Search

検索したいワードを入力してください

退職願の提出時期は?4つのポイントや避けたいタイミングを解説

初回公開日:2019年09月02日

更新日:2019年11月08日

記載されている内容は2019年09月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

中には新卒から入った企業に勤め続ける方もいるので、退職願についてよくご存じない方もいらっしゃるでしょう。所謂退職届や辞表との違いも意外と知られていないこともあります。退職届や辞表との違い、退職願を出すタイミングなどをまとめましたので、参考にして下さい。

退職願の提出時期は?4つのポイントや避けたいタイミングを解説

退職願とは

退職願とは、退職の意志を伝える届け出の事を指します。

よく「辞表」とか「退職届」について聞いたことがある方も多いでしょう。同じかと考えられますが、立場やその届け出にどれくらいの強制度があるかによって違いがあります。経営者ではない会社員の方であれば、基本的に退職願を出す形になります。

それを間違えると、失笑される可能性がありますので、会社員であれば退職願と覚えておきましょう。

退職願と退職届の違い

退職届と退職願の違いは、どれくらい退職に対する強制度があるのかが分かれてきます。

退職願であれば、まだ打診をしている段階で出す届け出ですので、もし説得をされて「もう少し頑張ってみようかな」と気変わりをしたとしたら、それを取りやめすることが可能です。しかし、退職届だと受理されたら、もう取りやめる事はできません。

ちなみに辞表は、経営者側の方や公務員の方が退職時に出す届け出です。

退職願の提出時期について知りたい4つのポイント

退職願の提出期間はよく考える必要があり、退職願の提出期間の事で抑えておきたいポイントは4つあります。

会社の都合などもあるので、しっかりと確認して少しでも去り際にしこりを残さないようにしましょう。辞めたいくらいですので嫌な事があるのでしょうが、同じ業界で働くとしたら転職先で取引がある可能性があり、気まずい思いをします。

業界は違ってもつながりがあるケースがあるので、ぜひポイントを抑えましょう。

退職願の提出時期について知りたいポイント1:就業規則を確認

退職の時期やタイミングについて、就業規則に書かれていることがあるので確認しましょう。

就業規則は従業員が10人以上であるところでしたら、法により就業規則を定めることが決められています。ゆえに、もしその規模どれくらい前に退職の意志を伝えたらいいのかなどを考えておく必要があります。

仮に従業員が10人以下であれば、入社時に契約書の取り交わしがあるはずですので、それと労働法の確認が必要です。

退職願の提出時期について知りたいポイント2:1か月から2か月前に上司へ相談

退職願を出す時期を考える前に、まずは上司に相談をする必要があります。

それは人が一人辞める状態になりますので、人が減っている状態で仕事をすることになります。仕事の采配などを行うのは上司であるため、上司への相談は必須です。「辞めてほしい」と考えているのではない限りは、引き留められる事も多いでしょう。

1日では相談が終わらないこともあるため、早めの相談が大切です。

退職願の提出時期について知りたいポイント3:会社が合意したら会社の指示に従う

退職届の提出時期は、会社から合意が得られた場合は、会社の指示に従いましょう。

会社としては、新しい人の募集をかけて面接をして採用、それから引き継ぎをする必要がある事から、どれくらいの日程でこなしていくかを決めていきます。経営してから長い企業であれば、それらの時期は確立しているでしょう。

会社が定めた日数に従って、引継ぎなどをしていく事になります。

退職願の提出時期について知りたいポイント4:会社が合意しなければ2週間前に提出

退職の相談をして合意されないケースもよくありますが、従業員は2週間前に退職願を出すことによって、退職できることが法律で定められています。

故に仮に合意を得られなかったとしても、退職できないわけではありません。しかし、特に企業で戦力となっていた方でしたら、引き留めはあるでしょう。マニュアルを用意しておくなど、困らないように手を回したり、具体的な退職日を伝えるなどをする必要があります。

