Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

転職の内定承諾後に辞退できる?内定辞退の4つのマナーと方法別の伝え方

転職の内定承諾後に諸事情によって内定辞退を申し出なければならないというケースもあり得るでしょう。そこでこの記事では、転職の内定承諾後に辞退を申し出る方法や注意点・マナーなどについてご紹介しています。誠意を尽くして企業側に謝罪をすることが大切です。

転職の内定承諾後に辞退できる?内定辞退の4つのマナーと方法別の伝え方

転職の内定承諾後に辞退することは可能?

厳しい転職市場を潜り抜け、ようやくの思いで内定をゲットしたものの、より良い条件の企業から声がかかって内定承諾後に辞退を申し出たいというケースもあり得るでしょう。

そもそも、転職で内定承諾後に辞退はできるのでしょうか。内定承諾後であってもそれを辞退してはいけないという法的な拘束はないため、転職で内定承諾後に辞退をすることは十分に可能です。

転職の内定承諾後に辞退する場合のマナー3つ

転職の内定承諾後に辞退を申し出ることには法的な問題は全くありませんが、せっかく内定を出してくれた企業に対して申し訳なく感じたり、道徳的な責任感を感じる人がほとんどでしょう。

しかし、だからと言って転職で内定承諾後の辞退を取りやめる必要はありません。マナーを守り正しい手順で辞退を申し出ればよいだけです。

ここからは、転職の内定承諾後に辞退する場合のマナーについて確認しておきましょう。

転職の内定承諾後に辞退する場合のマナー1:できるだけ早く採用担当者に伝える

転職の内定承諾後に辞退する際のマナーとしてまず知っておきたいのが、できるだけ早く採用担当者に辞退を申し出るということです。

内定承諾後には採用担当者側もすでに転職者を迎え入れる準備を整えていることが多いため、それ以上余計な手間をかけさせてしまわないためにも、可及的速やかに辞退する旨を伝えることがマナーだと言えるでしょう。

転職の内定辞退が遅くなればなるほど、より大きな迷惑をかけてしまいます。

転職の内定承諾後に辞退する場合のマナー2:まずは電話で連絡をする

まずは電話で直接連絡を入れるというのも、転職の内定承諾後に辞退を申し出る際のマナーとして挙げられるでしょう。

内定承諾後に辞退を申し出るのは気まずいため、メールで連絡を入れたくなる気持ちは理解できますが、それでも重要な事柄ならば電話で採用担当者に直接転職の内定辞退を申し出るべきです。

メールで連絡したとしても、担当者がすぐに読んでくれるとは限りません。

転職の内定承諾後に辞退する場合のマナー3:辞退の旨を簡潔に伝える

転職の内定承諾後に辞退する場合のマナーとして、辞退をしたいことを簡潔に伝えるということも大切でしょう。

まずは、「内定辞退についてご相談したくご連絡いたしました」と前置きをしたうえで、「この度は内定のお話をいただいておりながら誠に申し訳ございませんが、諸事情により辞退を申し出たく存じます」と伝えるのがベターです。

理由はぼかしたり曖昧にしても問題ありません。

【方法別】転職の内定承諾後に辞退する際の伝え方2つ

以上では、転職の内定承諾後に辞退する際に気を付けるべきマナーを3点ご紹介してきました。では、実際に内定承諾後に辞退するにあたって、どのような方法を取るべきなのでしょうか。

