Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ

退職を申し出ると、しつこく引き留め工作をする職場も少なくありません。この記事では退職の引き留めを円満に断る方法について徹底解説しています。また、退職を断わられる理由についてもご紹介しているので、ぜひ参考になさってみてください。

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ

退職を長引かせないポイントとは?

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
勤め先に退職願や退職届を出すのは、どんな人であれ多少なりとも心理的なハードルの高さを感じるものです。

せっかく思い切って退職を申し出たのに、しつこく引き止め工作を受けて断わりきれず、ずるずると退職が長引いてしまうこともよくあるでしょう。

この記事では退職の引き止めを円満に、何よりはっきりと断るための方法を特集していますので、退職をお考えの方はぜひ参考になさってみてください。

退職者を引き止める理由5つ

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職の申し出をして、それがすんなりと受け入れられるというケースはそれほど多くありません。

実際に、多くのビジネスパーソンが退職の申し出をしたのにも関わらず、職場から引き止めを受けています。

では、そもそもなぜ退職を願い出る社員に引き止めを行うのえしょうか。ここからは、退職の引止めが行われる理由についてチェックしていきましょう。

退職者を引き止める理由1:優秀な社員を失いたくない

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職者を引き止める理由としてまず挙げられるのが、優秀な社員を失いたくないからということです。

退職を願いでた社員が優秀であり、会社に大きな貢献をしてくれた人物であればあるほど、退職を認めてしまうと会社に損失が出るため、是が非でも引きとめを行いと考えることでしょう。

反対に、職場にとっての厄介者であればそもそも退職を願い出ても引き止めを受けることはないでしょう。

退職者を引き止める理由2:人材不足

人材不足であるというのも、退職者を引き止める理由のひとつとして挙げられるでしょう。人材が不足している会社では、取り立てて優秀な社員でなかったとしても、これ以上人手が減るのを避けたいという思いから引き止めを行います。

というのも、新たに採用活動を行うのは時間もコストもかかるものですし、採用活動を行ったところで会社側の望む条件に合致した人材が応募してきてくれるとは限らないからです。

退職者を引き止める理由3:新規採用が難しい

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職者を引き止める理由のひとつとして考えられるのが、新規採用が難しいということです。

会社の業績が低迷していたり、会社の対外的なイメージが悪いなどさまざまな理由で新規採用を行うのが難しければ、今いる社員の数を減らしたくないと考えるのが普通でしょう。

このような場合、会社側から退職で引き止めを受ける社員は、必ずしも優秀であるとは限りません。

退職者を引き止める理由4:社内のモチベーションが下がる

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
社内のモチベーションが下がるということも、退職者を引き止める理由のひとつに含まれるでしょう。

退職者が続々と出ると、社内のモチベーションが下がってしまうものですし、特に退職を考えていなかった社員であっても「このままこの会社に居続けるのはよくないのでは」と考えるようになります。

このような事態を防ぐために、退職者を引き止めようとする会社も少なくありませんが、はっきりと断るべきでしょう。

退職者を引き止める理由5:若手を育てるのが困難になる

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職者を引き止める理由のひとつとして、若手を育てるのが困難になるからということも挙げられるでしょう。

中堅社員が退職してしまうと、若手社員の育成を行ってくれる人材がいなくなるため、会社側は是が非でも引き止めを行おうとします。

また、せっかく教育を施した社員が退職してしまうと、新たに採用した社員をまた一から教育し直さなければならず、コストも時間も無駄にかかってしまうからです。

退職の引き止めを円満に断る方法4つ

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職の引き止めを受けるということは、会社が自分を必要としてくれているということですので、必ずしも嫌な気持ちになるわけではありません。

ですが、断ることをしてもしつこく引き止めを受けるならば、迷惑以外の何物でもないでしょう。

では、どのようにして引き止めを断るのがよいのでしょうか。ここからは、退職の引き止めを円満に断る方法を4つピックアップしてご紹介していきます。

退職の引き止めを円満に断る方法1:決断が揺るがないことをはっきり言う

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職の引き止めを円満に断る方法としてまずご紹介したいのが、退職の決意が揺るがないことをはっきりと伝えるということです。

