Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

仕事を上手に辞める手順と方法5つ|仕事を辞める前にすることとは

退職を検討している方向けに、仕事を辞めるタイミングや辞めると決めてからの流れ、辞める前にすべきことについて説明します。円満退社するための手順や、すべきことなどを説明しているため、この記事を読んでストレスフリーな退職にお役立てください。

仕事を上手に辞める手順と方法5つ|仕事を辞める前にすることとは

仕事を辞める決心がついたら

今回は仕事を辞める際の手順や、辞める前にしておくべきことについてご紹介します。

勢いで仕事をやめてしまうとその後の生活などに支障が出てしまいます。仕事を辞めることを検討するタイミングについても解説していきます。

また、いざ辞めると決心した後もすべきことがあります。こちらについても説明していますので、本記事を読んでストレスフリーな円満退職を目指しましょう。

仕事を辞めるタイミングとは?

仕事を辞めることを検討すべきタイミングについて4つご紹介します。

一般的に、人間関係・職務内容・給与や待遇などに関する不満が溜まると、仕事を辞めることも検討するようになります。

職務内容や人間関係がよくとも給与や待遇に不満があったり、逆に給与や待遇が良くとも職務内容や人間関係に不満があるような場合は仕事を辞めるタイミングです。

給料を減額されたとき

仕事を辞めるタイミングの一つとして、給料を減額された場合があります。

減額された理由を教えてもらえなかったり、不当な理由で納得が行かない場合は会社に掛け合いましょう。それでも改善しない場合は、退職するというのも方法の一つです。

労働時間や拘束時間が長すぎるとき

長時間残業や、休日出勤などによる労働・拘束時間が長すぎる場合も仕事を辞めるタイミングの一つです。

慢性的に残業・休日出勤が続いていているような場合は体調を崩す前に仕事を辞めることを検討しましょう。上長などに相談しても改善の見込みがない場合は特に、退職に向けて動き出した方が良いでしょう。

仕事内容に不満があるとき

仕事内容に不満がある場合も仕事を辞めるタイミングの一つです。

会社で自分のやりたい仕事が必ずできる訳ではありませんが、仕事内容にあまりに不満がある場合は辞めることも検討しましょう。

人事部や上長に相談して仕事内容が変わるなら良いですが、会社として他の仕事を回せないような場合は、仕事をやめて自分のやりたい仕事ができる場所へ移ることも手段の一つです。

人間関係がうまくいかないとき

上司・先輩・同僚・後輩、取引先などとの人間関係がうまくいかない時も仕事を辞めるタイミングの一つです。

人間合う合わないがあります。人の生まれ持った性格を変えることは難しく、多くの場合自分が我慢するしかないでしょう。

上司と取引先の間で板挟みになってしまったり、職場の人間関係が悪かったりするとそれだけでストレスになります。ストレスで心身を壊す前に仕事を辞めることも検討しましょう。

仕事を上手に辞める手順と方法5つ

仕事を辞めるタイミングについて説明してきました。引き続き仕事を上手に辞める方法について5つご紹介します。

いざ仕事を辞めると決めても、すぐに辞められるケースは少ないです。会社にもよりますが、多くは退職日の1ヶ月以上前に会社に退職する旨を報告しなければなりません。

いつ辞めるか、どのように・どのタイミングで会社を辞めることを上長に伝えるかなど、辞める意思を会社に伝えるための準備をしましょう。

仕事を上手に辞める手順と方法1:退職日を設定する

まずは実際に退職する日を決めましょう。上述しましたが、退職する旨を会社に伝える期限は会社によって異なります。自社の就業規則などを調べて、退社日の何日前までに会社に伝えればいいのかを確認してください。

また、仕事の状況によってもいつ退社できるか変わってきます。自分の受け持っている仕事を整理しておきましょう。区切りがいい時を気にしすぎるといつまでも辞めれなくなってしまうため、気をつけてください。

仕事を上手に辞める手順と方法2:仕事を辞める雰囲気作りをする

仕事を上手に辞めるには、業務上の区切りをある程度つけておく必要があります。仕事を辞める雰囲気作りをしておきましょう。

仕事は普通に行なっているとどんどん増えていきます。これから辞めるはずなのに新しい案件を任されたなんてことになると自分も周りも困ります。そういったことが無いように、仕事を整理・片付けて、仕事を辞める雰囲気を作ります。