ここからは、転職の内定承諾後に辞退する際の伝え方をご紹介していきますので、転職先から内定を得たものの辞退をご検討中の方はぜひ参考になさってみてください。

転職の内定承諾後に辞退する際の伝え方1:電話

転職の内定承諾後に辞退する際の伝え方として最もおすすめしたいのが、電話で伝えるということです。

メールだと採用担当者が忙しい場合やメールに気づかなかった場合に内定辞退が伝わらなくなってしまうため、電話で直接内定辞退を伝えるのがベストでしょう。

また、メールよりも電話を通じて直接採用担当者に伝えたほうが好印象です。

電話後にメールでお詫びを伝える

内定をいったんは承諾したにもかかわらず自分の都合でそれを辞退するのは失礼なことですので、電話で内定辞退を伝えた後に再度メールを送り、改めてお詫びをしましょう。

あらかじめ電話で謝罪をした上で、さらにメールで重ねてお詫びをすることで、迷惑をかけてしまう企業に対してビジネスパーソンとして誠実に対応をしたことになります。

電話後に手紙でお詫びを伝える

電話で内定辞退を伝えた後、再度お詫びをするためにメールを送るという形で問題ありませんが、よりフォーマルな形で相手に誠意を尽くしたいという場合には、手紙を書いてお詫びを伝えるとよいでしょう。

メールが一般的になった昨今では手紙をしたためる人は少なくなったため、手紙で内定承諾後の辞退についてきちんとお詫びをすれば、採用担当者も悪い気はしないはずです。

転職の内定承諾後に辞退する際の伝え方2:メール

あまりおすすめできない方法ではありますが、転職の内定承諾後の辞退についてどうしても電話で連絡が入れられない場合には、メールを送るという方法もありです。

たとえば海外に滞在中で電話が使えないなどの特別な理由があれば、その旨をメールに記載し、「本来ならば直接お詫び申し上げるところを、かような形にて内定辞退を申し上げることになりまして申し訳ございません」としっかりと謝罪をしましょう。

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する際のポイント4つ

転職エージェントを利用して転職活動を行っている人も多いことでしょう。

その場合、内定承諾後に内定辞退を行う際には直接採用担当者に連絡をするのではなく、転職エージェントを経由する形になります。

ここからは、転職エージェントを経由して内定承諾後に辞退を申し出る方法について解説していきます。

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する方法1:電話・メールで辞退の旨を伝える

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退を申し出る際でも、電話もしくはメールで連絡を入れるという形に変わりはありません。

内定承諾後の辞退に関してはスピーディーに企業側に伝える必要があるため、転職エージェントを経由する場合にはメールよりも電話で辞退の旨を伝えたほうがよいでしょう。

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する方法2:内定辞退の理由と謝罪の気持ちを伝える

内定辞退の理由を述べ、謝罪をするというのも転職エージェントを経由して内定辞退を申し出る方法として挙げられます。

転職のお世話をしてくれた転職エージェントに対しては、なぜ内定承諾後に辞退をするのか、その理由をできる範囲内で誠実に説明した上で「ご尽力いただきましたのに辞退という形になりましたこと、誠に申し訳ありません」と謝罪しましょう。

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する方法3:内定を受諾した企業には直接連絡しない

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する際には、企業に対して直接連絡する必要はないです。

「仁義を切って企業側にも直接謝罪の連絡を入れるべきでは」と考える方もおられるでしょうが、転職エージェントを経由して内定辞退を申し出る場合には企業に二度手間をかけてしまうことになりますので、その必要はありません。

転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する方法4:決心したらすぐに伝える

内定辞退を決心したならば、すぐに連絡をするというのも転職エージェント経由で内定承諾後に辞退する方法として挙げられます。

転職エージェントを経由して企業に内定辞退を伝えるため時間的にロスが生じることになりますが、少しでもロスを減らし相手先企業に迷惑をかけないためにも、内定辞退を決意したならば速やかに転職エージェントの担当者に連絡を入れましょう。

転職の内定承諾後に辞退するなら誠意をもって謝罪しよう

今回は転職の内定承諾後の辞退の方法やマナーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

企業側にとって採用プロセスはお金も労力も時間もかかるものですので、せっかく内定を出した人物に内定承諾後に辞退されては困ってしまいます。辞退を申し出る際にはマナーを守り、誠意を尽くして謝罪をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related