退職願の提出を避けたいタイミング3つ

円満に退職をするには退職願を出す時期として避けたいタイミングが3つあります。

従業員は2週間前に退職の意志を伝えて退職できます。しかし実際には、この2週間で後任の方を探す事から始めるのは困難です。

したがって、会社が困らないようなタイミングで提出することが、退職願を提出する時期です。では、退職願提出の時期として避けたいタイミングを3つ見ていきましょう。

退職願の提出を避けたいタイミング1:現職でキャリアアップにつながりそうな時期

現職でキャリアアップにつながりそうな時期であれば、会社からの期待が込められている一面もありますが、自分自身のためにも時期的には良くありません。

どのような理由で退職をしたいのかにもよりますが、キャリアアップにつながる仕事を任されているのであれば、できるだけ留まって頑張るほうが良い一面があります。同じ仕事での転職をお考えであれば、キャリアアップ後のほうがより良い条件で転職できる可能性があります。

退職願の提出を避けたいタイミング2:ライフイベントが控えている時期

ライフイベントが既に起こったことが原因での退職ではなく、ライフイベントが控えているだけであれば、退職届を出す時期として適切ではありません。

ライフイベントとは、結婚、出産などの人生での大イベントの事です。

それが退職時期として適さない理由の具体例を挙げると、結婚が決まって退職する女性もいらっしゃいますが、結婚が決まる前に辞めてしまうと、残念なことに結婚がなしになった時に生活の糧を失う事になるからです。

退職願の提出を避けたいタイミング3:会社の繁忙期

会社の繁盛期は退職願を提出する時期として、避けたいタイミングです。

繁盛期に人手が足りなくなる事は、会社にとって大きな痛手になってしまいますので、円満に退職をしようとしているのであれば、退職願を出す時期としては避けたほうが無難です。

企業は意外なつながりがあることがありますので、そのまま無職になる方ではない限りは、繁盛期に辞めた人として恨みを買ってしまうと、転職先で気まずくなる事があります。

賞与取得から考える退職願提出時期

賞与を受け取る事を考えると、退職届の提出願いの時期は熟考をする必要があります。

それによって、受け取れる金額が変わることがあるからです。退職するとはいえ、転職を決めるまで仕事を頑張ってきたこともまた事実です。だからこそ、賞与を多くもらいたいと考えることも人情です。

では、賞与を多く受け取るために、望ましい退職願を提出する時期を見ていきましょう。

会社の規定を確認

就業規則で定められていたら、賞与を出さなくても違法性がありません。しっかりと賞与についての取り扱いがどうなっているのかをチェックしたうえで、退職願を提出する時期を決めましょう。

具体的に賞与を渡す社員についての条件付けがされているケースが多く、在籍していた日にちについて定められていることがあります。その在籍している日には在籍をしておくことを考えたうえで、退職願を提出する時期を考えるようにしましょう。

退職の相談は賞与額が確定してから

賞与を貰う事をお考えであれば、退職の相談の時点で賞与額が決定しているタイミングがベストです。

なぜなら、退職が決まっている従業員に対して賞与を減らす事はよくあることだからです。企業側からしても、これから辞めていく人へ渡すお金を少なくしたいと考えるのも想像に難くありません。

ゆえに、もし賞与近くでの退職をお考えであれば、相談の時点から賞与額確定後がお勧めです。

賞与は転職先で受け取る

賞与を受け取るまで転職前の職場に在籍しないといけないわけではありませんので、転職先が決まっているのであれば賞与は転職先で受け取ったほうが良いです。

なぜなら転職先の企業で入社タイミングを遅らせることは、転職先での評価が下がる可能性があるので、将来的に転職先で受け取れる賞与が減ってしまう可能性があるからです。転職前の職場への義理も大切ですが、長い目で見たら転職先での評価のほうを重視するべきです。

退職願の提出時期について知りスムーズな転職活動を行おう

退職願の提出時期を知って、スムーズに転職を行う事により、円満退職もできて転職先でも安心して活躍できます。

転職前に争う事があると、精神的な疲弊もそうですが、業界が同じだと噂により転職先で足を引っ張られる可能性も無きにしも非ずです。したがって、できるだけ円満に退職することでスムーズに転職をすることも可能になってきます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related