Search

検索したいワードを入力してください

円満退職の完全マニュアル6つ|退職願・退職届・辞表の違いと役割

初回公開日:2019年09月20日

更新日:2019年09月20日

記載されている内容は2019年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

円満退社を希望されている方に向けた記事です。退職するときに、提出する書類の違いやマニュアル、必要なことをまとめています。退職を決めたら参考にして、マニュアルに従えば、円満退社することができます。この記事を読めば、あなたも円満退社できること間違いなしです。

円満退職の完全マニュアル6つ|退職願・退職届・辞表の違いと役割

円満退職するには

円満退社をするには、事前の上司への報告と、会社のマニュアルを尊重し、自分勝手な行動は控えましょう。

会社を退社するのには色々な理由がありますが、雇用し仕事をさせてもらったので、感謝の気持ちを持ってマニュアルに従い退社するようにすれば、円満退社をすることができます。

そのためには、お互い納得がいくように会社や上司と前もって話しをしておきましょう。退社を決意した段階で上司に相談しましょう。

退職時期

退社は会社に迷惑のかからない時期にしましょう。

会社としては、今まで働いてくれた社員を失うのは痛手で、新規事業が始まる前や、人手不足の時は、仕事に区切りのついた時や、人が充分にいるときに退社するようにすれば、仕事に支障はでません。

新人が入ってくる時期や、募集をかけた時期を見計らって退社しましょう。会社から待ってほしいと頼まれた場合は、退社できる条件を話し合っておきましょう。

退職の理由

退社の理由は正直に答えるようにしましょう。ただし、愚痴や不満は控えましょう。

退社するついでに、今までの不満をぶちまけて退社する方がたまにいますが、転職の際に不利になることがあります。会社同士が繋がっていて、あなたの次の就職先に影響が出ることもあるので、不満は現役で勤めているときに言うようにしましょう。

正直に伝える場合も、マイナスの内容にならないように注意しましょう。

退職を伝える方法

まずは直接上司に伝えてみましょう。直接伝えづらい方は、退職願いを提出しましょう。

退社を伝えるのは結構勇気がいります。しかし、退社の意思を伝えないと、いつまでたっても退社することはできません。自分の伝えやすい方法で伝えるほうが、精神的負担は少なくてすみます。

そこで、円満退社するための方法を紹介します。

円満退職の完全マニュアル6つ

社会人として、退社するときもマニュアルを守って迷惑がかからないように退社しましょう。

しかし、退社をなんども経験したことがある人は少なく、退社の正しい方法やマニュアルを教えてくれる機会はありません。そのため、退社を決意してもなかなか言い出せない方も多くいます。

退社の手順や方法を説明し、円満退社できる方法を紹介します。

円満退職マニュアル1:直属の上司に相談

まずは普段から一緒に仕事している、直属の上司に伝えてみましょう

退社を決めた段階で、いつ頃会社を退社するかを上司に伝えましょう。あなたの抜けた穴を埋めるために、上司は会社に相談して人員を増やしてもらったり、今後の仕事の量やスピードを調整しなければなりません。

まだ先であっても、退社を考えた時点で上司に相談すれば、あなたの代わりを用意する時間ができるので、一緒に働いている職員の負担を軽減できます。

円満退職マニュアル2:退職日を決める

退社を決めたら、明確な退職日を伝えて、上司や会社と相談しましょう。

退職したい日を上司や会社に伝えたら、一方的に話を通すのではなく、会社からの要望や意見をできるだけ聞くようにしましょう。無理な要望は聞く必要はありませんが、双方同意の上で話を進めましょう。

退職日は、希望日と必ず退職する日を決めておきましょう。退職日を会社側が伸ばしてほしいと頼まれた場合は、必ず退職する日を会社に伝えておきましょう。

円満退職マニュアル3:退職願を提出

上司に退職日を伝えたら、会社に退職願を提出しましょう。

退職願はあくまで、会社に退職の意思を伝えるために提出するものなので、退職願を提出したからといって退職できるわけではありません。しかし、退職願を提出するのとしないのでは印象がまったく違うので、円満退社を希望されている方は必ず提出しましょう。

