Search

検索したいワードを入力してください

退職願・退職届の書き方の注意点8つ|両者の違いやそれぞれの役割とは?

初回公開日:2019年09月19日

更新日:2019年09月19日

記載されている内容は2019年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会社を退職する場合には、「退職願」と「退職届」のどちらかを提出しなければなりませんが、それぞれが持つ意味とはどのようなことがあるのでしょうか。また書き方などはどのようにすれば良いのでしょうか。ここでは「退職願」と「退職届」について考えます。

退職願・退職届の書き方の注意点8つ|両者の違いやそれぞれの役割とは?

退職願・退職届の違い

仕事を退職する時に、会社に対して退職することを通知しなければなりませんが、この通知の方法には、「退職願」と「退職届」の2つの方法があります。

どちらも会社に対して、「自分はこの会社を退職します」と通知するためのものですが、使い方の違いはあるのでしょうか。もし違いがあれば何が違うのでしょうか。

ここでは、「退職願」と「退職届」の意味を考えながら、「退職願」と「退職届」の違いと使い方を紹介します。

退職願の役割

会社を退職する時には手順が必要です。会社に対し、口頭で「辞めます」と言っても会社は取り合ってくれません。会社には会社のルールがあり、退職もそのルールに基づいて行なわなければなりません。

「退職願」は会社に対して、「自分は事情があり、この会社を退職したいのですが、いかがでしょうか」と伺いを立てるための書類です。

つまり「退職願」は会社の回答を待っている状態ですので、自分勝手に退職はできないです。

退職届の役割

「退職届」が、「退職したいのですが」と会社に伺いを立てる書類ですが、「退職届」は「自分は会社を退職します」と会社に自分の強い意志を伝える書類になります。

しかし「退職届」を堤出したからといって、次の日から休んでも良いわけではありません。「退職届」はあくまで自分の意思を伝える手段でしかありません。

きちんと会社を退職するためには、会社の規定などで決まっている事項を必ず守らなければなりません。

退職願・退職届を出すタイミング

退職する際に、「退職願」「退職届」を提出しますが、自分勝手な時期に出すことはルールに反します。会社の規定もありますが、約1ヶ月前には、「退職願」を提出することが好ましいです。

1番良い方法は、直属の上司に相談したのちに、「退職願」を提出すれば、上司も受け取りやすくなりますし、話もしやすくなります。

「退職願」を提出して、会社に退職の許可がもらえたら、速やかに退職手続きを行なえば良いです。

退職願・退職届の書き方の注意点8つ

「退職願」「退職届」は会社としての様式もありますが、一般的な様式もあります。そのため自分勝手な様式で書くのではなく、正しい様式で書かなければなりません。

「退職願」も「退職届」も、会社に対して、「会社を辞めさせて頂きたいです。この書面で辞めたい自分の気持ちをお伝えできたら幸いです」という気持ちを伝える書類です。

その気持ちが伝わり、会社に許可をもらえなければなりませんので、正しい書き方が必要です。

退職願・退職届の書き方の注意点1:冒頭行

「退職願」「退職届」ともに冒頭行に、書面の名前を記入します。「退職願」なら、「退職願」と縦書きで明記しますし、「退職届」なら、「退職届」と縦書きで明記します。

書体の大きさは他の文面と同じぐらいか、表題として大きめに書いても大丈夫ですが、後に続く文章よりも小さくならないようにしなければなりません。

この行が導入行ですので、一目で届の文章であることがわかるように、きちんとした書き方で記入します。

退職願・退職届の書き方の注意点2:文の導入

冒頭行に続いて、文の導入をするために、自分を表現する文章を記入しなければなりません。ここには、「私こと」や「私議」などの言葉を入れます。

この文章は冒頭行から1行開け、句読点を最後に入れて3行目の一番下に書きます。これは自分の事で相手の手を煩わせる恐縮が表現されています。

「退職願」も「退職届」も会社に出す大切な文書です。会社の書式以外での提出する場合は導入行が必ず必要なのできちんと記入します。

退職願・退職届の書き方の注意点3:退職理由

「退職願」でも「退職届」でも、理由は病気、転職、家庭の事情などにかかわらず、すべて「一身上の都合により」と記入します。

退職理由を詳しく記入してしまうと、会社へ対して嫌な印象を与えてしまう場合もありますし、自分の気持ちを他人にわかってしまうことにもなります。

「一身上の都合により」という言葉は、すべての理由を含んでいますので、退職理由を詳しく記入しなくても、会社に対しての退職理由として通用します。

退職願・退職届の書き方の注意点4:退職日

「退職願」でも、「退職届」でも退職日の記入が必要ですので、この日をもって会社を退職ですので、自分が退職する日を明記すれば良いです。

一般の会社の退職規定では、退職日の1か月以上前に退職を申告するのが一番多いですが、社内規定を確認しながら、退職日を決めても良いです。

退職日の記入については、縦書きなら和暦で記入するのが一般的ですし、西暦よりも和暦の方が縦書きの文章として読みやすくなります。

退職願・退職届の書き方の注意点5:文末の書き方

文末は「退職願」は、「お願い申し上げます」と伺う表現にしなければ、相手に失礼になりますので、注意が必要ですが、「退職届」は「お願い申し上げます」などの表現は不要です。

