Search

検索したいワードを入力してください

退職届を郵送する時のマナー6選|退職届を郵送できる場合とは?

初回公開日:2019年10月01日

更新日:2019年10月01日

記載されている内容は2019年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

体調不良や勤務先が遠方であった場合などは、会社の許可や要請に応じて退職届を郵送することができます。そこで今回は、退職届を郵送する時のマナー6選と、退職届を郵送できる場合とはどのようなときなのかについてご紹介していきます。

退職届を郵送する時のマナー6選|退職届を郵送できる場合とは?

退職届は郵送可能なのか

退職届は郵送できます。ただし、面倒だからなどの自己都合で郵送するような行為は控えてください。

体調不良や遠隔地など、やむを得ない理由によって退職届を手渡しできない場合に限り、会社からの要請などがあったときに郵送で退職届を出すことができます。

基本的に退職届が受理されなくても仕事を辞めることはできますが、郵送で受理してもらうための方法もご紹介していきます。

退職届を郵送できるパターン3つ

郵送で退職届を出せるパターンについてご紹介していきます。

退職届を郵送で送る条件は主に、病気や体調が悪い人で自宅療養中などの場合、退職前の有給消化中の期間で旅行などで遠方にいる・引っ越したなどの理由で手渡しが困難な場合、会社から退職後に郵送してくれといわれた場合などです。

それでは、郵送で退職届を出せるパターンについて詳しく見ていきましょう。

退職届を郵送できるパターン1:円満退職しなくてもいい場合

退職時になんらかのトラブルや行き違いがあり、顔を合わせずらい場合に円満な辞職でなくても良いと個人が判断するのであれば、退職届を郵送してもかまわないでしょう。

退職届が受理されなければ退職できないという決まりはないので、事後承諾という形で郵送を利用する手立てもあります。

退職届を郵送できるパターン2:会社から郵送の指示があった場合

退職届の提出は退職後でよいなど、わざわざ出社しなくてもよいケースでは、会社側から退職届を郵送するようにとの指示がでる場合があります。

その他にも自宅で仕事をしているケースなど、出社が不要な場合などは、郵送で退職届を送ることになります。会社側から退職届を郵送するようにとの指示があった場合もマナーはしっかりと守り、円満退社を心掛けてください。

退職届を郵送できるパターン3:体調などの理由で出社できない場合

体調不良などの理由で退職届の郵送を許可や指示される場合があります。

病気などで退職する場合は、入院中や療養中で職場へ向かうことができないケースも多々あります。精神が落ち着かない原因で出掛けることが困難な例もあります。その場合も郵送で退職届を出すことになります。

その場合もビジネスマナーをしっかり守り、正しい形式で退職届を郵送してください。

退職届を郵送する時のマナー6選

退職届を郵送する時のマナー6選をご紹介していきます。

退職届を郵送する際は一般的な用法があります。しっかりと守り、失礼のない形で円満退社を目指してください。

退職届を郵送する場合は、まずは会社にその旨を報告しておいてください。許可を取った上で、退職届を郵送しましょう。内容証明郵便で送ることもできます。自分に合う形の郵送方法を考えて、失礼のないやり方を心掛けてください。

退職届を郵送する時のマナー1:事前に退職届を送る報告をする

退職届を連絡なしで郵送すると、マナーを知らない礼儀知らずだと思われてしまいます。

会社側に受け取り拒否をされる可能性もあります。気をつけましょう。退職届を郵送する際は、必ず事前に報告をしてから送りましょう。

ただし、手渡しでの退職届受理を拒まれている場合は、一方的に送る手立てが有効です。

退職届を郵送する時のマナー2:適切な封筒で送る

退職届を郵送する際は一回り大きい封筒を用意しましょう。

確実に受理してもらえるように、退職届を入れる封筒にも注意を払う必要があります。封筒は白無地を選んでください。茶封筒はマナー違反になるので注意してください。郵便番号を記入する枠がある、正式なタイプの封筒を使用しましょう。

封筒の表書きには、内容証明以外であれば「退職届在中/退職願在中」と朱書きしてください。

退職届を郵送する時のマナー3:添え状を同封する

退職届を郵送する場合は添え状を必ず入れてください。

添え状は退職届と同じ、A4かB5サイズのコピー用紙や便せんで大丈夫です。添え状は、手書きでもパソコンでもどちらでもいいです。ただし、パソコンは横書き、手書きは縦書きが一般的です。

添え状には、年月日や退職する旨を正確に記入するように心掛けましょう。

退職届を郵送する時のマナー4:会社との状況で送り方を変える

退職で揉めていて、退職届を受け取ってもらえない可能性がある場合などは、内容証明郵便で送ることも考えられます。

その場合は郵便局で発送方法をよく確かめて、不備が無いようにおこなってください。

退職届を郵送する時のマナー5:親展と記載する

退職届を郵送する時は封筒に赤ペンで親展と記載しましょう。親展と書く場所は、宛名の左下です。赤枠で囲むとわかりやすいです。

親展とは、宛名の人以外は開封しないでくださいという意味です。封筒に親展と書くことで、名宛人以外の人に、中身を見られる心配がなくなります。

退職届を郵送する時のマナー6:郵送は郵便局から

退職届を郵送することを会社側に認めてもらっている場合の郵送方法は、普通郵便でかまいません。その際に料金不足になると相手に失礼に当たるため、念のために郵便局から発送するとよいでしょう。

封筒の裏には自分の氏名・住所・配属先をはっきりと記載しましょう。会社での所属先も書いておくと相手側があなたがいた部署をしっかりと把握することができるので、好印象になります。ビジネスマナーとしても重要です。

退職届を確実に受理してもらうには

退職届を確実に受理してもらうには工夫が必要です。

退職届は基本的に手渡しなので、それ以外の方法で提出するケースは、会社側の意向かもしくはこちらの一方的な都合です。退職届は退職後にして欲しいなどの要望などが企業側からある場合はマナーを守って送付すればよいのですが、それ以外のケースでは受け取り拒否が発生する可能性があるからです。

以下に退職届を郵送で送る場合に受け取ってもらえる方法をご紹介していきます。

事前に郵送を伝えない

退職届を郵送で一方的に送り付けたい場合は、連絡せずに送りましょう。

たとえば会社側が受け取りを拒否しているような場合に、退職届を郵送してしまう方法もあります。その場合は郵送料金がかかりますが、内容証明郵便で送ってください。

退職届在中と記載しない

郵送で退職届を送る場合は、封筒に退職届在中とは記載しない方が受け取ってもらえる可能性が高いです。

会社側から郵送の指摘がないのに退職届を送付する場合は、表書きに退職届在中と記載しない方が賢明です。退職届だとわかると開封してもらえない、または送り返される可能性が高いからです。

こちらから一方的に郵送で退職届を出す人は、受け取ってもらえない可能性が高いと認識しておきましょう。そのための工夫が必要です。

退職届の郵送に関する知識を知っておこう

退職届の郵送に関する知識を知っておくことで、退職時にマナー違反を犯さずにすみます。

退職はできれば円満に双方が納得した形でおこないたいものです。体調不良や遠隔地などの止むを得ない理由で退職届を郵送する際には、今回の記事にあるような決めごとをしっかりと守り、失礼のないように退職しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related