Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月29日

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選

企業の経営幹部層として働く方を「エグゼクティブ層」と呼びます。一般社員よりも重い責任が課され、多くの部下やプロジェクトを抱える彼らが会社を辞める時は、どのような手順を踏んだら良いのでしょうか。転職活動や退職交渉、引き継ぎのポイントを解説します。

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選

エグゼクティブ層の定義

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
一般的には「ビジネスにおいて経営的な視点を持って業務を遂行できる人材」、いわゆるCEOやCTO、COOのような経営幹部層をエグゼクティブ層と呼んでいます。

人材業界で一般的な「エグゼクティブ層」という言葉ですが、実は明確な定義はありません。「executive」という単語が持つ意味合いの派生として「(企業の)役員・管理職者・経営者」を指すことが多いです。

ハイクラスとは違う?

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
ハイクラス層は年収800~1,000万円以上を指すことが多いです。高収入の方は役職も高くなる傾向があるため、実際はエグゼクティブ層とハイクラス層は重なっている場合もあります。

あえて違いを言うならば、ハイクラス層は年収で仕分けするのに対し、エグゼクティブ層は役職が高い層を指すという違いがあります。


この記事では、対象をエグゼクティブ層という名称に統一した上で、会社の辞め方について説明していきます。

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つ

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
エグゼクティブ層は、一般社員よりも多忙であり、部下やプロジェクトを数多く抱えているケースが多いため、転職活動やその後の手続きも含む「辞め方」を計画的に考えていくことが重要です。

退職が決まった場合も、今後の付き合いがあることも考慮して、退職交渉・引き継ぎもしっかり行い円満退社をすることがご自身の評価アップにもなり、スマートな辞め方に繋がります。

エグゼクティブ層の会社の辞め方1:退職理由を固めておく

退職の際は、強い意志を持って会社側と交渉する必要があるため、退職理由をきちんと固めておくことが、会社の辞め方として重要です。

エグゼクティブ層の転職理由として、「キャリアアップ」「今の職場で目標をやり遂げた」「転職会社からぴったりの会社を紹介してもらった」などが多く挙げられます。

エグゼクティブ層の方は社内外に顔や名前が知られていることが多いため、虚偽の退職理由を伝えることは避けましょう。

エグゼクティブ層の会社の辞め方2:退職までのスケジュール

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
通常の転職の場合、内定に対して入社の意思を伝えてから、1ヶ月程度で転職される方が大半です。ただしエグゼクティブ層の場合は、状況に応じて転職先と交渉の上、2ヶ月かそれ以上の長期間を入社準備期間にかけることがあります。

特にエグゼクティブ層の場合は、転職後も以前の会社や取引先とのビジネス上の関係が続くことも多いため、きちんとした辞め方をすることが求められます。

エグゼクティブ層の会社の辞め方3:プロジェクトが一段落してから

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
年収700万円以上の方の場合、転職として好ましいタイミングは転職希望者全体と比べると「担当しているプロジェクトが一段落したとき」と回答される方が多い傾向となっています。

多くのプロジェクトを抱えるエグゼクティブ層の辞め方は、業務に影響が出にくいタイミングを見計らうことが重要だと言えます。

エグゼクティブ層の会社の辞め方4:転職活動は就業時間外に行う

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
現業の業務中に転職活動するのは避けましょう。

ただでさえ多忙な仕事の合間に無理に転職活動をすれば、目の前の業務が疎かになり、思わぬミスを誘発する可能性もあります。そうした態度がご自身の評価を下げることにもなり、万が一希望転職先にその噂が伝われば、きれいな辞め方ができなくなります。

多忙で時間を取りにくいエグゼクティブ層の転職活動は、現業に影響が出ないよう計画的な辞め方をすることが重要です。

エグゼクティブ層の会社の辞め方5:社内メールで行わない

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
人材紹介会社やエントリー企業との連絡に情報漏れの危険性のある社内メールを使ったり、会社の電話で連絡を取ることは避けましょう。

社内の重要なポストにいるエグゼクティブ層が転職活動をしていることが社内に知られてしまった場合、他社員の士気に大きく影響します。転職の噂が耳に入れば、会社側との退職交渉がこじれてしまい、スマートな辞め方ができなくなる恐れもあります。

エグゼクティブ層の会社の辞め方6:退職手続きはぬかりなく行う

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
エグゼクティブ層の会社の辞め方として、きちんと手続きを踏んで円満退社をすることがマナーです。

ほとんどの会社は、最低でも1ヶ月前には退職希望の意思を伝える必要があります。退職希望の連絡は、人事や役員クラスに直接伝えるのではなく直属の上司に話すのが筋です。

無事に退職が決まれば、退職日までのスケジュールを考慮し引き継ぎも滞りなくすることで、スマートな辞め方を目指しましょう。

エグゼクティブ層の会社を辞める時の注意点3つ

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
エグゼクティブ層の会社の辞め方として、注意するポイントを説明します。

一般社員と違う点としては、企業の経営に関わる機密情報を多く扱っている点、多くの部下やプロジェクトを抱えている点が挙げられます。そのため、転職活動の一環だとしても情報漏洩には気をつけること、引き継ぎのスケジュールには余裕をもって十分に行うことが重要です。