難しい場合は先に上長に辞めたい旨を相談し、協力を仰ぎましょう。

仕事を上手に辞める手順と方法3:仕事を辞める理由を作る

仕事を辞める決心がついた段階で、なぜ辞めたいのかという理由は自分の中にあるはずです。その理由を具体的に整理しておきます。紙やスマホのメモなどに書き出して整理するのも良いでしょう。

会社を辞める意思を伝えた時、なぜ辞めるのかは必ず聞かれます。その時にスムーズに説明するための準備です。

また、高確率で引き止めも受けるため、それを見越した上で理由を整理し、論理的に説明できるようにしておきましょう。

仕事を上手に辞める手順と方法4:上司に口頭で辞めることを伝える

いきなり人事や、書面で退職の意思を伝えるのではなく、まずは口頭で直属の上司に仕事を辞めたい旨を申告しましょう。

会議室など他に人のいない場所を確保して話すのがベターです。引き止めを受ける確率は高いですが、引き止める理由に納得がいかない、退職の意思が硬い場合はその旨を伝えましょう。

待遇改善などの退職理由が揺らぐような引き止めをされた場合、無理に退職する必要はありませんが、そのようなケースは稀です。

仕事を上手に辞める手順と方法5:退職願いを提出する

口頭で退職の意思を伝え、上司の理解も得られたあとは、退職願いを提出しましょう。

退職願いは手書きでもWord等で作成したものをプリントアウトしたものでも構いませんが、会社に所定の手続き方法がある場合はそちらに従ってください。テンプレートはWEBにたくさんあるため、それをダウンロードして用いても良いでしょう。

会社によっては退職届が必要な場合もあります。自社の規定をあらかじめ確認しておきましょう。

仕事を辞める前にすること3つ

退職する旨を会社に届け出たあとは、きれいに退職するための準備をしましょう。業務上の引き継ぎや、有休消化、転職活動といった仕事を辞める前にすることを3つご紹介します。

引き継ぎや有休消化については上長やチーム、会社と事前に交渉・相談して退職日までに余裕を持って終わらせるようにすると良いでしょう。これらがうまく行かないと禍根を残す退職になりかねないため、気をつけましょう。

仕事を辞める前にすること1:業務の引き継ぎ

業務の引き継ぎがうまく行えなかった場合、退職後に連絡が来たりすることもあり得ます。事前に引き継ぎの範囲や後任者を上長に確認し、引き継ぎ計画を作った上で引き継ぎを行うと良いでしょう。

後任者が決まっていない場合などは書面で引き継ぎ内容を残すなどの工夫をして退職日にきちんと退職できるようにしましょう。

客先への担当変更連絡や必要事項の引き継ぎも忘れずに行い、必要であれば後任者の顔合わせも行いましょう。

仕事を辞める前にすること2:有休消化

有休消化は労働者の権利です。退職日までに残っている有給を消化しましょう。

有休消化する場合、基本的に退社日より前に最終出社日がくることになります。最終出社日までに引き継ぎや事務手続きを終わらせるように逆算してスケジューリングしましょう。また、有給残日数を考慮した上で退職日を決めるとスマートです。

仕事を辞める前にすること3:転職活動

仕事を辞める前に、転職先を決めておくと安心です。

会社を辞めると決めた段階で転職サイトや転職エージェントへ登録し、次の職場を探しましょう。あまりに労働環境が悪く、心身共に限界だという場合などは退職することを優先してください。

転職活動にも時間がかかります。辞めるタイミングで転職先が決まっていればなお良しですが、そうでなくとも行動は起こしておきましょう。

上手に仕事を辞める手順や方法を知ってストレスフリーに退職しよう

仕事を辞める上での手順や退職前にすることについてご説明しました。

退職する際に禍根が残ると、同業界だと噂が広まってしまう可能性もあるため、いくら不満があってもなるべく穏便に退社した方が良いです。また、退職すること自体がストレスになるため、余計なストレスが発生しないためにもきちんと手順を踏んで退職しましょう。

この記事を読んで円満退社に役立ててください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related