引き止めを受けたならば、「お気持ちは嬉しいのですが気持ちが変わることはありませんので」ときっぱり断るようにしましょう。

曖昧な返事をしたり、迷っている素振りを見せると、会社側は「押せば退職を止めさせられる」と考え、余計に引き止めを行うようになるので要注意です。

退職の引き止めを円満に断る方法2:ポジティブな退職理由を言う

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
ポジティブな退職理由を伝えるというのも、退職の引き止めを円満に断る方法として挙げられるでしょう。

今の職場への不満などネガティブな退職理由を伝えると、退職日まで職場で居づらい思いをしてしまうので、「どうしてもやりたいことができたので退職します」とポジティブに退職理由を伝えるような工夫や配慮が必要です。

そうすれば、引き止める相手に不快感を与えずに断ることができるでしょう。

退職の引き止めを円満に断る方法3:感謝の気持ちを伝える

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職の引き止めを円満に断る方法として、感謝の言葉を伝えるというのも効果的でしょう。

引き止めを断るのは心理的なハードルが高いことですので、せめて罪悪感を少しでも少なくして会社との関係を悪化させないためにも、「今までお世話になったことに感謝しています」と感謝を伝えることが不可欠です。

感謝の気持ちを述べながら引き止めをきっぱりと断ることで、しつこい引き止めを防ぐことができるでしょう。

退職の引き止めを円満に断る方法4:自分のキャリアプランを伝える

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
自分のキャリアプランを伝えるということも、退職の引き止めを円満に断る方法のひとつです。

自分の描いたキャリアプランを実現するためにはどうしても退職しなければならないことを論理的に伝えれば、会社側に退職を納得してもらい、引き止めを円満な形でやんわりと断ることができるでしょう。

そのためにも、キャリアプランについてよく練っておき、それを相手に理解してもらう工夫をしたいところです。

企業が退職を断るよくある対応4つ

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
勇気をもって退職願を提出したのに、上司がそれを断るというケースも少なくありません。では、なぜ企業は社員の退職の申し出を断るのでしょうか。

ここからは、企業が退職を断る際のよくある対応を4つピックアップしてご紹介していきます。

企業の引き止め工作に引っかかってしまわないように、ぜひ以下をチェックしてみてください。

退職を断る対応1:説得される

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
企業が退職を断る際の対応としてまず挙げられるのが、説得をするということです。退職を願い出た社員に対して、「もう一度考えなおしてくれないか」と説得をして、なんとかその考えを変えさせようとします。

引き止めを受けた時にきっぱりと断ることをせず、曖昧な対応をしてしまうと、このようにしつこく説得を受けることになるでしょう。

退職を断る対応2:必要な存在と訴えられる

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
会社に必要な存在であると訴えられるのも、企業が退職を断る際によくとる対応のひとつです。

本当に会社がその人物を必要としているかどうかは別として、「会社は君を必要としているんだ」「君のような人材に辞められるととても悲しい」などと、感情に訴えかけるような戦法で引き留めを行います。

退職を断る対応3:待遇改善を言われる

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
退職を断る対応のひとつとして、待遇改善を提案されるということも挙げられるでしょう。給与を上げたり、今よりよいポジションに就かせることなどをちらつかせて、会社に留まらせようとするのも企業がよくやる引き止め工作です。

ですが、待遇改善が明確な形で約束されなければ、会社に留まったところでそれが実際に履行される保証はないことにも注意したいところです。

退職を断る対応4:業務改善をすると言われる

業務改善をすると言われるのも、退職を断る対応のひとつでしょう。長時間労働や残業の多さが原因で退職を申し出た社員に対しては、「業務を改善し働きやすい環境にするから考え直してくれ」と説得をするのが定番です。

円満に退職を断ることを考えよう

退職の引き止めを円満に断る方法4つ|退職を断るよくある対応4つ
今回は退職の引き止めを円満に断る方法について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

あまり強い口調で会社を批判したり、ネガティブな体力理由を伝えると退職日まで職場で気まずい思いをしてしまうので、はっきりと退職を申し出ながらも、円満な形で引き留めを断れるようになりましょう。

Related