「退職願」の場合は、会社に対して退職を願い出るため、「○月×日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます」と表現します。

「退職届」の場合は、会社に対して退職を断定してしまうため、「○月×日をもって退職いたします」と表現します。

退職願・退職届の書き方の注意点6:届出年月日

「退職願」も「退職届」も届出年月日を記入しなければなりません。会社の退職規定などで退職日の1ヶ月前までに退職を申告しなければならない場合は、基本的に退職日の1ヶ月程度前の日付を記入します。

届出年月日と退職日が短いと会社の規定に反するばかりではなく、会社の手続きなどの関係で、日数が不足したりするので、余裕を持って提出しなければなりませんので、届出年月日は十分注意をして記入しなければなりません。

退職願・退職届の書き方の注意点7:部署名と氏名

「退職願」も、「退職届」も自分の部署名と氏名を記入しますが、自分の部署名は必ず正式名称で記入しなければなりませんし、氏名も姓と名の間には1マス開けなければなりません。

部署名は通常は呼びやすいように簡略されている場合がありますので、必ず正式名称を確認しなければなりませんし、部署内の係などもきちんと記入しなければなりません。

「退職願」も「退職届」も、すべての上司が目を通しますので、注意が必要です。

退職願・退職届の書き方の注意点8:宛名

「退職願」も、「退職届」も提出する宛名を記入しますが、会社の正式名称と社内での代表取締役社長の氏名を記入するのが一般的です。

株式会社などは、(株)などと省略されて表記されている場合がありますが、この場合は正式に「株式会社」と記入し、省略することはできません。

また社長の名前なども「代表取締役社長」と表記し、代表取締役社長の名前も姓と名の間は1行あけて記入し、省略することはできません。

退職願・退職届が受理されたあとにすべきこと

「退職願」や「退職届」が受理された後は、退職に向けてやらなければならないことがあります。自分が働いてきた年月を振り返りながら、手順をこなしていきます。

やることの1つ1つをきちんとこなしていかないと、退職日までに終わらない時もありますので、計画的に行なわなければなりません。

また会社に対して手続きなどは、時間が限られている場合もありますので、何をするのか会社へ聞きながら行なうのが良いです。

加入している保険などの手続き

退職に向けて最初に考えなければならないのが、健康保険などの社会保険の手続きですが、これは退職日で期限が切れるので、早めの手続きが好ましいです。

また会社に長年勤続していると、退職金が出る場合がありますので、それらの手続きも必要となりますので、何の手続きが必要なのかを会社と話し合わなければならないです。

「退職願」や「退職届」を提出してすぐに手続きが必要な場合もありますので、きちんと確認が必要です。

社内と社外へのあいさつ

退職をするにあたり、今まで一緒に働いてきた社員とお世話になった社外の関係者に、あいさつまわりをしなければなりません。

これらのあいさつまわりは、「退職願」や「退職届」を会社に受理され、退職することが確定したのちに行ないます。確定しないのに行なうと、おもわぬトラブルになります。

あいさつまわりでは、ただ「辞めます」だけではなく、今までお世話になった感謝の気持ちを伝えなければ意味がありません。

身の回りの片づけ

退職が決定したら、自分の仕事の整理をおこない、身の回りの片づけをおこないます。また同時に引き継ぎなどがあれば、行なわなければなりません。

長年会社に勤めていると、書類などがたくさんありますが、必要なくなった書類をゴミに出したりするとトラブルの元ですので、シュレッダーなどで処分しなければなりませんし、机まわりは自分が退職したあとで、次の社員がきちんと使えるように、きれいに片づけなければなりません。

退職願と退職届の違いを理解しよう

「退職願」と「退職届」は意味が大きく違いますが、それぞれを上手に活用することで、持つ意味が変わってくることがあります。

会社に嫌気が差した場合には、「退職願」だと許可が出ない場合がありますが、「退職届」だと確実に受理してもらえます。

「退職願」は事情があり、会社を辞めたい気持ちを会社に伺いを立てる書類、「退職届」は事情がないが、会社を辞めたい気持ちが固まっている状態で会社に出す書類と言えます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related