退職願を提出して会社が承諾してくれれば、退社する日も遠くありません。

円満退職マニュアル4:引継ぎ

退職日が決まったら、あなたが今まで任されていた仕事を次の人にひきつぎましょう。

引継ぎが退社するときにきちんとおこなえていないと、あなたが退社した後に他の職員に迷惑がかかります。取引先にも迷惑がかかることもあるので、退職日が決まったらすぐに上司と相談して、後任の職員に引継ぎましょう。

引継ぎがきちんとおこなえていないと、今まであなたがおこなってきた仕事が水の泡になることもあるので注意が必要です。

円満退職マニュアル5:関係者に挨拶

今までお世話になった方や取引先に挨拶をして、あなたの後任の職員を紹介しましょう。

あなたが会社を退社しても、あなたのおこなってきた仕事は続いていきます。あなたの後任の職員が決まったら、あなたが今までお世話になってきた人に紹介しておくと、後任の職員もスムーズに仕事を進めていくことができます。

退社後もお世話になった方と交流があることもあるので、必ず挨拶して回りましょう。

円満退職マニュアル6:退職に関する手続き

退職に関する手続きは、会社のルールに従い、双方同意の上でおこないましょう。

退職願が受理され退職届を提出するときに、多くの会社が一か月から二か月前に退職日をきめていきます。それは、あなたが退社した後に他の職員に迷惑がかからないように、会社が決めたルールなので、ルールに従いましょう。

退職を決める前に、社内にあるマニュアルをみてきちんと退職のルールを確認しておけば、スムーズに話が進みます。

退職願・退職届・辞表の違いとそれぞれの役割

退職願、退職届、辞表にはそれぞれ役割とルールがあるので、きちんと使い分けましょう。

それぞれ役割があるため、三種類を使い分ける必要があります。円満退社を希望されている方は、会社のルールに従い提出するようにしましょう。

あなたが退社した後、仕事に支障が出ないようにするために提出に順序があります。社会人として適切な使い分けができるようになりましょう。

退職願

退職願は、会社に退職の意思があることを伝えることができます。

退職願は、提出しなくても退職の意思があることを口頭で伝えることも可能です。しかし、口頭で伝えると、忘れられたり聞いてなかったことにされる恐れがあるので、書面で伝えるほうが確実です。

退職願を提出するほうが、印象が良くあなたの意思がしっかり伝わるので、退職願はマニュアルに載っていなくても提出するようにしましょう。

退職届

会社があなたの退職を承諾したときに提出する書類です。

退職願を提出して、会社が承諾してから会社に提出しましょう。先に退職届を提出すると、会社もあなたが抜ける人員を募集しなければなりません。

多くの会社のマニュアルには、遅くても一ヶ月前に提出するよう記載があることがあるので、マニュアルの確認が必要です。

円満退社を希望される方は、必ずマニュアルに従い退職届を提出しましょう。

辞表

辞表は、会社役員や公務員が提出する退職届です。

辞表は退職届と同じ内容ですが、あなた会社でのポジションに応じて使い分ける必要があるので、マニュアルで確認しましょう。マニュアルに記載がない場合は、会社に確認をしてから提出しましょう。

辞表も退職届も内容は変わりませんが、退職届と同じように退職を決意したら、会社や上司に伝えるようにしましょう。

マニュアルを参考に円満退職しよう

マニュアルに従い進めれば、円満退社間違いなしです。

今回記載したマニュアルも大切ですが、円満退社をしたいなら会社のマニュアルもきちんと目を通してから各書類を提出しましょう。今回記載したマニュアルの手順に従えば、初めての方でも円満退社することができます。

会社を退職される際は、今までお世話になった会社に迷惑をかけないように、感謝の気持ちを持って、マニュアルに従い退社しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related