのため、自分のことをこんなに気に留める会社のその配慮に深く感謝したうえで、自分はこんな可能性を確かめるために転職したいとの気持ちを伝えましょう。

感謝するということは、転職についてよく納得したと会社側に伝えることができますから退職を引き止めません。

退職を引き止められた時の断り方4:家庭の事情をアピール

家庭の事情をアピールしましょう。退職を引き止められた時は、自分のことをアピールするよりも家庭について上手くアピールすることで会社側はより退職する理由の難しさを感じ、それなら退職して解決しなければと考えてくれます。

そのため、離婚をして、小さな子供を育てるために育児休暇が充実している会社で働きたいとか、妻が怪我をしたから家庭のことに時間を当てられるよう退職したいと伝えることで、退職を引き止められせん。

退職を引き止められた時の断り方5:夢をもう一度追いかける

夢をもう一度追いかけたいと伝えることが退職を引き止められた時の断り方です。このまま自分の夢を追いかけることができない仕事ばかりする会社ではなく、自分の可能性を磨ける仕事ができる会社で働いてみたいと伝えましょう。

もっと夢を叶えられるよう時間を作りたいから退職する、海外に行って本格的に勉強がしたいから退職をするなど、本気で夢を叶えるために人生をあゆみたいとの気持ちを伝えることで退職を引き止めません。

退職の引き止めを長引かせないポイント3つ

自分は早く退職して、違う仕事がしたい、違う会社で才能を伸ばしたいのに、退職を引き止められて長引くことがあります。そんな退職の引き止めを長引かせないポイントを3つ取り上げて詳しくご紹介します。

退職の引き止めを長引かせないポイント1:退職時期は繁忙期を避ける

退職の引き止めを長引かせないポイントは、退職時期は繁忙期を避けることです。複数の退職者が出てしまう退職時期はこれだけ多くの社員が一度に辞められては人材確保が難しいと考えて退職を引き止めてしまいます。

また、会社が忙しくなる繁盛期は特に人材が多く欲しい時期ですから、退職願を受理する余裕はありませんので、退職を引き止められてしまうことが多いです。そのため、退職時期と会社の繁盛期を避けて退職願を提出しましょう。

退職の引き止めを長引かせないポイント2:迷っているいるようなそぶりは見せない

迷っているようなそぶりは見せないのが退職の引き止めを長引かせないポイントです。退職届けを提出する時、本当に会社を退職してもいいのかと迷う気持ちは表情に表れます。その迷う気持ちの表情をする社員の退職を引き止めるのは当然です。

そのため、退職するんだとしっかりした決断をし、気持ちを持って退職届を提出することで会社側も本当に退職したいのかと感じ取りますので、素早く退職させてくれます。

退職の引き止めを長引かせないポイント3:余裕を持って退職希望を伝える

退職の引き止めを長引かせないポイントは、余裕を持って退職希望を伝えることです。いきなり今日、明日退職したいと伝えても、会社側では人材確保に仕事をどう他の社員に振り当てるかなど考えなければならないことが色々あるので、すぐには退職願いを受理しません。

そのため、会社側のことも考えて、退職する1ヶ月前から2週間前など余裕を持って退職希望を伝えておけば、スケジュール調整もでき、退職も長引くことなくできます。

退職を引き止められた際の良くない断り方3つ

上司に何度も退職を引き止められるからイライラして、感情的に思いつくまま伝える断り方はよくありません。では、退職を引き止められた際の良くない断り方を3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

退職を引き止められた際の良くない断り方1:今までの恨みつらみを言う

退職を引き止められた際の良くない断り方は、今までの恨みつらみを言うことです。今までされた面倒なことや仕事での失敗を指摘されたこと、プライベートのことまで聞かれてイライラしたことなど、上司に恨みつらみを色々言っては機嫌を損ねます。

そのため、機嫌を損ねた上司は部下を退職させまいと退職願を受理しようとせず、余計に退職が長引いてしまうので、感情に任せて恨みつらみを言うのは避けることが大事な断り方です。

退職を引き止められた際の良くない断り方2:転職先を明かしてしまう

転職先を明かしてしまうのが、退職を引き止められた際の良くない断り方です。明かした転職先が今の会社より給料が低かったり、待遇が悪いのでは、退職を引き止められることが多いです。

また、転職先がその社員の能力に見合わないと判断すれば、会社に留まった方がいいと退職を引き止められてしまいます。

そのため、退職先を簡単に伝えないようにして、職種や給料、待遇などを調べられないようにすることが大事な断り方です。

退職を引き止められた際の良くない断り方3:動揺した様子を見せる

退職を引き止められた際の良くない断り方は、動揺した様子を見せることです。退職を引き止めたら落ち着きがなくなったり、目が泳ぐようでは、本当に退職しても大丈夫かと感じた上司は引き止めます。

また、動揺しているとどうして退職したいのか理由をしっかり伝えられないので上司が心配になり、退職を引き止められます。

そのため、ハッキリと退職する意思を伝えるため、自分を引き止める上司の目をしっかり見ながら断りましょう。

退職を引き止められた時の断り方を知って円満に退職しよう!

退職を引き止められた時の断り方を知り、円満に退職しましょう。退職の決意が揺るがないと伝える、ポジティブな転職理由を伝えるなど、退職が長引かない断り方を選ぶことが大切です。

また、自分が退職すると上司に負担と余計な時間、能力を遣わせてしまうことを配慮したうえで断り方を考えて、丁寧に伝えましょう。

さらに、退職する時期やタイミングをよく考えてから伝えることで、より円満に退職することができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related