これらの注意点を踏まえた上で、会社の辞め方を計画的に進めましょう。

エグゼクティブ層の会社を辞める時の注意点1:同業界内での転職

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
エグゼクティブ層の場合は、同業界内で転職する方が多いのも事実です。その際、応募書類への記載内容や面接での言動には注意を払う必要があります。

現職についての質問に対し、情報の取り扱い上、公開可否の線引きをきちんとしましょう。安易に情報を公開した場合、評価が下がる場合もありますし、転職をしなかった場合、現職でのリスクもあります。会社の辞め方として、この点は十分注意するようにしてください。

エグゼクティブ層の会社を辞める時の注意点2:引継ぎ

引き継ぎしっかりすることで、上司や同僚から快く送り出してもらえます。

土壇場で慌てないよう、転職活動と並行して準備を進めておくことがお勧めです。
業務マニュアルの作成、関係者の連絡先整理、業務用の資料の整理など、早めにやっておけることは済ませておくことでスマートな辞め方ができます。

スケジュールに余裕を持った辞め方をすれば、休暇を取ったり、新しい仕事に必要な情報収集などに時間を活用することができます。

エグゼクティブ層の会社を辞める時の注意点3:退職までの時間

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
内定を得てから退職まで時間が短い場合、引き継ぎがしっかりできない、お世話になった社内外の人に十分に挨拶ができていない状態で会社を去ることになってしまいます。

退職のタイミングを決めた上で転職活動を始め、並行して引き継ぎの準備を進めておくことが会社の辞め方として重要です。

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント5選!

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
会社の辞め方を考える上で、次の職場との出会いのきっかけとなる転職エージェントの選択は重要です。大きく分けて以下の2種類がありますが、両者では求人紹介ルートが違うため、併用することで選択肢が広がります。

【総合転職エージェント】
アドバイザーと面談の上、積極的に興味のある求人を探せる。
例)JACリクルートメント

【ヘッドハンティング型】
基本的には登録後スカウトを待つだけ。
例)ビズリーチ、キャリアカーバー

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント1:ランスタッド

オランダ創業の「ランスタッド」は、世界2位の売上を誇る外資系総合人材会社であり、外資系・国内企業の優良な求人を豊富に揃えています。

資金力と歴史のある人材会社なので、強引な転職支援はせず、転職希望者の要望に沿った質の高いサービスを行っています。 優秀で落ち着いた雰囲気のコンサルタントが多いのも特徴です。ただ、紹介される求人数では大手エージェントの方が確実に多いので、併用して活用することをお勧めします。

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント2:JACリクルートメント

「JAC リクルートメント」はロンドン発祥の日系転職エージェントであり、年収500万円以上の高収入・ハイキャリア求人を豊富に取り揃えています。利用者の70%以上は30代で、エグゼクティブ層、管理職、スペシャリストの高年収求人分野では圧倒的No.1を誇っています。

外資系・大手優良企業などの難易度が高い企業に対するノウハウも豊富であるため、選考対策や企業の裏事情について実践的なアドバイスが期待できます。

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント3:キャリアカーバー

「キャリアカーバー」は、ヘッドハンティング型にも関わらず、自分からヘッドハンターに相談ができるため、自ら積極的にエグゼクティブ層向けの求人を探したい方にお勧めです。もちろん、ヘッドハンティングを待っているだけでも高収入求人を紹介してもらうことも可能です。

業界No.1のリクルートが運営しているという背景があるため、年収1,000万円以上の求人、1万件以上と出会える可能性が高いです。

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント4:ロバートウォルターズ

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
「ロバート・ウォルターズ」は、世界28カ国でビジネスを展開する大手外資系転職エージェントです。スペシャリスト、語学スキルの高い人材向けの転職に特化しており、グローバル企業に転職したいエグゼクティブ層からは絶大な支持を受けています。

外資系企業のハイキャリアの求人を探しており、英語もネイティブレベルの人にはおすすめのエージェントですが、それゆえに敷居が高いことが難点であるとも言えます。

エグゼクティブ層におすすめの転職エージェント5:ビズリーチ

「ビズリーチ」では、ヘッドハンターから直接オファーを受けることができるため、効率的・主体的に転職活動したい人、スカウトを受け取ることで自分の市場価値を測りたい人におすすめです。

有名企業など優良な求人案件のほかにも、年収1,000万円以上のエグゼクティブ層向けの求人を含む非公開求人を、2万件以上保有しています。急いで転職したい人には不向きですが、納得のいく求人に出会える可能性が高いです。

退職は会社に影響が出ないようスマートに行おう

エグゼクティブ層の会社の辞め方6つと注意点3つ|転職エージェント5選
エグゼクティブ層は、会社で責任の重い立場にあるため、退職準備には一般社員以上に入念な準備が必要です。どのような辞め方をするかによって、あなた自身の評価や、周囲の人の業務負担などに大きく影響します。

きちんとタイミングや段取りを考慮した上で計画的に進めることで、周囲を必要以上に巻き込むことなくスマートな辞め方が実現します。

Related